Home > 撮影方法 > フィギュア写真の後処理 ~ピクチャースタイルの違い~

フィギュア写真の後処理 ~ピクチャースタイルの違い~

今日は、フィギュアレビュー写真で私が普段やっている調整の一部を詳しく解説してみたいと思います。
特に直接大きく関わりはありませんが、『ピクチャースタイル』の違いを見てみたいと思います。

この『ピクチャースタイル』とは、私の愛用しているキャノンのカメラ独自の機能になります。
今回は、キヤノンユーザーのみの内容になってしまいますが、ご了承下さい。

私が撮影してからブログに掲載するまでに行う色の調整は大きく分けて2つあります。

  • カメラ本体で行うもの。
  • 撮影後にパソコン上でソフトウェアを使い行うもの。

カメラ本体で行うものは、2つあります。
私の場合は、『ピクチャースタイル』と『ホワイトバランス』の2つです。

『ホワイトバランス』は、光源の種類に関わらず、白を白く見せるための設定です。

まずは、ホワイトバランスをきちんと合わせるのが最重要なことだと思います。
ここでつまずくと、最後まで響いてきます。

逆に言うと、ホワイトバランスさえ合っていれば、それだけで綺麗に見えると思います。
詳しい設定方法などは、ホワイトバランス設定方法をご覧下さい。

『ピクチャースタイル』は、キヤノンのカメラに付属する機能ですが、他のメーカーでも似たような機能が付いているものがあるかと思います。
これを変更するだけでも色合いなどがずいぶん変わります。

カメラ本体で行うものに入れましたが、RAW形式で撮っていれば、撮影後に専用の現像ソフトで変更も可能です。

ちなみに、何に使っているかというと、撮影時の写真の具合を見るのに使っています。
いつもZoomBrowser EXで確認をしているのですが、その時の画像確認はJPEGでしているのです。

実際に撮影する写真は、RAW+JPEGで撮り、現像もRAWで行うわけですが、RAW現像をしない方もおられるかと思いますので、多少なりとも参考になれば、、、

ホワイトバランスに関しては、以前の記事をご覧いただくとして、今回はピクチャースタイルを変更するとどうなるか見てみたいと思います。
先日の『ヒヨリ・ピクシー』などを参考にキヤノン純正のDigital Photo Professional(以下DPP)というソフトで変更してみました。

なお、ピクチャースタイル以外は同じ設定です。
RAWファイルをDPPで読み込みピクチャースタイルを変更後、JPG形式(960×640px)で書き出しました。

サムネイル画像は、上記のJPGファイルを の「Lanczos3」にて縮小しています。




[R18]グッドスマイルカンパニー Chu×Chuアイドる ヒヨリ・ピクシー


「スタンダード」

IMG_4812_sta.JPG
普段使いの「スタンダード」ですが、全体的にバランスが良いと思います。
別珍の赤色もイメージに1番近い感じがします。

「ポートレート」

IMG_4812_por.JPG
「スタンダード」に比べて、背景の赤が明るくなっている感じでしょうか。
色は綺麗な感じなのですが、私が意図した色とは少し違ってしまっていますね。

「風景」

IMG_4812_fuu.JPG
髪の青が強調されているのが印象的ですね。
空の青を鮮やかにするような設定になっているようです。

「ニュートラル」

IMG_4812_nyu.JPG
なんとなく色が抜けてしまったような感じもします。
ですが、強調がない分、Photoshopなどで彩度を上げやすい気もしますね。

「忠実設定」

IMG_4812_chu.JPG
実物に忠実な設定のハズですが、、、
全体にくすんだ感じがしますし、背景の赤は明らかに他の設定とは色が違って見えます。



とらのあな FineScenery Super Black Jack Rio


「スタンダード」

IMG_4441_sta.JPG
他のものと比べてみると、髪のオレンジが少し彩度が高めな感じでしょうか。
綺麗なことは綺麗ですが、多少の違和感も、、、

「ポートレート」

IMG_4441_por.JPG
「ポートレート」は全般に彩度が高めかと思ってましたが、意外と薄くなってますね。
鎌の柄の部分などもだいぶ色が薄い感じです。

「風景」

IMG_4441_fuu.JPG
ヒヨリ・ピクシー同様、青い部分がだいぶ濃くなっていますね。
髪が赤いようなピンクのようなオレンジになってます。

「ニュートラル」

IMG_4441_nyu.JPG
全体に彩度は低めですが、「ポートレート」より髪の色が少し濃い感じでしょうか。
意外とバランスは良いですね。

「忠実設定」

IMG_4441_chu.JPG
「ニュートラル」と似た感じですね。
この後、調整するには良い色合いかもしれません。



アルター 超昂閃忍ハルカ 鷹守ハルカ


「スタンダード」

IMG_3663_sta.JPG
髪やコスチュームの色合いもイイ感じだと思います。

「ポートレート」

IMG_3663_por.JPG
コスチュームの黄色がやけに鮮やかになっている感じがします。
いかにも黄色という感じはしますが、少し黄色過ぎな気もします。

「風景」

IMG_3663_fuu.JPG
コスチュームの黄色がオレンジぽくなってしまっています。
髪が全体的にのっぺりした茶色になっている感じがします。

「ニュートラル」

IMG_3663_nyu.JPG
全体的に落ち着いた感じで、悪くないですね。
ただ、髪の色が少し緑っぽぃような感じがします。

「忠実設定」

IMG_3663_chu.JPG
思いの外、綺麗な感じがします。
全体的な色のバランスも悪くないと思います。



コトブキヤ シャイニング・ウィンド エルウィン


「スタンダード」

IMG_2528_sta.JPG
一応、これが基準という感じですね。

「ポートレート」

IMG_2528_por.JPG
「スタンダード」と比べて、髪や肩の緑の彩度が若干落ちている気がします。

「風景」

IMG_2528_fuu.JPG
「スタンダード」「ポートレート」に近い感じでしょうか。
顔~髪がやや濃いめな感じがします。

「ニュートラル」

IMG_2528_nyu.JPG
全体的に色が抜けてしまったような感じがします。
あまり目立つ色がないので、余計に色が抜けたような感じがするのかもしれませんね。

「忠実設定」

IMG_2528_chu.JPG
「ニュートラル」と同じような少し地味な感じですね。



『スタンダード』

「一般的な被写体で多くの人が好ましいと感じる、色の鮮やかさとコントラスト」 / キヤノンHPより
http://cweb.canon.jp/camera/picturestyle/style/standard.html

