Home > アーカイブ > 2021-05

2021-05

【ドール】ドール用に1/3スケール AK-47を買ってみた

P5253619s.jpg


最近ちょっとご無沙汰しているドール関連ですが、ポチっていないだけでドール服や小物類はちょいちょい検索しています。
なかなかコレ!というものが見つからずにモヤモヤしています。

そろそろ新しいドレスが欲しいなぁと思いつつ、以前から欲しかった物がありました。
それは、銃器類です。

ドールポイント秋葉原で実地にライフルがあるのを見たり、ヤフオクなどでも見かけるのですが、結構イイお値段がします。
それでもハンドガンで安価なイイモノを見つけたりしています。

1/1スケールのエアガンがだいぶ揃ってきたので、そろそろドールにもライフルが欲しいなぁと思っていました。
そんな中、組み立て式の1/3スケールライフルを見かけてこれはイイナァと思ってポチってみました。

海外製のもので、ヤフオクでも見かけたのですが、ヤフオクではとてもとても値段が高いので海外から直接購入することにしました。
今回は、久しぶりのAmazon.comを利用しました。

 link >>  Amazon.com: GoatGuns Miniature AK47 Model Black | 1:3 Scale Die Cast Metal Build Kit: Clothing



P5253621s.jpg

P5253623s.jpg

P5253626s.jpg


Amazon.comで注文して約2週間ほどで届きました。
段ボール箱かと思いきや、プチプチ付きの袋に入って届きました。

案の定、中身の箱はボコボコでしたが・・・。
商品自体には影響なかったので良しとします。

箱の状態を気にするのならオススメしません。



P5253628s.jpg

P5253630s.jpg

P5253631s.jpg

P5253634s.jpg

P5253636s.jpg

P5253640s.jpg

P5253639s.jpg


完成品ではなく、組み立て式になります。
組み立ては5カ所ほど+ネジで留めますが、組み立て用の小さい+ドライバーが付属します。

また、何に使うのか謎な小さい磁石があったのですが、+ドライバーの軸に付けてネジがくっつくようにするようです。

組み立て自体はさほど難しくはないのですが、加工精度がイマイチで、バレル下のクリーニングロッドがなかなか入らずに苦労しました。
結局、棒ヤスリで穴を拡張して入れました。

それ以外は特に苦労なく組み立て出来ました。
トリガー、セレクターレバー、チャージングハンドルがそれぞれ稼働するというなかなか凝った作りです。



P5253643s.jpg

P5253641s.jpg

P5253638s.jpg


マガジンがまた凝った作りで、ちゃんと前部分を引っかけて挿入します。
銃弾も3発付属していて、ちゃんとマガジン内に格納出来ます。

残念ながら発射は出来ませんが、金属製(真鍮?)でリアルです。



P5253649s.jpg

P5253651s.jpg

P5253656s.jpg

P5253653s.jpg

P5253647s.jpg


早速、DDSカリンちゃんに持ってもらいました。
ちょっと大きいかなと思ったのですが、持たせてみるとピッタリな感じでした。

ただ、金属製でそこそこ重量があるので持ち上げると腕が落ちてきてしまいます。
とはいえ、ドレス姿にライフルというギャップ萌えがタマリマセン。

スリングがあれば良い感じに保持出来そうですね。


今回ライフルをポチるにあたって、いくつか候補があったのですが、ドールの手に持たせやすそうなAK-47を選びました。
他にもM16A1、M82A1、L96A1、AR15、SVD Dragunov、ステアーAUGなどがありました。

