ホーム > タグ > 艦これ

艦これ

【艦これ】秋イベントは輸送作戦からスタート!

今週末から開始予定の艦これ秋イベントですが、公式Twitterからも少しずつ情報が流れてきています。
特に今日の情報は重要で、イベントがどのように進むかのヒントがあります。

 link >>  「艦これ」開発/運営さんのツイート


まず最初のE-1は『輸送作戦』からスタートとのことなので軽巡、駆逐などの水雷戦隊が活躍しそうです。
特にイベント直前に鬼怒が輸送向きの改二になったので早速活躍の場が出てくるかも知れません。

その後、『防空及び来襲する敵機動部隊迎撃戦』があり、さらに『同捜索撃滅戦』が続くようです。
迎撃戦、撃滅戦ともに敵航空戦力がやっかいそうな気がしますので防空艦として摩耶及び秋月型の活躍の場がありそうです。

この段階で3海域になると思いますが、中規模なのであと1~2海域あるのではないかと思います。
最初のE-1は今までのイベントからもそうそう難易度の高い海域にはならないと思いますが、E-2では『防空及び来襲する敵機動部隊迎撃戦』とのことなので早くもボーキサイトの心配がありそうな予感がします。

もしかすると夏イベントのような秋ぽぃ感じの空母秋姫とか出てくる・・・かもしれないですね。
夏は水着とかビーチパラソルとかわかりやすいですけど、秋をイメージするとどんな感じになるのか気になります。

また、E-2で防空などがあるということは、E-1での報酬に局地戦闘機が入る可能性もありそうです。
丙で無印飛燕、乙甲で飛燕一型丁あたりかなぁと予想しています。

今回のイベントのモチーフと言われているドーリットル空襲の際に試作戦闘機『キ61』(のちの三式戦闘機『飛燕』)試作2・3号機が迎撃に上がっているので報酬になる可能性は高そうです。
個人的には、最近のイベントのE-1であった大発動艇が欲しいところですが、秋刀魚漁や鬼怒改二などで入手手段がありましたし、最初から輸送マップなので今回はE-1の報酬から外れそうな気がします。


そして、イベント内容で最も気になるのが報酬艦がどうなるかですね。

おそらく目玉の海外空母は最終海域でのクリア報酬になると思います。
これは難易度関係なくもらえると思いますのであまり心配するところは無いと思います。

もう1隻E-2~E-3あたりで報酬になるのではないかと思いますが、ここには駆逐あたりが入って、事前予想があった仏水母は掘りになりそうな予感がします。
駆逐は、睦月型の夕月あたりを予想しています。

曖昧な記憶ですが、夏前に睦月型を2隻実装するとかなんとかという話を見た気がします。
水無月が夏イベントで実装されたので、残る睦月型は夕月だけなのでこちらが今回来そうな気がします。


あと3日ほどでイベント開始ですが、現在は必要となりそうな愛宕&高雄のレベル上げをしつつウィークリー任務を早めに終わらせるためにやっています。
先制爆雷攻撃が出来る駆逐も十分揃いましたし、鬼怒も改二に出来たので輸送作戦の準備は十分かなという感じです。

今回も丙メインでサクッとクリアして早めに掘り始めたいと考えています。
クリア報酬によっては乙や甲も視野に入れますが、未所持艦が無く掘りをしなくても良いマップなら積極的に上位難易度を狙っていきたいと思います。

今回の掘りでは春イベントで掘れなかった親潮、春風あたりが来てくれるとうれしいですね。
あとは、夏イベントで無念の敗北を喫した萩風のリベンジを出来ればイイナァと思います。

どちらにしてもイベント開始後1~2日は情報が出るまで様子見をしながらレベル上げなど最後の追い込みをしたいと思っています。
ちょうど週末土日なのでもったいない気もしますが、前回の夏イベントで掘りに大量の資材を必要としたので、掘りメインの私としては余計な資材の消費は避けたいところです。

これからイベント開始までまた新たな情報が出てくると思いますが、イベント直前のこのワクテカ感は毎度のことながらたまりませんね。



【艦これ】イケメン遠征番長『鬼怒改二』完成!

