Home > レビュー

レビュー Archive

『ロットリング ボールペン 600』を買ってみた

PA270758s.jpg


普段、仕事でボールペンを多用します。
これだけパソコンやスマホが普及しても相変わらずペンで書く作業が減らないのは不思議な感じです。

机の上で使うこともありますが、立って書くことが多いのでより使いやすいペンが欲しくなります。
今までロットリングのトリオペンを使っていました。

金属製で剛性があって細身のわりに使いやすいペンです。
ただ、唯一の欠点が滑りやすいことでした。

本体に滑り止め加工が無くてツルツルなのです。
昔買ったトリオペンにはローレット加工があってとても良かったのですが、うっかり紛失してしまって買い直した時にはもう加工が無くなっていました。

仕方なく使っていたのですが、やっぱり滑るのが気になってきたので新しいペンにすることにしました。
そこで第一候補として選ぶのはもちろんロットリングです。

何か良いのがあるかな~と思って見てみると、600シリーズというのがローレット加工もありお値段もそれほど高くないのでこれにすることにしました。
ただ、赤インクが使いたいのでそのままでは使えません。

パーカーやカランダッシュの替え芯で赤もあるようなのですが、太めなのが気になります。(F芯の細字でも0.9mm。
そこで、ボールペン リフィルアダプターを使って三菱のジェットストリーム0.5mmを使えるようにしてみました。



PA270759s.jpg

PA270762s.jpg

PA270764s.jpg

PA270768s.jpg

PA270769s.jpg


以前にも同じリフィルアダプターを買ったのですが、どこへ行ったか見当たらないのでまた買ってしまいました。
そして買って届いた途端に見つかるという・・・。

赤インクが使いたかったので苦肉の策です。
三菱のジェットストリームは書き味バツグンなのでこれの赤を使います。

以前試した時は引っかかってしまって使いにくくて結局使いませんでしたが、今回はノックでスムーズに出し入れ出来ました。
ただ、スムーズなのは良いのですが、ペン先の隙間が結構大きくて書く時にペン先がブレるのが気になります。

ペン先の太さをノギスで測ってみると、ロットリングの替え芯が約2.5mmなのに対してジェットストリームは約2.3mmほどでした。
元の替え芯より細いのでこれは仕方ないところですね。

本来の替え芯ではなく本来使えない替え芯を無理矢理使っているので結構なブレがあります。
ペン先の形状も相まってペン先全体がしなって見えてしまいます。

慣れれば気にならないかもしれませんし、私的にはこのペン軸は気に入ったので出来るだけ使いたいところです。
800シリーズの方がブレにくいかなとも思いますが、あちらは回転繰り出し式なのでちょっと使いにくいんですよね。

ペン軸は持ちやすく滑りにくく見た目もとても気に入っているので、どうしても使いにくかったら黒インクで使おうと思いますが、ジェットストリームの軸にセロテープを巻いて太くしてみたところノックも引っかからずにブレもそれなりに安定しましたのでとりあえずこれでしばらく使ってみようと思いました。

一部では昔より工作精度が落ちたという意見も見受けられるロットリングですが、あらためて使ってみると使いやすさ・デザインともに素晴らしいですね。




ロットリング ボールペン 600 シルバー 2032578
ロットリング
売り上げランキング: 45,748


ジェットストリーム プライム 替芯 0.5mm 赤【5本】
三菱鉛筆(株)
売り上げランキング: 1,914



【レビュー】色々なアングルで撮影出来る三脚『Velbon VS-443Q』を買ってみた

PA100632s.jpg


フィギュア撮影をやっていた頃のカメラ機材は概ね手放してしまいましたが、カメラのみならず三脚や雲台も一切合切手放しました。
三脚や雲台は残しておこうかなと思ったのですが、なんだかんだで重くてデカいので保管も大変なので・・・。

