Home

Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

【放置少女】戦役ボス185突破!

Screenshot_20210409-144413ss.jpg


上杉謙信を登用してからというもの戦役はド安定でホッコリしています。
ボス戦も謙信、劉備、義経の鼓舞ループで順調に進んできました。

現在は185ステージまでクリアできましたので、残りは5ステージとなりました。
趙公明+5でもここまで進むことが出来て胸熱です。

キーとなる副将の謙信と劉備の現在のステータスは以下のような感じです。



Screenshot_20210409-171413ss.jpg Screenshot_20210409-171423ss.jpg

Screenshot_20210409-171431ss.jpg Screenshot_20210409-171439ss.jpg


劉備の育成がイマイチ進んでいませんが、この程度もなんとかなっています。
謙信武器の伝説神器を上げているところですが、1上がるごとにボスに挑戦しています。

現在LV39まで来てしまいましたので、これ以上先に行くには別な強化が必要そうです。
劉備の武器はさほど上がっていないのでこちらを上げつつ、謙信の装備も更新していこうと思っています。

私の編成では最終190ステージまで行くには謙信は深淵4混沌2または深淵6くらい必要になるかもしれません。
劉備もそろそろ混沌装備を入れていきたいところですが、奥義目的のUR副将げっとが続いてしまってなかなか進みません。

なんだかんだで奥義も優秀なものをチョイスすれば1個でグッと強くなりますね。
今後は攻撃力アップの奥義が欲しいところです。

次の奥義は再来週に来るであろうラキスタの張飛を登用して桃園結義と五虎大将を開放して攻撃力+6%、HP+18%、HP回復率+2%をげっと予定です。
先日終了した蕭何を含む馳誉丹青はHP+10%、攻撃力+10%なのでどうしようかと思ったのですが、結局スルーしてしまいました。

だいぶ悩んだのですが、やはり取っておけばよかったなぁと思っています。



【Youtube】懐かしい動画を色々見てみた

たまには古い動画も懐かしくて良いです。








『マルゼン ワルサーP38 ac41 ブラック』を買ってみた

P3313423s.jpg


漫画やアニメに出てくる銃として真っ先に思い出す銃が2丁あります。
1つがシティーハンター冴羽 獠のコルトパイソンです。

これはもう私の中では欠かせない銃です。
そして、もう1つが今回ポチったワルサーP38です。

ワルサーP38といえば国民的盗賊のルパン三世の愛銃です。
人によっては次元のM19を挙げるかもしれませんが、私的にはやはりP38ですね。

昔、どこのメーカーか忘れてしましたが、エアコッキングの安価な樹脂製P38を持っていたりしましたのでまた欲しいなぁと思っていました。
そして、ちょうどマルゼンのP38が再生産されるということで飛びついてしまいました。



P3313426s.jpg

P3313428s.jpg

P3313430s.jpg


今回購入したのはマルゼン製ワルサーP38です。
箱は旧パッケージと違い木箱のような印刷のシンプルなものです。

同梱品は、BB弾、リリース棒、六角レンチ(1.27mm)、説明書です。
国産メーカーなら付いていると思っていた銃口に付けるマズルプラグはありませんでした。

リリース棒はチャンバー内のBB弾を出すためのものです。
六角レンチはホップアップ調整のために使いますが、1.27mmとインチサイズ(0.05インチ)になっているので要注意です。



P3313431s.jpg

P3313434s.jpg

P3313435s.jpg

P3313437s.jpg

P3313436s.jpg


残念ながらヘヴィウェイト樹脂製ではなく普通のABS製ですが、質感は悪くないと思います。
手に取るとズッシリとした重さがありますが、重さの割に構えた時に重量感をあまり感じません。

気になるところといえば、グリップを握ったときのギシギシ感でしょうか。
樹脂製グリップなのですが、手触りがだいぶプラスチック感があって握った時の軋み音がやや気になります。

実銃も戦時中モデルはベークライト製だったので似たような感じ・・・だったのかもしれません。
見た目は悪くないと思いますので、木製グリップなどに変えるつもりはありません。

古い銃ではありますが、グリップの握り心地はとても好きです。



P3313440s.jpg

P3313441s.jpg

P3313449s.jpg

P3313451s.jpg


マルゼンのP38は実銃に基づいて作られているため、各所の刻印もリアルな感じです。
シリアルNoは、実銃が112,795丁作られたことに基づいて112,796丁目ということで付いています。

ここは架空の番号ですが、思わずニヤッとしてしまうところですね。
戦時中のモデルということでワルサー社のロゴなどはありません。

ちなみにMARUZENやJAPANなどの文字はスライドで隠れていて通常は見えないようになっています。



P3313442s.jpg

P3313444s.jpg

P3313448s.jpg


マガジンはBB弾が12発入ります。
現代のハンドガンのマガジンと比べると見た目に古さが感じられます。

マガジンキャッチのボタンを探してしまいましたが、この銃はグリップ底部に付いています。



後記

漫画やアニメで見た憧れの銃として今回はワルサーP38を購入してみました。
ここのところポチりまくっていたので自重しようと思っていたのですが、マルゼン製のものがちょうど再生産されたタイミングだったので我慢出来ずに・・・。

今まで購入したハンドガンと比べると本体の質感にやや見劣りする部分がありますが、実銃の図面から制作されたということで満足度が高いモデルです。
古い銃ではありますが、最近のハンドガンと比べてもまったく見劣りしないデザインがステキです。

ルガーP08などもそうですが、バレルが見えているのは今見るとなんだか新鮮な感じがします。
元々ドイツ戦車好きから始まったミリタリー趣味ですが、銃器類はあまりドイツにこだわっていません。

エアガンも特にドイツものにこだわっていませんが、こうして見るとやはりドイツは良いなぁと思ってしまいます。
ただ、見た目的にモーゼルC96とかルガーP08とかMP40とか・・・実はあんまり好きではなかったり・・・。

小銃もKar98kよりM1903の方が好きだったりします。

ワルサーP38は、ルパン三世や大戦中のドイツものに興味が無いとあまり選択肢に入らない銃かもしれませんが、現代の銃には無い魅力のある名銃だと思います。
マルゼンのP38は樹脂感がちょっと残念な部分もありますが、ニヤニヤするには十分すぎる出来の銃だと思います。





マルゼン ワルサーP38 AC41ブラックモデル 18歳以上ガスブローバック



Home

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち


フィード

Return to page top