Home > フィギュアレビュー > 【フィギュアレビュー】ARCADIA TERA: The Exiled Realm of Arborea – ELIN (エリーン)

【フィギュアレビュー】ARCADIA TERA: The Exiled Realm of Arborea – ELIN (エリーン)

ELIN TOP画像

撮影日 2013/07/05
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
露出モード マニュアル露出
絞り F10.0
シャッタースピード 0.8
ホワイトバランス マニュアル
感度 ISO200
背景 GIN-ICHI オンラインショップLY-6498


今日は久々の美少女フィギュアレビューです。
約1年ぶりですが、今月はワンフェスが開催されるのでその前に1つ撮っておきたいと思いました。

今回のフィギュアは・・・
『ARCADIA TERA: The Exiled Realm of Arborea – ELIN (エリーン)』です。

オンラインゲームに出てくるキャラクターですが、サンプル写真の魅力的な造形に惹かれて購入してみました。
今回は、そのELINのフィギュア撮影です。




続きは、↓こちら。

■ フィギュアレビュー



2M4C2838s.jpg
F7.1・1/4


2M4C2845s.jpg
F8.0・0.3


2M4C2847s.jpg
F8.0・0.4


2M4C2850s.jpg
F8.0・0.4


2M4C2854s.jpg
F8.0・0.4


2M4C2857s.jpg
F8.0・0.3


2M4C2864s.jpg
F10.0・0.6


2M4C2939s.jpg
F10.0・0.5


2M4C2933s.jpg
F10.0・0.5


2M4C2910s.jpg
F10.0・0.8


2M4C2896s.jpg
F10.0・0.6


2M4C2883s.jpg
F13.0・1


2M4C2873s.jpg
F13.0・1.3


2M4C2891s.jpg
F10.0・0.6


2M4C2915s.jpg
F10.0・0.8


2M4C2925s.jpg
F10.0・0.8


※各画像データ(絞り値・シャッター速度)
※ホワイトバランスはEOS Utilityによるマニュアル設定、ISO200、高輝度側・階調優先ON。


【撮影に使用したカメラとレンズ】

  • Canon EOS 5D Mark III
  • Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM



■ 撮影状況解説


DSC00677s.jpg


ディフューザー付きライトバンクを被写体の真上やや後方、手前に向けて配置。
右手前にグリッドを外した箱バンmini+を置いて主に被写体の正面を右側から照らします。

そして左に置いた白レフ板で反射させて被写体左側の明るさを微調整。
さらに被写体の手前に小さい白レフ板を置いて被写体正面の明るさ補助としました。

ライトバンクは位置をずらさずに真ん中で直接被写体に向かない位置まで手前に向けてあります。

基本的にメインの照明は被写体に直接向けずに少しずらしています。
上手く説明できませんが、照明の中心の光よりも周辺の拡散した光を使った方がなんとなく良い結果になることが多いのでそうしています。

メインのライトバンクは位置が決まったらそのまま動かさずに最後まで撮りました。
あとは手前の箱バンmini+の距離や向き、左の白レフ板の位置などで調整します。

明るい部分と暗い部分のバランスを見ながら少しずつ位置を変えていきました。
どちらかというと影の付き方に重点を置いて調整している感じですね。




■ カメラの設定など


ホワイトバランスの設定は、EOS Utilityのライブビューモニタ内でグレーカードを使ってマニュアル設定しました。
ブラック羽川から始めたのですが、今回もこの方法で合わせています。

そして、高輝度側・階調優先を使っていますが、現在は普段から常時ONのまま使っています。

また、今回は全ての写真で『マルミ光機 偏光フィルター DHG スーパーサーキュラーP.L.D 67mm』を使用しています。
コスチュームの光の反射が目立ってしまったので対策としてPLフィルターを使用してみました。

PLフィルターは使うと意外に良い結果が出るので付け外しが面倒でも試しに使ってみると良いですね。
EOS Utilityのライブビューモードを使い、パソコンのモニタ上で効果を確認しながら調整しました。




■ 後処理解説


EOS Utilityでホワイトバランスをマニュアル設定し、カラーチェッカーパスポートを使ってカメラプロファイルを作成しました。
カラーチェッカーパスポートについては、巴マミにて解説しています。

今回のプロファイルによる調整では特に大きな変化はありませんでした。
被写体によって調整後の結果が変わってきますが、ホワイトバランスだけでは調整しきれない部分で目に見える効果が出ることがありますので面倒でもカラーチャートを写しておくようにしています。


後処理に関しては、CameraRAWでレンズ補正と上記のプロファイルを使ったカメラキャリブレーションを行い、PSDファイルで出力。
出力は、sRGB、16bit/チャンネル、300pixel/inchで、写真によって少し露光量も調整しました。

