Home > オーディオ、AV機器 | レビュー > 【レビュー】D/Aコンバーター PS AUDIO NuWave DAC を使ってみた

【レビュー】D/Aコンバーター PS AUDIO NuWave DAC を使ってみた

IMG_1107s.jpg


オーディオ環境は再生媒体をCDからFLACファイルに変えてからスピーカー、ヘッドホンともに概ね良い感じに整ってきました。
ただ、1つどうしても気になっていたのが、D/AコンバーターのLUXMAN DA-100の出力がアナログ1系統しかないことです。

スピーカー用のプリメインアンプとヘッドホン用のヘッドホンアンプを繋ぐとなるといちいちコードを繋ぎ替えるか切替器の類が必要になります。
DA-100は音質も良くとても気に入っているのですが、ここだけがいつまでも気になっていました。

そこで思い切ってアナログ出力が2系統以上あるD/Aコンバーターを導入してみることにしました。
ここで重要なのはヘッドホンアンプ内蔵の複合機ではなく単機能のD/Aコンバーターということです。

ヘッドホンアンプはすでに単体であるので余計な機能の無いシンプルなものが欲しかったのです。
そこで色々見て選んだのがPS AUDIOのNuWave DACでした。

 link >>  NuWave DAC | KANJITSU DENKI CO.,LTD.


LUXMAN好きならDA-06やDA-200もありますが、DA-200はヘッドホンアンプ付き、DA-06は残念ながら予算オーバーでした。
ONKYOのDAC-1000は豊富な入出力が魅力ですが、そろそろモデルチェンジしそうな気がしますしDA-100からのアップグレードにしてはちょっと物足りない感じです。

NuWave DACは、入出力端子は十分ですしD/Aコンバーターとは思えない巨大なトロイダルトランスに惹かれてしまい購入を決めました。


■レビュー

IMG_1064s.jpg

IMG_1061s.jpg

フジヤエービックのオンラインショップで購入しました。
頑丈に二重巻きされたプチプチに取扱注意のシールも貼ってあり安心の梱包状態で届きました。

もしAmazon取扱で買っていたら伝票直貼りでそのまま来たことでしょう。
このへんの気遣いはさすが専門店という感じです。

この取扱注意シールは初めて見ましたが、こんなのもあるんですね。
手前側面のプチプチが少し切れていましたが、内側のプチプチは無事で箱もノーダメージです。

ただ、頑丈な梱包で開封はなかなか大変でした。



IMG_1067s.jpg

IMG_1070s.jpg

プチプチを取ると茶箱が現れます。
何の印刷も無いシンプルな段ボール箱の側面にシールが貼ってありました。

JP 100-110Vの記載があり、日本向けの仕様になっています。
おそらく、出荷先によって中身とこのラベルが変わってくるものと思われます。

完実電気のWebサイトにあるようにコロラド州ボルダ一で製造しているようですね。



IMG_1075s.jpg

IMG_1077s.jpg

茶色い段ボール箱を開けるとさらに白い箱が入っていました。
こちらは側面にNuWaveの文字などが印刷されています。

二重梱包は想定外でした。



IMG_1080s.jpg

IMG_1083s.jpg

白い箱を開けるといよいよ本体とご対面です。

緑の封筒が載っていましたが、完実電気の封筒で中に説明書などが入っていました。
どこで入れたのかはわかりませんが、段ボールのテープに貼り直した形跡があるのでおそらく日本に入ってきてから入れたものと思います。

