Home > パソコン

パソコン Archive

長らく愛用してきたRimnetとお別れするときが来た

PA102804s.jpg


わりと昔からPCをやっている人には懐かしいかもしれませんが、私が使っているE-mailのメインはリムネットだったりします。
最初に使い始めたのは確かWindows98の頃だったように思います。

メールボックスをさらっと見た感じでは1998年のメールがありました。
もう20年以上前になります。

契約した当時はわりと通好みの良いプロバイダだったのですが、しばらく前にイージェーワークスに買収されてしまいました。
その後もRimnetの名前は残っていましたが、かつての老舗プロバイダの面影はもうありません。

自宅では一時期フレッツも使っていたのですが、OCNに移行してからメールアドレスのみの利用になっていました。
メールアドレスが気に入っていてメインで使っていたこともあって、退会せずに月200円の最も安いコースを使っていました。

それが、このたび200円のコースが廃止になって500円のコースへ切り替えになるというお知らせが届きました。
正直なところ、メールアドレス1つで月200円というのも今の時代ちょっと高いかなと思ったりします。

このブログの運用で使っているさくらインターネットでは月500円でレンタルサーバーに無制限のメールアドレスが付いてきます。
それが同じ500円でメールアドレス1つ、ホームページサービス10MB、クラウドストレージ(容量不明)またはセキュリティソフト(カペルスキー)利用になります。

ホームページのサービス領域など10GBの間違いかなと思いました。
なにはともあれ強制的に2倍以上の価格のコースへの変更はちょっといただけません。

個人的にはメールのみで良いので200円のままにして欲しかったところです。
長らく使ってきたリムネットですが、OCNのアドレスもいくつもありますしもう解約する方向で良いのかなと思いました。

ただ、あまりに多くの場所でこのアドレスを使っているのでハイやめますというわけにいかないのが辛いところです。
これから先は新規に登録するのはやめて少しずつアドレスの変更を行っていこうと思います。

そして、概ねアドレスの移行が済んだらサヨナラしようと思います。



QC4.0+対応 USB-C充電器『ベルキン F7U074DQ04-SLV』を買ってみた

P9012722s.jpg


最近、スマホなどの充電で使うUSB充電器やUSBケーブルを買い足しています。
今まで手持ちのものでなんら不便が無かったのですが、たまたまモバイルバッテリーと一緒に買ったことであれもこれもと買い集め始めてしまいました。

このへんはガジェット好きの哀しい性です。

今回は、QC4.0+対応のUSB-C充電器『ベルキン F7U074DQ04-SLV』を買ってみました。
サブで使っているモトローラのスマホがどうやらQC4.0対応の27W充電器を使うと良いぽぃ話を見て買ってみました。

元々スマホに付属していた充電器があるのですが、これが妙に高性能で充電が早いので同じ物を欲しいと思っていました。
セットの別売りもあったのですが、やけに値段が高かったので同等品はないかと探していました。

そこで見かけたのがこのベルキンの充電器でした。



P9012725s.jpg

P9012726s.jpg


セット内容は充電器本体とUSB-Cケーブル1本のみです。
充電器用のポーチなどはありませんでした。



P9012728s.jpg

P9012732s.jpg

P9012733s.jpg


USB-Cの一口充電器としてはやや大きめです。
白とシルバーで折りたたみプラグがあり、外観はわかりにくいですが微妙に台形になっています。

折りたたみプラグがとてもしっかり出来ていて、よくある引っかかりがなくスムーズに格納出来ます。
このサイズならLEDなど付いていても良い気がしますが、付いていません。

付属のケーブルはわりとしっかりしていますが、硬めでちょっと使いにくいですね。
Made in Chinaではありますが、外観は良く綺麗な仕上がりで品質の良さを感じます。

実際にmoto g7 plusに繋いでみるとTurbo powerの表示が出ます。
時間は計っていませんが、付属充電器と同等くらいには早く充電出来ているようです。

手持ちのmoto g7 plus用として使うならUSB-C一口で問題なく使えますが、持ち歩くにはAnkerなどの小型充電器の方が便利ですね。
また、手持ちのiPhone8も一緒に持ち歩くことが多いので、その場合は先日購入したAnker PowerPort PD 2などの方が良いかもしれません。

USB充電器としてはやや高価な部類になりますが、貴重なQC4.0+対応品として使用機会は増えそうです。





ベルキン USB充電器 iPhone / iPad / Androidスマホ各種対応 USB-C 27W 急速充電 Quick Charge 4+ (下位互換有) BOOST CHARGE シルバー F7U074DQ04-SLV-A



『Cable Matters USB Type C Micro B 変換ケーブル』を買ってみた

P7162558s.jpg


最近、USB-C対応の機器が増えてきてケーブル不足な状態が続いています。
新しく導入したUSB接続の機器類はUSB-Cであることが多いのですが、中にはまだmicro bだったりします。

mini usbはさすがにほぼ無くなりましたが、出来ることなら1つの規格に統一したいところです。
統一したいという目的はケーブルの使い回しが出来るからです。

規格ごとに違うケーブルを使うとなるとその分のケーブルを用意しないといけなかったりして面倒です。
あとは少しでも余計なケーブルを減らしたいところです。

そんなわけで今回はありそうであまり見かけないUSB-Cとmicro bを繋ぐケーブルがあったので購入してみました。



P7162561s.jpg

P7162562s.jpg

P7162564s.jpg

P7162566s.jpg


Cable MattersというメーカーのケーブルをAmazonで購入してみました。

Amazonおなじみの中華メーカーかと思いきやwebサイトにはアメリカの住所があったのでアメリカのメーカーかもしれません。
ただ、Made in chinaの文字があるので製造は中国のようです。

国内メーカーのケーブル製品は捨てるのが面倒なブリスターに入っていることが多い中、海外メーカーはこういったビニール袋に入っていることが多い感じがします。
正直なところ、ケーブルならこのパッケージで十分な気がします。

海外メーカーでよく見かけるメッシュスリーブは見た目に高級感があって良いです。
プラグの作りもしっかりしていて金メッキ仕様になっています。

オーディオ用と違ってあまりメッキの必要性は感じませんが、なんとなくスペシャル感があって良いです。
見た目に贅沢な作りでありながら価格はわりとリーズナブルです。

耐久性に多少の心配はありますが、この作りでこの値段を見てしまうと国内メーカーの製品は買えなくなりそうです。
たかがケーブル1本ですが、このへんからも海外製品のレベルが上がったことを感じます。





Cable Matters USB Type C Micro B 変換ケーブル USB Type C Microusb 変換ケーブル USB C Micro B 変換ケーブル USB 2.0 Micro B 5ピン 480Mbps Android対応 充電可能 1m ブラック



ホーム > パソコン

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
FC2カウンター試用中


2020/04/02~リセット
フィード

Return to page top