Home > ゲーム > 【FFXI】メインジョブというジョブを考える

【FFXI】メインジョブというジョブを考える

FFXIを始めてかれこれ7年になるでしょうか。
これだけ長い間やり続けているゲームは初めてです。

そんなFFXIですが、よく聞く言葉に『メインジョブ』というのがあります。
前衛がメインだったり、後衛がメインだったりすると思います。

ただ、人によって解釈の違いがあり、何をもって『メイン』としているかは人それぞれだと思います。
多くの場合は、『最も力を入れて育てているジョブ』といった感じでしょうか。

私の場合もそんな感じですが、メインジョブは7年の間にいくつも変わりました。


そもそもFFXIを始めた時は、戦士で始めました。
戦士で始めたのは、いずれナイトをやろうと思ったからです。

ところが、ジョブを取得したものの結局5年以上ナイトをやらずじまいでした。
古いフレなどは、いまでも私のキャラの印象を戦士だと思っている人もいます。

最初の頃は、しばらく戦士での活動が続きました。
ですが、今と違ってLV上げは誘われない、ソロも弱いということでイマイチな感じでした。

特にLV上げに誘われないというのが致命的でかなりへこんでいた時期もありました。
そんなことからLV上げに引っ張りだこだった詩人を上げることにしました。


詩人がメインジョブだった時期はかなり長く、裏や空、リンバスなど定期参加していたイベントはほとんど詩人で参加しました。
以前あったインフレ時期に5000万ものギルを出してシャイル胴を買ったのは、今では良い想い出です。

特にこのシャイル胴は詩人のモチベーションアップにとても貢献してくれました。
前衛から始めて、急に支援ジョブへと変わったのですが、これが意外とハマり、とても長く続きました。

わりとどんなイベントでも席がありましたし、装備もそれほど気にされることなく過ごせますので良かったと言えば良かったです。
ですが、それまで参加していた空や裏、リンバスLSなどがいずれも解散してしてしまうと、支援ジョブではソロ活動が辛くなってきました。

そんな時、ちょっと前衛ジョブが恋しくなってきてLVを上げていた忍者で行動することが多くなってきました。
その後、定期LSには参加することなくソロでアレコレやるスタイルが定着して忍者がメインジョブとなりました。


と、そんな感じで、現在のメインジョブは忍者になりましたが、やや使用頻度は落ちますが、白魔導士も準メインジョブといった感じでやっています。
やはり、前衛後衛ともに面白さが違うので、どちらか一方を選ぶのは難しいところです。

かつては詩人がメインだったこともありましたが、現在では全く活動していません。
LVも75で止まったままですが、アビセア乱獲で85にしておきたいというのはありますが、なかなか重い腰が上がりません。

ですが、やったところでメインジョブに返り咲くことは無さそうです。


そんな感じに転々としてきた私の『メインジョブ』ですが、やはり古くから同じジョブに力を入れている人とは決定的に違いが出てきます。

先日、ジュノで神無とエンチュ改にAF3+2を2つ付けている忍者の人を見かけました。
頭が趣味的な装備でしたが、おそらくAF3+2の頭もあるであろう感じの装備群でした。

もちろん、他の装備も素晴らしい内容でした。
こういうのを見ると、『メインジョブ』だなぁというのをひしひしと感じます。

装備が良い=Pスキルもあるということには必ずしもならないと思いますが、長くやっていればそれなりにそのジョブの扱いは上手くなると思います。
フレに白メインの人がいますが、状態異常の回復対応の早さに驚いたことがあります。

1つの装備を取るだけでも恐ろしく時間のかかるゲームなだけに、全てのジョブで最高の装備を揃えることは不可能に近いと思います。
それだけの装備が揃うと、そこそこの装備でLVだけMAXになっているジョブとは能力も愛着もまったく違ってくるでしょう。

まわりから見ても、あの人は忍者がメインだなという風に見られると思います。
ただ、装備が充実しているというのは1つの要素にしか過ぎませんが、メインジョブのメインたる所以の1つだと思います。


私の現在のメインジョブは忍者です。
白で行動することも多々ありますが、ほぼメインは忍者です。

実は、あまりメインと称したくなかったのです。
それは、メインというには前衛経験が乏しく、特にイベントなどで前衛としてHNMなどと戦った経験がほとんどなかったのです。

そして、前衛でもありますし、数少ない盾ジョブでもあります。
おそらく立場上、最も重要な役割を担う盾ジョブでありながらそういった経験が少ないのは致命的です。

忍者は、経験というPスキルが少ないのが残念なところです。
こればかりは数をこなしていかなければどうにもなりません。

このへんにもメインジョブのメインたるところがあります。
最近、また他のジョブをやろうかと思い始めたところです。

ただ、何をやるにしてもメインジョブになりそうもないので結局LVを上げておしまいということになりそうです。
どうもあっちにフラフラ、こっちにフラフラが多いように思います。


そんなメインジョブの忍者であります。

アートマ取りにも積極的に忍者で参加するようになりました。
やはり、メインジョブであればあらゆる状況を経験しておきたいところです。

まだまだ経験不足のメインジョブではありますが、ますますこのジョブをやり込みたい気分なのです。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/13163/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【FFXI】メインジョブというジョブを考える from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > ゲーム > 【FFXI】メインジョブというジョブを考える

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top