Home > オーディオ、AV機器

オーディオ、AV機器 Archive

AKG Q701用miniXLRケーブル 第二弾を作ってみた

2M4C7161s.jpg

先日製作してすこぶる調子の良かったAKG Q701用のminiXLRケーブルですが、見た目がイマイチだったのであらためて作ってみることにしました。
そこで以前から使ってみたかったメッシュチューブというものを使ってみました。

メッシュチューブというのはケーブルの上にかぶせて保護をするものですが、見た目に高級感が出ます。
今回は保護目的というよりも見た目の綺麗さ目的で使ってみました。

使った材料は以下のものです。


  • 【フォンプラグ】NEUTRIK NP3X(サウンドハウス)
  • 【miniXLRコネクタ】ITTキャノン M-XL-3-11M(せんごくネット通販)
  • 【ケーブル】MOGAMI 2944(共立エレショップ)
  • 【メッシュチューブ】VIABLUE ブレイディングメッシュスリーブ ネオン(Art Music)

※括弧内は購入店


フォンプラグはNEUTRIKのNP3Xを使い、miniXLRコネクタはITTキャノンのものを使いました。
NP3Xは金メッキ無しですがあまり金メッキにこだわることもないかなと思ってコネクタとシルバーボディで色を合わせることにしました。

肝心のメッシュチューブは、Q701のグリーンに合わせようと思ってグリーン系を選んでみました。
中身のケーブルは前回同様MOGAMI 2944です。

材料費は4点あわせて1,900円くらいでしょうか。
ただ、購入店が違うので送料がだいぶかかってしまいました。


2M4C7155s.jpg

製作は前回と同じような感じですが、今回は絶縁にテフロンテープを使ったりしてみました。
miniXLRコネクタの端子はとても小さいので今回も3箇所半田付けするのに苦労しました。

製作のポイントはメッシュチューブの扱いでしょうか。
プラグ内でどこまで引き込むかというのと、両端のプラグを固定する際にメッシュが弛まないようにしっかり伸ばして固定しました。

REANのRT3FC-Bと比べるとITTキャノンのコネクタは少し重いですがその分とてもしっかりした作りで信頼感がありますね。
ケーブルもより太いものが使えます。

Q701への着脱も緩くなく、かといってキツすぎずという感じでしっかりハマります。

メッシュチューブを被せたことでケーブルがだいぶ硬くなってしまいましたが、使用する上では許容範囲かと思います。
ケーブルテスターでチェックをして試聴してみましたが、プラグの違いからか多少解像感が落ちたような気もしますが音の響きは逆に良くなったような気がします。

このへんはエージングが進むとまた変わってきそうですが常用するのに特に問題のあるレベルではなさそうです。

今回初めてメッシュチューブを使ってみましたが、見た目が綺麗になってなかなか良い感じです。
多少ケーブルが硬くなってしまうのが難ですが、ナイロン製の軟らかいものなどもあるので気になる場合はそういうのを選ぶと良さそうです。

ケーブル製作もだいぶ慣れてきて見た目にもこだわれるくらいになってきましたが、やはり仕上がりが綺麗だと満足感も違いますね。
特にMOGAMI 2944は音は良いのですが、お世辞にもあまり高級感のある見た目では無いのでかなり効果的でした。

メッシュチューブは探してみると結構色々な種類があるのでまた別の機会に使ってみようと思います。



【レビュー】Olasonic NANOCOMPO NANO-NP1を使ってみた

IMG_0623s.jpg



ヘッドホン環境を整えだしてからずいぶん経ちますが、やっと音が安定してきた気がします。
最初の頃は高音がやけに耳に刺さるような感じでしたがそれもだいぶ落ち着いてきました。

ただ、D/Aコンバーターを足して、ヘッドホンアンプを足して、接続コードを変えて、とやってきましたが音の響き方が今ひとつという感じがしていました。
下流ばかり変えていてもそろそろ限界かもしれないと思ったのですが、再生機であるネットワークオーディオプレイヤーはあまり選択の余地がありません。

PCで再生すれば良いのにとも思うのですが、オーディオはオーディオ機材で専用機で再生したいのです。
音質云々よりもPC上で操作すること自体をあまりやりたくないのです。

このプレーヤーを変えたいと思っていたのですが、アップグレードするにはいきなり10万超えのフルサイズ高級機になりそうなので躊躇していました。
もう少し安くて音の良さそうなものはないかなと思っていたところ、今年の3月にOlasonicからちょっと気になる製品が発売されました。

それが、NANOCOMPOのNANO-NP1です。

 link >>  Olasonic NANO-NP1:NANOCOMPO(ナノコンポ):Olasonic


CDケース3枚分という小型の筐体でシンプルな外見とともに興味が沸きました。
ネットで情報を探してみたのですが、掲示板にもあまりコメントが無く、またブログなどでもほとんどレビュー記事が見当たらなかったのでどうしようか考えていました。

