Home > エアガン

エアガン Archive

H&K G28用スコープに『北川光学製造所 Bundeswehr G28型 PM II DMR 3-20×50』を買ってみた

P6252330s.jpg


5月末に思い切ってポチったUmarex/VFCのH&K G28ですが、ここに来てやっとスコープが揃いました。
普通に汎用の黒いスコープでも良いかなと思ったのですが、ここで妥協すると後悔すると思って専用のスコープを購入しました。

北川光学製造所の『Bundeswehr G28型 PM II DMR 3-20×50』です。
ちょうどHKマーキング付きの予約があったので飛びついてしまいました。

こういうのは一期一会なので機会を逃すと入手出来ないこともありますので即決断です。
現状でHKマーキング無しのものも品切れしているところが多い中、まさかHKマーキング付きが入手出来るとは思いませんでした。

たかがマーキング1つかもしれませんが、こういうのは大事です。



レビュー

P6252334s.jpg


北川光学製造所という日本名のメーカー名がありますが、所在地等の記載は一切無く、Made in TAIWANという表記が唯一あります。
海外のG28レビュー動画では日本のメーカーと言っているものもありますが、果たしてどうなんでしょうか・・・。

HKマーキングを入れられるということは、もしかするとライセンスを持っているUmarexの独自ブランドなのかもしれません。

値段が高いだけ合って化粧箱はなかなか高級感があります。
綺麗に収まっていてこのまま展示しても様になります。

付属品は説明書とクリーニングクロスのみで、残念ながらバトラーキャップ等のレンズキャップは付属しませんでした。
値段的にそのへんは入れて欲しかったところです。

特にこのスコープは両端の縁に独特の凸凹があるので汎用品がちゃんと使えるのかどうかわかりません。
説明書はペラ紙1枚の英語のみ表記で日本語表記はありません。



P6252337s.jpg

P6252343s.jpg

P6252345s.jpg

P6252347s.jpg

P6252341s.jpg

P6252338s.jpg


各ノブのマーキングはシャープでとても綺麗です。
回した感じもヌルッとした程よいトルクがあり、安っぽさはありません。

接眼レンズのところにMade in TAIWANのシールがありますが、剥がすとMade in Germanyの文字が出てきます。
ただ、このシールが剥がすとベトベトが残ってしまい残念な感じです。

側面のHKマーキングはこのスコープで最も価値のあるところでしょう。



P6252350s.jpg


左側のノブの蓋を外すとイルミネーション用の電池を入れることが出来ます。
CR2032を1つ使いますが、同梱されていませんので別途用意する必要があります。

11段階の赤いイルミネーションが点きますが、1とか2などの小さい数字では点いているのかよくわかりません。
赤い光はシャープでなかなか綺麗に見えます。



P6252349s.jpg


対物レンズにはフードが付いていました。
ネジ径が合えばキルフラッシュなど付けられそうです。

ネジが切ってあるので、レンズ保護用にカメラ用のレンズプロテクターなども使えそうです。



P6252352s.jpg

P6252355s.jpg

P6252356s.jpg

P6252357s.jpg


本体への取り付けはさすがに専用品なのでピッタリです。
色も合っていて素晴らしくカッコイイです。

黒いスコープでも良いかなと思ったのですが、やはりこのRAL8000カラーの方がしっくりきますね。
このへんはサバゲーでの実用を考えていないので見た目重視にして良かったです。

ただでさえ重いG28がスコープの約1kgが加わってかなりの重量になりました。
おそらく8kg以上になっていると思いますが、ちょっといじっているだけで腕がプルプルしてきます。

G28のガンケースはかなり大きいのでスコープを付けたままでも余裕で入ってしまいます。
付け外しがとても面倒ですが、いちおう光学機器なのでカメラのレンズのように防湿庫で保管した方が良いと思います。

スコープのみでそれなりのアサルトライフルが買えてしまう値段ではありますが、ここは本気を出しておいて良かったです。
外観は文句の付けようがないリアルさで、見ているだけでニヤニヤが止まりません。



H&K G28用に『UFC T-1タイプ ドットサイト』を買ってみた

P5282074s.jpg


先日購入したH&K G28ですが、たまにケースから出してニヤニヤしながらいじっています。
ケースの大きさが異常にデカいので置き場所に困っているのですが、銃を出してさわさわしているとまぁいいっかという気分になります。

