Home > レビュー

レビュー Archive

【レビュー】PCの裏側を確認するために『シンワ 点検鏡 D-3』を買ってみた

IMG_3136s.jpg


最近はあまりPC自体をいじることはなくなりましたが、USB機器がずいぶん増えた上にたまに調子が悪くなったりします。
TERAをやらなくなってから出番が無くなってしまったロジクールのG13も時々ヘソを曲げることがあって困ったりしました。

そんな時にいったんUSBケーブルを外したりするためにPC本体の背面へアクセスするのですが、すぐそばに置いてあるとはいえ背面を確認するのはなかなか大変です。
そもそもPC本体など普段は前面の電源スイッチくらいしか使いませんので、いつ使うともしれない背面のことなどそうそう考慮出来ません。

ですが、たまに背面に用事があるときに難儀してしまうのです。
外したUSBケーブルを再度差し込むのに場所がなかなかわからなくてイライラしたりすることが多々あります。

今までは手鏡を使って場所を確認していたのですが、暗くてよく見えないうえに手を奥に入れないといけないので袖を引っ掛けたりしてこれまたイライラが重なるのです。

ところが、いつものようにAmazonを見ていると点検鏡という便利そうな道具があったので試しに買ってみようと思いました。
奥まったところなど見えにくい狭い場所の点検をしたりするのに使うものですのでまさに用途にピッタリです。

鏡の形や大きさなど色々な種類がありましたが、PCの背面とはいってもそう狭い場所ではないのでライト付きの大きめのものを選んでみました。
楕円型の鏡(50×80mm)にLEDライト付きです。


IMG_3140s.jpg

IMG_3142s.jpg

IMG_3145s.jpg

IMG_3148s.jpg

構造としては、指示棒の先にLEDライトと鏡が付いている感じでしょうか。
アンテナ部は伸縮して自由に長さの調整が出来ます。

LEDも思ったより明るく綺麗に拡散して光るので見やすいです。
ペンライトとして使うには使いづらいですが、別途ペンライトを持たなくとも兼用出来そうな感じです。

肝心の鏡は、ガラスとABS樹脂で出来ていて綺麗に反射してくれます。
ただ、ガラスなので落としたりぶつけたりすると簡単に割れてしまいそうなのが少々心配です。

特にカバーなど付属していないので傷つけないように気を付けたいところです。

あとは、本体と鏡を繋いでいるジョイント部の作りがやや華奢な感じがします。
ネジが付いていてその締め具合で調整が出来ますが、ラフに扱うと真っ先に壊れそうな部分です。

仕事で使うには耐久性に多少心配な部分もありますが、自宅でたまにPCの背面を確認したりする分には十分な作りだと思います。
LEDの電源としてLR44を3個使いますが、100円ショップなどでも簡単に入手出来るボタン電池です。


実際に使ってみましたが、アンテナ部をめいっぱい伸ばすとちょっとグラグラするのが気になります。
伸び縮みもギシギシして滑らかではありませんが、値段を考えればまぁ仕方ないところですね。

肝心の鏡の見え具合はさすがに良い感じです。
LEDライトの向きをきちんと調整すれば明るく綺麗に確認出来ました。

鏡と照明を片手で扱えるのは思った以上に便利ですね。
ものは試しと買ってみましたが、なかなか当たりの道具だと思います。

他にもオーディオ機器や家電など意外と背面を確認したいことは多かったりしますので便利に使えそうです。



B004XFWEJSシンワ測定 点検鏡D 楕円型 50×80mm ライト付き 74157シンワ測定 2011-04-28

by G-Tools


【レビュー】「Panasonic エチケットカッター ER-GN10」を使ってみた

IMG_3041s.jpg


以前、電池の液漏れで泣く泣く処分をしたPanasonicのエチケットカッターの代わりにフィリップスのものを購入しました。
使い勝手がだいぶ違うことに違和感があったのですが、しばらく使っていました。

ですが、徐々に使いづらさが気になってきてしまったのでまたPanasonic製のものに戻そうと思いました。
以前使っていたものと同じ物にしようと思いましたが、水洗い出来なくても良いのでもう少しシンプルで安いものを試してみようと思い、下位モデルを選んでみました。

