Home > オーディオ、AV機器

オーディオ、AV機器 Archive

Olasonic NANO-NP1 Ver.1.10とナノコントローラーVer.1.0.7

購入して約1ヶ月半ほど経ったOlasonic NANO-NP1ですが、本体のソフトウェアとコントロール用アプリ『ナノコントローラー』がアップデートされました。

 link >>  Olasonic NANO-NP1:NANOCOMPO(ナノコンポ):Olasonic


本体の方はすでに6月末にアップデートされていたようですが、ナノコントローラーのアップデートで表示が出るまで気付きませんでした。
音質やデザインなどはとても満足して使用しているのですが、動作が少々不安定なところがあるので改善を期待しつつそれぞれアップデートしてみました。


20140711190819s.jpg

まずは、ナノコントローラーのアップデートですが、こちらはiPhone、iPadともに普通のアプリの更新同様にアップデートします。

今回のアップデートをするまでは曲の停止などの反応がとても悪く、何度もタップしてやっと止まるような感じでした。
それが改善されて反応がだいぶ良くなりました。

見た目の変更は、曲名のところで停止ボタンが出来て再生と一時停止が排他表示になったところでしょうか。
ボタンの反応が良くなって使い勝手がだいぶ向上しました。



20140711191022s.jpg

そして、本体ですが、こちらはOlasonicのwebサイトより更新ファイルをPCにダウンロードしてアップデートします。
本体をアップデート用モードにする必要があるなど、重要な手順がpdfファイルで添付されていますのでそちらを熟読してから作業を始めます。

PCのBIOS更新のように慎重に行いたいところです。
特に今の時期は台風の影響で停電したりすることもあるので作業中の停電は絶対に避けなければいけません。

作業自体は大した時間もかからずに終わりました。
Ver.1.00から1.10にアップデートしましたが、主な改善点は機能の強化と動作の安定性強化といったところでしょうか。


使用しているミュージックサーバーにもよると思いますが、私の使用しているacer REVOCENTER(Windows Home Server 2011 / Asset UPnP)では少々動作不安定でした。
純正アプリのナノコントローラー以外ではまともにアルバム1枚再生しきることが少なく、途中で止まってしまうことが多々ありました。

どうもNASでバックアップなど何か作業をしていると動作が不安定になるような感じなのですが、そのへんはハッキリしません。

今回のアップデート後、まださほど使っていませんがナノコントローラーの動作が良くなり連続再生も以前より安定した感じがします。
また、曲を選んでから再生するまでの時間も心なしか短くなったような・・・気がします。

とりあえず今のところは以前よりも安定した感じがするのでこのまましばらく様子見です。
あとは他のUPnP対応コントローラーアプリでも動作チェックしてみようと思います。



【レビュー】SONY MDR-EX650(T)を買ってみた

2M4C7183s.jpg


通勤時のお供だったヘッドホンを使わなくなってだいぶ経ちました。
ヘッドホンやプレーヤーが壊れたとか音楽に飽きたというわけではなく、単に暑くなってきたのでヘッドホンを付けているのが少々厳しくなってきただけです。

ヘッドホンではなくイヤホンを使えば良いのですが、今までいくつも使ってみたのですがどうも耳に合わず、歩いているとズルズル外れてきてしまったりあるいは耳の穴に合わずに痛くなってしまったりとどうもイマイチでした。

現在はもっぱらiPhoneを見て時間を潰しています。
去年の夏はヘッドホンが辛いので音楽を聴かないという選択をしたので今夏もそうしようかと思っていたのですが、朝はともかく1日働いて疲れた帰りは癒やしの音楽を聴きたくなってしまいます。

そこでまた懲りずにイヤホンを試してみようと思いました。
イヤホンはあまり高い物を買ったことがなかったのですが、今回はネットの評判なども十分参考にして少しイイモノを使ってみようと思いました。

といっても、また合わない可能性があるのでヘッドホンのように数万も出すのは躊躇われますので1万円以内で探してみました。
すると、今年の初めに発売されたSONYのMDR-EX650というのが良さそうだったのでこれを購入してみました。


2M4C7190s.jpg

値段は6,000円ほどでした。
樹脂部分は価格相当かなという感じですが、ハウジングが真鍮製ということでなかなか高級感があります。

色はブラスブラウンを購入しましたが、金色もキンキラキンではなく落ち着いた色合いです。
真鍮製ということですが、思ったよりも小さいので重さはさほど感じません。


2M4C7187s.jpg

付属品は、ポーチとサイズ違いの交換用のイヤーピース、コードの長さを調整するアジャスターです。
ネットの評判ではケーブルが長めという意見も見られましたが、私の場合カバンの中からケーブルを伸ばすことになると思いますので長さはちょうど良いかむしろ足りない可能性もありそうです。

小型のウォークマンなどを胸ポケットなどに入れて使うとなるとちょっと長そうですね。

そして、気になったのはそのケーブル自体です。
これが思ったよりも細くてちょっと頼り無い感じです。

音的に不安というよりも強度的に多少不安を感じます。
ちょっと引っ張ったら切れてしまうんじゃないかと思ったりします。

セレーションコードというのは初めて使ったのですが、確かに絡まりにくそうな感じがします。
昔作った1/35スケールの戦車模型で使ったワイヤーに似ていてちょっと懐かしいです。


