ホーム > タグ > OLYMPUS

OLYMPUS

OLYMPUS E-M10 IIのRAW現像をPhotoshop CS6でやってみた

CanonからOLYMPUSのカメラに変えて2ヶ月半ほど経ちました。
小型のマイクロフォーサーズ機はどうかな・・・と思っていましたが、いざ乗り換えてみるとすこぶる快適に使えています。

本体もレンズも小さく軽いのに写真の画質も良くレンズ交換式の楽しさもあります。
概ね乗り換えて良かったことばかりなのですが、乗り換えてみて不便になったこともあります。

大きいのが、手持ちのPhotoshop CS6で直接RAW現像出来なくなったことです。

OLYMPUSのE-M10 IIではORFという拡張子のファイルが作られます。
これがCS6のCameraRAWで開くことが出来ず、いったんOLYMPUS純正のOLYMPUS Viewer3というソフトでtif形式に現像してからCS6でjpgにしています。

OLYMPUS Viewer3で直接jpgにも出来るのですが、1つ1つの処理に待ち時間が出たりしてこのソフトがどうにも使いにくいのでこれ単体ではやりにくいのです。
使い慣れたCS6のみで現像出来れば良いのですが、対応したバージョンにするとなるとサブスクリプションサービスのCCにするしかありません。

 link >>  Camera Raw プラグインと Adobe アプリケーションの互換性


初めてPhotoshopを使うのなら月額980円で安価に使い始められますが、かつて10万円近い金額で買って2年ごとに25,000円くらいかけてアップデートしてきた身からするとちょっと複雑な気分です。
CS6がWindows10で動作しない、もしくは動作に問題があるというのなら乗り換えてもイイかなとも思ったのですが、特に問題なく使えていますし機能的にも不満はないので余計な出費はしたくありません。

実際、デザインの現場ではIllustratorなど使い慣れた古いバージョンをずっと使っている人もいたりします。
とはいえ、使いにくいのは事実ですので、なんとかならないかなぁと思っていました。

そこで見つけたのが、汎用性のあるDNG形式にするというものでした。

 link >>  Update to camera support policy in CS6
 link >>  Adobe – Adobe Camera Raw and DNG Converter : For Windows : Adobe DNG Converter 11.4.1


DNGはだいぶ前に試しにちょこっと使ったことがあるのですが、CanonのRAWは普通にCS6で読み込めたので使わなくなりました。
久しぶりに使いますが、果たして使えるのか・・・。

結果としてはDNG形式に変換してCS6で読み込むことが出来ました。
注意点としては、DNG Converterの環境設定で互換性をCameraRAW 7.1以降に変更する必要があります。



20191013133420s.jpg

20191013133433s.jpg


試しに何枚か現像してみましたが、変換してしまえば今までと同じように現像出来ました。
直接ORFを現像するのに比べて画質が落ちた・・・ような気がしなくもなくもないような気がする気がしますが、気のせいでしょう。

ここが気になるなら、Photoshopで直接現像するのはもうCCにするしかありません。
変換はひと手間ですが、すぐ終わるのでさほど面倒はありません。

Canonもそうでしたが、純正のアプリが使いにくいのはどうにかしてほしいところです。
日本のメーカーがソフトウェアを軽視する傾向が変わらないのは残念です。

ただでさえスマホに押されてヤバいカメラ業界なのですから使い勝手を良くしないとますます差が開くのではないかと思います。

なにはともあれ、これで写真の現像作業が少し楽になりました。
いずれはPhotoshopもアップデートしないといけなくなりそうですが、もうしばらくはCS6を使おうと思います。



マイクロフォーサーズのマクロレンズ『OLYMPUS M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro』を買ってみた

P9270491s.jpg


ブログに掲載する写真を撮るために買ったOLYMPUS E-M10 IIですが、毎日手軽に使える大きさ重さがステキです。
ダブルズームセットで購入して、当初はパンケーキズームを使っていたのですが、30mmマクロを購入してからはすっかり使わなくなってしまいました。

標準ズームは便利ですが、やはり単焦点レンズの写りの良さには敵いません。
程よい焦点距離の30mmマクロは便利に使えていたのですが、もう少し長い焦点距離が欲しいときがあります。

そこで同じOLYMPUSの60mmマクロ『M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro』を買ってみました。

 link >>  交換レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro|オリンパス | 交換レンズ M.ZUIKO PREMIUM | オリンパス



P9270479s.jpg

P9270484s.jpg

P9270486s.jpg


E-M10 IIや30mmマクロが黒いパッケージだったので黒に統一されているのかと思いきや青と白のパッケージでした。
内容物はレンズ本体と前後キャップ、他は多国語の取扱説明書と保証書です。



P9270489s.jpg

P9270493s.jpg

P9270494s.jpg


30mmマクロには専用のフードはありませんが、60mmマクロには専用の大きいフードがあります。
付けたまま前後に動かせる便利な機構があるものなのですが、値段が高いのとデカいフードは邪魔なので購入しませんでした。

その代わり、30mmマクロとお揃いのエツミのメタルインナーフードを購入しました。
専用の大型フードより効果は薄いですが、ケラレもなく見た目にスッキリします。

先端には37mmのネジが切ってあるので37mmのキャップが付けられます。
保護レンズを付けないので多少レンズ保護効果もあって良い感じです。



後記

毎日使うカメラとしてCanon PowerShot S120から更新したOLYMPUS E-M10 IIですが、以前のフルサイズ機のようにあまりお金をかけずお手軽に使おうと思っていました。
ですが、想像以上に気に入ってしまい、またレンズ沼にズブズブと・・・。

