Home > パソコン

パソコン Archive

Olasonic NANO-NP1用のDMCにBubbleUPnPを使ってみた

Screenshot_20200319-200807ss.jpg


自宅のオーディオ環境は操作をサブPCのfoobar2000で行っていました。
ギャップレス再生が出来ないこと以外は大画面で曲を選ぶことが出来たりしてとても便利でした。

しかし、少し前から再生途中で止まってしまう現象が起き始めました。
おそらくなんらかのソフトウェアのアップデートが原因と思われるのですが原因が不明でした。

NASをQNAP TS-421からTS-453Beへ変更しても変わりませんでした。
アルバム1枚聴くのに途中1回止まるくらいなのでまぁ良いかなと思ったのですが、興が乗っているときに止まると萎えます。

そこで以前のようにスマホで操作してみようと思いました。
NANO-NP1にはiOS用の専用アプリがあったのですが、iOS11で64bit化に対応せずそのまま消えてしまいました。

現在は公式商品ページからも記述が削除されて専用コントロールアプリが無い状態です。
このへんがソフトウェアを軽視する日本製品の悪いところだと思うのですが、ハードはとても良い品なので使い続けたいと思わされます。

iOS用アプリではplugplayerが公式ページでも推奨されていたのですが、こちらも削除され無くなりました。
marantzやLINNのアプリでも良いのですが、今はNANO-NP1購入当時に持っていなかったAndroidスマホがあるので推奨されていたBubbleUPnPを使ってみることにしました。

日本語化されていないのと、フル機能を使うには有料になるというのが難ですが、高機能で使いやすいアプリでした。



Screenshot_20200319-201037ss.jpg

Screenshot_20200319-200750ss.jpg


使い方にやや癖があり、再生したいアルバムを選んでそのまま再生するわけでは無く、いったんPlaylistに登録してから再生します。
これがよくわからなくて最初なかなか上手く使えませんでした。

また、NASで運用するBubbleUPnP Serverがあります。
これを運用するとDLNAではなくOpenHomeに対応しているコントロールアプリが使えるようになります。

 link >>  Introduction | BubbleUPnP Server
 link >>  ネットオーディオ BubbleUPnP Serverの導入: 金沢電気電子工房


実はNANO-NP1はOpenhome規格に対応しているらしく、このServerアプリを使うとOpenhomeで動作します。

私の環境ではNAS上でBubbleUPnP Serverを使い、AndroidスマホでBubbleUPnPを使うとNANO-NP1で念願のギャップレス再生が出来ました。
PCの大画面で操作する快適性には劣りますが、ライブCDなど曲間が途切れると萎えるものも快適に聴くことが出来ます。

BubbleUPnPは日本語化されていないのが残念ですが、慣れると見た目も良く使いやすいので有料版を購入しました。

NANO-NP1は発売からずいぶん経ちますが、いちおう現行製品で値段もだいぶ安くなりました。
本体にコントロール用のパネルが無くデジタル出力専用という個性的な部分が使いにくかったりしますが、音質はなかなか良いです。

いまだに乗り換えたいネットワークオーディオプレーヤーが無く、新製品もイマイチ増えない現状ではまだまだ使い続けることになりそうです。
コントロールアプリに難がありましたが、BubbleUPnPの導入で今後も使い続けることに安心感が出来ました。



『東芝 USBメモリー 16GB THN-U202W0160A4』を買ってみた

P3191714s.jpg


使う用途など無いなぁと思っていたUSBメモリーですが、あったらあったで意外と使えます。
Windows自体を入れておくのも良いですし、設定などバックアップをとっておくにも便利です。

128GBなど大容量のものも安価になってきたのでいくつか持っていると便利です。
これくらいの容量があればシステムドライブ丸ごとバックアップも出来るでしょう。

ただ、大容量になるほど読み書き速度はある程度重視しないとかなりの時間がかかるので要注意です。

そんな中、以前から気になっていたUSBメモリ-を買ってみました。
東芝製のUSBメモリーです。

USB2.0対応ということで今となってはちょっと見劣りしますが、16GBくらいなら遅くてもまぁ良いかなと思います。



P3191717s.jpg

P3191722s.jpg


本体は樹脂製で軽いです。
写真ではツルツルに見えたのですが、実物はザラザラしています。

キャップが後ろに付けられるのも良いです。
ストラップ用の穴があるのも便利です。



P3191719s.jpg


人によっては非常に気になるであろう生産国はなんとMADE IN JAPAN。
安心感はありますが、私的にはこのジャンルの製品の日本製はもう少し頑張って欲しい気がします。



