Home > ゲーム

ゲーム Archive

【FFXI】片手刀メイジャンの試練~神無編~ No.583、584、585、1508

20111229170520.jpg

片手刀 神無への道はトントンと進んでコインとの分岐まで来ました。

 link >>  メイジャンの試練/武器/片手刀 – Final Fantasy XI Wiki*


実は神無およびコインルートを始める前は、このNM討伐のところが面倒そうに思ったのですが、いざやってみるとあっという間に終わってしまいました。
時間POPのNMが終わった後のVNM3種は時間POPNMよりも待ちが少なく楽でした。


No.583 Ratatoskr 4匹 カルゴナルゴ城砦[S]

カルゴナルゴ城砦[S]に沸くウサギNMです。
長かった時間POPNMもこれで最後です。

 link >>  Ratatoskr/FF11用語辞典


戦績テレポで飛んだところから南へ少し行ったところにある細い通路の出口付近にいる雑魚ウサギの抽選POPです。
広域スキャンで出てくる北側3匹のウサギのうち1番上のものが抽選対象です。

カルゴナルゴ城砦はあまり行く機会が無いのですが、雑魚ウサギはまったく問題にならない強さです。
リポップは5分ですが、再抽選が約90分と長くなっているのが少々辛いところです。

今回はそれほど苦労せずに沸いて助かりました。


  • 1匹目:約35分
  • 2匹目:約45分
  • 3匹目:約1時間50分
  • 4匹目:約1時間55分
  • ※3~4匹目は再抽選時間含む。

再抽選時間が長いために2匹目は連続でやらずに機会をあらためました。
3~4匹目は再抽選までの90分を差し引くとかなり短時間で沸いています。

なかなか沸かないという話も見かけましたが、時間POPNMは運の良し悪しもありますね。
NM自体はソロでまったく問題無いレベルです。


No.584 Jyeshtha 6匹 アビセアン変色、ウィン方面

ここからいよいよVNMになります。
アビセアエリアではよくやっていましたが、通常エリアでは初めてです。

ル・ルデの庭で無色のジェイドを購入して該当エリアでヒーリングをするとNMの有無や方角、距離がわかります。
まずは、無色のジェイドを変色に変える必要があります。

私は、Lumbering Lambertの再抽選までの待ち時間に変色にしていました。
待ち時間を有効に利用するのも1つの手ですね。

ただ、残念なことにアビセアエリアのVNMと違い、変色のNMは2種類います。
1つは該当のものですが、もう1つは片手刀と関係ありません。

倒しても良いのですが、倒すと変色が有色になってしまいますのでまた作り直しになります。
何度か有色になって作り直しましたが、アビセアエリアと比べて意外とすぐ変色になる感じがしました。

該当エリアの変色と有色を持っていれば変色が有色に変わりませんので何度でも挑戦できます。
ただ、うっかり有色を沸かせてしまわないように表示には要注意です。

 link >>  アビセアン/FF11用語辞典



まず最初は、サソリNMのJyeshthaです。
とりあえずお試しでソロでやってみましたが、ソロでも十分やれました。

 link >>  Jyeshtha/FF11用語辞典


同じくウィン方面で沸くトンボNMのFarruca Flyもやりましたが、こちらは思いの外削るのが遅くて時間がかかりました。
ソロでやる場合は、トンボが沸いたらテレポなどで逃げてしまった方がよさそうです。

最初にソロでやったのですが、とにかく探すのが大変です。
アビセアエリアではわりと場所が限定出来るのですが、通常エリアのVNMは最後まで場所がよくわかりませんでした。

ただ、西サルタバルタはOPの東にある丘あたりにいることが多かったように思います。
メリファト山地は南の方でしょうか。

『西サルタバルタ』→禁断の口→『西サルタバルタ[S]』→ウィンダス水の区[S]にて戦績テレポorヴォイドウォッチテレポ→『メリファト山地[S]』→テレポメア→『メリファト山地』とまわるのが良さそうです。
2匹ソロでやってから探すのが面倒になったので、これ以降は募集をして数人でまわりました。


