ホーム > タグ > Canon

Canon

Canon PowerShot S120のWifi機能を使い始めてみた

20180711140929s.jpg


日々更新している当ブログで使っている写真は、ここ数年間は『Canon PowerShot S120』を使って撮影しています。
程よい性能で写りも良くそれなりに高級感もあり、なにより小型軽量なのが良いです。

画質を求めれば一眼レフでやりたいところですが、撮影して画像をうpする作業も頻繁にやっているとわざわざ防湿庫から重い一眼レフを出してというのは億劫になってしまいます。
愛用しているS120は防湿庫へ入れず机の上に出しっぱなしですぐ使える状態にしてあります。

もう完全に『道具』なので壊れたら買い替えるつもりで気軽に使っています。


そのS120ですが、本体にWifi機能が付いていていちいちSDカードを抜いたりPCとケーブルで繫がなくてもデータ転送が出来ます。
ただ、4年前に購入した時にやってみたのですが、どうも上手く認識せず繋がらなかったので代わりにEyefiカードを使っていました。

一時期流行ったSDカードに無線機能が付いているものですが、写真を撮ると何もせずとも自動でPCに転送してくれるのが便利でした。
これを長らく愛用していたのですが、少し前にEyefi自体が無くなってしまい受信用のソフトなどもダウンロード出来なくなってしまいました。

PCへの転送でしか使っていないので、使えるうちはまぁ良いかと思っていたのですが会社が無くなってサービスも終了したものをいつまでも使っているのはモヤモヤしますし新たなセキュリティホールにならないとも限りません。
さらに、Eyefiカードは便利なことは便利なのですが、なかなか転送が始まらないこともあったりしてちょっと気になることもしばしばありました。

そこでS120本体のWifi機能をもう1回試してみることにしました。


キヤノンのwebサイトからCameraWindow DCをダウンロードして、S120のMACアドレスをルーターに登録して、ノートン先生が遮断しないように設定して・・・。
と、やってみて再度転送してみたところ普通に転送できてしまいました。

最初にやった時は一体何が悪かったのか・・・。

転送するたびにS120でWifiモードにしなければいけないのとPCでCameraWindow DCを起動しないといけない面倒はありますが、Eyefiカードのようになかなか転送してくれないという気まぐれ感が無いのでよしとします。



20180711140940s.jpg

20180711140951s.jpg


PC側でバッテリーやメモリー容量など確認出来るのも便利ですし、S120内の画像整理も出来たりします。
他にも好きなSDカードを使えるのもありがたいです。

これでとりあえずサービスが終了したEyefiとお別れしても大丈夫かなと思います。



Canon ip2700の替えインクBC-310を買ってみた

IMG_3279s.jpg


少し前にインク切れになってしまったプリンターの替えインクをどうしようか考えていました。
年に数えるほどしか使わない物なのですが、純正インクの値段を見て互換インクにしてみようかと思っていました。

ただ、その使う機会にトラブルがあってもつまらないのでやはり多少高くても純正品を使っておくべきかと思い、安価な互換品は避けることにしました。


IMG_3284s.jpg

豆腐のような容器に入ったインクですが、黒のみでこの大きさなのでまぁまぁ容量は多い方でしょうか。
ノズルと一体型になっているので容器だけでもそこそこの金額になりそうです。


IMG_3281s.jpg

ほとんど気にしたことがありませんが、インクには使用期限のようなものがあります。
以前使っていたものはおそらくとっくに期限切れしていたハズですが、気になりませんでした。

6ヶ月以内に使い切るように注意書きがありますが、私の使う頻度では1年~1年半は無くならないと思います。


結局、安心感というか万一のことを考えて高価な純正インクを選んでしまいました。
プリンター本体が4,000円ほどなのに黒インクだけで2,500円というのは・・・。

カラーインクも合わせると、毎回本体ごと買った方が安いのは疑問に思います。
プリンターのインクやシェーバーの替え刃などはそういうビジネススタイルでやっているものと思えば多少は納得も出来ますが、もう少しなんとかならないものかと思います。



Canon EOS 5Ds、5Ds Rの発売日が決まった・・・らしい

もうスッカリ興味が薄れてしまったカメラですが、それでもたまにデジカメWatchなどを覗いていたりします。
おそらくブログをやっている限り写真は必ず使うのでカメラが必要無くなるということは無いと思います。

ただ、カメラ機材にお金をかけるということはいまのところもう無いかなという感じです。


少し前にキヤノンからEOS 5Dsというのが出るらしいという話を見ていましたが、その発売日が決まったようです。
6月18日ということでちょうど2週間後ですね。

 link >>  キヤノン、5,060万画素のEOS 5Ds/5Ds Rを6月18日発売。冠布プレゼントも – AV Watch


性能を見るとかなりのハイスペックなようですが、その分お値段もかなりハイスペックになるようです。
フィギュア写真を撮っていた3~4年くらい前であれば無理してでも欲しいなぁと思っていたと思います。

ただ、今思うとフルサイズ機は自分にはちょっと使いづらかったです。
5D mk3がほぼ自宅でのフィギュア撮影専用機になっていました。

イベント撮影など外での撮影では便利なEF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USMが使える7Dが使いやすかったです。
今回の5Dsの発売よりもむしろ先日発売になった7D mk2の方が興味があるくらいです。

カメラ本体だけで撮影は出来ませんので、レンズとセットで考えざるをえないというのは仕方ないところです。

そして、メインでやっていたフィギュア撮影もすっかりやらなくなってしまい、カメラはブログ記事の写真で使うのみになりました。
それにはサブ用として購入したPowershot S120が便利で一眼レフ自体使わなくなっています。

いまさら言うのもなんですが、自分には過ぎたるモノだったと思って昨年、5D mk3やカールツァイスのPlanerなど手放してしまいました。
今手元にあるのは40Dと7D、レンズは100mmマクロと上述の15-85mmだけです。

あとは三脚などのその他機材があればこれで十分になりました。
普段の撮影もS120でサッと撮って済ませてしまっています。

小さく軽くてそこそこ綺麗に撮れる便利なカメラです。
そのPowershot S120のSシリーズもスマホに押されてのコンデジ市場の低迷からでしょうか、どうやら生産完了になったらしいです。

高級コンパクトというのは結構良いと思っていたのですが、スマホの性能向上などの影響かなかなか難しくなってきたのでしょうね。
残念ではありますが、もうただの撮影道具でしかないので壊れたらまたその時買えるカメラを買うだけです。

5Dsは予想価格約47万円ほどだそうです。
20年前に約30万円で購入したSANSUI AU-α907Limitedがいまだに色褪せずに鳴ってくれているのを考えるともうカメラへの投資は考えてしまいます。

比較するのは無意味ですが、オーディオにこれだけつぎ込めばそうとうイイモノが買えてしまいますね。
47万でカメラを買うなら47万で真空管アンプとか欲しいなぁと思ってしまう今日この頃です。



1 / 6123456

Home > タグ > Canon

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top