その後はコンデジ1つでしばらくやっていましたが、先日OLYMPUSのマイクロフォーサーズ機に乗り換えました。
小さく軽く使いやすいのでスッカリお気に入りです。

OLYMPUSのマイクロフォーサーズ機は手ぶれ補正が強力なので今まで以上に三脚は不要な感じでした。
しかし、日常のブログ用写真はともかく、ドールの顔のアップなどちょっと三脚が欲しいなぁと思う時もあります。

そこで耐荷重はこだわらず、小型で軽めで使いやすそうな三脚を1つ買おうと思いました。
以前と同じGitzoのトラベラーがイイナァと思ったのですが、現在Gitzoではカーボン三脚しか作っておらず結構イイお値段がします。

大して使わないのにカメラより高いのもなぁ・・・ということでもう少し安価で使いやすそうな物を探しました。
そこで見つけたのが『Velbon VS-443Q』です。

 link >>  ベルボン株式会社 VS-443Q


以前使っていたGitzoのエクスプローラーG2220と同じようなポールを自由に傾けることが出来る三脚です。
Gitzoのエクスプローラーがディスコンになってしまったので昔ちょっと興味があったベルボンの三脚にしました。

上位にカーボン製のVS-5400Qという機種もあるのですが、大して使わないのでアルミのVS-443Qで十分です。



PA100634s.jpg

PA100635s.jpg


オリジナルの三脚に見えますが、センターポール部分はV4-unit、雲台はQHD-53Qです。
この三脚は18,000円くらいですが、これら2つで16,000円くらいするのでセット物と考えればお買い得かもしれません。

AmazonのレビューではV4-unitが外せないようなことが書かれていましたが、V4-unitと雲台は分離出来ます。



PA100639s.jpg

PA100643s.jpg

PA100640s.jpg
※直角アダプターは別売り


上位のVS-5400Qには同梱されている直角アダプターは別売りになります。
使わないかなぁと思いつつ悪いクセが出てつい買ってしまいました。

2,800円くらいするのでこれだったら自由雲台をもう1つ買っても良いかもしれません。
この三脚を語るときには必ずと言って良いほどこんな感じにローアングルでもいけますよという写真が出ますが、こんなアングルで使うことはまぁ無いですね。

ただ、普通の三脚では出来ない自由なアングルから撮れるというのはフィギュアやドールなどの撮影には便利ですね。
小型軽量のマイクロフォーサーズ機と組み合わせて機動力を生かした楽しい撮影も出来そうです。



PA100645s.jpg


なんだかんだであると便利なクイックシューです。
残念ながらアルカスイス互換ではありませんが、工具なしでネジが締められるのは地味に便利です。



後記

発売から結構経っているのでいまさらレビューもなんですが・・・。
昔、発売した時にイイナァと思ったのですが、結局買わずじまいでしたので今回手に入れてみました。

GitzoのG2220と似ていますが、あちらはポールがラピッド式なのに対してこちらはギア式というのが大きいです。
私はポールはギア式が好きなので・・・。

約1.8万円ほどとわりと安価な方の三脚ですが、足部分にちょっと安っぽさはあるものの作りはしっかりしていると思います。
ただ、足が細めなのでフルサイズ機に重いレンズを付けたりするとちょっと厳しそうです。

足がレバー式というのが不満と言えば不満ですね。
贅沢を言えば出来ればネジロック式が良かったです。

レバー式は結構手の肉を挟むんですよねぇ・・・。

この三脚を選んだ理由はマルチアングルで撮れるという魅力もありますが、V4-unitと雲台を分離出来て別の三脚や用途に使えるというところもあります。
もう少しイイ三脚が欲しいなぁと思って買い足したときにそれらを分離して再利用出来ます。

特にV4-unitはとてもよく出来ているので利用価値が高いです。

とりあえず手持ちのマイクロフォーサーズ機には必要十分なのでしばらくはこの三脚を使っていくと思います。
あまり利用頻度は高くなさそうですが、時間に余裕があるときにフィギュアやドールを色々なアングルから撮ってみたいですね。





