Home > ゲーム

ゲーム Archive

【FFXI】2011.05.10のバージョンアップを考える。

20110511165747.jpg

久々の大規模VerUPから一夜明けました。
いきなりの宅配トラブルは面くらいましたが、今回も良いところ悪いところ色々変わったことを考えてみました。

 link >>  2011.05.10バージョンアップ情報


良かったところ。

エクレア品などの宅配。

今回最も良かったところは、宅配で倉庫に色々送れるようになったことですね。
収納などに大量に貯まっていたエクレア装備類を倉庫で管理できるようになったのは非常に大きいです。

せっかくモグの預かり帳などで所持品に余裕が出来たのですが、型紙がすごい勢いで貯まっていくので最近ではかなり持ち物がいっぱいになってしまっていました。
この型紙を全部送れるのは非常にありがたいです。

クエなどでもらった集めていない型紙も捨てずにとっておけるようになりますね。
そして装備類も、昔取ってもう使わないとわかっていても捨てるのが忍びないものなど結構あります。

最近取ったモノでも獣使いやコルセア用など、あまり使用頻度の高くないものは出来れば倉庫に送りたかったので非常にありがたいです。
一時宅配が使用不可になったのには少々冷や汗が出ましたが、ザッと見た限りでは紛失したものは無さそうです。


五行素材NMの追加。

現在収集中の伊賀装束は5部位中4部位完成しました。
ですが、残りの伊賀脚絆で使う水行の絵札がなかなか取りにくいのでNMの追加はうれしいところです。

ウロウロするのに慣れているアビセア-ラテーヌエリアのNM RuminatorとCarabosseに追加は良かったです。
ただ、DROPはそれぞれ0~1と渋いようなのが残念ですが・・・。

Ruminatorは、庖丁正宗取りでソロをやりまくりましたので、また機会を見てやってみたいと思います。


ビジタントの発光状態の確認。

イマイチはっきりとわからなかったアビセアエリアでのビジタントの発光具合がわかるようになったのもうれしいところです。
てっきり、やや/とても/とてもとても・・・などの抽象的な表現かと思ったのですが、具体的な数値で表示されるので非常にわかりやすいです。

早速、アビセア-ラテーヌでやってみましたが、赤白黄青のMAXは255でした。
金銀黒も255ではないかと思われますが、そこまで貯められませんでした。

問題なのは黒ですが、黒が独立してあるということは各色の発光を上げるという従来の考え方は少し違うかも知れません。
何に関係するかはわかりませんでしたが、もしかするとトレハンや大きい金箱の中身なんかに関係するのかも知れませんね。


エンチャントアイテムの再使用時間短縮。

地味にうれしいところですね。
テレポピアスやデジョンカジェルなどが1時間で使えるようになるのは良いです。

それほど頻繁に使うことはありませんが、調理合成をする際に行ったり来たりすることもあるので時間の短縮は歓迎です。
FoVでの自国への転送コストが地味に痛かったので今後はピアスの使用頻度が増えそうですね。


競売の統合。

競売の統合は統合前には少々懸念していましたが、いざ統合してみると便利になったと思います。
ジュノの競売に欲しいものが無かった時に三国の競売を探したりしすることが出来なくなって不便かと思ったのですが、すでに三国の競売に物がほとんど入っていない現状では統合して良かったと思います。

うれしいのは、三国の倉庫キャラでもジュノの競売に出品出来るようになったことですね。
今までは、メインキャラとジュノの倉庫で14個しか出せなかったものがメインと倉庫で42個出せるようになるとなかなか便利です。

これで競売に少しでも物が多く入って来るとうれしいですね。


フェロー関係。

久々のフェロー関係の追加はなかなか良かったです。
最近はアビセアエリアでの活動ばかりで呼ぶ機会は少なそうですが、LVキャップ解放は従来のエリアでの活動に力強い味方になりますね。