本体は一瞬Amazonかと思うような梱包状態でした。
付属品も電源ケーブルのみで緩衝材なども無く、中は思った以上にスッカスカで素っ気ない感じです。

このへんはしっかりした梱包のLUXMANなどと比べるといかにもアメリカンな感じです。



IMG_1111s.jpg

IMG_1113s.jpg

IMG_1114s.jpg

IMG_1115s.jpg

IMG_1116s.jpg

背面には整然と入出力端子が並んでいます。

アナログ出力のLRが離れていて、その間にデジタル入力があります。
ケーブルによっては端子が離れているので繋ぐのに難があるかもしれません。

RCA端子、バランス端子ともに金メッキでなかなかしっかりした作りです。
RCA端子、同軸端子ともに若干細いのかプラグの抜き差しがスルっと出来ました。



IMG_1121s.jpg

1つ気になるのは電源とRのバランス端子が近いところです。
試しにWATTGATE 320iとNeutrik NC3FXX-Bを繋いでみましたが、キッツキツです。

円筒形のWATTGATE 320iを使った電源ケーブルで試聴したのですが、プラグによっては干渉してしまって繋げないかもしれません。

電源スイッチも近くてキツキツですが操作は特に支障なく出来ました。
電源を入れると前面パネルのPS AUDIOのロゴが青く光ります。



IMG_1094s.jpg

IMG_1092s.jpg

IMG_1088s.jpg

IMG_1090s.jpg

画像が見つからなくて気になっていた本体底面です。

最近のオーディオ機器は脚があまり重要視されていないのか、簡単なものが付いていました。
ゴム製の脚ですが、中央のピンを引き抜くと簡単に外れます。

DA-100JADE casaも後付けの簡単なゴム足が付いていましたので別に用意しました。
今回も別途インシュレーターを購入して付け替えようと思います。

中央に見える銀色の丸いものはトロイダルトランスの固定金具と思われます。



IMG_1101s.jpg

正面から見るとコンパクトな感じなのですが、奥行きがかなりあります。
JADE casaと並べてみると、横幅はJADE casaの方が若干長いですがNuWave DACは角が丸くなっているので実寸法以上に横幅が短く見えます。

似たような質感の前面パネルは、JADE casaは白っぽぃ感じの明るいグレーですがNuWave DACはシルバーと言っても少し濃いめのグレーという感じです。

重量は思いの外重くて約5.5kgほどあり、アンプかと思うほどのズッシリ感があります。
DA-100が約2.1kgなので2倍以上です。



■感想

購入して1日半ほど通電しながら鳴らしてみました。


試聴環境

【試聴ディスク】
田村ゆかり『木漏れ日の花冠』『春待ちソレイユ』
霜月はるか『ティンダーリアの種』『レムルローズの魔女』

【試聴機材】
acer REVOCENTER(Windows Home Server 2011 / Asset UPnP)
↓LANケーブル(型式不明)
NETGEAR GS108v3
↓ELECOM LD-GPY/WH3
Olasonic NANO-NP1(96Khzモード)
↓audio-technica AT-ED1000/1.3
PS AUDIO NuWave DAC(Nativeモード) + 自作電源ケーブル(BELDEN 19364 1.5m、Panasonic WF5018、WATTGATE 320i)
↓自作ケーブル(BELDEN 8412 0.8m、REAN NYS352G)
ORB JADE casa

AKG K550

※音源はCDからリッピングしたFLACファイル。
※NANO-NP1以下の電源はTASCAM AV-P25RMKIIIに接続。




まずは一聴してスッキリした音という印象を受けました。
解像度が高いのに聴いていて疲れにくい音ですね。

高音域は耳に刺さるようなこともなくそれでいて綺麗に鳴ってくれます。
ボーカルもサ行が耳につくこともなく聞こえますが、若干潤いが足りないような感じがしますが声の余韻が美しいです。

このあたりはまだ使い始めということで本来の性能が出ていない可能性もありますね。
DA-100D20と比べて音の広がりがかなり大きくなった感じがします。

何度も聴いたアルバムですが、こんな音で鳴るのかという驚きが各所に見られました。
どの楽器も響きが綺麗でスゥ~っと抜ける感じが心地よいです。

低音から高音まで尖ったり刺さるような鳴り方をしないのにそれでいて音の広がりや解像度も高く余裕を感じさせる鳴り方です。
DA-100が賑やかな感じで元気よく鳴るのに対して穏やかで静かにそれでいて力強く鳴るという感じがします。

ピアノやシンバルの余韻などウットリものですね。
大型の電源を積んでいることによる恩恵なのかもしれませんが楽器の音色自体が違って聞こえます。

今までDA-100だとどうも長時間聴いていて疲れてしまうところがあったのでヘッドホン用のD/AコンバーターはD20を使っていました。
ですが、解像度も高く綺麗な鳴り方をするわりに聴き疲れしにくいNuWave DACならヘッドホン用として長時間の使用も可能そうです。

さすがに1万円そこそこのD20と比べると音の差は歴然ですし、ヘッドホン用としてならDA-100よりも使いやすいと思いました。



そして、スピーカーでも聴いてみました。


試聴環境

PS AUDIO NuWave DAC(Nativeモード) + 自作電源ケーブル(BELDEN 19364 1.5m、Panasonic WF5018、WATTGATE 320i)
↓Zonotone Silver Meister AC-1001
SANSUI AU-α907 LIMITED(NORMAL-1)
↓CARDAS QUADLINK-5C 1.5m
Acustik-lab Bolero piccolo


※その他は上記ヘッドホン環境と同じ




ヘッドホンで聴くよりもさらに音の広がりを実感出来ました。
DA-100は元気のある音が魅力でしたが、比べると元気の良さと言うより大人の落ち着き感があって解像度や音の広がりとだいぶ上というような感じです。

ちょい聴きだとDA-100の音も面白いと思うのですが、じっくり長時間聴くとなると安定感もありますし時々ハッとするような音が聞こえたりして楽しいです。
スピーカーは前にあるのに音が後ろから聞こえたような錯覚を覚えたりしました。

