Home > パソコン

パソコン Archive

ミニPCってイイナァと思った



今年はメインPCをWindows7から10に移行してついでにPC自体も更新しようと思っています。
ただ、休みの日にPCの情報を調べようと思いつつネットを見ているといつの間にかドール服を探している有様です。

最近、Youtubeで自作PC関連の動画をよく見ているのですが、core i9とTITAN RTXを使ったミニPCの動画が面白かったです。
私的にPCケースは出来るだけ小型にしたいと思っていたのでちょうど良い動画でした。

小型PCで中身かなり贅沢なのはロマンがありますね。
実際、拡張性云々言っても取り付けるのはグラボ、SSD、HDDくらいなのでそんなに大型のケースはいりません。

NASを運用しているのでHDD無しでもイイかもしれませんので小型で良いケースがあれば欲しいと思っています。
動画では側面から中が見えるケースを使っていますが、私の場合左に置かないといけないのでまるっきり見えなくなってしまいます。

でも、これくらいの電飾ならあっても良いかなと思います。
TITAN RTXカッコイイです。

総額60万円はさすがに無理ですが、小型最強PCというのは憧れますね。



【iPhone】OCNモバイルONEにMNPして1ヶ月ちょっと経った

IMG_1168s.jpg


SoftbankからOCNモバイルONEにMNPして1ヶ月と少し経ちました。
果たしてSoftbankから移行してどれくらい変わったのか気になるところです。

月額料金は約5,000円だったものが約1,500円になりました。
金額は大幅に減りましたが、使い勝手はどう変わったか・・・。

結論から言うと・・・大して変わりませんでした。

最初のうちはこまめに高速/低速モードを切り替えていたのですが、低速モードはかなり遅いです。
昔使っていたアナログ回線やISDN回線を思い出させるような感じです。

ただ、ほとんど文字のまとめサイトなどを見る分にはそれほど苦痛にはなりませんでした。

少し画像が多いと表示されるまでにかなりの時間がかかってストレスになります。
しかし、高速モードであればSoftbankの頃と比べてもそれほど遅いという感じはありませんでした。

スマホがiPhone6から8に変わっているので表示速度が上がっているというのもあると思いますが、4Gで受信出来る場所ならわりとサクサクです。

回線がSoftbankからdocomoに変わって感じるのは地下や室内に弱いというところでしょうか。
これは格安SIMだからではなく普通に私の周りのdocomo契約者でもさほど変わらないようです。

途中から高速/低速の切り替えをせず高速モードのままにしましたが、まだ一度も110MB/日の限度を超えたことがありません。
Softbankの時も1GB/月でしたが、一回も超えたことが無いので以前からその程度しか使っていないということです。

大容量を使ってしまうような動画は外では見ませんし、家では光回線のWifiを使っていますので当然と言えば当然ですね。
また、音声SIMなので通話も出来ますが、こちらは格安SIMだからといって通話がしにくいということはありませんでした。

そして大きく変わったのがキャリアメールが無くなったことでしょうか。
これを多く使っている人には困りものですが、私は仕事には使っていなかったのでSMSが使えれば十分でした。

今のところ唯一Softbankの方が良かったのは留守番電話サービスでしょうか。

Softbankでは無料で使えたのですが、OCNモバイルONEでは月300円になってしまいます。
せっかく安くなったのに300円追加はバカらしいので契約していません。

050ipへ転送して留守番電話を使う方法もありますが、そこまでしてやるつもりはないです。
そもそも大してかかってきませんし、かかってきてもセールスとか鬱陶しいものばかりだったりしますので・・・。

Softbankだとコンビニや牛丼屋などで使える無料クーポンがもらえたり、Yahoo!ショッピングでもポイントが多くなります。
しかし、無料クーポンなどは1回も使ったことがありませんし、Yahoo!ショッピングも月額の差を埋めるほど使わないです。

以前と使い方は変わっていないのですが、問題ないということは・・・もっと早くに移行しても良かったということですね。
誰にでもオススメは出来ませんが、自分の使用状況を改めて見直してみるとグッと節約出来る・・・かもしれません。



【iPhone】ワイヤレス充電器『Anker PowerWave 7.5 Stand』を使ってみた

IMG_6553s.jpg


先日、やっと新しいiPhone格安SIMに乗り換えが出来ました。
新しいiPhoneといってもiPhone8ですが、iPhone6からの乗り換えだとかなり快適になりました。

見た目や大きさには大した違いはありませんが、防水が付いたりイヤホン端子が無くなったりと仕様変更があります。
そして6から8への仕様変更で気になるのがワイヤレス充電機能でしょう。

Qi充電器に対応しましたが、これが気になっていました。
果たして無線充電はどれくらい使えるのか・・・。

そこで今回はAmazonでQi充電器『Anker PowerWave 7.5 Stand』を購入してみました。



IMG_6556s.jpg

IMG_6557s.jpg

IMG_6563s.jpg


カラーは白と黒がありますが、単純に色が違うだけでなく仕様も違うので要注意です。
白は充電器セットですが、ファンが内蔵されています。

黒はファン無しのスタンド本体のみで充電器が入っていないので別途用意する必要があります。
そして充電器も急速充電に対応するにはQC3.0対応充電器が必要です。

今回は黒が欲しかったので黒のスタンドと充電器『Anker PowerPort+ 1』を一緒に購入しました。
スタンドと充電器を繋ぐケーブルは付属しています。


早速開封してiPhone8で使ってみました。
私のiPhone8はSpigenのネオハイブリッド ヘリンボーンを付けていますが問題なく充電が始まりました。

スタンドに置くとすぐに反応します。
ただ、横向きに置いた場合はある程度中心からズレると反応しません。

スタンドタイプなのでそのまま操作をするのも良いですが、結構角度がキツいのでちょっとやりにくいです。
もう少し倒れている方が良かったですね。

スタンド正面下部に青いランプがあり、対応機種を置くと青く点灯します。
Qi非対応のiPhone6を置くと点滅しました。

また、スタンドサイズがやや小さい感じがします。
iPhone8でも少し小さいかなと思いますので8plusやXSなど大きいサイズになるとちょっと置きにくいかもしれません。


そして、気になる充電速度ですが・・・。
iPhone8の充電残量20%から充電を始めたところ2時間くらいで100%になりました。

ワイヤレス充電は時間がかかるという印象がありましたが、思いのほか早いです。
有線の方が早いことは早いですが、十分実用出来る速度だと思います。

帰宅してわざわざコードを繋いでということをしなくても置くだけで充電出来るのはスマートです。

ただ、気になるのは100%になってもランプが消えたりしないところです。
おそらく充電は止まっているのではないかと思いますが、iPhoneの表示も変わらないので過充電にならないか少し心配です。

また、少し使って置く、少し使って置く・・・というのを繰り返して充電頻度が増えるとバッテリーの劣化が早くなりそうです。
置いておくだけで常に充電してくれるのはありがたいですが気になります。

バッテリーのことを考えると常に載せておくというのはあまり良くないかもしれません。


ものは試しで買ってみましたが、予想外に充電が早くて驚きました。
載せればすぐに充電が始まるレスポンスの良さもあってなかなか快適に使えそうです。

ただ、スマホケースによっては反応しないこともありそうですね。
たかがケーブルの付け外しが無くなるだけでそんなに便利になるかなぁ?と思っていましたが、思った以上に便利で驚きました。







ホーム > パソコン

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top