そこで、単三電池1本でON/OFFスイッチ動作のみのシンプルなER-GN10を選んでみました。


IMG_3045s.jpg

IMG_3048s.jpg

本体がいかにも樹脂製という見た目で安っぽさは否めませんが、1,000円でお釣りが来る物なので仕方ないところでしょう。
キャップを付けるとスイッチが簡易的にロックされたり、電池ケース蓋の裏側に清掃用のブラシが格納できたりと安価な割りによく出来ていると思います。

特にブラシはシェーバーなどにもおまけで付いていますが、すぐにどこかへいってしまったりして無くなってしまうことが多々ありました。
いちいち裏蓋を開けて出し入れする手間はありますが、持ち歩いて外出先で使ったりする場合などは特に便利ですね。


また、フィリップスのものは本体を捻って電源ON/OFFをするのですが、これが意外に使いづらかったです。
やはりスライドスイッチが良いです。

使っていて気になるところは、材質的に本体に指紋のあとが残りやすいところでしょうか。
拭けば綺麗になりますが、使っているとちょっと気になりそうです。


IMG_3050s.jpg

そして、最も違うのが先端の刃の形状でしょう。
フィリップスのものが一方向のみしか切れないのに対して全周切れるようになっています。

このおかげで本体を回すことなく上下左右に動かすだけで済むのが良いです。
多少、毛が引っかかったりして痛い思いをすることもありますが、それを差し引いてもPanasonic方式の方が使いやすいです。

ただ、これはあくまで私が主に鼻毛カッターとして使うというためであって、眉の手入れなどをする場合はフィリップス製の方が使いやすいかも知れません。


IMG_3052s.jpg

1,000円以下の安価な製品だけに海外生産は当然と思いきや、なんと日本製でした。
調べてみると上位機種の方が海外製だったりするようです。

日本製だから良いとか海外製は良くないということはあまり言いたくありませんが、なんとなく安心感がありますね。

値段的に壊れたりカッターの切れが悪くなったら使い捨てという感じはしますが、安価な割りに良く出来ていると思います。
見た目のチープ感が気になる人は上位機種を選んだ方が良いかもしれませんが、実用品として使えれば良いという場合には良い製品だと思います。



B003XOS4MGパナソニック エチケットカッター 黒 ER-GN10-Kパナソニック(Panasonic)

by G-Tools


【レビュー】「Microsoft ワイヤレス モバイルマウス3500」を買ってみた

IMG_2956s.jpg


現在、自宅のPC環境は、メインPCとサブPCそれぞれにWindows7を使った2台体制で稼働しています。
メインPCにデュアルディスプレイでも良さそうな気がしますが、過去に何度かやってみてどうもデュアルディスプレイは使い慣れないのでモニタ1台につきPC1台でやっています。

元々は、オンラインゲームをやっている際に情報収集するために2台目を用意したような感じですが、ゲームをやらなくなってもそれなりに使い道はあります。
フリーソフトなどお試しで使う時などいったんサブPCで使ってみたり、ネットワークオーディオプレーヤーのDMCとして使ったり、ブログの資料を表示して参考にしながら書いたり・・・などなど。

メインPCの調子が悪くなった場合の緊急時の臨時使用も出来ますので重宝しています。


メインPCは、メインで使っているだけにそれなりに良い機器を使っています。
一方でサブPCはなるべく安価でコストパフォーマンスの良さそうなものを選ぶようにしていますが、選択する上ではメインPCより難しかったりします。

特に難しいのが、キーボードとマウスの選択です。
配置上、本体からの距離があるのでどちらもワイヤレスにしているのですが、小型で安価で使いやすいものとなるとなかなか良い物が見つかりません。

また、場所もなるべくとらないようにしようとワイヤレスのトラックボールを使っていたのですが、こうなるとほぼ選択肢がありませんでした。
そのなんとなく買って使っていたトラックボールの調子が悪くなってきたので買い換えることにしました。

