Home > 撮影機材

撮影機材 Archive

オリンパス E-M10II用にVelbon 自由雲台 QHD-33を買ってみた

P9200431s.jpg


机の上に置いてあるオリンパス E-M10IIを眺めながらマイクロフォーサーズはイイナァとニヤニヤしている今日この頃です。
なんといってもこの小ささがたまりませんが、ただ小さいだけでなくちゃんとカメラとしての実力も伴っているのがステキです。

実は以前使っていたキヤノンのカメラやレンズはもう手元にありません。
本体の40Dを除いてすべて手放してしまいました。

フィギュア撮影もイベント撮影もやらなくなってしまいましたので大きくて重い一眼レフは日常のブログ記事で使う写真撮りには向かないのです。
キヤノンのPowershot S120でササッと撮っていました。

ですが、以前から興味があったミラーレスカメラも欲しいなぁと思い、一式無くなったのを機会に小型軽量のマイクロフォーサーズに移行しました。
軽く使いやすくてとても良いです。

手ぶれ補正が強力なので手持ちで何ら問題ないのですが、やはり三脚も欲しいなぁと思いました。
ブレ対策というよりもライトの位置を調整するのにカメラを固定しておきたいことがあるからです。

以前使っていた重量級のGitzoの三脚もすべて手放してしまったのでまた購入しないといけないのですが、今回はせっかくの小さいカメラに合わせた物を用意したいとおもいました。
そこで手始めに小型の自由雲台を買ってみました。

VelbonのQHD-33です。

 link >>  ベルボン株式会社 QHD-33


小型軽量でお値段もリーズナブルです。
大型の一眼レフでは心許ないですが、小さく軽いマイクロフォーサーズ機なら十分だと思いました。



P9210436s.jpg

P9210439s.jpg


【仕様】
カメラ台:48×25mm
高さ:68mm
底面径:33mm
質量:130g
推奨積載質量:2,000g
三脚取付ネジ:UNC1/4

底面の三脚取付ネジは外すことが出来ますが、交換用のUNC3/8ネジは付属しません。



P9210441s.jpg

P9210443s.jpg


ストッパーが円形ではなくひし形になっているのが気になりましたが、90度くらいしか回らず三脚取付面より下にいきません。

レバー操作でボールと底面(水平方向)を同時に操作しますが、目一杯緩めても少し抵抗が残ります。
雲台だけでいじると重めですが、カメラを取り付けて動かすには程よい抵抗という感じです。

また、90度横にして縦位置にするための溝が左右にあるのも意外と便利ですね。
例えばカメラを左に倒す際にレバーを前にも後ろにも出来ます。



IMG_7733s.jpg

IMG_7736s.jpg

P9210445s.jpg


実際にカメラを取り付けてみるとE-M10IIやコンデジにちょうど良い感じですね。
レバーをしっかり締めれば斜めにしてもズルゥと動くこともありません。




後記

今回はカメラ用の雲台としてVelbonのQHD-33を買ってみました。

重さ130gと軽めですが、アルミ素材でしっかりした作りです。
ボールの動きは価格相応のなめらかさですが、特に気になるほどではありませんでした。

クイックシュータイプと迷ったのですが、取り外ししやすそうなネジでしたのでスッキリシンプルなネジ止めの方を選びました。

あとはこれに合わせて小型軽量の三脚を選びたいところです。
大きくてしっかりした三脚を探すのなら色々選択肢がありますが、せっかくの小型システムなのでできるだけコンパクトにしたいところです。

三脚を選んだ際にこの雲台は不要になるかもしれませんが、その場合はLEDライト用に使おうと思います。




Velbon 自由雲台 QHD-33 小型 底面径33mm アルミ製 472922
ベルボン (2011-09-01)
売り上げランキング: 10,165



『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro』を買ってみた

P9010302s.jpg


しばらくぶりに購入したカメラでありますOLYMPUSのE-M10IIは毎日触って眺めてニヤニヤしています。
キヤノンの一眼レフを使っていた頃はここまでニヤニヤしなかったのですが、この小ささがたまらないです。

ブログ記事で使う写真を撮るのに購入したのですが、手軽に日常的に使える大きさ軽さは良いですね。
さすがにコンパクトデジカメよりは大きいですが、レンズを交換出来るという点がたまりません。


そして、レンズ交換式カメラとなるとどうしても欲しくなるのがレンズです。

E-M10IIはダブルズームセットを買ったので標準ズームと望遠ズームがあってそれで十分といえば十分なのですが、またカメラ好きの悪いクセが出てレンズを追加してしまいました。
標準、望遠ズームに追加するなら広角ズームや単焦点レンズも良いですが、ブツ撮りにはマクロレンズが欲しくなります。

そこで今回は『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro』を買ってみました。
APS-Cやフルサイズのレンズと比べると驚くほど小さく感じます。

 link >>  交換レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro | 交換レンズ M.ZUIKO PREMIUM | オリンパス



P9010305s.jpg

P9010309s.jpg

P9010310s.jpg


鏡胴は樹脂製で前玉がやけに小さく、幅広なフォーカスリングが特徴です。
金属マウントで作りはしっかりしています。

軽くて使いやすくはあるのですが、レンズとしての見た目はそれほど格好良くないかなぁという感じです。


Amazonで購入したのですが、届いて驚いたのはその大きさと重さです。
箱から出すとレンズとは思えない小ささです。

重さは128gと程よく手に重さがかかる感じで、持ち歩くにも苦にならない軽さですね。



P9010314s.jpg

P9010316s.jpg


カメラメーカー純正レンズはなぜかフード無しのものが多いように思いますが、このレンズもフードが付いていません。
そもそも純正のフードが無いのですが、なんか付いていないと不安になるのでAmazonのレビューにあったエツミのメタルインナーフードを付けてみました。