その後、Photoshopで読み込んでからトーンカーブにて調整し、リサイズ、スマートシャープ、ウォーターマークを入れてjpgで書き出して完成です。


今回はゴミやキズ、汚れなどのレタッチは一切無しです。
トーンカーブも調整前後で並べてみてもほとんどわからないくらいの調整です。

あとは一部の写真で足下を少しトリミングしてあります。




■ 感想


今回は、久しぶりのフィギュアレビューとして『ARCADIA TERA: The Exiled Realm of Arborea – ELIN』を撮影してみました。
約1年ぶりのフィギュア撮影でしたので色々つっかえながらかなり時間がかかってしまいました。

エリーンは、以前にサンプル写真を見てその大胆なポーズと愛らしい容姿に惹かれて発売を楽しみにしていました。
このキャラクターは、TERAというオンラインゲームに出てくる1種族です。

最初はキャラクターの名前かと思ったのですが、エルフやドワーフといったものと同じ種族名のようです。
実際にゲームをやっていないのでよくわかりませんが、設定でこういうキャラクターが作れるようです。


原型製作はCerberus Project TMのFrench Doll氏です。
ゲームの中ではわりと小柄な種族のようですが、製品は全高約280mmとやや大きめです。

NONスケールですが、一般的なフィギュアの1/6くらいのサイズでしょうか。
ABS製ミラーメッキ台座が付属しています。



まず第一印象としては、とにかく仕上げの綺麗なフィギュアです。
塗装の荒れなど皆無に近く、パーティングラインも髪の一部などにほんの少し確認出来るくらいです。

鱗のような特徴的なコスチュームも丁寧な塗装がされています。
黒、紺、緑を上手く塗り重ねていてとても綺麗なグラデーションです。

裏側もツルンとしているわけではなく、ちゃんと鱗の造形が入っています。
シンプルなコスチュームですが、グローブやサンダルなども含めてとても丁寧な仕上げです。

髪と尻尾の塗装はラメが入っていてほんのりキラキラしてこちらも凝った感じです。
分割線もわかりにくくなっていますし、なびく髪の造形もとても美しいです。

手に持ったロッドも重厚な感じで安っぽさがありません。
先端から出ている雷(?)のエフェクトも単なるクリアパーツでは無くうっすらと色が付いていて根元がピンク、先端が青色と手間がかかっています。

そして、このフィギュア最大の見所とも言うべき太ももはもう言うことがありません。
エリーンという種族の特徴である上半身の華奢さとガッシリした下半身をダイナミックなポーズで見事に再現しています。

まるで競輪選手のような太い脚ですが、むっちり美脚好きにはタマラナイですね。
ほっそり美脚好きな方にはちょっと合わないかもしれませんが、素晴らしい脚線美です。

この脚のために買ったと言っても過言ではアリマセン。
金髪、獣耳、尻尾に太ももとキャラクターデザインも素敵要素が満載です。

べた褒めばかりになってしまいましたが、気になるところも若干有ります。
台座はミラーメッキ仕様ではなくTERAの世界観を感じるようなものを模したものでしたらなお良かったです。

付属のミラーメッキ台座もABS製とは思えないほど綺麗で良いのですがホコリが目立つので展示しておくのに気になります。
台座はどこのメーカーもおまけ的なデザインが多いので仕方ないところかもしれませんが、フィギュア本体の出来が良いのでここもぜひこだわって欲しかったです。


今回のフィギュアは造形自体の魅力もあり、またキャラクター自体にセクシーな魅力もたっぷりあります。
これはいつまでも鑑賞していたくなりますね。

価格は1万円超と少し高めですが、このクオリティなら十分過ぎるほど満足です。
今回初めてARCADIAというメーカーの製品を購入しましたが、これほどのクオリティで製品が出せるメーカーなら今後も期待したいですね。

今月開催されるワンダーフェスティバルにはメーカー出展されるそうなので、ぜひ足を運んでみたいと思います。
それにしてもELINは久々にフィギュアの造形の魅力を感じさせてくれる素晴らしい逸品でした。




■参考HP

TERA: The Exiled Realm of Arborea – ELIN (エリーン)|株式会社アルカディア
TOP – 次世代MMORPG「TERA」メンバーズサイト – ハンゲーム


アルカディア「TERA: The Exiled Realm of Arborea – ELIN(エリーン)」サンプルレビュー
 アルカディア「TERA: The Exiled Realm of Arborea – ELIN (エリーン)」レビュー (アキバHOBBYさん

【フィギュアレビュー】 TERA: The Exiled Realm of Arborea – ELIN (エリーン) 〔アルカディア〕 (あまたのひかりさん





B00B5MT8RSTERA: The Exiled Realm of Arborea – ELIN (テラ: ジ・エグザイルド・レルム・オブ・アルボレア エリーン) PVC塗装済み完成品アルカディア 2013-06-21

by G-Tools

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/21577/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【フィギュアレビュー】ARCADIA TERA: The Exiled Realm of Arborea – ELIN (エリーン) from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > フィギュアレビュー > 【フィギュアレビュー】ARCADIA TERA: The Exiled Realm of Arborea – ELIN (エリーン)

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top