Home > ゲーム

ゲーム Archive

【FFXI】AmunとGukumatzとプレッシャーに弱い自分

先週末は土日ともUlhuadshi三昧でした。
オリゾンミトンを+2にするために土行の小片を取りに行きました。

黄色弱点を突けば1個100%DROPなので2回も行けば6個揃います。
土曜日に揃ったのですが、日曜日はこれといった募集に巡り会えずコーラーホーン用に木行の小片でも集めておこうかと参加しました。

同じNMをやるときは短期間に連続でやった方が慣れていますしやりやすいかと思います。
土日2日間の参加でそれぞれ6つ揃いました。

コーラーホーンは、まだ型紙も揃えていないのでこれから揃えたいところです。
ナバーチトリコルヌ用に木行の宝石も集めたいので、Ulhuadshiはまだ何回か行くことになりそうです。


Ulhuadshiといえば、わりと人気のあるNMです。
POPさせるにはだいじなものを2つ集めなければいけないのですが、その1つが時間POPのNMであるAmunです。

やったのが休日だったので非常に取り合いが盛んでした。
取り合いといえば、Sobekのトリガーを出すGukumatzを思い出します。

こちらも時間POPで人気のNMのトリガーだけあって取り合いが激しいです。
どちらも結構な数をやりましたが、なぜかAmunの方は自分でほとんど釣ったことがありません。

Gukumatzは木が多少邪魔ですが見晴らしの良い平坦な場所に沸きます。
一方、Amunは洞窟内で坂もあり、POP場所全体が見渡せないところで沸きます。

どちらもほとんど白魔道士で参加しているのですが、それでもGukumatzは毎回1~2匹釣れるのに対してAmunはほとんど釣れたことがありません。
やりにくい地形というのもあるのですが、それぞれの場所での待機状態が違うのもあったりします。

Amunはヘクトアイズ地帯なのでスニークを使い、Gukumatzはペイスト地帯なのでインビジで待機します。
スニークだけのAmunでは当然のように人の姿が見えます。

そして、周りに人がたくさん見えていると妙にプレッシャーがかかって必要以上に緊張してしまうのです。

Gukumatzのようにたくさんライバルがいても見えないと落ち着いて釣れたりします。
リアルでもプレッシャーに弱い性格なのでこんなところでもやっぱり性格が出てしまいますね。



【FFXI】白魔道士用のケアル装備を考えてみた。

20110619014510.bmp

どのジョブもやり込んでいくと面白いモノです。
メイン忍者で活動していますが、補助用の白魔道士も装備が揃ってくると面白さが増してきました。

白魔道士といえば何と言っても『ケアル』です。
そこで、今日は白魔道士用のケアル装備を考えてみました。

アビセアでの活動がほとんどなのでそれにあわせた装備にしています。
現状のアビセア活動のケアル装備は、こんな感じです。

メイン アポロスタッフ D35 隔356 STR+2 DEX+2 VIT+2 AGI+2
INT+2 MND+2 CHR+2 耐闇+20
ケアル回復量+10% 追加効果:光ダメージ
Lv51~ All Jobs
サブ スタッフストラップ MP+20 敵対心-2
Lv65~ All Jobs
投てき インカントストーン Rare
MP+10 ファストキャスト効果アップ
Lv83~ 白ナ学
ORキャップ+2 防30 MP+50 MND+10 ケアル回復量+10%
女神の慈悲効果アップ
コンビネーション:属性耐性魔法性能アップ
Lv85~ 白
ファシオブリオー Ex
防47 MP+20 敵対心-4
詠唱中断率1%
ケアル回復量+13%
Lv87~ 白召
セルペンテスカフス Rare Ex
防16 HP+17 MP+17
日中:リジェネ/夜間:リフレシュ
コンビネーション:ケアル回復量+5%
Lv80~ 白黒赤吟召青学
ORパンタロン+2 Rare Ex
防41 MND+7 回復魔法の詠唱時間-12%
ケアル回復量の5%をMPに変換
ディバインベニゾン+1
コンビネーション:属性耐性魔法性能アップ
Lv83~ 白
セルペンテスサボ Rare Ex
防14 HP+13 MP+13
日中:リフレシュ/夜間:リジェネ
コンビネーション:ケアル回復量+5%
Lv80~ 白黒赤吟召青学
オリゾンロケット Rare Ex
HP+33 MP+33 ファストキャスト効果アップ
Lv84~ 白
耳1 血石のピアス Rare
防3 HP+35 MP+15
Lv82~ All Jobs
耳2 ロケイシャスピアス Rare Ex
MP+30 ファストキャスト効果アップ
Lv75~ All Jobs
指1 指2 スターリング MP+20 MND+4 耐水+9 ヒーリングMP+1
Lv72~ All Jobs
オリゾンケープ Rare Ex
防8 MP+10 ケアル回復量+3% 敵対心-4
Lv80~ 白
オステリティベルト 防4 コンサーブMP+8 ヒーリングMP+4
Lv76~ 白黒赤ナ暗召青学

