Home > パソコン > EIZO純正DisplayPortケーブル『PP200-BK』を買ってみた

EIZO純正DisplayPortケーブル『PP200-BK』を買ってみた

IMG_7443s.jpg


メインPC用にEIZO CS2410を購入してすでに使い始めています。
以前使っていたEIZO SX2462Wと同じサイズなので違和感なく移行出来ました。

フレーム部分等多少チープな感じはありますが、今のところ映りは特に問題なしです。
80時間ほど使用していますが、1回だけWindowsのログイン画面が出るところで入力信号が途絶えました。

アレ?と思ったのですが、実はこの現象以前使っていたSX2462Wでも何度かありました。
7年ほど使っていてその中で数えるほどだったので特に気にしていませんでした。

PCの電源を入れてからまったく映らないこともありましたが、Windowsのログイン画面前まで映ることもあるのでPC側の問題かモニタ側なのかよくわかりません。
初期不良・・・なのかとも思いましたが、PCを再起動すれば普通に映りその後問題なく普通に使えるのでなんとも言えません。

そこで思ったのが、もしかするとDisplayPortケーブルの問題かも?ということでした。
今まで使っていたケーブルは調べてもどこで買ったものかわかりませんでした(モニタの付属品かも?)が、これを変えてみようと思いました。

そして、どうせ変えるなら安心の純正品にしようということでEIZO純正のPP200-BKというケーブルを買ってみました。



IMG_7444s.jpg

IMG_7446s.jpg

IMG_7450s.jpg


長さ2mですが、Amazonなどで売っている安価なDisplayPortケーブルの4倍くらいの値段という・・・。

ケーブルはやや太めでフェライトコアが付いています。
コネクタにはHOSIDENの文字が見えます。

聞いたことが無い名前でしたが、調べてみると通信大手の三大キャリアや任天堂などの機器にも部品供給している日本のメーカーらしいです。
出来ればEIZOのロゴが欲しかったところですが、まぁどうせ見えないのでよしとします。

ケーブルにはCHING TAIの文字がありましたが、調べたところ台湾のChing Tai Electric Wireのものかと思われます。
Amazonのレビューでやけに評判が良いので安心して購入しましたが、値段を考えると見た目がちょっとアレな感じです・・・。

実際、付け替えてみて映りがより綺麗になった・・・ということはありません。
入力信号が入らないという現象もめったに起きないので買ったばかりでは確認のしようがありませんが、安心感を買ったと思えばOKです。

ケーブルのレビューを見ていると意外と相性問題があったりするのには驚きました。
少し前にNAS周りのLANケーブルを一新したりしましたが、なんとなく以前より通信速度が安定した・・・ような気がします。

気分の問題で高い物を買うのはなんですが、気分も大事です。
LANケーブルでもCAT5とCAT6が混ざっていたりして雑な扱いをしていたPC周りの配線ですが、これを機にもう少し気を遣おうと思いました。




EIZO DisplayPortモニターケーブル(2m) ブラック PP200-BK
ナナオ (2008-12-10)
売り上げランキング: 11,109

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://kimagureman.net/archives/34781/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
EIZO純正DisplayPortケーブル『PP200-BK』を買ってみた from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > パソコン > EIZO純正DisplayPortケーブル『PP200-BK』を買ってみた

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top