Home > アーカイブ > 2019-06-20

2019-06-20

余ったモニタでクアッドモニタ環境にしてみた

IMG_7429s.jpg


先日、EIZOの新しいモニタを購入しましたが、それまでメインで使っていたモニタも使えなくなったわけではありません。
比べるとだいぶ暗くてくすんだ色合いになってしまいましたが、サブで調べ物をする程度に使うには十分です。

同じ24.1インチで大きいのでサブにはもったいないくらいですが、なんとか活用しようと思いました。
ただ、モニタそのまま置けるような場所はありませんので、モニターアームを使って設置する必要があります。

さらに今まで使っていたPhilipsのモニタもまったく壊れていないので使わないのはもったいないです。
そこで2つのモニタを縦に並べて配置出来るように支柱が長いモニターアームを使うことにしました。

安価なサンコー製70cmの支柱を用意しました。
ここに2枚のモニタを取付けます。

結構な高さになって壁のようになってしまいましたが、モニタの数が増えるほど秘密基地感が増すのはなぜでしょうか。
メインモニタの左側に19インチの液晶テレビがあり、右側に2枚のモニタが配置されて合計4枚になりました。

液晶テレビもPCの画面出力が出来ますが、こちらはテレビ専用で使っています。

ただ、上下に並べて思ったのですが、上は高すぎて常用に向きませんし下は微妙に低くて見づらかったりします。
用途的には上のモニタはオーディオ用でfoobar2000でネットワークオーディオプレーヤーの操作画面を出しておこうと思っています。

下のモニタをサブで使い、ゲームをやっている時の検索やブログを書いているときにYoutubeの動画を流したりして使おうと思います。
1台のPCに2台繋ぐデュアルディスプレイも考えましたが、これはやるたびに違和感があってやめてしまうので基本1PC1モニタです。

まだ運用を始めたばかりで違和感がヤバイですが、慣れれば便利・・・ではないかと思います。




サンコー モニターアーム用ポール(70cm) MARMP194E
サンコー(Sanko) (2015-09-03)
売り上げランキング: 12,667



【ドール】興味があってもドールイベントへ行かない理由

ドール趣味を始めてから半年以上経ちました。
最初はfigmaやねんどろいどのデカくなった程度にしか考えていなかったのですが、秋葉原で実物を見ると全くの別物ということで衝撃を受けてドールの世界へこんにちはしました。

ネット上にドール写真は数多くありますが、私的にはドールの魅力は実物を見て触って初めてわかるものと思っています。
特に髪を撫でたときの手に伝わる感触などは写真では決して得ることが出来ないニヤニヤを得ることが出来ます。

そんなドール趣味ですが、数多くのドールが集うドールイベントというのがあります。
色々な団体が主催していますが、調べてみるとどこかしらでわりと頻繁に開催されているようです。

フィギュアのワンフェス、薄い本のコミケなど過去にホビー系イベントには参加してきましたが、ドールイベントはなかなか重い腰が上がりません。
なぜかというと・・・。

ワンフェスは完全に撮影目的でしたが、コミケは完全に購買目的で参加しました。
トータルで結構な額を使いましたが、薄い本1冊1冊はそれほど高価なわけではありません。

1冊500円前後くらいとむしろお手軽価格ですらあります。
もちろん、グッズとのセットなどで値段が高いものもありますが、高くてもだいたい1サークルで3,000~5,000円くらいでしょうか。

私が行っていたサークルだとだいたい1サークルあたり1,000~3,000円くらいだったと思います。
このくらいの値段だとわりと衝動買いしてもハズレのダメージが少ないです。

もしドールイベントに参加した場合、同じように買い物が主になると思いますが、こちらは単価がだいぶ高くなりそうです。
参加ディーラーもコミケに比べたら桁がだいぶ違うと思いますが、そうそういくつもポンポン買えないと思います。

こういったイベントの場合、迷っていると売り切れになることもよくありますので短時間で決断して決めなければいけません。
これがわりと苦手で、どうしよーとか言っていてあわあわしながらとりあえず買ってあとでこれはいらなかったというパターンが多々あります。

普通のドールショップでの買い物ですらそういったことがあるので時間制限のあるイベントだったなら・・・。
単価の安いものならまぁいいかとなりますが、単価が高い物でやってしまうとガッカリ感がヤバいです。

私が超絶お気に入りの赤いドレスも買うまでに結構な時間をかけてイメージや股間を膨らませつつ考えて購入しました。
例えば、このドレスがイベント会場にあったとして果たしてその場で見てその場でこの値段で買えるかどうか・・・。(在庫の有無ではなく、買う判断が出来るかどうかということ。

ドール関係は1品1品の値段がわりと高めなので出来るだけ衝動買い的なことは避けたいのです。
そんな感じでアレコレ考えていると、ネットの写真をじっくり検討してDOLKとか海外のドール服メーカーなどから買った方がイイナァと思ってしまいます。

もちろん、ドールイベントは販売だけではなくドールの撮影などをしたりして同じ趣味の方々と話をしたりする楽しみもあると思います。
コミュ障な私としてはそういうのは無理なので・・・。

イベントではイベントならではの楽しいアクセサリ類などもあるかもしれません。
ネット通販やオークションなどではなかなか買えないようなものもあるのではないかと思います。

もしかすると手のひらドリルでイベントにドハマリするかもしれませんので一度は見に行きたいと思うのですが、その最初の1回はまだもう少し先になりそうです。



Home > アーカイブ > 2019-06-20

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top