武器

まずはメイン武器ですが、これはケアル回復量+22%のスーリヤの杖+2が良いと思います。
装備も揃ってきたのでそろそろ作り始めたいと思っています。

これがあれば他のケアル回復量+装備をを別なモノに変更しても良さそうです。

とはいえ、リポーズや神聖魔法などを使う際にはアポロスタッフは持っていたいところです。
ただ、ケアル装備としてはアポロスタッフを使う理由は無さそうですね。

もしくは、最近実装されたテフヌトステッキ(ケアル回復量+15%)と盾を持つのも悪くないかも知れません。
被物理ダメージ-10%の玄武盾も悪くないですし、血玉のエキュでHPを増やすのも良さそうです。

ホーリーシールドなど見た目もカッコイイので好きですね。

グリップはあまり使いたいモノが無いのでスタッフストラップはまだしばらく使うことになりそうです。
投てき武器に関してはホワイトタスラムやヘッジホッグボムなどありますが、最近インカントストーンに変えました。

後述のロケイシャスピアスとオリゾンロケットのファストキャスト効果アップにあわせてみました。
アビセアでの活動がほとんどの現状では多少のMP+より付加価値を優先したほうが良いと思っています。


防具1

防具類に関してはORキャップ+2とORパンタロン+2は最優先に揃えたいところです。
MP+50にケアル回復量+10%の帽子と回復魔法の詠唱時間が-12%になりケアル回復量の5%をMPに変換するパンタロンは素晴らしい性能です。

ただ、『ケアル回復量の5%をMPに変換する』というのはケアルの選び方もより気をつけるようにしなければ生かし切れません。
ケアルVで1000回復すれば50MP回復しますが、500しか回復出来なければ25MPしか回復しません。

ハートオブソラスのストンスキン効果を狙って上位ケアルを使うこともあるかもしれませんが、無駄に上位ケアルを使う頻度を減らさないとこの性能は生かし切れませんね。
今まで以上に考えてケアルを唱えないといけないと思います。

セルペンテスカフス&サボは、わりと楽に入手出来たので愛用しています。
2部位セットなのがツライところですが、ケアル回復量+5%にリフレシュがあるのはウレシイところです。

リジェネにHP+30とMP+30も悪くありません。
総合的にはかなり良装備だと思うのですが、2部位セットというのが気になるところです。

アビセア内でMPに余裕がある場合などはアウグルグローブ(ケアル回復量+4%)とケアルクロッグ(ケアル詠唱時間-15%)のセットの方が使いやすくなりそうですね。
ケアルクロッグは以前使っていてまだ持っていますが、アウグルグローブも機会を見て取りに行きたいところです。


防具2 アクセサリ類

メイン5部位以外のアクセサリ類はなかなかしっくりきません。
オリゾンケープは少なめのケアル回復量ですが、他に無い装備で気に入っています。

問題は、首耳指腰です。

首はオリゾンロケットの他にフィルギャトルク(ケアル回復量+2% HQ+3%)やアケソチョーカー(ケアル詠唱時間-10%)などもあります。
フィルギャトルクは回復量を優先したい方はぜひ使いたいところです。

アケソチョーカーもケアルの詠唱が早くなって良さそうです。
ですが、どちらも競売でそれなりの値段がします。

オリゾンロケットのファストキャストは係数0.05なので赤魔道士のジョブ特性1段階分になります。
これだけだと微少な感じですが、ロケイシャスピアス(0.02)にインカントストーン(0.02)をあわせれば、少し足りませんが2段階分に近くなります。

サポ赤にすればジョブ特性3段階目(0.14)+0.09=0.23でほぼ5段階目(0.24)になります。
こうなるとリキャストが約88%くらいになります。

詠唱時間だけでなく、再詠唱時間も短縮されるのが良いところです。

コンバートの使えるサポ赤での出動も多いのでこの3つのファストキャスト装備は結構気に入っています。
ファストキャストは全部の魔法に効果がありますが、ケアル詠唱時間-はケアルのみです。