2M4C7185s.jpg

簡素な作りながらそこそこ見栄えの良い箱ですが、側面のアイコンはなかなかわかりやすくて良いですね。
ネット通販で買ったので購入時の参考にはしていませんが、店頭で買う際にはありがたいです。


そして、早速音を聴いてみました。
外出時に使っているiPhone4(HF Player)+SONY PHA-1の組み合わせです。

購入後すぐに一聴した感じではあまり良い音とは言えません。
低音が出ている感じはするのですが、音が籠もっていてガッカリです。

女性ボーカルは最初からでもわりと綺麗な感じですが、高音の響きなどイマイチです。
ただ、素性はわりと良い感じに聴こえるのでしばらく使ってエージングをすると結構音の響きが綺麗な感じになりそうです。

このへんがオーディオの面倒なところですね。
音質に関しては1ヶ月くらい使ってみて気に入れば使い続けようと思います。


肝心の付け心地ですが、これは思ったよりも良いです。
何の気なしに耳に入れてみたのですが、自然に耳に填まってしまいました。

イヤーピースもやわらかいのですが、絶妙なやわらかさです。
やわらかい割りにしっかり填まっていて外すときはキュポンと抜ける感じでした。

アルバム1枚聴いてみて後半多少痛いような感じがしなくもないですが、十分許容範囲です。
イヤーピースは特に変えることもなくデフォルトのもので良さそうでした。

真鍮製ということで重いのかなと思ったのですが、ハウジングも小さくて思ったより気になりません。
1時間付けていて平気なら十分使えそうです。

あとは歩いていてズルズル落ちてこなければOKです。
さすがに部屋の中を歩き回るわけにいかないのでこれは実際に外で試してみます。


作りの良さと思ったよりも良い付け心地のイヤホンでした。
音質に関してはまだ結論付けられませんが、暑さでヘッドホンを使いにくくなってもこのイヤホンなら結構良い感じに使えそうなので夏も外で音楽を楽しめそうな気がします。



B00HZD3RXMソニー ダイナミック密閉型カナルイヤホン (ブラスブラウン)SONY MDR-EX650-Tソニー

by G-Tools



AKG Q701用miniXLRケーブル 第二弾を作ってみた

2M4C7161s.jpg

先日製作してすこぶる調子の良かったAKG Q701用のminiXLRケーブルですが、見た目がイマイチだったのであらためて作ってみることにしました。
そこで以前から使ってみたかったメッシュチューブというものを使ってみました。

メッシュチューブというのはケーブルの上にかぶせて保護をするものですが、見た目に高級感が出ます。
今回は保護目的というよりも見た目の綺麗さ目的で使ってみました。

使った材料は以下のものです。


  • 【フォンプラグ】NEUTRIK NP3X(サウンドハウス)
  • 【miniXLRコネクタ】ITTキャノン M-XL-3-11M(せんごくネット通販)
  • 【ケーブル】MOGAMI 2944(共立エレショップ)
  • 【メッシュチューブ】VIABLUE ブレイディングメッシュスリーブ ネオン(Art Music)

※括弧内は購入店


フォンプラグはNEUTRIKのNP3Xを使い、miniXLRコネクタはITTキャノンのものを使いました。
NP3Xは金メッキ無しですがあまり金メッキにこだわることもないかなと思ってコネクタとシルバーボディで色を合わせることにしました。

肝心のメッシュチューブは、Q701のグリーンに合わせようと思ってグリーン系を選んでみました。
中身のケーブルは前回同様MOGAMI 2944です。

材料費は4点あわせて1,900円くらいでしょうか。
ただ、購入店が違うので送料がだいぶかかってしまいました。


2M4C7155s.jpg

製作は前回と同じような感じですが、今回は絶縁にテフロンテープを使ったりしてみました。
miniXLRコネクタの端子はとても小さいので今回も3箇所半田付けするのに苦労しました。

製作のポイントはメッシュチューブの扱いでしょうか。
プラグ内でどこまで引き込むかというのと、両端のプラグを固定する際にメッシュが弛まないようにしっかり伸ばして固定しました。

REANのRT3FC-Bと比べるとITTキャノンのコネクタは少し重いですがその分とてもしっかりした作りで信頼感がありますね。
ケーブルもより太いものが使えます。

Q701への着脱も緩くなく、かといってキツすぎずという感じでしっかりハマります。

メッシュチューブを被せたことでケーブルがだいぶ硬くなってしまいましたが、使用する上では許容範囲かと思います。
ケーブルテスターでチェックをして試聴してみましたが、プラグの違いからか多少解像感が落ちたような気もしますが音の響きは逆に良くなったような気がします。

このへんはエージングが進むとまた変わってきそうですが常用するのに特に問題のあるレベルではなさそうです。

今回初めてメッシュチューブを使ってみましたが、見た目が綺麗になってなかなか良い感じです。
多少ケーブルが硬くなってしまうのが難ですが、ナイロン製の軟らかいものなどもあるので気になる場合はそういうのを選ぶと良さそうです。

ケーブル製作もだいぶ慣れてきて見た目にもこだわれるくらいになってきましたが、やはり仕上がりが綺麗だと満足感も違いますね。
特にMOGAMI 2944は音は良いのですが、お世辞にもあまり高級感のある見た目では無いのでかなり効果的でした。

メッシュチューブは探してみると結構色々な種類があるのでまた別の機会に使ってみようと思います。



ホーム > オーディオ、AV機器

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top