Home > アーカイブ > 2017-03-06

2017-03-06

2017年秋に『実物大ユニコーンガンダム立像』が登場!

昨日で展示が終わったお台場の実物大ガンダムですが、早速次のプロジェクトが公表されました。
次はなんと『実物大ユニコーンガンダム』だそうです。

 link >>  実物大ユニコーンガンダム立像とガンプラ新施設が2017年秋に登場!ありがとう実物大ガンダム立像! | 電撃ホビーウェブ


今秋に展示予定だそうですが、これは意外な感じでした。

確かに実物大として作るのにやっかいそうなパーツが少なくて立像向きかなと思いますが、ユニコーンはそんなに知られているのかというのが気になります。
私はOVA版を見ましたが、正直なところ立像を作ってしまうほどとは思えませんでした。

ただ、歴代ガンダムの中でも人気はあるようですので、先代のRX78-2が高めの年齢層をターゲットにしたものであるなら、今回のユニコーンは若い世代をターゲットにしたのかもしれません。

電飾で見栄えのする機体というのもあるかもしれませんね。
少し前にOVAを再構成したTVシリーズが放送されたのがよくわからなかったのですが、これで納得いく感じがします。

私的には初代ガンダムの次は量産型ザクまたはシャア専用ザクを期待していましたのでちょっと残念でした。
ガンダムの物語は正義対悪のような単純なものではないのでザクを悪役とするのは間違っていると思いますが、なんとなくイメージでは白を基調としたガンダムより悪寄りな感じがしてしまうかもしれません。

そのへんがあってザクを起用しなかったとも思えますが、あのトヨタがシャア専用オーリスといったものを販売したくらいですのでイメージ的には悪いものではないと思います。
単にザクは造形的に曲線が多いので作りづらいだけなのかもしれませんが・・・。


実物大ガンダムとセット(?)だった『ガンダムフロント東京』が4月5日で閉店するのですが、その後すぐ今夏に同じ場所で『ガンダムベース東京』というガンプラを主体とした複合施設が立ち上がるそうです。
このへんを見ると店舗のリニューアルに合わせて展示を変えるといった目的もあったのではないでしょうか。

情報が出る前は東京オリンピックまで展示すれば良いのにと思っていましたが、なるほどこういう計画だったのですね。
海外でのガンダム人気はあまり大きくないという話も聞きますが、実物大のロボットは初めて見ると驚くこと間違いなしでしょう。

また、気になるのは撤去されたRX78-2がその後どうなるのかということですが、こちらは『ガンダム GLOBAL CHALLENGE』という新たなプロジェクトが始動するようです。
ただ、黒歴史にならないことを祈るばかりです・・・。

 link >>  2019年、実物大のガンダムが動き始める!? 富野由悠季氏らが登壇し「ガンダム GLOBAL CHALLENGE PERESENTATION ~第一次選考発表会~」開催 | 電撃ホビーウェブ


ユニコーンは、設定ではRX78-2よりも大きいらしいので今以上の迫力ある立像になりそうです。
展示されたら一度は見に行きたいところです。

残念ながらRX78-2のようなワクワク感を持って見に行くのはちょっと難しそうですが、なにはともあれ『実物大』というのは夢があって良いですね。


Home > アーカイブ > 2017-03-06

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top