Home > ゲーム

ゲーム Archive

【Skyrim SE】Skyrim SEをVer.1.5.50.0.8にアップデートしたら・・・

ScreenShot190s.jpg


ここのところ多忙でゲームをあまりやっていなかったので久しぶりにゲームをやろうと思ってSkyrimを起動してみました。
するとSteamのアップデートが動き出したのでまたSteamのクライアントソフトのアップデートかと思いきや・・・。

なんとSkyrim SEのアップデートでした。
もう発売から結構経ちますのでアップデートは終わりかと思っていたので予想外でした。

と、普通なら好意的受け入れるアップデートなのですが、MODをアレコレ入れているFallout4やSkyrimなどはほぼ間違いなくなんらかの影響を受けるので背筋に冷たい物を感じつつアップデートを見ていました。
出来れば安定しているバージョンで止めておきたいところなのですが、Steamでは手動でアップデートをするように設定出来ないのです。

Steamのクライアントソフトが起動しなければ良いのですが、私の環境ではSKSEローダーから起動してもクライアントが立ち上がってしまいます。
面倒くさいの来たーと思いつつアップデートが終わってからゲームを始めてみると・・・。

まずはSKSEローダーから起動しませんので、最初にSKSEからアップデートしないといけません。
幸いなことに今日時点ですでに対応版のSKSE64 2.0.8がリリースされていて助かりました。

 link >>  Skyrim Script Extender (SKSE)


そして、SKSEをアップデートしてゲームを始めてみると、間違いなく影響が出るだろうと思っていたHDT Highheels Systemが動かなくなっていました。
制作者様の更新待ちかなと思って配布サイトを開いてみると、グッドタイミングでちょうど更新されていました。(詳しくはこちら

サクサクっとアップデートしてから試してみると無事に動作しました。

その後、影響が出そうなMODをMod データベースを見ながら更新していきました。
概ね問題なく更新出来たのですが、1つ大きな不具合を確認しました。

CBP Physics 0.21を導入するとHDT HighHeels Systemが機能しなくなってしまいました。
外すとちゃんと高さ調節するのでおそらくこれが原因の可能性が高いと思われます。

乳揺れを取るかヒールの調整を取るかの2択になってしまいました。
とりあえず、靴がめり込むのはいただけないのでCBPを一時的に外しておきました。

どちらもアップデートから数日しか経っていませんし、今後再更新される可能性がありますのでそれまで待ちですね。
その後クエストを進めたりえろえろMODをやったりして2時間くらいプレイしてみましたが、CTDすることもなく今のところ目に付く不具合はこれくらいです。



『PC Building Simulator 早期アクセス版』をやってみた

20180826155217ss.jpg


早期アクセス版(アーリーアクセス版)のゲームをやるのは初めてなのですが、STEAMを見ていたら気になったゲームがあったのでお試しでやってみることにしました。
今回やってみたのはPCで自作PCをやる『PC Building Simulator』です。

 link >>  PC Building Simulator


ややこしいですが、PCを組み立てるPCゲームです。
簡単に言うと自作PCをゲームでやるというものですね。

正確にはただPCを組み立てるだけでなくキャリアモードというキャンペーンモードのようなものがあり、お客の要望に応じてPCをアレコレいじったりすることも出来るようです。
とりあえずキャリアモードをやる前に1台組み立ててみることにしました。



20180826160146ss.jpg

20180826160609ss.jpg

20180826164015ss.jpg

20180826161345ss.jpg

20180826162044ss.jpg


まずはPCケースを選んで、そこに電源やマザーボードを組み込んでいきます。
このへんは一度でもPCの組み立てをやったことがある方ならニヤリとしてしまうところではないでしょうか。

まだ数は多くありませんが、実在するメーカーの実在するパーツがそのまま出て来ます。
わりと新しい規格のM.2 SSDや水冷ユニットなども選べたりします。

私も自作PCを使っていますが、M.2 SSDは使ったことが無いのでどうやって取り付けるのか気になっていました。
とりあえずPCケースは好きなSilverStone製のものを使ってマザーボードにASUS、CPUはintel、電源・メモリはCORSAIRを使ってみました。

グラフィックボードはそろそろ新型のRTX20xxシリーズが出るようですが、現時点で最高性能のGTX1080tiを使ったり出来ます。
メモリも32GB積んでみたり・・・。

各パーツともちゃんとネジの付け外しからやりますし、ケーブルも繫いだりするのでニヤニヤが止まりません。

そして、組み立てが終わったらそこで終わりでは無く、OSのインストールからベンチマークテストまで出来るというこだわりようです。
OSは架空のものですが、ベンチマークテストは3DMarkが入っています。



20180826163241ss.jpg

20180826163527ss.jpg


このへんもOSインストール後に各ソフトをインストールして使います。
私は見ていませんが、エラーでブルースクリーンになったりもするようです。


なかなか細かいところまで凝った作りになっていて自作PC経験者としてはニヤニヤしっぱなしです。
リアルのメインPCをそろそろ新しくしたいなぁと思っていたのでグッドタイミングのゲームですね。

まだ数は少ないですが、実在するメーカーの実在するパーツを使っているのが良いです。
このへんは徐々に増えていくと思いますので楽しみです。

PCケース内が暗めでパーツも暗くて見えづらいのが少々残念だったり、一部の電源ケーブルがパーツを貫通していたりなどまだ作りが甘い感じはあります。
製品版でどれくらい改良されるかわかりませんが、目の付け所が面白いゲームだと思います。

今後のアップデートなど楽しみですね。



【iPhone】数字パズルのナンプレをやってみた

IMG_1081s.jpg


iPhoneで久しぶりに何か簡単なゲームをやりたいと思って探していました。
ストーリーなどがあって時間がかかるものではなく、1回10分くらいで1ステージが楽しめるくらいのパズルゲームで何かないか見ていました。

すると、数字を使った面白そうなゲームがあったので試しにやってみることにしました。
ナンプレ(ナンバープレイス)という数字を並べるパズルです。

 link >>  ‎「ナンプレ – 古典的ロジックゲーム」をApp Storeで


9×9のマスに1~9の数字を縦横被らないように埋めていくゲームです。
そういえば電車の中で雑誌かなにかを開いてこんなパズルをやっている人を見たことがあります。

9×9の大きいマスと3×3の小さいマスでも1~9が被らないように入れていくだけのシンプルさがなかなか面白いです。
メモ機能があって、いくつか候補がある場合に小さく数字を入れる機能が便利ですね。

早速やってみましたが、初級で12~13分くらいかかってしまいました。
簡単そうに見えて意外と難しく奥が深いです。

電車の中などで2~3回やるとイイ感じに時間が潰せそうですね。



ホーム > ゲーム

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top