ちょっと高価な買い物でしたが、やっぱりこういう趣味はある程度本気を出した方が楽しいですね。

そんなG28ですが、本体だけではちょっと物足りません。
そこはスナイパーライフルなので何かレンズ的なヤツが欲しいところです。

メインで使うスコープは注文済みで入荷を待つばかりなので、上にちょこんと載っかっているドットサイトを買ってみることにしました。
上に付いているドットサイトはこの銃の特徴の1つでもありますね。

さすがにオリジナルのT-1ドットサイトは入手出来るハズもないのでレプリカで探してみました。
T-1タイプは色々な製品が出ていますが、今回はスッキリシンプルなUFC製のT-1タイプ ドットサイトを買ってみました。

同メーカーのオプションでキルフラッシュもあったのでちょうど良いかなと思いました。



P5282077s.jpg


箱から出して驚いたのですが、足が台紙に両面テープで付いていました。
結構強力なテープで、剥がすのが大変でした。

このへんは海外製品だから仕方ないと笑っておきましょう。



P5282078s.jpg


付属品は、六角レンチ、クリーニングクロス。
それとレンズキャップがありましたが、商品写真にあるようなカメラのレンズキャップみたいなタイプではなくゴム紐で連結されたタイプが付いてきました。

海外製品はあっさり仕様変更するので、まぁ仕方ないですね。
どっちにしてもG28のフードを付けると付けられなくなるので無問題です。



P5282083s.jpg

P5282082s.jpg

P5282085s.jpg


CR1632ボタン電池が1個付属していましたが、むき出しで袋に入っていました。
日本語表記がありましたが、液漏れしてもつまらないのでマクセルの電池を買いました。

サイトの光点は赤と緑に光ります。
光の強さは側面のダイヤルでそれぞれ1~5まで切り替えできます。



P6132300s.jpg

P6132307s.jpg

P6132313s.jpg

P6132310s.jpg


ドットサイト用のスコープマウントリングを付けるとなかなか良い感じです。
キルフラッシュを付けてもギリギリフードに入りました。

前から見るとそれっぽくてカッコイイです。



P6132302s.jpg


ちょっと残念なのは前後フードのネジが綺麗に締まらないところでしょうか。
スコープマウントが小さいのかドットサイト本体が少し大きいのかもしれません。

ネジでギリギリ調整できる長さでしたので物によってはネジが届かなくて付けられない可能性があります。



今回は、H&K G28に付けるT-1タイプのドットサイトを買ってみました。
T-1タイプは色々ありますが、余計な刻印や印字がないのは良かったです。

QDマウントは使わないので付属無しのタイプの方が安価だったのですが、万一付けられなかった際にいずれ買うであろうアサルトライフルに使えるようにQDマウント有りにしておきました。
結果はややサイズが大きいものの綺麗に収まったのでQDマウントは無駄になってしまいました。

本体の質感はとてもよくて、金属製でズッシリ重く十分鑑賞に耐えるものですね。
肝心のレンズの見え具合も悪くありませんし、ドットも綺麗に光ります。

キルフラッシュを付けたので少々見づらくなってしまいましたが、本命はこの下に付けるスコープなのでこのくらいで十分です。
値段の割に良く出来ていますし、キルフラッシュも専用品なので苦労なく取り付けできました。

タンカラーのT-1タイプもありましたが、実銃を観ると黒が多いようなので黒で良いかなと思い黒にしました。
逆に色合いが微妙に違うタンカラーのサイトを付けると違和感があるかもしれません。

サイレンサーに続いてまたニヤニヤポイントが増えて良い感じです。





UFC T-1タイプ ドットサイト QDマウント付き BK UFCJA5014BK

UFC T1タイプ用 キルフラッシュ



ハンドガン用に『SUREFIRE XC1タイプ LEDハンドガンライト』を買ってみた

P6122253s.jpg


思いつきで始めたエアガン趣味もあっという間に手持ちが4丁(昔のモデルガンとかも入れると7丁)になりました。
昔買ったガスガンよりも遙かに完成度が高くなっていて驚くばかりです。