No.585 Capricornus 6匹 アビセアン変色、サンド方面

VNM2匹目は、サンド方面の魚NMです。

 link >>  Capricornus/FF11用語辞典


こちらは東ロンフォールとジャグナー森林の現代と過去の4エリアです。
VNMは各エリアで約60分で再POPしますので、該当エリアをそれぞれまわっていきます。

ただ、この魚NMが沸くジャグナー森林[S]は一方通行などで非常に探しにくいエリアです。
今回も数人でまわったのですが、最初にジャグナー森林[S]でタコNMをやっているグループと合流して始めました。

そのジャグナー森林[S]で非常に探すのに手間取ったので、2周目のジャグナー森林[S]は飛ばすことにしました。
探すより次のエリアでのPOP待ちをした方が早いという判断です。

最初からジャグナー森林[S]抜きの3エリアでまわっても良さそうですね。

NMはそこそこ強かったような気がしますが、ソロではやっていません。
忍者3人で普通に殴り倒しました。


No.1508 Tammuz 8匹 アビセアン変色、テレポ岩方面

VNM最後はテレポ岩のあるラテーヌ高原、コンシュタット高地、タロンギ大峡谷の3エリアをまわります。
雄羊NMのTammuzです。

 link >>  Tammuz/FF11用語辞典


最後のVNMですが、討伐数が8匹になってさらに沸くエリアが1つ減って3つになります。
再POPは同じく60分ですが、POP待ちを2回することになります。

移動はテレポでそのまま出来るので楽ですね。
Jyeshtha(サソリ)とCapricornus(魚)は、それぞれFarruca Fly(トンボ)とYacumama(たこ)と合同でやりました。

ですが、今回のTammuzは単独でやることにしました。
クァールNMのChesmaが沸いた時はテレポで逃げることにしました。

逃げることで倒さずに残しておき、Chesmaが沸いた周辺での反応を避けることでTammuzに限定して沸かせます。
石化が面倒で攻撃力が高いというTammzuですが、2人で余裕でした。

石化が恐いですが、忍ソロでも十分いけそうです。
1回も被弾しなかったのでどれくらいの攻撃力かわかりませんが、いっしょにやった青魔の人が被弾するとごっそりHPが減っていましたので攻撃力はかなり高そうです。

とはいえ、蝉弐だけで十分まわるのでそれほど難しい相手ではありません。
ただ、石化による事故を避けるためにストナが使える人と2人でやるのが良いかもしれません。

3エリアのうち、ラテーヌ高原はロンフォール方面で沸くことが多かったように思います。
ただ、有色もこちらのほうでよく見かけたので、2つジェイドを持っている場合は要注意です。

タロンギ大峡谷はテレポ岩の南と東で沸きました。
コンシュタット高地はテレポ岩から西~南西のあたりで沸いたのですが、2回目はなぜかいつまで経っても見つからなかったので飛ばしてタロンギへ行きました。

たまたま運が良かったのかもしれませんが、タロンギとラテーヌはすぐに見つかりました。



こうして、時間POPNMとVNMの試練が終わりました。
いざやってみると意外と短い時間で終わりました。

時間POPNMは運が悪いと4~5時間待ったりもするので、時間がかかりそうだと思ったら機会をあらためる決断も必要かもしれません。
VNMの方は、思ったよりも探すのに時間がかかります。

出来れば数人で散らばって探した方が探すのも倒すのも効率が良いですね。
LV99になったからか、どのNMもわりと余裕な感じでした。

ここまでは待ち時間さえ我慢できれば楽な試練ですね。

そして、いよいよここからが真のスタートです。
ブリアレオスヘルムとソベクの皮をそれぞれ50個集めます。

ソベクは五行素材集めでかなりの数をやりましたが、ブリアレオスはクエをこなすためにずいぶん前に本戦だけやったきりトリガーさえやったことがありません。
トリガーからやってどうやって人を集めるのが良いかなど色々検討したいところです。



【FFXI】最近お気に入りのリジェネボタン

20120102215630.jpg

20120102234553.jpg

最近のVerUPで追加される装備は昔では考えられないほど高性能になっています。
残念ながらヴォイドウォッチをやっていない私には縁の無いものがほとんどだったりしますが・・・。

