Home

Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

高いと思いつつ純正インクを買うことに・・・

IMG_4562s.jpg


自宅で普段ほとんど使うことが無いPCの周辺機器にプリンターがあります。
1年を通して数えるほども使わないのですが、無ければ無いで不便なので置いてあります。

使用頻度が低いので安いプリンターを使っていますが、困るのはインクの値段が非常に高いことです。
私の使っているプリンターはキヤノンのip2700という一時期激安プリンターとして売っていた機種です。

確か4,000円もしなかったような気がします。
たまに使う分には問題ないのですが、いざインクが無くなって来て補充しようとすると値段に驚いてしまいます。

黒とカラーが別タンクになっているのですが、それぞれ2,600~2,700円くらいしてしまいます。
すでに黒は2回くらい交換したのでもう本体価格を超えています。

買った当時は本体買った方が安いのではないかと思いました。
本体を安く売ってインクで儲けるビジネスモデルなので仕方ないとは思いますが、ホントにプリンターのインクと電気シェーバーの替え刃は高いなぁと思います。

ネットプリントを使ってコンビニで印刷しても良いかと思いましたが、近所とはいえ印刷するたびに行くのは面倒ですし後で内容を確認して間違えていたり修正したいところがあるとまた行かないといけません。
ただ、数百円以内でおさまりそうなことを考えると悩んでしまいます。

結局、新宿に行ったついでにヨドバシで買ってきてしまいました。
黒インク2,610円です。

再生インクというのもあって、それは1,500~1,600円くらいで買えます。
さらに詰め替え用というのもあって、そちらはさらに安くなります。

インクを買うたびにそれらを買おうかどうか悩むのですが、結局純正品を買ってしまいます。
詰め替え用はドリルで穴を開けたりしないといけないですし、再生インクも残量表示が出ないなどの欠点もあります。

そして1番の問題は詰まったり故障の原因になったりすることです。
こうなってしまうと単なる安物買いの銭失いになってしまいますし、印刷物がすぐに必要な時などを考えるとどうしても手が出ません。

それまで使っていたインクも純正品なのですが、買ってから数年は経っているのに特に問題なく使えたのを考えると値段が高くても純正品が安心という感じはします。
おそらく次に交換するのも数年先になると思いますので高いけど仕方ないかなと思いつつ純正品を買いましたが、交換するたびにモヤモヤしてしまいます。



久しぶりに自宅でビールを飲んでみた

IMG_4559s.jpg


何年ぶりでしょうか。
久々に自宅でビールを飲んでみました。

お酒がまったく飲めないというわけでもないのですが、自宅ではまったく飲むことがありません。

昔はウィスキーが好きで常温ストレートをチビチビやっていたりしました。
大晦日に深夜まで独りで飲みながら年越し番組を見ていたのは懐かしい思い出です。

お酒が嫌いになったわけでもないのですが、飲みたくならなかったので気がついたら数年経っていたという感じですね。
もちろん、外で飲む機会がまったく無かったわけではありません。


ふと夜中になぜかビールが飲みたくなったのでコンビニへ買いに行ってきました。
ギネスとかあるかなと思ったのですが、ギネスどころかバドワイザーやハイネケンなど海外ブランドは1つもありませんでした。

昔はあったような気がするのですが・・・。

仕方ないのでプレモルかエビスにしようと思い、ほんの少し安いエビスにしました。
エビスも期間限定ものがあれば良かったんですけどねぇ。

330mlで税込み256円でした。

1缶256円は他のビール類と比べて高いですが、めったに飲まないですしやはり麦芽とホップのみのビールが良いですね。
飲んだときの麦の味が濃くて香りも良いです。


お酒を飲み始めた頃に飲んだビールはあまり美味しく感じなかったのでその後はウィスキーやリキュール類に進んでいました。
ワインや日本酒はあまり好きではないので飲みませんでしたが、ウィスキーは良いですね。

色々なブランドを飲みましたが、ライ麦のウィスキーが好きでした。

その後、徐々にビールも好きになってきて好んで飲むようになりました。
飲み会などでもたいていビールから始まるのでそのへんが苦痛にならずに済んでいるのは助かります。

コーヒーに砂糖を入れなくなっているのに慣れてきているせいか、以前よりもさらに苦みを美味しく感じられました。
やっぱりエビスは良いですね。

330mlを1本しか買ってきませんでしたが、500mlにすれば良かったなぁと思いました。



『Getting Over It with Bennett Foddy』(壺男)をやってみた

20180622233231ss.jpg


恒例のSTEAMサマーセールを見ていて何か買おうかなと考えていました。
あまり中身が重いものではなくサラッと出来るものが良いと思って探していました。

そんな中、もう旬は過ぎてしまいましたがYoutubeで実況をよく見ていた壺男をやってみようかと思いました。
『Getting Over It with Bennett Foddy』というゲームなのですが、見てみると40%OFFで492円になっていたのでこれなら難しすぎてイヤになってもまぁ良いかなと思い買ってみました。

 link >>  Steam で 40% オフ:Getting Over It with Bennett Foddy


操作は単純で、マウスでハンマーを動かして進むだけです。
単純であるがゆえに難しいのですが・・・。

早速やってみましたが、スタート直後の木を越える時点ですでに難しいです。
ここで躓いてもうイヤになった人も多いのではないでしょうか。

私も操作に慣れるまで10分くらいかかってしまいましたが、ここはなんとか通過出来ました。

その後は30分くらいかかってスターバックス(?)のコーヒーが置いてあるあたりまで行き、1時間くらいでランプが2個有る狭い穴を通過出来ました。
ただ、通過出来たーと思ったらそのまますっ飛んで底まで落ちてしまいましたが・・・。

そこで最初のプレイは終了しました。
このゲームは集中力が切れると無理だと思ったので短時間集中でやろうと思います。

独特の操作感はありますが、マウスのみで動かすのはなかなか面白いですね。
普段使っているマウスはコード付きなので夢中になってると度々引っかかってやりにくいです。

操作場所は普段より広く取って大きく動かせるようにするとやりやすいですね。
以前使っていたワイヤレスマウスの調子が悪くなってからコード付きのものに替えたのですが、普段使いでもたま~に引っかかるのが気になるのでやはりワイヤレスが良いと思いました。

コーヒーのある崖のところもだいぶ上手く登れるようになってきましたが、ゴールまでは遙か彼方です。

やっていて思ったのは、意外と思ったようにマウスを動かせていないということでした。
まっすぐ下に動かしているようでナナメになっていたりグルッと弧を描いてからなぜか横に動かしていたり・・・。

テンポ良くポンポンと登って行きたいところですが、少しでも雑にやるとすぐ失敗しますね。
逆に綺麗に登って行けたりするとものすごい気分良いです。

面白そうだなぁと思いつつアクションゲームは苦手なのでずっと見るだけで買おうかどうか迷っていました。
ですが、いざやってみると思った以上に面白いですね。

絶対イライラするだろうなぁと思っていたのですが、ストーンと一番下まで落ちてもギャーッとか言いつつ面白がってます。

クリア出来るかはわかりませんが、10分15分といったちょっとした時間で気分転換に楽しむのが良さそうです。
ガチでクリアを目指してやろうとするとイライラしてしまってダメでしょうね。

これで500円なら全然ありですね。



Home

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top