Home > アニメ、漫画 > 数十年ぶりに『映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』を見てみた

数十年ぶりに『映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』を見てみた

20180406180349s.jpg


何か映画でも見ようかと思いAmazonプライム・ビデオを覗いていたところ、懐かしい映画があったので見てみることにしました。
『映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』です。

プライム会員であれば無料で見ることが出来ます。(2018/04/06時点

ドラえもんの映画というとこの海底鬼岩城か魔界大冒険を思い出します。
映画館で見たのかレンタルビデオで借りて見たのか地上波で見たのか・・・そのへんの記憶は定かでないのですが・・・。

面白かったというのとバギーが最後に・・・というのしか思い出せなかったので数十年ぶりに見てみることにしました。
見始めていきなりテレビアニメのドラえもんぽくない展開でちょっと驚きましたが、いつもの面々が出てくる頃にはドラえもんぽさが出て来ました。

長編になるとスネ夫とジャイアンが仲間になって一緒に行動するのはお約束ですが、これはこれで好きですね。
物語の始まりは夏休みに海へ行くという流れですが、海底でキャンプをするという発想がかなり驚きました。

海の底でキャンプをするなどというのはなんとも夢の有る話ですよね。
最近見たアニメでこんな夢の有る話はちょっと記憶にありません。

この時点でさすがドラえもんという感じです。

そして、さらに驚いたのは子供向けアニメのわりに核兵器とか放射能が出て来たりして思いのほか本格的な内容だったということです。
子供の頃に見た時に核兵器云々などまるっきり知りませんでしたが、改めて見ると奥が深いアニメですね。

これほどメッセージ性のある映画とは思っていませんでした。

細かいところを見ればかなりあっさりした感じはありますが、王道的な話の展開で90分という時間によくまとめられていると思います。
公開からもうすでに35年くらい経っているのでところどころに古さは感じるものの全体的に見れば今でも問題なく通用する内容だと思います。

ただ、沈没船の金塊の行方は・・・?
それがちょっと気になりました。

昔見て面白かったアニメや映画を今見ると『こんなんだったけ・・・』とガッカリすることも多く、見なければ良かったと思うことも少なくありません。
ですが、『映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』は昔見た以上に面白く見ることが出来ました。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://kimagureman.net/archives/32374/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
数十年ぶりに『映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』を見てみた from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > アニメ、漫画 > 数十年ぶりに『映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』を見てみた

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top