メインPCも場所の都合で以前はトラックボールを使っていたのですが、なんだかんだで本体が大きくて意外と場所をとることがわかったので今はマウスにしています。
そこでサブPCも同じようにマウスに戻そうと思ってワイヤレスで安価なものはないかと探していました。

いつも通りAmazonを覗いていると、Microsoftのワイヤレスマウスで1,000円ほどというのがあり、レビューもそれなりに良さそうな感じだったのでこれを試しに買ってみることにしました。
『Microsoft ワイヤレス モバイルマウス3500』というマウスです。


【レビュー】

IMG_2960s.jpg

モバイルと銘打っているだけあってマウスとしては小型です。
カラーは、他にブラックもありましたが、シルバーの方が好みの色だったのでこちらにしました。


IMG_2961s.jpg

底面には電池ケースとLEDが付いています。
電源スイッチもあるので、持ち歩くときなどオフにすることも出来ます。

青色LEDで、スイッチを入れると青く光ります。
ただ、電池の位置によりかなり右に寄った配置になっています。


IMG_2964s.jpg

電源は、単3電池1本で動作します。
電池ケース内にはレシーバーを収納できるので、使わないときに格納しておけば紛失を防げます。


IMG_2966s.jpg

レシーバーは特に大きくもなく、普通のサイズです。


IMG_2958s.jpg

付属品は、電池とレシーバー以外には簡単な説明書と保証書が付いています。
意外なところですが、こんな安価な製品にも関わらず3年保証が付きます。


IMG_2969s.jpg

自宅では大きいマウスパッドをテーブルクロスのように敷いて使っています。
これだけ大きいとマウスパッドから外れることもなく快適です。



早速サブPCに繋いでみました。

サブPCは、Windows7 Home Premiumを使っていますが、特にドライバーを別途インストールすることもなくWindowsの標準ドライバーで動きました。
ただ、ドライバーのインストールが終わってもカーソルが動かなかったのでいったん再起動したところ、動くようになりました。

コントロールパネルでマウスの設定を少ししてから使い始めました。

第一印象としては、モバイルと銘打っているだけあって本体が小さめです。
特に小さくないといけない理由が無ければ、メインとして使うには使いづらい大きさですね。

私の場合はサブPC用でさほど使用頻度も高くないのでこれくらいの大きさでも問題ありませんでしたが、それでももう少し大きい方が良かったかなという感じです。

左右ボタンは重すぎず軽すぎず程よいクリック感があって良いです。
ホイールはポクポク当たりがある感触で回りますが、こちらも回しやすいです。

ただ、本体側面に滑り止めとして付いているゴム(?)のような部分がベトベトした感触があってイマイチです。
実際にベトベトが手に残るわけではないのですが、気になってしまいます。

動作はメインで使っているロジクールのG700sと比べるとちょっと滑らかさ不足な感じはしますが、及第点というところでしょうか。
Firefoxを使うとカクカクが気になるので設定の見直し等をする必要がありそうです。

単3電池1本で約8ヶ月もつとのことですが、もう少し出力を上げてその1/3くらいの持続期間でも良いような気がします。
とはいえ、これだけもてばモバイル用途で持ち歩くにも余分な電池を持たなくて良さそうなのはいいですね。


久々にマイクロソフトの機器を買ってみました。
しばらく買っていませんでしたが、Windows98の頃以来でしょうか。

いまだにマイクロソフトがキーボードやマウスを出していることに少し違和感があります。

ワイヤレスマウスが1,000円でおつりが来るのはうれしいところです。
1,000円にしては十分な品質だと思いますが、趣味でこだわるなら少々役不足な感は否めません。

側面の感触が気になるのと、サブ用とはいえ少し小さいのが気になるというところがあります。
しばらく使ってみてこのへんが気にならなくなれば安くて良い買い物だったと思います。

キーボードもそうですが、実際に手で使う機器は選ぶのがなかなか難しいですね。



B009NLPXUEマイクロソフト ブルートラック ワイヤレス マウス Wireless Mobile Mouse 3500 ユーロシルバー GMF-00298マイクロソフト 2012-11-02

by G-Tools


ホーム > レビュー

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top