その後、いま使っているN-30よりも高音質らしいという話を見かけたので失敗しても良いかと思って購入してみました。



レビュー

IMG_0615s.jpg

縦22.5cm、横25cm、厚さ8.5cmほどのコンパクトな箱です。
シンプルに真っ白な箱にグレーで文字が書かれています。



IMG_0621s.jpg

箱を開けると左側に本体、右側に付属品が入っています。



IMG_0623s.jpg

IMG_0626s.jpg

本体前面には電源スイッチと入力切り替えの2つのボタンがあるだけでシンプルです。
ロゴも左下と右下に小さく書いてあるだけでとても控えめです。

天板にはNANOCOMPOのロゴがエンボス加工で彫り込まれていてさりげなく主張しているのが良いです。



IMG_0630s.jpg

背面は落ち着いたメタリックレッドになっていて全体が白とグレーのモノトーンの中アクセントになっていてとても綺麗です。
脚は最初から付いていますが、こちらも本体デザインに合わせた感じでなかなか良いです。

デジタル入出力、LAN、UP CONV切り替えスイッチ、DC INのみとなっています。
アナログ出力は無いのでD/Aコンバーターの機能を持っている機材が必要です。

デジタル入力は入力端子の少ないアンプやD/Aコンバーターとの接続を想定したものだそうです。
単なるスルー端子ではなく、ジッタの低減、アップサンプリング機能により48/96/192kHzへの変換が可能です。



IMG_0637s.jpg

IMG_0639s.jpg

付属品はACアダプタ、ACケーブル、同軸ケーブル、LANケーブルです。
他に保証書付きの説明書があります。

同軸ケーブルはかなり短いので接続機器のすぐそばに設置するには丁度良いかもしれません。



IMG_0640s.jpg

LUXMAN DA-100の上に載せてみました。
横幅がほんの少し大きいですがほぼ同サイズでおさまりが良いです。




感想

Pioneer N-30からのアップグレードで購入してみたNANO-NP1ですが、結果としては大変満足です。
まずは最も気になる音に関してですが、これは明らかに良くなりました。

N-30で気になっていた高音の刺さりも無くなり全体的な音の響きも綺麗になりました。
音の粒立ちも良くなって弦の響きなども美しく聴こえました。

女性ボーカルのサ行の響きもだいぶ緩和された感じで聴きやすいです。

LUXMAN DA-100のdf1で聴きづらくdf2で常用していたのですが、df1でも綺麗に聴こえるようになってdf1と2を切り替えて楽しめるようになったのが良かったです。
また、高音の刺さりで聴きにくかったBeyerdynamic DT990Proもだいぶ聴きやすい音になりましたのでこのヘッドホンの魅力があらためて分かった感じです。


見た目がシンプルでとてもスッキリしたデザインです。
写真で見ると樹脂筐体のようにも見えますが、アルミダイキャスト製で小さいながらもズッシリとした重さがあります。

前面の入力切り替えの上に付いているランプも緑と白でギラギラした感じは無くソフトな光りです。


見た目以上に機能もシンプルで、入出力ともにデジタルしかありません。
ヘッドホン端子もありませんし、D/Aコンバーターが無いと再生出来ないので要注意です。

このへんの割り切ったシンプル設計は好感が持てます。


操作ボタンが無くリモコンも付属しないので曲の再生停止などの操作はスマートフォンやタブレットなどからアプリを使って行います。
設定なども特にすることなく、LANケーブルを繋いで電源を入れるとしばらくしてから緑のランプが点灯してすぐにNASを認識出来ました。

iPhone5とiPad Retinaで使ってみましたが、操作に関しては少々難ありです。

専用アプリのナノコントローラーが公開されていて、アプリも日本語表示で使いやすいのですが再生している時は他のことが出来ません。
音楽再生している時にアプリを切り替えてしまうと現在再生している曲で終わってしまいます。

私の使っているNASとの相性もあるかもしれませんが、どうも調べてみると現状ではそういう仕様らしくアプリで再生機をコントロールしているのでアプリを起動状態にしておく必要があるようです。
この点に関してはN-30の方がはるかに便利です。

N-30は、本体にプレーヤーソフトの機能が入っているようで外部アプリを閉じても再生は止まりません。
付属のリモコンで直接操作も出来ますのでスマホやタブレットも必要ありません。

それに比べると少々不便ですが、操作は画面の大きいiPadを操作しやすい場所でスタンドに立てかけてやることにしようと思います。
他にも動作確認されているアプリがいくつもあるようですのでそちらも今後試してみようと思います。

また、MACアドレスなどの情報はPCやスマホなどのブラウザ上で確認することが出来ます。


そして付属の説明書には記載の無い機能でネイティブモードというのがあります。
通常は背面のUP CONVスイッチにより48/96/192khzにアップコンバートして再生するのですが、このアップコンバート無しに入力されたサンプリングレートのまま出力するものです。