出来れば、アビセアエリアでも呼べると良かったのですが、アトルガンエリアが追加されましたのでメイジャンなどをやる際に使いたいところです。



あまり歓迎したくないこと。

旧エリアのモンスター配置変更。

これは、非常に気になります。
特にガルレージュ要塞やエルディーム古墳などの配置変更は気になります。

確かに過疎ってしまっているエリアではありますが、まれに行ったりします。
以前の配置変更のようにノンアクの敵が配置されたりする分には良いのですが、LV90でとてとてのボムなど配置されたそうで、どう見てもアクティブぽぃ感じです。

グランド・オブ・ヴァラー用ではないかと思うのですが、敵の配置を大きくいじられてしまうと非常に困ります。
アビセアエリアで高レベルのLV上げが出来るので、追加するのであれば中レベル向けにしても良かったのかなと思います。

LV90で周りを気にせずにウロウロ出来たエリアが気を使わなければいけなくなるのは非常に残念です。



その他。

新しいフォント。

キャラ名や数字などのフォントが新しくなりました。
最初のうちはフォントが変わると非常に違和感がありますが、慣れれば気にならなくなると思います。

ただ、自キャラや近いキャラの名前は良いのですが、遠距離の名前の表示がザラザラになって見にくいですね。
PC側の問題かも知れませんが、一部エリアでNMと雑魚の見た目が似ていて名前の長さも同じくらいの敵など判別が付きにくくなりそうです。

遠距離でも綺麗に見やすければ良かったのですけどね。


その他。

デュナミスの仕様変更は、ソロでもレリック装束が取れるらしいのでぜひ挑戦してみたいところです。

新コンテンツのヴォイドウォッチはまだよくわかりませんが、ひとまずヴォイドストーンを貯めている状態にしておきました。
今後の情報に期待です。

魔人印章による新BFもまだ行っていませんが面白そうですね。
型紙も出るそうですが、どれくらい出るのか気になるところです。

トゥーリアの五神装備や免罪装備などにオーグメント性能を追加出来るようになったようですが、上手くいくとなかなか良い性能が付くようです。
そのためにその錬成に必要な素材が容易に入手出来れば挑戦してみたいところですね。

ただ、バザーの印章が一気に高騰しそうですが・・・。


今回のVerUPの目玉は何と言っても宅配です。
これを機に倉庫の整理をしていますが、いらないものが結構出てきます。

あっちに送りこっちに送りと非常に大変なのですが、メインキャラの持ち物が大幅にスッキリしてうれしいですね。



【iPhone】丸めた紙をゴミ箱へ投げ入れるゲーム『Paper Toss』をやってみた。

IMG_0134.jpg

久々にiPhoneで何かゲームは無いかと探していたところ、単純ながら面白そうなゲームがありました。
丸めた紙くずをゴミ箱へ投げ入れるゲームで、そのままの名前の『Paper Toss』です。

 link >>  iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 Paper Toss


やることは丸めた紙くずをゴミ箱へ投げ入れるだけなのですが、やり始めるとなかなか面白いです。
奥にあるゴミ箱へ紙くずをフリックすることによって投げることが出来ます。

ですが、なぜか左右どちらかに扇風機が置いてあり、横向きに風が吹いています。
真っ直ぐ投げるとこの風によって左右どちらかに曲がってしまうのです。

この曲がり具合を調整して投げるのがこのゲームのポイントですね。


IMG_0136.jpg

Easyレベルはゴミ箱も近くて簡単に入りますが、Medium、Hardと難しくなるとゴミ箱が遠くなります。

また、各シチュエーションごとの効果音がなかなか雰囲気があって良いです。
金属製のゴミ箱に紙くずが当たった時の音などもリアルですね。

シンプルながらやり出すとハマッてしまいました。
長時間じっくり楽しむゲームではなく、短時間でサックリ楽しめるゲームですね。

実際にオフィスなどで同じ事をすると周りの目が気になりますが、ちょっとやってみたいことをうまくゲーム化した面白いアプリだと思います。



【FFXI】白ソロで伊賀襟巻NM Gangly Geanに挑戦!