詠唱の早い状態回復魔法にはあまり差が感じられないかも知れませんし、ケアルクロッグを使うようになった場合にはまた再検討してみたいところです。
あとは、HP+33 MP+33が地味に良かったりします。


耳は上述のファストキャスト効果を狙ってロケイシャスピアスを以前から愛用しています。
もう1つはMP増強のためにグライアピアスを使っていました。

HP/MP変換装備ですが、指もビフロストリングとセリーヌリングを使っていました。
ですが、アビセアではアートマ効果でMPに余裕があり、MPの上限があまり気にならなくなりました。

リフレシュ装備が充実してきたのもあります。
むしろ、HPが減ってしまう方が気になってきました。

そこでグライアピアスをHPとMPが増やせる血石のピアスに変え、指もHPが減らないスターリングを使うことにしました。
ほとんどヒーリングをすることが無くなってしまいましたが、MND+4×2も悪くないかと思います。

この変更でHPが165も違ってしまうのは結構大きいです。

耳装備ではケアル回復量+5%のラウンデルピアスがありますし、+2%のオリゾンピアスもあります。
ラウンデルピアスは高価で入手が難しいですし、オリゾンピアスもなかなか行く機会がありません。

現状ではHP優先の装備ですが、それぞれ入手出来れば交換したいところですね。


そして腰装備ですが、これがまた安定しません。
最近使い始めたのはオステリティベルトです。

コンサープMP+8のMP節約を期待してのことです。
発動率8%では微妙なところですが、ケアル詠唱時に良さそうな腰装備が今ひとつ見つかりません。

エル限定ですがMP+60のフォレストロープも良さそうですが、前述のようにあまりMPの上限は気にしていませんので少しでもケアルが有利になる装備にしたいところです。
他にはINT+5と敵対心-3のあるまほろばの帯も忍者の遁術で兼用出来そうなので良さそうな気がします。

さらにこのINTがMNDに変わりますが、この2つをあわせたようなピュシアサッシュというのもあります。
ですが、今ひとつ決定打に欠ける感じです。

腰装備は今後の追加に期待しつつもう少し検討というところでしょうか。


現状の方向性

現状の方向性としては、ある程度のケアル回復量+をしつつ詠唱時間を短くしてHPを増やしておくという感じでしょうか。
回復量と詠唱時間はともかく、HPに関してはあまり気にしていない方も多いかも知れません。

ですが、白魔道士はどんな場合でも他のメンバーより先にやられるようなことがあってはいけないと思います。
盾役をはじめ、PTメンバーを最後まで守れてこその白魔道士だと思います。

エルなので元々HPは高めですが、アビセアで支援を付けると2400~2600くらいになります。
時にはPTメンバーの中で1番HPが多いなんてこともあったりしますが、これでもMPを必要十分確保出来ます。

必要以上にHPを増やす必要はありませんが、意外とMP+のある部位があって結構MPが増えますので少しHPにも気を配ってみました。

まだまだ装備的には今ひとつな感じですが、この状態でケアル回復量+41%になります。
個人的にはあまりケアル回復量+ばかりにこだわらなくてもいいかと思っています。

+50%が上限のようなのでそれを目安にしたいところですが、PTの要というべき白魔道士ですので中の人が使いやすいジョブ性能に仕上げていくのも重要だと思います。
白魔道士は結構前からやっていますが、最近は色々面白い性能の装備が増えて面白いですね。



【FFXI】オリゾンアタイアの型紙と五行素材を考える。

20110614141235.jpg

集め始めれば意外とサクサク集まってしまうAF3素材です。
先週末は、オリゾンミトンの型紙とORキャップ+1の五行素材を取ってきました。

 link >>  オリゾンアタイア/FF11用語辞典
 link >>  オリゾン型紙/FF11用語辞典
 link >>  五行素材/FF11用語辞典


型紙はクエとNMとBF、五行素材はNMから入手出来ます。
それぞれ何種類かありますが、やりやすいものとそうでないものがあります。


オリゾン型紙

オリゾン型紙:頭

アビセア-アットワのNM Granite Borerをやりました。

トリガーも安価でNM自体もあまり強くないです。
ただ、Itzpapalotlのトリガーを出すために混んでいることもあるかもしれません。

Itzpapalotlで頭の五行素材が出るので一緒に揃えると効率が良さそうです。


オリゾン型紙:胴

クエの『ブリジッドのファッションチェックIII』が楽ですね。
お題の装備を揃えて行けばエリアを出入りするだけでサクサク繰り返せます。

残念ながら白はあまり出なかったのですが、暗獣コ吟の胴は10枚揃ってしまいました。
足りない分は、アビセア-ウルガランのYaguaroguiとShaulaで入手しました。