ドラグノフがイイナァと思ったのですが、グリップが上手く持たせられないとアレなのでAKにしました。
1/1エアガンは西側なのですが、ドールでは東側です。

ミニチュアとはいえAK-47をまじまじと見るとやっぱりカッコイイですね。
しばらくYoutubeでAKの動画を見ていました。


ヤフオクなどでも購入は可能でしたが、値段が高いので海外から直接購入しました。
Amazon.comなら日本のAmazonと同じような感覚で買えるのが良いですね。

値段も送料が別途かかりますが、あわせても5,600円ほどでした。
国内流通品だとこの2~3倍に・・・。

出来は多少ザツいところもありますが、金属製でなかなかリアルです。
展示台もあるので、飾っておくにも良いです。

Amazon.comでの買い物は久々でしたが、時間は多少かかるものの安心して購入出来ました。
お試しで1丁買ってみましたが、他の銃も買おうかなと思っています。



タナカ コルトパイソン 冴羽獠モデルに木製グリップを付けてみた

P5263662s.jpg


4ヶ月ほど待ってやっと手元に届いたタナカ コルトパイソン 冴羽獠モデルですが、毎日ニヤニヤしています。
ハンドガンにしてはやや高価で、長物並の値段がしますが満足度はとても高いです。

あとは毎日ニヤニヤしてれば良いかなと思ったのですが、グリップの樹脂感が少々気になってきました。
これはこれで良く出来ているのですが、せっかくのコラボモデルなので木製グリップに変えてみようと思いました。

ただ、これはこれでハンドガンが1丁買えてしまうくらいの値段なので考えてしまいましたが、エアガン趣味は数より質を優先したいので思い切ってポチってみました。



P5263669s.jpg

P5263670s.jpg

P5263672s.jpg


届いてちょっと驚いたのはその重さです。
重りが入っていてズッシリとします。

付属品は固定用のネジのみです。
取り替えはこのネジを外すだけで簡単に出来ます。

ただ、このマイナスネジの溝がやけに細いのでドライバーが上手くハマらない可能性があります。
簡単な作業ですが、ドライバーがズレて傷を付けないように気をつけたいところです。



P5263676s.jpg

P5263674s.jpg


元々付いていた樹脂グリップと比べると質感の違いが明らかです。
そんなに変わらないだろうと思っていたのですが、ずいぶん変わるものです。

色合いは、ネット通販の写真では白っぽく見えましたが、実物はほんのり暗めの木色で良い感じです。



P5263681s.jpg

P5263680s.jpg

P5263682s.jpg

P5283720s.jpg


事前にYoutubeで合わせ目が綺麗にならないという動画など見ていたので少し心配でしたが、ピッタリ綺麗にハマりました。
このへんは個体差もあるのかもしれません。

表面に施されたチェッカリングは、素手で持つと痛いくらい鋭くなっています。
元の樹脂グリップよりだいぶシャープなので、肌の弱い方だと持つのがキツいかもしれません。

また、木の色合いに赤みが少ないのでローズ系が好きな方だとちょっと残念な気分になるかもしれません。
私はこれくらいの自然な色合いが好きですが、ウォールナットのやや暗めの色合いが気になる方も多いかもしれません。

光沢も控えめで、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。
単純な製品なだけに好みによって好き嫌いが大きく分かれそうです。

値段も結構高価ですので、実物を見られるのなら見てから購入した方が良いと思います。
私はあまり赤みの強い木色は好きではないので気に入りました。

これならM19にも付けたいところです。
見た目も大きく変わりますが、握った感触もずいぶん良くなりました。

この感触は樹脂では出せないですね。
初木製グリップでしたが、思ったよりも満足度が高いです。





タナカ +Weight グリップシリーズ パイソン オーバーサイズ アメリカンウォールナット チェッカーグリップ



『タナカ コルトパイソン 冴羽獠モデル 』を買ってみた

P5183567s.jpg


昨年末に発売されたタナカワークスのコルトパイソン 冴羽獠モデルですが、発売を知ったのが遅くすでに予約締め切り状態で残念な思いをしました。
その後、年明けに再販予約をやっている店舗があったのでここぞとばかりに予約しました。

1月の末頃でしたが、その時点で4月発売予定でした。
その後、5月発売予定と延期になり、やっと再販されました。

普段から趣味の物を色々購入していますが、4ヶ月近く待って買うということはなかなかありません。
途中でちょっと忘れていたりもしましたが、やっと手元に届きました。



P5183568s.jpg

P5183571s.jpg

P5183573s.jpg

P5183574s.jpg


パッケージは、外箱にデカデカとシティーハンターのイラストがあってコラボ感満載です。
Youtubeで見て事前に知っていましたが、側面の伝言板がマニア心をくすぐります。