20110507151846.jpg

今回は、アビセア-コンシュタットのNM Gangly Geanを白ソロでやってみました。

 link >>  Gangly Gean/FF11用語辞典
 link >>  伊賀襟巻/FF11用語辞典


ここのところ忍者の装備集めに勤しんできましたが、伊賀襟巻は欲しいと思いつつ雑魚との抽選POPで沸かせるのが面倒なため後回しにしてきました。
以前に、獣使いでアビセア-コンシュをウロウロしていたときに偶然1回やりましたが、残念ながらその時は出ませんでした。

すぐ沸くとはいえ抽選POPの面倒さがあり、ガ系魔法があって忍者的にあまりやりたくないNMでした。
そんな中、白ソロでの撃破報告があったので片手棍のスキル上げも兼ねてアビセア-コンシュに籠もってみました。

いつ行っても人がいる球根エリアですが、なぜか人がいるのにNMは放置されていました。
たまたま沸いたところかもしれませんが、その後も余裕で狩れたのは謎です。

もしかすると、球根を狩ってる人たちは別な目的もあるのかもしれません。


最初は白/赤、灰燼凶角邪鬼のアートマでやってみました。
多少手間取りましたが思いの外余裕でした。

運良く青弱点が両手棍だったのですが、なかなか弱点が突けず苦戦しました。
結果的に弱点はレトリビューションだったのですが、なかなか入らなかったのが少々謎です。

Gangly Geanは、特殊技と魔法以外に普通に殴るモーションと地面に手(?)を入れて攻撃するモーションがあります。
もしかすると、どちらかは特殊攻撃扱いなのかもしれません。

白ソロ1回目は青弱点を突いたのですが、ノーシスヘルムしか出ませんでした。
これはこれで良い装備なのですが、ソロで青弱点を突いて出ないとちょっとへこみますね。

戦闘時間は、かなりかかってしまいました。
計っていませんでしたが、40分くらいかかったかもしれません。

戦闘維持は余裕でしたが、攻撃力の弱い白の弱点が出てしまいました。


2回目以降は白/学、凶角終焉邪鬼のアートマで挑戦しました。
ソロでの近接戦闘中にコンバートは危険すぎるので、アビで瞬間発動する机上演習をMP確保に使うことにしました。

といっても、1回も机上演習を使う機会はありませんでしたが・・・。
邪鬼のアートマはMP維持のために欠かせませんが、リフレアートマはこれだけで十分でした。

終焉のアートマはトリプルアタックをはじめ、時々出るクイックマジックが良い感じですし、万一にオートリレイズも良いですね。
凶角のアートマは攻撃の底上げと、カウンターでの防御、AGI+のモクシャ効果に期待して付けました。

白のグリモア中は白魔法に対して、詠唱時間と再詠唱時間、消費MPの減少効果があるのでサポ赤よりやりやすいですね。
初回の白/赤ではMPがやや不安な場面もありましたが、サポ学では常時満タンに近い状態で、ホーリーを撃ったりする余裕もありましたのでまったく不安がありませんでした。

2~3回目は深夜で人も少なかったので楽に釣れました。
ですが、弱点を突ける時間ではなかったので普通に倒しましたが残念ながら襟巻は出ませんでした。

4回目は昼間で球根狩りをしている人も多く、NM狙いの人も見受けられましたが、見廻っていたらうまい具合に沸いていたので即釣りしてやりました。
その時も弱点を突ける時間では無かったのですが、運良くフレがいて弱点突きを頼んだところやってくれるということになりました。

結構HPが減ってしまっていたのですが、最後の最後というところで運良く弱点が突けて襟巻をDROPしました。
青弱点無しでもすぐにDROPした話もネットで見ましたが、私が忍者関係の装備を取ろうとするとまともに出た試しがありません。

