Home > アニメ、漫画

アニメ、漫画 Archive

カワイイ女の子が登場する『月色のインベーダー 1巻』を読んでみた

PB170929s.jpg


少し前にAmazonでオススメに出てきていた漫画『月色のインベーダー』のKindle版を買ってみました。
レビューは少ないながらも女の子がカワイイという意見を見て買ってしまいました。

お試し読みでも綺麗な絵柄が見られましたので、あとは内容に期待して・・・。
早速読んでみました。

なんというか、どこかで読んだような内容から始まるのですが、簡単に言うと高校生の女の子が瀕死になってしまいそこへ宇宙人が寄生して女の子が生き返り不慣れな地球での生活が始まる・・・みたいな感じです。



PB170930s.jpg


ちょっと常識外れな発言や行動をすること自体がギャグ要素になっているのでいかにも狙ったという面白さというのはあまり無いと思います。
冒頭のシーンなどで多少のお色気もありますが、そちら方面は期待するとガッカリしそうです。

学園もの、宇宙人、親がいない・・・と、ベタベタな設定ですが女の子がカワイイと許せてしまう不思議です。


Amazonでオススメに出てくる漫画はたくさんあるのですが、驚くことにほぼ全ての漫画の表紙が女の子なんですよねぇ。
その方が売れるのかもしれませんけど、ちょっと残念な方向に向かっているような気もします。

個人的にはエマとか岳とか美味しんぼとかマスターキートンとか・・・みたいな深い知識や経験などが無いと描けないような漫画と比べるとどうしても浅く感じてしまいます。
それでいて1冊の値段はさほど変わらないという・・・。



ソフト紳士向けマンガ『乙女のはらわた星の色』を読んでみた

PA290795s.jpg


今まで初めて知る漫画家の漫画はなかなか手を出せなかったのですが、1回買ってしまうとあれもこれもとポチポチしてしまいます。
今回はAmazonで見かけてタイトルと表紙絵が気になって買ってみました。

普通に紳士向けなマンガ『乙女のはらわた星の色』です。

タイトルにはらわたという文字が入っていますが、グロ要素は皆無です。
メインで登場する女の子がいちおう宇宙人という設定以外は普通にソフト紳士向け漫画です。

最近は肝心な部分を見せずに紳士っぽさを出している漫画もありますが、この漫画は普通に電車の中で読むのを躊躇うレベルです。
さすがに成人誌レベルまではいきませんが、ある程度の加筆で快○天とかに掲載できそうな・・・気がします。

2巻まで読んでみましたが、2巻の前半くらいまでのキャラ紹介的展開はなかなか面白いです。
各キャラともにちょっと性格にクセがありますが、けも耳好きとして個人的にはタレラが一押しです。

ただ、シチュ的にはミリカが1番良かったですね。
あの欲望を抑えられなくなってしまう描写が・・・タマリマセン。

2巻のミロミィ登場あたりまでは期待とかその他色々膨らませて読んでいたのですが、2巻後半から残念な方向に進み始めてしまいました。
個人的にはこの濃いキャラでとらぶるのようなキャッキャウフフ展開を期待していたんですけどねぇ・・・。

今後、独特の紳士ネタや個性豊かな女の子キャラを果たして生かせる展開になるのか・・・。
待望の3巻は11/1発売なので期待しています。




乙女のはらわた星の色 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2019-03-04)
売り上げランキング: 3,184

乙女のはらわた星の色 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2019-07-04)
売り上げランキング: 4,207

乙女のはらわた星の色 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2019-11-01)
売り上げランキング: 1,755



『原作版 デート・ア・ライブ 時崎狂三 B2タペストリー』を買ってみた

PA280790s.jpg


いつものようにAmazonでポチポチしている時に、ふと時崎狂三のグッズが欲しいなぁと思いついてしまいました。
オレンジと黒の独特のドレスがドドドドストライクな狂三ちゃんです。

元のラノベは未読でアニメもろくに見ていないのにキャラにベタ惚れというのはなかなかありません。
久しぶりにフィギュアとか欲しいなぁと思ってみていると・・・にまんごせんえん也。

このゴージャスなドレスを再現するには仕方ないと思いつつも昔の値段を知っていると高いなぁと思ってしまいます。
人件費がだいぶ上がってしまったらしいので仕方ないところでしょうが・・・。

これならカリンちゃんのドレス一式買えちゃうじゃんと思いつつ見ていると・・・タペストリーがありました。

タペストリーならB2サイズでも十分大きく見応えがありますし、値段もそんなに高くありません。
値段よりも飾る場所が問題になりそうですが、デザインの良いWスェードのタペストリーなら多少高くても買って後悔はありません。

残念ながら『素材:スエード』の表記でしたが、B2サイズで3,300円ほどで絵柄が気に入ったので即ポチしました。



PA280786s.jpg

PA280791s.jpg


そしていざ届いてみると・・・。

普通のスェードのわりに妙に太巻きな感じが・・・。
広げてみるとWスェードらしきタペストリーでした。

これは想定外のラッキーでした。
色合いは確かにWスェードぽぃ感じのクッキリハッキリした感じです。

ただ、手持ちの他のWスェードタペストリーと比べると残念ながら線がややぼやけ気味です。(原作絵が元々こんな感じなのかも?
そして、黒が多い絵柄の割にその黒の鮮やかさがちょっと足りないかなという感じです。

とはいえ、ペラペラの普通のタペストリーと比べたら全然綺麗です。
これで3,300円なら安い買い物ですね。

いあ~もうかわゆすぎてやう゛ぁいです。




原作版 デート・ア・ライブ B2タペストリー デザイン02 時崎狂三
ライセンスエージェント(License Agent) (2019-02-28)
売り上げランキング: 47,838



ホーム > アニメ、漫画

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top