以前使っていた重量級のフルサイズ機だとレンズの付け替えは億劫でなかなかやらなかったのですが、ここまで小さく軽いと気軽に交換出来るのも良いです。

今回は焦点距離が少し長めの60mmマクロを購入しました。
どちらかというと30mmマクロの方が焦点距離的にも大きさ的にも使い勝手が良いのですが、アップで撮りたいときなどもう少し焦点距離が長いレンズが欲しくなってしまいます。

あとは12~14mmくらいの広角単焦点レンズがあれば・・・などと思っています。


細身の鏡胴は樹脂製ではありますが、高い精度で作られており程よい重量もあって安っぽさはありません。
マクロレンズらしいフォーカスリミットスイッチや撮影距離・倍率を示す表示窓がニヤニヤさせてくれます。

小型のE-M10 IIに付けてもバランスは悪くありません。

30mmマクロは写りの良さは良いのですが、前玉レンズがとても小さくてちょっと頼りなさを感じるのですが、60mmマクロは頼もしい大きいレンズが見えます。
軽く使ってみましたが、ネット各所での評判通り写りが良いですね。

強力なボディ内手ぶれ補正もあって手持ち撮影もやりやすいです。
模型イベントに1本持って行くなら30mmマクロよりこちらの方が使いやすいかもしれません。



P9270531s.jpg
M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro 手持ち撮影。


普段使いには30mmマクロの方が使いやすいかもしれませんが、せっかくのレンズ交換式カメラなのでいくつか交換レンズは用意しておきたいと思いました。
長さは少しありますが、細身で軽いM.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macroは今後使用機会が多くなりそうです。




OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro
オリンパス (2012-10-05)
売り上げランキング: 58,724

OLYMPUS レンズキャップ ミラーレス一眼用 LC-37B
オリンパス
売り上げランキング: 4,223



オリンパス E-M10II用にVelbon 自由雲台 QHD-33を買ってみた

P9200431s.jpg


机の上に置いてあるオリンパス E-M10IIを眺めながらマイクロフォーサーズはイイナァとニヤニヤしている今日この頃です。
なんといってもこの小ささがたまりませんが、ただ小さいだけでなくちゃんとカメラとしての実力も伴っているのがステキです。

実は以前使っていたキヤノンのカメラやレンズはもう手元にありません。
本体の40Dを除いてすべて手放してしまいました。

フィギュア撮影もイベント撮影もやらなくなってしまいましたので大きくて重い一眼レフは日常のブログ記事で使う写真撮りには向かないのです。
キヤノンのPowershot S120でササッと撮っていました。

ですが、以前から興味があったミラーレスカメラも欲しいなぁと思い、一式無くなったのを機会に小型軽量のマイクロフォーサーズに移行しました。
軽く使いやすくてとても良いです。

手ぶれ補正が強力なので手持ちで何ら問題ないのですが、やはり三脚も欲しいなぁと思いました。
ブレ対策というよりもライトの位置を調整するのにカメラを固定しておきたいことがあるからです。

以前使っていた重量級のGitzoの三脚もすべて手放してしまったのでまた購入しないといけないのですが、今回はせっかくの小さいカメラに合わせた物を用意したいとおもいました。
そこで手始めに小型の自由雲台を買ってみました。

VelbonのQHD-33です。

 link >>  ベルボン株式会社 QHD-33


小型軽量でお値段もリーズナブルです。
大型の一眼レフでは心許ないですが、小さく軽いマイクロフォーサーズ機なら十分だと思いました。



P9210436s.jpg

P9210439s.jpg


【仕様】
カメラ台:48×25mm
高さ:68mm
底面径:33mm
質量:130g
推奨積載質量:2,000g
三脚取付ネジ:UNC1/4

底面の三脚取付ネジは外すことが出来ますが、交換用のUNC3/8ネジは付属しません。



P9210441s.jpg

P9210443s.jpg


ストッパーが円形ではなくひし形になっているのが気になりましたが、90度くらいしか回らず三脚取付面より下にいきません。

レバー操作でボールと底面(水平方向)を同時に操作しますが、目一杯緩めても少し抵抗が残ります。
雲台だけでいじると重めですが、カメラを取り付けて動かすには程よい抵抗という感じです。

また、90度横にして縦位置にするための溝が左右にあるのも意外と便利ですね。
例えばカメラを左に倒す際にレバーを前にも後ろにも出来ます。



IMG_7733s.jpg

IMG_7736s.jpg

P9210445s.jpg


実際にカメラを取り付けてみるとE-M10IIやコンデジにちょうど良い感じですね。
レバーをしっかり締めれば斜めにしてもズルゥと動くこともありません。




後記

今回はカメラ用の雲台としてVelbonのQHD-33を買ってみました。

重さ130gと軽めですが、アルミ素材でしっかりした作りです。
ボールの動きは価格相応のなめらかさですが、特に気になるほどではありませんでした。

クイックシュータイプと迷ったのですが、取り外ししやすそうなネジでしたのでスッキリシンプルなネジ止めの方を選びました。

あとはこれに合わせて小型軽量の三脚を選びたいところです。
大きくてしっかりした三脚を探すのなら色々選択肢がありますが、せっかくの小型システムなのでできるだけコンパクトにしたいところです。

三脚を選んだ際にこの雲台は不要になるかもしれませんが、その場合はLEDライト用に使おうと思います。




Velbon 自由雲台 QHD-33 小型 底面径33mm アルミ製 472922
ベルボン (2011-09-01)
売り上げランキング: 10,165



Home > タグ > OLYMPUS

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
FC2カウンター試用中


2020/04/02~リセット
フィード

Return to page top