Home > パソコン

パソコン Archive

ルーターが故障したので、NEC Wi-Fiホームルーター『Aterm PA-WG1200HP3』を買ってみた

IMG_4813s.jpg


数日前に朝起きたらスマホが繋がらないという事態が発生しました。
どうしたのかと思い、PCを起動するもそちらもネットに繋がらず。

スマホは4G回線であれば繋がり、PCもルーターを通さずにハブで繋がっているNASへは繋がったのでおそらくルーターが故障したのだと思いました。
そこで以前使っていた古い無線ルーターに取り替えたところ普通にネット接続もWifiも繋がるようになったのでルーターの故障が原因とわかりました。

3年前に購入したNECのWG1200HPというルーターなのですが、結構熱をもつので今夏の猛暑と相まって故障したのかもしれません。
PC関連の周辺機器としては可動部品が無いのでそれほど故障率は高くないような気もしますが、ネットを見ると意外とルーターの故障の話を目にします。

発熱の高さもわりとよく見かけるので、もしかすると熱でやられることが多いのかもしれませんね。

とりあえず古いルーターでネット接続は確保出来たのですぐに新しいルーターを注文しました。
古いルーターはやや性能が落ちますが、言うほどネット接続は遅くないので助かりました。

せっかくなのでもう少し良いルーターにしようかと思ったのですが、現状で特に不満もありませんでしたし自分1人で使っているだけなので同時接続数などは増えてもあまり意味がありません。
速度よりも遠方まで届く方がありがたいのですが、まぁ安いので良いだろうと思って同じNECのWG1200HP3を買いました。

見た目は表面の加工が違うだけで壊れたWG1200HPと同じ感じなので違和感なく使えます。



IMG_4821s.jpg

IMG_4825s.jpg

IMG_4826s.jpg

IMG_4822s.jpg
※左:WG1200HP3 右:WG1200HP


薄いですが中身に比べてやや大きい箱に入っていました。
大きく867+300Mbpsの文字がありますが、どうせそんな速度は出ないのでどうでも良いです。

それよりも『安定通信』の文字が気になります。

故障したWG1200HPと比べると表面の加工に違いはあるものの筐体は同じ形です。
以前は光沢があってテカテカしていてすぐに指紋が付いてしまいましたが、WG1200HP3はザラッとしたつや消しになっているので以前よりも指紋が付きにくくちょっぴり高級感が出ました。

後ろの端子類も同じなのでLANケーブルはそのまま同じ場所に繫ぎました。
ACアダプタはちょっと安っぽくなりましたが、見えない位置にあるので特に問題なしです。


ルーターの入れ替えで面倒なのが『設定』です。

WPSを使って設定を引き継げる機能があるのですが、MACアドレスフィルタリング機能を使っていると使えないようです。
これに気づかずにずいぶん時間を使ってしまいました。

結局、既存ルーターの設定画面をスクショで撮ってそれを見ながら手入力するというアナログな方法で設定しました。
これもPCからいきなり繋がらず、スマホで設定画面を開いてipアドレスを確認したりしてから始めました。

ルーターの初期アドレスは192.168.1.1かと思っていたら192.168.10.1だったという・・・。
PCからクイック設定webを開いてからはすぐに設定が終わりました。

アナログですが、スクショを見ながらの手入力が良かったです。


話題のipv6での接続を試してみようかと思ったのですが、NASの接続に影響が出たりしそうなのでそういうことが起こると面倒くさいのでやめました。
特に接続速度にも不満は無く安定しているのでこういう時は余計なことをしないに限ります。

Amazonのレビューでもipv6でのトラブル報告が多いようなので試してみたい人は要注意ですね。

いちおう、私の使っているOCN光ではipv6接続には対応しているようです。
また、10月のアップデートで謎技術を使った2倍高速化もあるようですが、もうちょっと様子見です。



IMG_4818s.jpg


同じNECの新旧機種なので設定画面も同じかと思ったら、WG1200HP3では今風の設定画面になっていました。
こういうのは使い慣れているから同じメーカーのものを選ぶという理由もあるのであまり変えて欲しくないですね。

それと気になったのが説明書のわかりにくさです。
ペラ紙の簡単な説明書が入っていますが、これだけでは全然情報が足りません。

詳細な説明書はweb上にあるのですが、そのwebに繫ぐためのルーターなのでそれはどうなのかと思いました。
ネットワーク機器の設定の面倒さはPC周辺機器随一ですので、もう少し丁寧に解説した説明書を入れて欲しいものです。


とりあえずひととおり設定が終われば何事も無かったかのように繋がりました。
気になる性能に関しては、故障したWG1200HPよりもレスポンスが良くなった・・・ような気がします。

iPhone6でWifi接続してみましたが、Safariでの表示など気持ち早くなった気がします。

表示速度は個人の感想の域ですが、電波の届く距離は明らかに伸びました。
以前はトイレの中でギリギリ繋がるか繋がらないかで繋がらない方が多かったのですが、変更後はアンテナ数は1~2本になってしまいますがそこそこ安定して繋がり、中継器無しでも十分な感じです。

私的にはこれだけでもう十分満足です。


次にルーターを買い替える時は上位機種にしようかと思ったのですが、特に上位機種にしなければいけない理由も無いので同じエントリーモデルにしました。
有線も無線も必要十分な性能が出ているので無駄に高い機種を買わなくて良かったです。