詳細は公式サイトにpdfで説明書がありますが、電源ボタンの長押しで切り替えます。
現在聴いている音源はCDからリッピングしたFLACファイルで全て44.1khzなので出来ればこのまま聴きたいと思いましたのでネイティブモードを使っています。

ここは好みで切り替えてみて音の違いを楽しむのも良いですね。



果たして再生機を変えてそれほど変わるのだろうかと思っていましたが、かなり大幅な変わりようで驚きました。
最も気になる音質がだいぶ向上したのは機材を変更した甲斐があります。

操作に多少難があり、完全にアップグレードになっていないところは少し残念ですが音の良さで十分満足です。
シンプルなのがとても好感が持てますが、それゆえに再生に必要な機材を持っている必要があります。

シンプルなわりに価格が高いかなとも思ったのですが、音や本体の作りを見ても十分満足いくものでした。
NANOCOMPOシリーズの1製品なので同シリーズの製品と合わせるのが見た目的にも良さそうですが、D/Aコンバーターやヘッドホンアンプはお気に入りがあるのでこの製品単体で利用することになると思います。

カラーが白のほかに黒もあります。
表面の仕上げ処理にもよりますが、黒はホコリが目立ったり触ると指紋が気になるので白にしてみましたが結果としては綺麗な色で良かったです。

今後は同軸ケーブルを変えてみたり、他のプレーヤーアプリも試してみて使いやすいものを選んでみたいと思います。



試聴環境

acer REVOCENTER(Windows Home Server 2011 / Asset UPnP)
↓LANケーブル(型式不明)
NETGEAR GS108v3
↓ELECOM LD-GPY/WH3
Olasonic NANO-NP1(ネイティブモード)
↓audio-technica AT-ED1000/1.3
LUXMAN DA-100 + LUXMAN JPA-10000
↓audio-technica AT6A66/1.0
LUXMAN AS-4III
↓自作ケーブル(BELDEN 8412 0.8m + REAN NYS352G)
ORB JADE casa
↓自作ケーブル(MOGAMI 2944 2m + NEUTRIK NP3X-B + REAN RT3FC-B)
AKG Q701

※音源はCDからリッピングしたFLACファイル 44.1khz。
※NANO-NP1以下の電源はTASCAM AV-P25RMKIIIに接続。




B00IVWIQLOOlasonic NANO-COMPO ネットワークプレーヤー ホワイト NANO-NP1東和電子 2014-03-17

by G-Tools



ITTキャノン製 ミニキャノンコネクタを買ってみた

2M4C7091s.jpg

次は何のケーブルを作ろうかなと考えている今日この頃ですが、先日購入したSWITCHCRAFTの3502AAUも何のケーブルを組み合わせるかいまだに決まっていません。
とりあえずプラグだけ購入してニヤニヤ眺める日が続いています。

そんな中、AKG Q701用に作ったminiXLRのヘッドホンケーブルがすこぶる良い感じなのは良いのですが、どうも見た目が今ひとつ気になってきました。
MOGAMI 2944の良さは十分わかってきたので、もう少し見た目を綺麗に作り直そうかと思いました。

考えているのは2944にメッシュチューブをかぶせてみようかということです。
ネットで検索してみると結構カラフルなチューブがあったりして見た目が綺麗に作れそうな気がします。

ただ、チューブをかぶせるとケーブルがだいぶ太くなりそうです。
NEUTRIKのフォンプラグにはだいぶ余裕がありますが、REANのminiXLRは結構厳しそうな感じです。

そこでminiXLRのコネクタを別なものにしてみようと思いました。
以前から気になっていたITTキャノン製のものです。

てっきりカメラメーカーのキヤノンの関連会社かと思っていたら、アメリカのまったく関係無い会社らしいです。
なかなか扱っている店が無いのですが、千石電商のオンラインショップで見つけて注文しました。

1つ590円ほどとREAN RT3FC-Bの2倍くらいの値段でしたが全体的な作りは良いので特に問題無しです。
MOGAMI 2944にチューブをかぶせても十分入りそうです。

今回購入したのは、M-XL-3-11Mという型番のものです。
コネクタは4つの部品で構成されています。


2M4C7107s.jpg

このコネクタにあわせるフォンプラグにはNEUTRIKのNP3Xを選んでみました。
NP3Xは金メッキではないのですが、外装がシルバーなので黒のNP3X-Bより見た目が合うかなと思いました。

メッキ無しでだいぶ変わるのかも気になるところなので今回試してみようと思います。
ただ、デザイン的にはSWITCHCRAFTやオヤイデのものの方が合うような気がします。

ケーブルは前回購入した残りがあるのであとはメッシュチューブを何にしようか悩み中です。
次の休みまでに材料が全て揃ったら休日はまた半田こてを片手に工作を楽しもうと思います。



ホーム > オーディオ、AV機器

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top