私は昔からなぜかリジェネ装備が好きで、ことあるごとに集めていたりします。
何となく常時少しずつ回復しているというのが好きなのです。

ただ、3秒ごとにHP1回復してもダメージを軽減するにはあまり役に立っているとはいえませんでした。
ところが、ここ最近のVerUPで追加されたリジェネ装備はなかなか良い感じなのです。


20120102215643.jpg

3つとも競売で買えるリジェネ装備です。
ウィグレンゴルジェが+3HP/3sec、パグロイデアリングが+2HP/3sec、シェルターリングが+1HP/3secです。

全部合わせると+6HP/3secという魔法のリジェネを越える性能になるのです。
しかも条件無しの常時発動です。

ここまであるとかなり実用的です。
移動するときなどに装備変更しておくと結構回復します。

しかもうれしいことに3つともAll Jobsなので、常に持ち歩いてどのジョブに変わっても使えるのです。

ジョブによってはさらに手持ちのリジェネ装備を追加出来ます。
忍者なら戦忍着(+1HP/3sec)、詩人ならADコテュルヌ+2(+2HP/3sec)とオネイロスハープ(+1HP/3sec)など。

特にソロで活動する時など便利です。

かなり格下の弱い敵でも被弾すると意外にダメージを受けてしまいます。
自分で回復が出来ないジョブにサポシなどを付けた時など重宝しています。

3つとも競売ではそれほど高値にはなっていないようです。
なかなか便利なので専用マクロにして組み込んでみました。

PTでの活動やリジェネよりも回避や命中などを優先したい敵などにはあまり意味がないかもしれませんが、リジェネ好きとしてはうれしい装備です。



【FFXI】片手刀メイジャンの試練~神無編~ No.582 Megalobugard ×4

20111228232815.jpg

片手刀 神無への道も時間POPNM5つめになりました。
今回はルフェーゼ野のブガードNM Megalobugard 4匹です。

 link >>  メイジャンの試練/武器/片手刀 – Final Fantasy XI Wiki*
 link >>  Megalobugard/FF11用語辞典


このNMは抽選対象が特殊でわかりにくいので注意が必要です。


NMのPOP場所と抽選対象

20111228232356.jpg

NMのPOP場所はルフェーゼ野G-8になります。
段差のあるところの下段の広場にPOPします。

再抽選時間は約60分、抽選対象雑魚のPOP時間は約5分のようです。
そして、抽選対象ですが、広域サーチをするとG-8周辺でブガードのグループがいくつか出てきます。


20111228202449.jpg

5つのグループがありますが、上から3つめのグループ(監視塔付近)は対象外です。
それ以外のグループをチェックします。

写真では上から『2-3-1-2』となっていますが、これは抽選対象を狩った後です。
狩る前に見ると、4グループのうち1つが1匹多くなっています。

3-3-1-2だったり、2-4-1-2になっていたりします。
この1匹多いグループの1番下にいるブガード1匹が抽選対象になります。

ちょっと面倒ですが、毎回広域サーチで確認してから抽選対象を絞って倒します。
人数がいれば雑魚ブガードは大して強くないので付近にいるものを全滅させても良いですが、ソロでは再POPまで5分しかありませんし面倒です。

抽選対象は、『/a <scan>』というマクロを作ると自動で攻撃してくれるので便利です。



  • 1匹目:約5分
  • 2匹目:約1時間50分
  • 3匹目:約65分
  • 4匹目:約65分
  • ※2~4匹目は再抽選時間含む。

今回はかなり沸きやすかったですね。
最初の1匹目は、雑魚を1匹狩ったらすぐ沸きました。

2匹目は少しかかりましたが、3~4匹目も再抽選後1匹目で沸きました。
運が良かったのか、もともと沸きやすかったのかわかりませんが短時間で済んで良かったです。



20111228234124.jpg

微妙な性能UPですが、ほんの少し強くなりました。
次回は、時間POPNMラストのウサギNMです。

今度は再抽選が90分になりますので続けてやる場合は待ち時間がちょっとキツイですね。



ホーム > ゲーム

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top