Home > パソコン

パソコン Archive

『日辰電機 LAN用雷ガード絶縁タイプ NPL-1001』を買ってみた

P9010324s.jpg


パソコンを使い始めてずいぶん経ちますが、その間に停電を何度も経験しました。
それが原因ではないかと思われるようなHDDの故障もあったりしてUPSを長いこと使ってきました。

とはいえ、何事も無ければ3~5年くらいでバッテリーがダメになってしまうものを使うのは躊躇われます。
ここ最近は停電も無かったので自宅PCの更新時にもNAS周りだけUPSを使うようにしました。

NASにバックアップがあればメインPCの記憶装置が逝ってもすぐにリカバリー出来るかなと思います。
ただ、UPS無しだとやや不安なのでメイン、サブPC周りの電源には雷ガードを付けてみました。

長いパソコン歴の中で雷による被害は1回も無いのですが、これからも無いとは限らないですのでお守り代わりという感じですね。

そしてもう1つ気になっていたのがLANです。
こちらはUPSに雷サージ機能が付いていたのでNAS周りはそれを利用していますが、メイン、サブPC周りにはありません。

1回も被害が無いならさすがにいらないだろうと思いましたが、気になると気になり続けてしまうのでLAN用の雷ガードも付けてみることにしました。
安価なものもありますが、いざという時に役に立たないとか回線速度に影響が出るとかでは意味が無いのでちょっとお値段高めですが日辰電機の雷ガードを買ってみました。

ちなみに日置電機だと思っていたのはナイショです。



P9010326s.jpg


値段的に箱入りだろうと思ったら、まさかの簡素なビニール袋入りだったのには驚きました。
物としてはまんま延長コネクタです。

多少中身が入っている感はありますが、そのへんに転がしておいたら4,000円もするものには見えないですね。
付属品は説明書だけなので繋ぐためのケーブル類は別途用意する必要があります。

1000BASE-T、カテゴリ5eに対応しているので回線速度には特に問題は出ないと思いますが、PoE給電には対応していませんので対応機器を使っている場合は要注意です。
導入したのはONUとルーターの間ですが、繋いだ後でも回線速度が遅くなるようなことはありませんでした。


何事も無ければまったく不要な物に4,000円も出すのはどうかと思いましたが、安心を買ったと思えば良いかなと思います。
少し前にYAMAHAのちょっとお値段高めのルーターに変えたのでこれが壊れるとガッカリ感がヤバいです。

4,000円もしたんだから役に立ってくれよと思いつつ役に立つような場面が来ないことを祈ります。
そもそも光ケーブルは雷の影響を受けるのか・・・という根本的な疑問もありますが、まぁ気分的に良いのでそのへんは考えないようにします。

また、この雷ガードはネットワークオーディオなどで音質が云々という話も見かけました。
正直なところLAN回線部分は聞き分けられるほど変わらないと思うのですが・・・時間があったらネットワークオーディオプレーヤーとNASの間とかに入れて試してみようかと思います。

もし劇的に変わるなら4,000円は安いくらいになりますね。






Windows10の画像ビューア『フォト』を以前の『フォトビューア』に戻してみた

20190826154923s.jpg


Windows7からWindows10に移行して少し経ちました。
スタートメニューの使い勝手がイマイチなのと各種設定の場所がわかりにくいというのはありますが、慣れれば快適です。

そんなWindows10ですが、1つ気になる点があります。
それは画像を表示する際につかうアプリ『フォト』です。

Windows7ではフォトビューアーというアプリでしたが、10になって変わってしまいました。
標準アプリだから大して変わらないだろうと思っていたら、思いのほか使いにくくて困ります。

シンプルなアプリではありますが、起動が遅いのと動作もなんだかモッサリしています。
他に動作が軽いアプリはないかなと思って探していたら、以前のフォトビューアに戻せるという記事を見かけました。

Windows7で使っていたフォトビューアは起動が速くて動作がサクサクなのであれが使えるなら無問題です。

 link >>  Restore Windows Photo Viewer to Windows 10
 link >>  Windows10の画像表示ソフトを以前のフォトビューアーに戻す手順


Restore Windows Photo Viewer to Windows 10というフリーソフトを使うとフォトビューアが使えるようになるようです。
レジストリなどを操作してやる方法もあるようですが、間違えると面倒なのでソフトでサクッと入れます。

手順としてはソフトをインストールして『Restore Windows Photo Viewer』をクリックしてフォトビューアを復活。
次に既定のアプリからフォトビューアをWindows フォトビューアーに変更して完了です。


20190826163637s.jpg


メイン、サブPCともに変更してみましたが、起動が速くて動作もサクサクです。
つい最近までWindows7で使っていたので使い方もこちらの方が慣れています。

画像の確認は日常的にとても多い作業なのでほんのちょっとの使い勝手の差が気になります。
せっかく新しいOSなので付随アプリも新しいものを使えば良いのにとも思いますが、新PCでもややモッサリしているのでここは仕方ないですね。

変更してとても快適になりました。



音楽CDのリッピングにExact Audio Copyを使ってみた

20190826142439s.jpg


メイン、サブPCがWindows10に移行出来てひとまず落ち着いていますが、Windows7から完全に移行出来たわけではありません。
ブログ書きなどで普段使っているソフトのいくつかはこの機会に新しいものに変更したりしています。

そして、サブPCで行っていた作業の1つである音楽CDのリッピングはソフトを新たに見つける必要がありました。
今まではSonyのMedia Goを使ってFLACに変換しつつNASに直接保存していましたが、Sonyでの配布が終了してしまったためです。

ワンタッチで保存出来て便利だったのですが、元データを保存しておかなかったので再インストール出来なくなってしまい代替ソフトが必要になりました。

フリーソフトで何か無いかと探してみると、Exact Audio Copy(以下EAC)というソフトがよく使われているようなのでこれを使ってみることにしました。
英語のソフトですが、有志の方が日本語化をされています。

 link >>  Exact Audio Copy
 link >>  高機能CDリッピングソフトExact Audio Copyの使い方まとめ | ハウツーIT


まずは公式ページからEAC本体をダウンロードします。
あわせて上記ページから日本語化ファイルをダウンロードします。

EACをインストール後、『起動する前』に日本語化ファイルをEACのフォルダに入れます。
初回起動してから入れると日本語にならなかったので要注意です。

個別に手動で設定をしても良いですが、面倒なので設定ウィザードで設定しました。
ウィザード後に保存先フォルダを変更したり自分で使いやすいように設定をしました。

試しにTOP GUNのサントラを変換してみましたが、チェック機能を強化したので以前より時間がかかりました。
出来れば早く終わった方が良いですが、エラーが入ると後で面倒なので多少の時間は目をつぶります。

また、曲名などCD情報を入手するにはメールアドレスの登録が必要なのでフリーメールなどを取得しておくと良いかもしれません。
やや古めのフリーソフトで、日本語化や初期設定が面倒ですがそれらを済ましてしまえば便利に使えそうです。



ホーム > パソコン

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top