高音から低音まで安定感があって派手さはあまり感じませんがしっかりした鳴り方をしてくれます。
今回はRCA端子で聴いてみましたが、バランス端子を使うとさらにクリア感が増しそうです。



D/Aコンバーターを変えてどれだけ変わるかなと多少気になりましたが、ここまで大きく変わるとは思いませんでした。
今回、スピーカー以外の高額機器としては初めて海外製のものを使ってみました。

昔、スピーカー購入時に国内メーカーと海外メーカーの聞き比べをしたことがあるのですが、海外メーカーの個性的な鳴り方は気に入らないと最悪ですが気に入るとべた惚れしてしまいます。
一方で国内メーカーのものはわりと無難な鳴り方でべた惚れまで行かないですが買って失敗したということが少ないのではないかという印象でした。

そんな特徴を今回のNuWave DACにも感じました。
音作りに明確な方向性を感じますし機器としてもとても魅力があります。

最近は国内メーカーでも海外製品のようなデザインのものも増えてきましたが、大手メーカーでは日本製らしいかっちりきっちり綺麗な仕上げをしたものが多いです。
そんな中でNuWave DACは、昔憧れたWadiaのプレーヤーに通じるようないかにも海外製という感じのデザインは魅力的です。

天板のアクリルはあまり評判が良くないようですが、ピカピカでとても綺麗です。
汚れやキズが気になりますが、これはこれで良いですね。

カラーは黒もありましたが、他の機材が白やシルバーばかりなのでシルバーにしました。
シルバーと言うよりもグレーという感じですが、梨地仕上げで安っぽさは微塵も無く見ているだけでニヤニヤしてしまいます。

まだ使い始めで本調子という感じではなさそうですが、エージングが進むとまた魅力が増してきそうです。
単機能のD/Aコンバーターということでヘッドホンアンプ内蔵の複合機よりも使いづらいかもしれませんが、シンプルな単機能だからこその音の良さを感じます。

久しぶりにちょっと高額なオーディオ機器を購入しましたが、満足度はかなり高いです。
今までスピーカー以外の海外製オーディオ機器はどちらかというと敬遠していたのですが、もっと積極的に選択肢に入れるべきだと思いました。

今後はちょっと残念な感じの脚の交換と、バランスケーブルを作成しようと思います。
手持ちのCARDAS QUADLINK-5C/XLRが使えれば良いのですが、短くて届かないのが残念です。

これでやっとラインセレクターを外して運用出来るようになります。

コメント:3

yotappe 17-06-30 (金) 15:47

管理人様
このDACは、Luxman DA06その他と比較して音質は如何でしょうか。
私は、Pioneer U-05とN-70Aを使用しています。N-70Aは、中々良い音がしますが、もっと良いのは無いかと気になっています。アンプもPoneerでA-70を使っています。可也良いのですが、すこしぬれたような音質で、からっとした所が欲しいように思います。
いいDACが有れば教えて頂きたいです。

Rio 17-06-30 (金) 18:19

DA06は試聴したことがないのでどんな感じなのかわかりませんが、ラックストーンから大きく外れる音ではないと思いますのでラックス好きなら満足できるのではないかと思います。

私は以前にPioneer N-30とLaxman DA-100を使っていましたが、元気はあるけれども少しぼやけた感じがしていました。
それがNuWave DACにしたところ音の広がりや静けさが増して音が締まった感じになりました。

DACはそれ単体では音の入り口でも出口でもないのでその前後の機器によるところも大きいと思いますが、変更すればそれなりに変わると思います。
ただ、単体で探すと意外と製品数が少ないのが現実です。

ご使用機器からするとあまり海外製品は手が出しにくいかもしれませんが、個人的には海外製品は個性的な音質のものが多いので好きですね。
当たり外れが大きいですが、当たるとベタ惚れするのが海外製品です。

国産は中身ぎっしりで作り込んでいる感はあるのですが、音がどうも無難な感じがしてしまいます。
その代わり大きな当たり外れが少ないと思います。

国産だとORB JADE casa DSD、ONKYO DAC-1000、海外製品だとCambridge Audio DacMagic 100あたりを使ってみたいですね。
ヘッドホンとスピーカーは何を使っておられるのかわかりませんが、大きく音を変えたいならそちらの変更も検討してみてはいかがでしょうか。

よたっぺ 17-07-01 (土) 9:58

Rio 様
スピーカーは、SEASと言うドライバーを使い自作しています。ヘッドホーンは、Denonを使っています。海外のオーディオ製品は、癖が強いので気が引けます。中には、私にとって良いのもきっとあると思います。
有難う御座いました。

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/23934/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【レビュー】D/Aコンバーター PS AUDIO NuWave DAC を使ってみた from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > オーディオ、AV機器 | レビュー > 【レビュー】D/Aコンバーター PS AUDIO NuWave DAC を使ってみた

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top