Velbon 三脚アクセサリー 直角アダプター Angle Adapter4 アルミ製 473486
ベルボン (2014-06-20)
売り上げランキング: 144,087



日本製 ラム革調牛革 二つ折り財布を買ってみた

IMG_7569s.jpg


そろそろ替え時かなと思っていた財布を新調してみました。

財布というと、社会人になってからナイロン製マジックテープ付きのものから黒の長財布に替えたのを思い出します。
ちょっと大人の仲間入りをした感じでした。

長財布はお札を折らずに入れられるのが利点ではありましたが、ポケットに入れにくいのが欠点でした。
そこそこ長いこと使っていたのですが、ボロボロになったので二つ折り財布に替えることにしました。

そこで初めてカルバンクラインの財布を使い始めて、1回ボロボロになってまたカルバンクラインの財布にして現在に至ります。
1つの財布を6~8年くらい使っているでしょうか。

飽きっぽぃ性格のわりに財布は長く使っていますね。
そして、その二代目カルバンクラインもボロボロになってきたので今回新調したわけです。

新しく買ったのは『アビエス 日本製 ラム革調牛革 二つ折り財布(小銭入れなしタイプ)』です。
以前にAmazonで見て気になっていたのでこの機会に買ってみました。



IMG_7572s.jpg

簡易的であまり高級感はありませんが、贈答用にも使えそうな箱入りです。


IMG_7577s.jpg

裏側にポケットが付いているのがうれしいところです。
レシートなどちょっとしたものを入れるのに便利そうです。


IMG_7575s.jpg

外側はブラックですが、内側はブラウンになっています。
小銭入れ無しでカード入れのみの財布ですが、カード入れの一部が黒くなっているのがオシャレですね。


IMG_7584s.jpg

札入れ部分は間に仕切りが1枚有るオーソドックスな形です。


IMG_7582s.jpg

現行で最も大きい1万円札を入れても十分な余裕がある大きさです。



以前から気になっていたアビエスの財布を買ってみました。
いくつか種類がありますが、今回選んだのはブラックで小銭入れ無し、ラム革調のやわらかい二つ折り財布です。

あくまでラム革調であって、素材はラム革ではなく牛革です。
ただ、牛革のわりにおそろしくやわやわフニャフニャな感じです。

やわらかい財布を求めている人には良さげですが、強度が心配で何年ももたなさそうではあります。
手触りはイイ感じですが、乱暴に扱うと簡単に裂けたりしてしまいそうです。

革が薄いのでしっかりした財布が欲しい人には向かないですね。
今まで使っていたカルバンクラインの財布がわりとゴツくて頑丈だったので比べるとかなり華奢な感じです。

縫製は多少よれているところもありますが、ビシッと決まったものが欲しいのならこの数倍は金額を出さないといけないと思います。
値段的には十分なところではないでしょうか。

小銭入れ無しというのも良いです。

今まで使っていたカルバンクラインの財布は小銭入れ有りだったのですが、これが使いにくくて別途小銭入れを持ち歩いていました。
結局何も入れずに使っていたので財布の右半分が機能していなかったのです。

カード類をもう少し入れたかったので今回は小銭入れ無しを選びました。


1箇所気になるのが角の部分です。



IMG_7580s.jpg


ちょっと革が浮いてしまっていて隙間が空いています。
ここから切れてくる可能性が高そうな感じです。

あとはわざわざMADE IN JAPANの刻印を入れなくても良いんじゃないかなぁと思います・・・。
Excelという刻印もありますが、なぜExcelなのか・・・表計算ソフトしか思い浮かびません。

そんなこんなで多少の不満もありますが、いままでとはうって変わってやわらかい財布はなかなか気に入りました。
カラーも外が黒、内が茶というのが良いです。

最近、茶系の良さをあらためて感じています。
ちょっと華奢な感じの財布なので使い方が乱暴な私ではあまり長く使えないかなと思いますが、見た目や手触りなどは気に入りました。






ホーム > レビュー

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top