Home > 撮影方法 > フェイト 撮影

フェイト 撮影

いつのまにか撮影してから10日も経ってしまいましたorz
記憶が少し怪しくなってきていますが、、、

照明は、この前に撮ったチュチュ(えちぃくないやつです。)とほぼ同じような感じですね。
ライトバンク+箱バンmini+×2(グリッド無し、有り)+白レフ板を使用しました。

今回のフェイトは、フレクトゴンの試し的な感じが強かったように思います><
しかも、、、いま見たら、撮影状況3枚しかありませんでしたorz

最近、状況撮影で手抜きし過ぎですね(つд・)

今回は、新規導入のカールツァイスイエナ フレクトゴン 35mmの感想などをお送りしますw





[2枚目]



いつも1番最初に撮るカットなのですが、、、
今回は、レンズの使い勝手に慣れるのに時間がかかってしまい、このカットに1時間半かかりましたorz

それ以外にも光沢のある背景を使ったので、背景に反射する光の調整に時間がかかったのですが。
この背景は、柄がとても気に入ってるのですが、表面が光沢なので照明の位置に気を遣います。

照明の配置は、右上後ろからライトバンク、右手前に箱バンmini+(グリッド有り)、左やや後ろに箱バンmini+(グリッド無し)、左手前にレフ板です。
手前のレフ板の効果はびみょーなところですが、、、orz

ライトの配置は、背景に白く反射しないようにマントの上や縁にハイライトが入るようにしてみました。
背景が黒いので、マントが埋もれないように少し過剰かな~と思いましたが、結構ハイライト大目ですw


このレンズで最初に苦労したのは、ピントが合わないことでした><

かなり大型のフィギュアなので、35mmでもそこそこ離れて撮りました。
ピントは、いつも通りカメラのライブビューで合わせたのですが、なぜかサパーリ合わないのです><

いままで、これだけ広角なレンズでフィギュア撮影したことがなかったので、最初に手こずりました。
また、レンズ自体も小型で、ピントリングもそれ相応に小さいというのもありますでしょうか。

ピントリングのトルクは、思ったより重いかな~と思いましたが、慣れると微調整しやすいですね^^
さすが、カールツァイスです( ̄ー ̄)

ちなみに、カメラが縦で、フィギュアの向きが写真と違いますが、、、
次のカットを撮るのにカメラとフィギュアの位置を変えてしまってから撮ったためですorz



[3枚目]



2枚目の全身構図から、角度を変えてちょとアップですw

今回は、構図のメインをフェイト自身ではなく、このザンバーとマントにおいていました。
ですので、全般的に顔はあまり意識してなかったので、ちょと暗めですね。

この構図だと、もう少~し左に寄せてもよかったですね~。
あと、カメラ位置はもう少し下から撮ってもよかったかもです。

振り上げた左脚の角度的にも体が少し横を向きすぎかな~思いましたw

結構寄れるレンズだとは聞いていましたが、これくらいでもまだ余裕ありますね。
使った感じだと、ほとんどマクロレンズ並に同じような感じで使えそうですねw

照明は、全身構図と同じような感じですが、全体的にフィギュアに近寄せてます。



[4,5枚目]


撮影状況がありませんorz
それぞれ、おそらく先の3枚目と同じような感じだったと思うのですが、、、

構図がいまいちになってきた頃ですね><
このへんは、ザンバーメインに考えたものです。

4枚目は、伸ばした右脚が綺麗に見える角度を選んでみました。
のですが、もう少しお尻が入るくらいのほうがより綺麗に見えそうですね><

ただ、そうすると、マントの端が思いっきり手前にきちゃうんですよねぇ、、、
この反則的にカワユイお尻を入れたかったのですが、後ろへ行くほどマントが邪魔になるのです><

5枚目は、3枚目の角度をもっと下からアップに撮ってみたものです。
ザンバーを大きく入れたかったので、フィギュアの左側をバッサリ切りました。

ただ、もう少し入ってもよかったかな~と思います。
ちょとトリミング前提に横撮りでもよかったかもしれませんねw

これくらいのアップですと、ピント合わせもそこそこスムーズに出来ましたw
と、いうか、慣れてきただけかもしれませんがwww



[1,6枚目]



1枚目は、今回1番のアップですね。
ちょと右目の下に影が入っちゃってるのが失敗ですねorz

今回の1番のお気に入りですねw
距離的にはまだ余裕があるようなので、もう少し寄れそうですね。

照明は、左後ろにあったライトを手前に移動しています。

6枚目は、構図が少し変に感じるかも知れません。
旧忍者blogの移転告知用に文字を入れるために上のほうを空けました。

告知がメインなので、フィギュアが主張し過ぎないように目線がこちらを向かないように撮りました。
あんまり上から撮ることはないのですが、これくらいの角度で撮るのも悪くないですね~^^



と、今回はこんな感じでしたw

新しく導入したレンズの試用で結構苦戦したので、バリエーションのない構図になってしまいました。
ほとんど正面からばかりでしたね~><

レンズ自体は、古いものにも関わらず絞りやピントのリングもスムーズですし描写もイイですね~^^
外観は、中古なので多少使用感はありますが、いまのレンズにはない魅力がありますねw

今回、使用するにあたっては、深めのレンズフードを使用しました。
HPなどの情報では、結構フレアが発生しやすいというようなことが出ていましたので。

28mmや50mm用のフードも用意したのですが、ちょと浅かったですね。
手元にあったHOYAのラバーフード(フィルター径58mm)にステップアップリング(49-58mm)を付けて使用しました。

難点は、絞り値が記録に残らないので、別途書いて保存しておかなければいけないことでしょうか。
レンズが短いのでカメラの右側からピントリングを回そうとするとグリップが邪魔だったりします。

でも、それを差し引いても使いたくなる魅力がありますね^^

今後も色々なオールドレンズを使用してみたいですね~(=´∇`=)



(2008/10/04:画像のurl、表示を変更。)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/358/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
フェイト 撮影 from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > 撮影方法 > フェイト 撮影

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top