Home > オーディオ、AV機器

オーディオ、AV機器 Archive

2018年はジューダス・プリーストで始まりジューダス・プリーストで終わる

IMG_5830s.jpg


私の2018年の音楽は年始からジューダス・プリーストで始まりました。
メタルを聴いてみたくてペインキラーを買ってみたところ、すっかりハマってしまいました。

長いことリピートしまくりで今でも聴いています。
いまだにメタルとハードロックの境界が怪しいですが、長い音楽鑑賞趣味の中で実に熱い1年になりました。


年末になって2018年の〆ということで最新アルバムのFIREPOWERを聴いてみました。

昔のアルバムと比べると・・・という野暮なことは言いません。
ロブ・ハルフォードももう67歳ですからねぇ。

それでもこれだけ歌えるのはすごいと思います。

一聴した感じではメタルというよりハードロックな感じがしました。
なんとなく過去の名盤にあるような闇深い感じが少なくなったかなと思いました。

ですが、聴いていて心地よい曲が多いのがイイですね。

来年も未所持のアルバムを少しずつゲットしていきたいと思います。
2019年はどんな音楽に出会えるか楽しみです。



たまには静かにピアノ曲もイイ

ここのところテンポが速くハードな音色のヘヴィメタルばかり聴いていました。
昔のイメージではただうるさく演奏しているだけだというイメージだったヘヴィメタルですが、聴いてみると実に素晴らしいです。

ロックに物足りなさを感じて聴き始めたのは良かったです。
いつも聴いている音楽に無い違うジャンルに手を出すのはなかなか勇気がいります。

最近は夜遅くに聴きたくなることも多いのでヘッドホンの稼働率が上がりました。
出来ればスピーカーで聴きたいところですが、夜遅くにヘヴィメタルの爆音はさすがに・・・。


と、そんな感じテンション高めの音楽生活ではありますが、たまには静かな曲も聴きたくなります。
ゆったり静かにしんみりと響く音色を楽しみたくなるときもあります。

音楽に関してはわりと気分屋なのでそういった曲もあまり多くはありませんがいちおう所持しています。
ジャンルにこだわらずにあれもこれも聴くのは節操がないと言われるかも知れませんが、気分次第でその場その場で聴き分けたいのであまりジャンルは気にしないようにしています。

もちろんあらゆるジャンルを聴いているというわけではなく、演歌やオペラなど1枚もCDを持っていないジャンルもあります。


今回の気分はしんみりと聴かせるピアノ曲が聴きたくなったので『FINAL FANTASY XI Piano Collections』を流しました。
一時期は夢中になって10年くらい遊んだFFXIですが、いまではすっかり思い出の中です。

懐かしい曲を静かなピアノで聴いていると落ち着いた良い気分になれます。
こういう気分になれるのも音楽趣味やオーディオ趣味の良いところですね。



ヘッドホンアンプ用に『新日本無線 MUSES 02』を買ってみた

IMG_5196s.jpg


最近はオーディオ関係がすっかり落ち着いてしまってCDを買うばかりで聴きにまわっています。
これはこれで音楽を聴く趣味としては問題ないのですが、オーディオ好きとしては機器の方も気になります。

特に今のところ大きな変更をするつもりもありませんし、現状で満足してはいますがちょろっとヘッドホンアンプで使っているオペアンプを変えてみたくなりました。
ずっと気になっていた高価なオペアンプである新日本無線のMUSESシリーズです。

いつの間にか1回路のMUSES03なるものが出ていて驚きましたが、今回は気になっていた02を使ってみたくなりました。

 link >>  高音質オペアンプ MUSES02 | MUSES オフィシャル Webサイト


1個数十円~数百円で買えるオペアンプの中で3,400円という価格はなかなか買う機会がありませんでしたが、ちょうど久しぶりに秋葉原に行く用事があったので秋月電子で買ってきました。
店頭には置いておらずレジで言うと出してくれました。

『みゅーずぜろに』と言って店員さんも『みゅーず』と言っていたのでそれで良いのかなと思います。
ネットで見たら『みゅーぜす』などと書いてある記事もありましたので・・・。

さすがに値段が高いだけあってちゃんと技術資料も付いており、おまけのソケットにシリカゲルも入っていました。



IMG_5198s.jpg

IMG_5201s.jpg


物が小さいのであんまり買った感が無いのは残念ですが、早速ヘッドホンアンプに取り付けてみました。
現状のオペアンプはこんな感じです。

聴き比べをして決めてからそのまま使っています。
今回は3つのオペアンプのうちU3:MUSES8920をMUSES02に変更してみました。

【試聴環境】
ネットワークオーディオプレーヤー:Olasonic NANOCOMPO NANO-NP1
D/Aコンバーター:PS AUDIO NuWave DAC
ヘッドホン:beyerdynamic DT990Pro

試聴ディスク:Judas Priest / Defenders Of The Faith(30th Anniversary Edition)[Remastered]
※FLAC形式でリッピングしたものを試聴



最初はあまり変わった感じがせず、むしろ音がぼやけたような感じがしたのですが音に慣れてくるに従って安定して聴こえるようになりました。
8920も良かったのですが、比べると音の躍動感がかなり増した感じです。

音に潤いが出て来た感じですね。
多少ボーカルが後ろに引っ込み気味な感じはありますが、弾力感のある聴いていて楽しい音です。

DT990Proの持ち味である低音もバッチリコントロールされている感じです。
8920でも十分な解像感がありましたが、解像感がありつつしっかり駆動している感じに変わりました。

結果的により好みの音になりました。
まだ使い始めなのでエージングが進めばもう少し変わりそうな気がします。

ちょっとお値段高めですが、オーディオ的に言えば3,400円程度でここまで音が変わるというのはスゴイことですね。
いちいちヘッドホンを変えていたらたまりません。

それにしてもDT990Proの能力の限界がどこにあるのか気になります。
もしかしてまだまだその能力を引き出せるのではないかと思うと楽しみです。



ホーム > オーディオ、AV機器

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top