内箱はグレーのシンプルなものですが、中央にシティーハンターのロゴが入っていて高級感があります。
蓋を開けるとこれまたシティーハンターコラボの説明書が出てきて、開けるまでが楽しすぎです。

今まで購入したエアガンと比べてパッケージがとてもしっかり作られているのはうれしいですね。
中身はコルトパイソン本体とシティーハンターコラボモデルオリジナルのサイレンサーがたまりません。

他の同梱品はBB弾やガスのアタッチメントなどがありますが、サイレンサー用のシムが入っています。
これはサイレンサーの刻印が横に来るよう調整するためのものです。



P5183577s.jpg

P5183578s.jpg

P5183579s.jpg

P5183580s.jpg

P5183582s.jpg

P5183583s.jpg

P5183585s.jpg

P5183586s.jpg


本体は金属製ではなくヘヴィウェイト樹脂製になります。
このへんは仕方ないところですが、質感は文句なしです。

個体差かもしれませんが、トリガーがやけに重いのとシリンダーの開閉が妙に渋いのが気になりますが、撃って遊ぶというより見てニヤニヤするモデルなので特に問題なしです。
シリンダー基部にあるMKの刻印が作中モデルであることを表していて良い感じです。

あとは仕様上仕方ありませんが、カートリッジが固定で出し入れ出来ないのがちょっと残念です。
また、M19ではあまり気にならなかったのですが、グリップ上部の光沢感に少々プラスチック感があるのでリアルウッドに交換したいかなぁという感じがします。

純正品は結構イイ値段しますが・・・。



P5183589s.jpg

P5183592s.jpg

P5183593s.jpg

P5183594s.jpg


この銃をコラボモデルたらしめているものであるサイレンサーは意外と小さいです。
シンプルな作りで側面に小さく刻印があります。

中身はウレタンではなくカップ状の樹脂部品が3つ入っていました。
おまけにしないしっかりした作りが素晴らしいですね。

取り付けは正ネジになっていて、スムーズに脱着出来ました。
そのまま付けると刻印が綺麗に横を向かないので、シムを何枚か入れる必要があります。



後記

今回はタナカワークスのシティーハンターコラボ コルトパイソン 冴羽獠モデルを買ってみました。
まさか、今になってまさかこんなコラボモデルが発売されるとは思いませんでした。

シティーハンターは大好きな漫画で、以前からコルトパイソンは欲しいなぁと思っていました。
普通のモデルでも良かったのですが、やはり正式にコラボしたモデルは満足感が段違いですね。

パッケージから始まって本体の刻印やサイレンサーなど、好きな人間が作ったと思わせるニヤニヤポイントが随所に見受けられます。
もう35~6年も前の漫画ではありますので内容に古さは否めませんが、今読んでも全然ありですね。

作中で何度も登場する新宿駅の伝言板ですが、これは連載当時にはもう撤去されていたようです。
作者の北条司氏は撤去されているのを確認した上で作中に登場させたらしいです。

そして、コラボモデルの目玉であるサイレンサーは作中で何度も使用しているものなのですが、実銃では普通のリボルバーにサイレンサーはあまり意味が無いそうです。
とはいえ、そこは漫画の世界なので気にしてはいけません。

表パッケージのイラストは30年ほど前に発売された北条司イラストレーションズの表紙イラストと同じものです。
ここは書き下ろし・・・と、言いたいところですが、あえて当時のイラストを使うところに拘りを感じますね。

当時のイラストだからこそ当時の思いが蘇ってきます。

シティーハンター冴羽獠というと、アニメや漫画の男性キャラで今でも最もカッコイイと思うキャラの1人です。
私の銃好き趣味に影響を与えた漫画の1つでもありますので、今回のコラボモデルは胸熱です。





シティーハンター × タナカワークス コラボレーションモデル コルトパイソン 冴羽 獠 モデル 18歳以上ガスリボルバー



Home > アーカイブ > 2021-05

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち


フィード

Return to page top