P3191726s.jpg


レビューを見て1番の決め手になったLEDランプです。
アクセスがあると緑色で光ります。

コストダウンでランプが付いていないものも多いですが、なんだかんだでランプは欲しいです。
明るいところではあまり目立ちませんが、暗いところでは結構明るいです。



20200319185412s.jpg


安価で作りが良い上にLEDランプ付きでさらに日本製と非の打ち所がないように見えますが・・・。
肝心の読み書きが遅いです。

USB2.0対応なので仕方ないところですが、もう少し金額を出せばUSB3.0の高速読み書き出来るUSBメモリーが買えてしまいます。
とはいえ、600円しないで16GBの日本製メモリーが買えるのでそのへんは割り切りが必要かもしれません。

頻繁に読み書きする用途には向きませんが、あまり使わないファイルなどを入れておいたりするには良いと思います。






『PLEXTOR 2.5インチ 1TB SATA SSD PX-1TM8VC』を買ってみた

P3101692s.jpg


最近、Steamでゲームを買うことが増えてきました。
わりとちょくちょくセールをやっていてウォッチリストのゲームが値引きされているとついポチってしまいます。

ポチるわりにプレイする時間が無いので徐々に積みゲーが増えていっているのは哀しいですが・・・

昨年、メインPCを更新する際にメインドライブの容量を240GBから1TBへ約4倍に増やしました。
Photoshopなどゲーム以外のアプリは大した量ではないので240GBでも十分なのですが、ゲームを入れていくとまったく足りません。

1TBあれば余裕かと思ったのですが、問題はバックアップでした。
昔、パーティションを分けてトラブってからパーティションを分けずにドライブ1台丸ごと1パーティションで使うようになったので1TB丸ごとCドライブにしていました。

それを丸ごとバックアップするとゲーム分がかなりの容量を占めて時間もかかりますし容量も大きくなります。
ゲームデータ自体はSteamから再ダウンロード出来るのでセーブデータのみバックアップすれば問題ありません。

そこで、Steamゲーム用に使わなくなった240GBのSSDを使ったのですが、あっという間にいっぱいになってしまいました。
足りない分は結局Cドライブに入れ始めてしまったのでこれでは意味が無いということでSteamゲーム用に1TBのSSDを買うことにしました。

M.2スロットはすべて埋まっていたので2.5インチのSSDを探しました。
と、ちょうど良いタイミングでNTT-Xで使える3,000円分のクーポンをもらえたので早速NTT-Xでポチりました。

今回は以前から気になっていたPLEXTORのSSDを買ってみました。

 link >>  M8VC|PLEXTOR|株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店



P3101697s.jpg

P3101698s.jpg

P3101703s.jpg

P3101695s.jpg


筐体はは銀色一色で左上にPLEXTORのロゴが入っているだけのシンプルなものです。
PCに組み込んでしまえば見えなくなるので良いですが、最近の中が見えるPCケースを考えるともう少しデザインに凝っても良いのかなと思います。

とはいえ、それでコストダウンして少しでも安くなっているのならそれはそれで有りだと思います。

PLEXTORブランドにはなっていますが、ナガノケンシのPLEXTORではサポートを行っていないようです。
このへんがよくわかりませんが、単にブランドを貸しているだけなのでしょうか。

wikiを見ると買収されてしまったわけでもなさそうですが・・・。
ケース裏面にはMADE IN TAIWANの文字とLITE-ON Technologyの文字が見えます。



ベンチマーク

20200316225522s.jpg
Samsung SSD 1TB 860EVO M.2 2280 MZ-N6E1T0B/EC

20200316230151s.jpg
PLEXTOR 2.5インチ 1TB SATA SSD PX-1TM8VC


現在メインPCのシステムドライブで使っているSamsung 860EVOと比較してみました。
860 EVOはM.2なので全く同じ条件というわけではありませんが・・・。

読み込みはさほど変わりませんが、書き込みが少し遅い感じです。
ですが、ゲーム専用のドライブにするので読み込みが早ければ十分ですね。

体感では差はまったくわかりません。



後記

今回はSteamゲーム用にPLEXTORの1TB SSDを買ってみました。
商品紹介ページによると東芝製3D NANDフラッシュを使っていたり厳しい出荷前検査とか3年保証とかを謳っているのでSSDの著名ブランドと比べてもまぁ安心出来るかなと思います。

PLEXTORといえばかつて光学ドライブで一世を風靡しましたが、光学ドライブ自体使われなくなってしまったのですっかり見なくなってしまいました。

読み書きの性能は十分なのであとは耐久性がどうなるかというところです。
SSDが壊れてしまったとしてもセーブデータさえバックアップしておけばSteamのゲームなら再ダウンロードすれば良いので安心です。

CD-Rドライブ以来、久々にPLEXTORブランドの製品を買いましたのでなんとなく昔を思い出します。



ホーム > パソコン

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
FC2カウンター試用中
フィード

Return to page top