ですが、獣使いのマントや踊り子のネックレスは弱点どころかトレハンすら無くても1~2回で出てしまいました。
このへんは、運の良し悪しもあると思います。


Gangly Geanとの戦闘

基本的な戦い方は、ハートオブソラスと白のグリモアでケアルを唱えつつ、合間にパライズとスロウを入れて殴るだけです。
TPが貯まればヘキサを撃ちます。

もし打時間であれば棍であることを祈りつつ、弱点のWSを撃っていきます。
余裕があれば、マクロにバウォタラとバサンダラを登録しておいて、魔法の詠唱にあわせて使うとダメージが抑えられそうです。

私は、面倒なのでバサンダラだけをかけっぱなしにしておきました。
暗闇はただでさえ当たりにくいので早めに治さないといけません。

毒は、最初のうちは治していましたが、途中から面倒になりスリプガもあるので放置してました。

殴りは、スシを食べて片手棍でやりました。
前衛のような攻撃向きの装備が少ない白ではスシは必要ですね。

また、ヘイストも攻撃間隔が長めの片手棍にはかけておきたいところです。

ケアルIVを主に使いましたが、たまに高ダメージが重なった際などケアルVを使いました。
こまめに回復して、ケアルVIまで使わなければならないほどHPが減らないようにしました。

ハートオブソラスのストンスキン効果が非常に有効です。
MPに余裕があったので、ストンスキン目的でHP全快でもガ系魔法にあわせてケアルIVを使ったりもしました。

NM自体の攻撃力は高めで、通常攻撃で最大300くらい、魔法攻撃で最大480くらいのダメージを受けました。
ただ、これはかなり高めのダメージで、魔法も200台のダメージが多かったです。

連続でケアルの詠唱が中断されたりすると非常に危険です。
うまく敵の攻撃にあわせて詠唱する必要があります。

スロウとパライズは普通に入りますので切れたらすぐに入れておきたいところです。
特にパライズは魔法が潰れたりするので、ぜひ入れておきたいですね。

また、メリポでケアルの詠唱時間を短くしていれば比較的余裕をもって使えます。

白は元々魔法防御力が高いですし、バ系魔法にも魔法防御アップ効果があるので意外と魔法ダメージは少ないです。
通常攻撃も、玄武盾の-10%と黄昏の光輪の-5%、プロテスVで結構軽減できます。

盾での防御もバカに出来ません。
白にもジョブ特性でシールドマスタリーがあるとうれしいのですが、残念ながらありません。

チェビオットケープなどは持っていませんでしたが、あるとさらに楽そうですね。
被物理ダメージマイナスのホエロアなど作ってみたくなりました。

戦闘維持はわりと余裕があるのですが、白の攻撃力ではなかなか削れずに苦労しました。
とはいえ、神竜ソロの時もそうでしたが、白の圧倒的な回復力を見せつけられる一戦でした。


伊賀襟巻


20110508020654.jpg

念願の2つめの忍者ジョブアクセサリーが手に入りました。
今まで、首の回避装備はイベイジョントルクを使用していましたが、HP+は無いものの上位性能なので今後は伊賀襟巻を使うことになりそうです。

命中、回避、クリティカルヒットダメージアップと、非常に高性能な装備です。
回避性能に関してはモクシャ+が付いてさらに高性能なトレーロトルクなどありますが、十分な性能だと思います。

ただ、アイコンがタイガーストールを思い出すのは少々気になるところですが・・・。

忍者のジョブアクセサリーは、残りあと伊賀道中合羽があります。
こちらは、100%DROPという情報もありますのでNMをやりさえすれば入手は難しくなさそうです。

エスリングマントの代わりに使うのは微妙なところですが、せっかくなので3つ揃えたいですね。



ホーム > ゲーム

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top