あとは前機種と同じくらい3年くらい使えればイイかなと思います。
USB HDDが繋げたりなどのおまけ機能は無くシンプルな機能なのは好感が持てます。



B07DHZTGTVNEC 11ac対応 867+300Mbps 無線LANルータ(親機単体)Aterm WG1200HP3 PA-WG1200HP3
NEC

by G-Tools



Google Chrome Ver.68でHTTPサイトに警告表示が出るようになった

普段、自宅PCでWebブラウザはGoogle Chromeを使っています。
数日前、このChromeにアップデートがあり、Ver.67から68になりました。

今回のアップデートでの大きな変更点はHTTPサイトに警告表示が出るようになったことでしょうか。
それまでは『○にi』の表示のみだったのですが、68から日本語で『保護されていません』と目立つ表示が追加になりました。

 link >>  「Google Chrome 68」公開、HTTPサイトには容赦なく警告を表示する仕様に – INTERNET Watch
 link >>  報じるニュースサイトが非対応の例も? ChromeのHTTP警告で、非対応サイトが続々と槍玉に【やじうまWatch】 – INTERNET Watch



20180728134916s.jpg
Chrome 67で表示


20180728134617s.jpg
Chrome 68で表示


このため、一部ではHTTPS非対応のサイトが取り上げられるなど混乱が生じているようです。

当ブログでは5月にGoogle先生にアレコレ指摘されながら修正してHTTPSにしました。
変更したからといって特にアクセス数が増えたとかはありませんが、緑のカギマークを見るたびにちょっとニヤニヤ出来るようになりました。

色々と面倒くさい修正はしましたが、HTTPS化してから約三ヶ月経って今のところ不具合等は見られません。

私はセキュリティ云々よりも昔からHTTPSをやってみたかったので無料の証明書があることを知ってやってみました。
特に必要無いとも思っていたのですが、後から考えてみるとメッセージを送信するメールフォームを設置しているのでいちおう意味はあったかなと思います。



20180728135414s.jpg


ずいぶん前からChromeの表示が変わっていましたが、ここに来てわかりやすく目立つ感じになりました。

正直なところ、HTTPSは個人のHPやブログでは必要無い気もします。
ですが、そういったことにあまり詳しくない人がページを見た際に『保護されていません』の文字が見えてしまうとなんとなく気になってしまうのではないでしょうか。

現在のところChromeのシェアは50%くらいあるようですのでちょっと無視できない数値です。
Googleの方針で官公庁や大手企業まで影響が出るというのはいかにネット上でGoogleが巨大になっているかを実感します。



Canon PowerShot S120のWifi機能を使い始めてみた

20180711140929s.jpg


日々更新している当ブログで使っている写真は、ここ数年間は『Canon PowerShot S120』を使って撮影しています。
程よい性能で写りも良くそれなりに高級感もあり、なにより小型軽量なのが良いです。

画質を求めれば一眼レフでやりたいところですが、撮影して画像をうpする作業も頻繁にやっているとわざわざ防湿庫から重い一眼レフを出してというのは億劫になってしまいます。
愛用しているS120は防湿庫へ入れず机の上に出しっぱなしですぐ使える状態にしてあります。

もう完全に『道具』なので壊れたら買い替えるつもりで気軽に使っています。


そのS120ですが、本体にWifi機能が付いていていちいちSDカードを抜いたりPCとケーブルで繫がなくてもデータ転送が出来ます。
ただ、4年前に購入した時にやってみたのですが、どうも上手く認識せず繋がらなかったので代わりにEyefiカードを使っていました。

一時期流行ったSDカードに無線機能が付いているものですが、写真を撮ると何もせずとも自動でPCに転送してくれるのが便利でした。
これを長らく愛用していたのですが、少し前にEyefi自体が無くなってしまい受信用のソフトなどもダウンロード出来なくなってしまいました。

PCへの転送でしか使っていないので、使えるうちはまぁ良いかと思っていたのですが会社が無くなってサービスも終了したものをいつまでも使っているのはモヤモヤしますし新たなセキュリティホールにならないとも限りません。
さらに、Eyefiカードは便利なことは便利なのですが、なかなか転送が始まらないこともあったりしてちょっと気になることもしばしばありました。

そこでS120本体のWifi機能をもう1回試してみることにしました。


キヤノンのwebサイトからCameraWindow DCをダウンロードして、S120のMACアドレスをルーターに登録して、ノートン先生が遮断しないように設定して・・・。
と、やってみて再度転送してみたところ普通に転送できてしまいました。

最初にやった時は一体何が悪かったのか・・・。

転送するたびにS120でWifiモードにしなければいけないのとPCでCameraWindow DCを起動しないといけない面倒はありますが、Eyefiカードのようになかなか転送してくれないという気まぐれ感が無いのでよしとします。



20180711140940s.jpg

20180711140951s.jpg


PC側でバッテリーやメモリー容量など確認出来るのも便利ですし、S120内の画像整理も出来たりします。
他にも好きなSDカードを使えるのもありがたいです。

これでとりあえずサービスが終了したEyefiとお別れしても大丈夫かなと思います。



ホーム > パソコン

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top