見た目も良いですし、ブローバックもニヤニヤが止まりません。
こうなってくると、さらにアレコレ揃えたくなってきてしまいます。

銃本体を増やすのも良いですが、ここはオプション品を追加して既存の銃をアップグレードしたいところです。
そこで、今回はハンドガン用のウェポンライトを買ってみることにしました。

調べてみると昔から有名なシュアファイアなどがありますが、正直なところ小さいライトに3~5万円というのはなかなか厳しいところです。
そこでエアガンレビューなどでよく見るレプリカ品を買うことにしました。

レプリカと言っても2~3,000円から1万円くらいするので使い物にならなかったり雑な作りだと安物買いの銭失いになりかねません。
とはいえ、今後のためにも一度はそういうものも体験してみておこうかなと思って買ってみました。

それならやはりシュアファイアのレプリカが良いと思い、あまりライトライトしていないXC1タイプを選びました。



P5302138s.jpg

P5302140s.jpg

P5302143s.jpg


どこのメーカー製なのかよくわかりませんが、ケースにはSOTAC GEAR、同梱のメガネ拭きみたいものにはscokingというメーカーらしき名前があります。
付属品はメガネ拭きのようなものとネジ蓋を開けるための工具のみです。

説明書の類いはありません。

このケースがレプリカというわりに良く出来ていて驚きます。
スポンジのクッションが入っていて、落としても大丈夫なくらいしっかり収納されています。

残念なのは、Amazonのマケプレで買ったのでマケプレのバーコードシールが思いっきり貼ってあったことでしょうか。
なんとか剥がしましたが、このマケプレのバーコードシールは貼る場所を考えて欲しいといつも思います。



P5302144s.jpg

P5302145s.jpg

P5302149s.jpg

P5302147s.jpg

P6122251s.jpg

P6122259s.jpg


いちおうタンカラーということで買ったのですが、シャンパンゴールドのようなメタリックカラーなのでタンカラーのグロックやP320とはちょっと色が合わないですね。
色は近いと言えば近いのですが、この場合はむしろ黒の方が違和感が無いかもしれません。

形は出っ張りが少なくて自然な感じがして好きです。
電源のON/OFは本体側面の黒いスイッチを左から右へ押すと常時点灯します。

後部にある2つの黒い出っ張りは指でグリッと押すと押している間だけ点灯します。

電源はお財布に優しい単4電池1本です。
CR123Aなどカメラ用のリチウム電池を使うタイプだと値段が高いので・・・。

全面のライト横の黒いネジを付属の工具で開けると電池ケースになっています。
液漏れが恐いのでアルカリ電池ではなくマンガン電池を使いました。



P6122253s.jpg

P6122255s.jpg

P6122256s.jpg


買ったばかりのグロック19Xに付けてみました。
ライト本体横のマイナスネジを緩めてから取り付けて、ネジを締めて固定します。

マイナスドライバーを使わないといけないのが少々面倒です。
Amazonのレビューだと六角ネジになっているものもあるようですが、変更されたのかもしれません。

電池ケースの蓋も工具が必要ですが、このへんはちょっと面倒でもネジを締め込んでおけばしっかり固定できます。

デザインがグロックにピッタリな感じなのは良いですね。
前面の出っ張りが無くて面一になっているのが良いです。

左右非対称のライトというのもなんか良いですね。
こうして見るとグロックは見た目シンプルでスッキリしていて人気があるのも頷けます。

明るさは単4電池1本なので大したことはないですが、こういうのは見た目の気分が大事なのです。
色は黒の方が良かったかなという気もしますが、レプリカというわりに作りはしっかりしていて良かったです。

本体側面スイッチのON/OFFは特に問題ありません。
後部の出っ張りスイッチもやや固い感じはしますが、普通に使えます。

本物のシュアファイアのライトと比べてどれくらい違うのかわかりませんが、特に不満は無いですね。
もしかすると、本物はもっと各部がしっかりしていてライトも明るいのかもしれませんが・・・。

ちなみにSIG P320は微妙にレールに当たって取り付け出来ませんでした。




SUREFIRE XC1タイプ LEDハンドガンライト



ホーム > エアガン

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
FC2カウンター試用中


2020/04/02~リセット
フィード

Return to page top