20161111235421s.jpg


秋イベント開始が1週間後となりました。
資材の備蓄はそれなりに出来たので、あとはイベントまでのんびり鬼怒を改二にしようかと思っていました。

ところが、イベントで愛宕&高雄を使う可能性が出てきてしまったので、大慌てで鬼怒のLV上げを前倒しにしてやってしまいました。
もうすでに数多くのレベル上げをやってきていますが、何度やってもなかなか大変な作業です。

結構疲れましたが、改二完成で新イラストを見るとニヤニヤが止まりませんね。
レベル上げをするたびにこのニヤニヤ感は変わりません。

LV75で改二になり、見た目が一気にイケメンになりました。
絵柄的には阿武隈と並んで違和感なくイイ感じです。

あとはぜひとも由良を加えて3人娘の並んでいるところを見たいですね。

能力的にはもうwikiなどに詳細が出ていますが、火力が落ちるもののその他はアップしています。
特に対空値はかなり上がり、元々高めの対潜値もさらに上がってLV75の改造時点で四式ソナー2つで先制爆雷攻撃&一部機銃による対空カットインが出来ます。


20161112011055s.jpg

さらにうれしいのは燃費が良くなり、大発動艇系装備無しで遠征での獲得資源が+5%されるところですね。
改二での持参装備に大発動艇もあるのであわせて+10%になるのがうれしいところです。

いまだに大発動艇の数がそれほど揃っていない当鎮守府ではありがたいです。
さらに任務を消化すれば特大発動艇までももらえるという至れり尽くせりぷりです。

妹の阿武隈改二と比べて火力、雷装、甲標的で劣るとはいえ対空、対潜、燃費、遠征特性、イケメン度で上回っており、上手く差別化されています。

あとは近代化改修をMAXにすればイベント出撃も準備OKですね。
秋イベントで出番が来るかどうかはわかりませんが、これから毎日遠征で忙しくなる日々が始まります。

これでまた1隻、我が艦隊に頼れる戦力が増えました。



【艦これ】秋イベントは重巡『愛宕』が活躍する・・・らしい!?

本日の公式Twitterで秋イベントの作戦名が公表されました。
作戦名は『【発令!「艦隊作戦第三法」】』だそうです。

 link >>  「艦これ」開発/運営さんのツイート


第三法??とは何のことか調べてみました。
すると、そうやらドーリットル空襲の際に出された指令(?)の『対米国艦隊作戦第三法』のことのようです。

 link >>  ドーリットル空襲 – Wikipedia


詳細はwikiに詳しくあります。

そして、問題なのはこの作戦名から必要になりそうな艦娘が誰になるかというところでしょう。
実装済の艦をwikiから拾ってみると結構色々出てきます・・・。

愛宕、高雄、祥鳳、瑞穂、嵐、野分、摩耶、羽黒、妙高、神通、鳥海、朝潮、荒潮、潮、漣、親潮、黒潮、(蒼龍、飛龍)

蒼龍、飛龍は迎撃命令が下りましたが、位置が遠かったとのことで関連していなさそうですが、空母系が祥鳳と瑞穂だけというのも厳しそうなのでルート固定メンバーに入ってくるかも知れません。
瑞穂、嵐、野分、親潮、蒼龍、飛龍と、このあたりは未所持だとすぐに揃えるのは難しいですが、他はわりと入手は容易だと思います。

特にネットですでに話題に挙がっている愛宕は旗艦だったこともあり、必要になる可能性は高そうです。
重巡は演習に2隻組み込んでわりとLVは上がっているのですが、改二優先でやっていたので愛宕、高雄はまだLV3だったりします。

さすがに丙でもLV一桁は厳しいのでせめて改に出来るLV25は欲しいところです。
駆逐は嵐、野分が同じく一桁で親潮はいませんが、関連する艦が多めなので他のメンバーで十分いけるかなと思います。

難易度甲だとメンバー不足、練度不足はまずそうな気がします。
ですが、丙であれば不在でも海域クリアにはそれほど大きな支障になることは無いのではないかなと思います。


そして、気になるのはこの作戦の米国側の参加艦艇です。
今回のイベントで目玉になる海外の空母ですが、この作戦で関連してくるのが『ホーネット』と『エンタープライズ』です。

事前情報ではレキシントン級空母が予想されていましたが、もしかするとこちらが来る可能性もありそうです。
ただ、ヒントの『大きな煙突』が気になるところですが・・・。

まさかの空母複数実装なんてこともあるかもしれませんが、さすがに目玉になるような艦を一気に複数入れてくるのは考えにくいですね。

ドーリットル空襲は、B-25による空爆がありますので基地航空隊も関連し、また飛燕も出てくるので報酬に入りそうです。
今回は『防空』が重要になるかもしれません。


秋イベント開始までちょうど1週間となりましたが、ここに来て重要な情報が公表されました。
鬼怒のLv上げで手一杯なところに手つかずの艦がキーになりそうな情報はなかなか焦りますね。

とりあえず愛宕、高雄は最低でも改にして近代化改修MAXにしておきたいかなと思います。
それぞれLV25で改に出来るのでそこまでなら週末でなんとかなりそうです。

あとは関連しそうな艦のレベルをイベントまでに少しでも上げておきたいところですね。



Home > タグ > 艦これ

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top