Home > パソコン

パソコン Archive

YAMAHA NVR510でOCN IPv6 IPoEの設定をしてみた

ここ最近、自宅でネットをやっている方が多くいのか、時間帯によってかなり通信速度が遅くなります。
OCN光なのですが、下り10Mbpsまでいかないこともままあります。

時期が時期だけに仕方ないかなぁと思っていたのですが、そういえばスッカリ忘れていたIPv6で接続すれば少しはマシになるかなと思いました。
NECのルーターを使っている時には上手く設定できなかったのですが、今はYAMAHAのNVR510というルーターを使っています。

このルーターでは設定していなかったので物は試しとIPv6の設定をしてみることにしました。
まずは設定に関する情報を探してみたところ・・・。

YAMAHAのサイトで画像入りの詳しいやり方があったのでその通りにやってみました。

 link >>  フレッツ光ネクスト インターネット(IPv6 IPoE)接続 : Web GUI設定


かんたん設定 → プロバイダー接続 → 新規 と、あとはいくつか項目を選べば設定完了です。
驚くほど簡単です。

すぐには接続できませんでしたが、少し時間が経つと無事にIPv6 IPoEで接続できました。
接続確認はOCNのIPoE接続環境確認サイトを使いました。

 link >>  OCN | 接続環境確認



20200516174216s.jpg


簡単な設定でIPv6接続が出来ました。

以前、NECのルーターでやったときにアレコレやって結局繋がらなかったのとはずいぶんな違いです。
さすがYAMAHAのルーターという感じです。

そして、気になるのはどれくらい速度が違うかというところですね。
試しにIPv4とIPv6両方の速度が測れるサイトで測ってみました。

 link >>  通信速度の測定・スピードテスト | 光回線はIPv4・IPv6を同時測定! | みんなのネット回線速度(みんそく)



20200516171615s.jpg


IPv4と比べてずいぶん速度が速いです。
空いている時間でもIPv4では下り200Mbpsくらいがめいっぱいでしたのでこの速度はすごいです。

しかし、どこもかしこもIPv6対応しているわけではないのですべてで速度が速くなるわけではありません。
とはいえ、YoutubeなどはIPv6対応しているのでその恩恵を受けられる場面は多そうです。

今回の設定ではIPv4 PPPoEとIPv6 IPoEの両方が使える設定になっています。
IPv4 over IPv6というIPv6でIPv4に繋がる技術を使えばもっと速くなりそうな気がしますが、正常に動作しなかったりトラブルもあるらしいので併用することにしました。

ちなみにIPv4とか6とかイマイチちゃんとわかっていなかったのですが、下記動画を見たところわかりやすく説明されていてよくわかりました。





Olasonic NANO-NP1用のDMCにTechnics Music Appを使ってみた

IMG_1230ss.jpg


自宅オーディオで毎日使っているOlasonic NANO-NP1ですが・・・。
本体の作りの良さは特に不満が無いのですが、メーカー純正のコントロールアプリが無い状態です。

かつては純正アプリがあったのですが、iOS11だったかで64bitへ完全移行する際に対応せずに使えなくなり、その後Apple storeからも消えてしまいました。
以前はfoobar2000にプラグインを入れて操作していたのですが、いつ頃からかアルバム途中で止まってしまうようになってしまいました。

その後、Android版のBubbleUPnPを使ってみたところ、多少操作に癖はあるもののギャップレス再生も出来るようになりました。
それからは特に問題なく使えているのですが、Android端末でゲームをやるときにちょっと不便があります。

そこで、iPhoneでも使えるコントロールアプリはないかと探してみました。
すると、メーカーは違いますがTechnics Music Appというアプリが無料な上にギャップレス再生も出来るということで使ってみることにしました。

 link >>  ‎「Technics Music App」をApp Storeで



IMG_1225ss.jpg

IMG_1226ss.jpg

IMG_1227ss.jpg

IMG_1229ss.jpg


操作はBubbleUPnPと同じように聴きたい曲をプレイリストに登録してそこから再生します。
スピーカー機器からNNANO-NP1を選択して、NASのミュージックサーバーを選び、再生したい曲をプレイリストに入れて再生です。

ミュージックサーバーでの選曲時にそのまま再生も出来ます。

日本語アプリであり、見た目もシンプルなので少し使えばすぐ慣れると思います。
まだそれほど長時間使っていませんが、今のところ動作に不具合はありません。

見た目も結構綺麗な感じで操作ボタン類もわかりやすくて良いと思います。
本来はTechnics製品用のアプリではありますが、NANO-NP1で問題なく使えました。

ネットワークオーディオプレーヤーのコントロールアプリはいくつか使ってきましたが、無料でギャップレス再生まで対応しているのは素晴らしいです。
Android版もあるようですが、そちらはまだ試していません。

BubbleUPnPは多機能で良いのですが、日本語対応しておらず有料版でないとフル機能が使えないのが難です。

Olasonic NANO-NP1はまだ現行商品として販売されており、以前よりだいぶ値段が安くなりました。
D/Aコンバーター非搭載というちょっと癖のある製品ですが、作りも音質も良くてネットワークオーディオプレーヤーとしてはオススメです。

肝心のコントロールアプリが難でしたが、Technics Music AppかBubbleUPnPを使えば十分使えると思います。



新型iPhone SEが発売になった!

20200416140409s.jpg


新型iPhoneの話題はいつも何かしらされていますが、その中で必ずといっていいほど出てくるのがSEの新型です。
大型化の道を進んできたスマホですが、小型の物を望む声は一定数あるようです。

そんな声についにAppleが応えたのか・・・どうかはわかりませんが、ついにiPhone SEの新型が発売になりました。
名称はiPhone SEとだけあるのでややこしいですが、いちおうiPhone SE(第2世代)との表記がありました。

見た目はiPhone 8そのままで中身がiPhone 11と同じA13 Bionic搭載。
5G非対応ですがWi-Fi6対応、ホームボタンに指紋認証ということでマスク着用せざるを得ない今の時期には地味に良いスペックです。

SEと名乗っているもののiPhone 8のパワーアップ版という感じでしょうか。
しかも価格はApple storeにて、64GB 44,800円、128GB 49,800円、256GB 60,800円となっています。

 link >>  iPhone SE – Apple(日本)


256GBモデルはやや割高感が否めませんが、64GBで税込み約5万円というのは良いですね。
私の場合、アプリは大量にありますが、写真は撮りませんし多少Kindleの漫画本を入れておいたりするくらいなので64GBでもまったく問題ありません。

現在iPhone 8 64GBを使っていて下取りが最大15,000円くらいになるらしいので買い換えようかなと思っています。
仕様を見るとサイズ、重さともにiPhone 8と全く同じなのでそのままケース類も使えそうな感じです。

最近の大型スマホに慣れると画面の上下に大きく非表示部分があったりして見劣り感はありますが、サイズ的には持ちやすくポケットにも入れやすいのでとても良いんですよね。

おそらく9月には新型iPhoneが出るのではないかと思いますが、そちらは11を継承した大型スマホになるのではないかと思います。
チップも新型を積んでくるのではないかと思いますので最新最強機種が欲しいなら9月まで待つべきだと思います。

ただ、iPhone 6とか7を使っていてそろそろ新型に・・・と考えているなら新型SEは現在の環境から違和感なく安価に乗り換えられて良いと思います。
私はXも11もさほど興味ありませんでしたが、今回のSEはちょっとイイナァと思いました。



ホーム > パソコン

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
FC2カウンター試用中


2020/04/02~リセット
フィード

Return to page top