少しお値段高めですが、ケラレもなく見た目的にも良い感じです。
フードの全面に37mmのネジが切ってあるので、使わなくなったキットレンズのキャップがそのまま使えました。

ただ、側面の白い46mmの刻印が見た目にちょっと残念な感じがします。
色は黒を選びましたが、鏡胴の色合いとだいぶ違うので多少違和感がありますね。

かなり被写体に近づくことが出来るのでうっかり接触が起こることが予想されます。
ですのでこのレンズは事故防止のためにも保護レンズやフードを付けておいた方が良いかもしれません。



P9010318s.jpg

P9010332s.jpg


早速接写を試してみましたが、前玉がくっつくくらい接近出来るのが驚きです。

E-M10II用の交換バッテリー裏の説明書きは1文字0.2~0.3mmくらいですがここまで拡大出来ます。
1/8フィギュアの顔も画面いっぱいにいけますね。

普段使いでここまでの接写が必要になることは少ないですが、標準ズームであともう少し寄れれば・・・と思うようなことはまぁまぁあったりします。
30mm(35mm判換算60mm)くらいだとわりと普段使いにも使いやすい焦点距離だと思います。


それにしてもわかってはいますがこの小ささはホントに良いですね。
軽くて手のひらにすっぽり収まります。

ただ小さいだけでなく撮れる写真画質も良いのがステキです。
普段使いには標準ズームとマクロレンズがあれば十分かなと思いますが、無駄にもう何本かレンズが欲しくなってしまいました。




OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
オリンパス (2016-11-18)
売り上げランキング: 61,063



カメラ用LEDライト『VIJIM VL-1 96LED』を買ってみた

IMG_7724s.jpg



少し前にYoutubeの動画を見て興味があったカメラ用のLEDライトを買ってみました。
VIJIMという中国深圳にあるメーカーが作っているLEDライトです。

私が見た動画のものはカラーに光りカメラへの取り付け金具付きで18,000円くらいと高額でしたが、購入した物は白色のみで4,000円ほどとリーズナブルです。
手動で明るさを5~100%、色温度を3000~6500Kで調整可能という便利なライトです。(Amazonで購入時の写真、説明では3500~5700Kになっています。



P8240249s.jpg

P8240252s.jpg

P8240255s.jpg


厚手の結構しっかりした箱に入っています。
同梱品は、本体以外にポーチと充電用USBケーブル(Type-C)、英語と中国語の説明書です。



P8240270s.jpg

P8240259s.jpg

P8240260s.jpg

P8240268s.jpg


厚さは1cmくらい、アルミ製でなかなかしっかりした作りです。
加工精度も高くて素晴らしいです。

背面にはOLEDディスプレイが付いていて、ここに明るさ、色温度、充電状態(残時間)が表示されます。
ハッキリクッキリした表示で見やすいです。



P8240263s.jpg

P8240265s.jpg


横と上に操作ボタン、充電端子があります。
電源ボタンは小さいですが質感が良く押しやすいです。

明るさや色温度は側面のスイッチを回して設定します。
押すことによって明るさと色温度を切り替えます。

こちらもしっかりした作りで驚きます。



P8240267s.jpg

IMG_7726s.jpg


2800mAhのリチャージャブルバッテリーで1~20時間使用出来るようです。
また、背面に磁石が入っているので金属部分に付けて固定することも出来ますが、磁石で固定すると背面が傷だらけになると思います。




後記

Youtubeの動画を見てイイナァと思って似たような安価なLEDライトを買ってみました。
どれくらい使えるかなぁと不安な気分で到着を待っていましたが、実物はとてもしっかりした作りで驚きました。

一昔前の中国メーカー製の物と比べて質感が良くて素晴らしいです。
以前購入したHaogeのフードもそうですが、深圳おそるべしという感じです。

明るさを細かく調整出来るというのがとても便利です。
100%にするとかなり明るいので5~25%くらいで使うことが多くなりそうです。

色温度は3000~6500Kの範囲で100Kずつ調整出来ます。
色味の違う2種類のLEDの光り具合で調整しているようです。

正確な数値かどうかは色温度計が無いのでわかりませんが、見た感じの光の色は綺麗です。

セット内容にはカメラに固定するものは入っていませんので別途雲台などが欲しいところです。
重さは本体が実測で157g、手持ちのカメラのアクセサリーシューに付ける小型雲台が72gほどでしたので合計229gとそこそこ重量があります。

元々重いフルサイズの一眼レフなどに重量級のレンズを付けていれば軽いかもしれませんが、元が軽いマイクロフォーサーズ機には結構重いです。

厚さ1cmほどと薄型なので外出時に持ち歩くにも邪魔になりにくいです。
持ち歩きはバッテリーが不安ですが、4,000円ほどならモバイルバッテリーなどを買わずに同じ物をもう1つ買っても良いですね。

意外と光が拡散するのと調光機能のおかげでフィギュアやドールを撮影するのにも良い感じです。
1つあたりの値段もそれほど高くないのでいくつか用意しておくと撮影の幅が広がりそうです。

値段、機能、性能などかなり気に入りましたのであとは耐久性が気になるところです。
衝撃に弱そうなので丁寧に扱いたいところです。

個人的にはもう1~2個買ってもイイナァと思いました。







VIJIM VL-1 96LED ビデオライト 磁吸機能付き
VIJIM
売り上げランキング: 66,699



ホーム > 撮影機材

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top