Yaguaroguiは忍胴の型紙取りで参加した際にフリーでもらいました。
Shaulaは『ヴァドレアニの体液』を競売で買うことが出来ればYaguaroguiより楽ですね。

トリガーを大量に確保しながらやるのが難しいので、クエと並行してやるといいかもしれません。


オリゾン型紙:手

アットワ-アルテパのTablillaで揃えました。
ドールの乱獲が頻繁にあってトリガーも大量に出品されているので安価に出来ると思います。

NM自体も大して強くありません。
ただ、DROP品の『タブリーラ水銀』を取りに来るPTが多いので交代でやることになることも多そうです。

型紙取りで連戦していると水銀は結構出るので、トリガーと交換してあげると喜ばれますしトリガー取りの無駄も省けます。


オリゾン型紙:脚

GukumatzとNpfundlwa、クエの『落とした料理書』で揃えました。
Npfundlwaとクエは1~2枚ほどだったと思います。

ほとんどはGukumatzです。
ですが、Gukumatzはエンピ素材のSobek狩りで常に狙われているので型紙狙いでは効率が悪いです。

ただ、Sobek狩りに参加していると型紙がフリーであまり希望者もいなかったりするのでその時に揃えました。
Sobekからは胴用の火行の絵札と脚用の金行の絵札が出るので、こちら狙いで参加してついでに取ると良いかもしれません。


オリゾン型紙:足

アビセア-ブンカールのNM Div-e Sepidで揃えました。
時間POPのNMですが、Durinnのトリガーを落とすNMなのでDurinn討伐に参加した際にフリーになったもので揃えました。

Durinnは、足用の水行の宝石が出るので一緒に狙うと効率がいいですね。


オリゾン五行素材

ORキャップ+1 木行の原石

Itzpapalotlでやりました。
エンピ素材目的でそこそこ募集もありますし、1~3個落としますので良いと思います。

NM自体はそれほど強くありませんが、トリガーの時間POP NM Tungaが順調に狩れるかどうかがポイントです。


ORブリオー+1 火行の絵札

まだ1枚も揃っていないのですが、SobekかSednaでやろうかと思います。
Sobekはトレハン枠ですので出ないこともありますが募集は多く、Sednaは黄色弱点を突けば1個出ます。

1~3個枠はAlfardなのですが、最近あまり募集を見かけずNM自体も強そうなのでサブ枠のNMで揃えようかと思いました。


ORミトン+1 土行の小片

こちらもまだ1枚しか揃っていないのですが、Ulhuadshiで揃えようかと思います。
Ulhuadshiは黄色弱点で1枚出ます。

NM自体もやり方を間違えなければそれほど強くありませんし、以前に忍頭の分を揃えるために何度かやった経験もあるので良いと思いました。
トリガーNMのAmunの混雑具合が1番の問題ですね。

カンタバンクホルンも欲しかったりします。


ORパンタロン+1 金行の絵札

Sobekで揃えました。
トレハン枠なので効率が悪いですが、1~3個枠はジェイドNMなので大変です。

黄色弱点枠はGlavoidなのですが、人気のNMのわりに募集をあまり見かけません。
Sobekをやる際はGukumatzで脚型紙も出るので一緒に狙うと良さそうです。

私がやった際はシーフ有りで8匹やって7枚DROPしました。
ただ、死闘エリアではマーテローコアMC-EX07の影響が大きそうです。


ORダックビル+1 水行の宝石

Durinnで揃えました。
トリガーNMのDvalinnの方が強いくらいのNMです。

同じくトリガーNMのDiv-e Sepidでは足型紙も出ますし、効率良く揃えられると思います。




忍者のエンピリアン装束に比べると楽に揃えられています。
他のエンピリアン装束で面倒な胴型紙も楽なクエがあるので恵まれていると思います。

ただ、メインジョブでなければ全て+2にしなくても最低限頭と脚を強化すれば良いかもしれませんね。
特に手は苦労して+2にしても使用頻度は低そうです。

むしろ、メイジャンの試練でケアル回復量UPのスーリヤの杖を作るのに労力を割いた方が有効かもしれません。
とはいえ、出番の多いジョブなので苦労して作った装備を着て出動する機会は多いと思います。

なので頑張って作れば作っただけ活用出来そうで良いですね。



ホーム > ゲーム

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top