いつも使っているものですが、どれもパッと見で1番好みですね。
さすがに標準なので、バランスも良く、全体的にイイ感じになっていると思います。

色によって変に強調されたりすることが無く、使いやすいと思います。
ただ、Rioの髪のオレンジ色などが少し気になる感じはありますね。



『ポートレート』

マゼンタ~黄色の色あいを赤色寄りにし、さらに明るめに調整 / キヤノンHPより
http://cweb.canon.jp/camera/picturestyle/style/portrait.html

女性や子供の肌の色が綺麗になるように調整されているようですが、、、

フィギュアによっては一部の色が少し過剰に鮮やかになったりしている感じもしますね。
ヒヨリ・ピクシーでは、背景の赤が結構明るい感じになっていますが、これはこれで綺麗な感じだと思います。

ただ、全般的に使いにくい感じがしますね。



『風景』

青を鮮やかで深みのある色へ、緑を鮮やかかつ明るい色へ / キヤノンHPより
http://cweb.canon.jp/camera/picturestyle/style/landscape.html

全体的に彩度が高めな感じがします。
これはこれでちょと濃いめな色が好きな方なら意外と気に入りそうな感じもしますが。

空の青を強調するような設定のためか、青い部分が結構濃くなっています。
Rioのコスチュームはちょっと青過ぎな感じがしますが、、、

また、他の設定よりシャープネスも少し高めなようです。



『ニュートラル』

コントラストは控えめに、彩度は強調を行わないため、他のスタイルに比べて白飛びや色の飽和が起きにくい / キヤノンHPより
http://cweb.canon.jp/camera/picturestyle/style/neutral.html

コントラストや彩度も控えめなので、無難といえば無難な仕上がりになりそうな感じがします。
全体的に悪く無い感じがしますが、後処理で多少彩度を上げたい感じですね。

ただ、白っぽぃものを撮るのに良さそうな感じもします。
「スタンダード」が微妙な場合に使いたい感じのスタイルですね。



『忠実設定』

標準的なデーライト光源下で撮影された被写体が、測色的にほぼ同じ数値の色となるように調整 / キヤノンHPより
http://cweb.canon.jp/camera/picturestyle/style/faithful.html

「ニュートラル」との違いがイマイチわからなかったのですが、よく見ると背景の赤などの色合いがずいぶん違って見えますね。
本来の色を忠実に再現しているハズなのですが、多少微妙な感じです。

特にヒヨリ・ピクシーは「ポートレート」と比べると背景の赤が全然違って見えてしまいます。
ですが、Rioやハルカなどは、全体のバランスは悪くないと思います。



※各設定の解説は、キャノンHPを参考にさせてもらいました。



『まとめ』

今回は、色によってわかりやすいように赤、青、黄、緑系のフィギュアで比べてみました。
エルウィンは、まだ今の処理方法に至る前段階の撮影なので、ホワイトバランスなどやや不安がありますが、、、

全体的に見ると、やはり『スタンダード』のバランスが良い感じがします。
ただ、ものによっては他の設定も悪くない感じですね。

『ポートレート』は、赤系がイイ感じになりそうですが、少し強調しすぎな気もします。
『風景』は、青系がやけに強調されるようなので、フィギュアの色によってはバランスが悪くなりそうです。

『ニュートラル』は、後で彩度などを調整すると意外とイイ感じになりそうな気がします。
『忠実設定』は、『ニュートラル』と似た感じかと思っていたのですが、赤などがだいぶ違う色になってしまいました。

以前、ColorDIAL Photo 3 Proを使っていた頃には『忠実設定』などを使っていました。
DPPでtiff形式で出力して後処理をしていた頃ですね。

ですが、ホワイトバランスを設定してあまり色をいじらないシンプルな処理に変えた現在では、元々ある程度色の良い「スタンダード」が使いやすいかなと思います。

今後も『スタンダード』がメインになることは間違いなさそうですね。
ただ、一部で色のバランスが少し悪いものもありましたので、そういう時は『ニュートラル』を使ってみようかと思います。

得手不得手があるようですので、それぞれに合ったフィギュアの場合は試してみるのも良さそうです。
あくまで画像の確認用ですが、、、


と、いうわけで、今回は『ピクチャースタイル』の違いを見てみました。
キヤノンユーザー限定になってしまう内容でしたが、他のメーカーでも同じような機能が付いていれば、色々試してみるのも良さそうですね。


次回は、撮影後の後処理でやるトーンカーブ調整を少し解説してみたいと思います。


■参考HP
キヤノン ピクチャースタイル
http://cweb.canon.jp/camera/picturestyle/



(2009/03/10:一部記事の内容を変更、追記。)

(2009/03/25:一部記事の内容を追記。)

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/5453/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
フィギュア写真の後処理 ~ピクチャースタイルの違い~ from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > 撮影方法 > フィギュア写真の後処理 ~ピクチャースタイルの違い~

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top