Home > アニメ、漫画

アニメ、漫画 Archive

数十年ぶりに『映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』を見てみた

20180406180349s.jpg


何か映画でも見ようかと思いAmazonプライム・ビデオを覗いていたところ、懐かしい映画があったので見てみることにしました。
『映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』です。

プライム会員であれば無料で見ることが出来ます。(2018/04/06時点

ドラえもんの映画というとこの海底鬼岩城か魔界大冒険を思い出します。
映画館で見たのかレンタルビデオで借りて見たのか地上波で見たのか・・・そのへんの記憶は定かでないのですが・・・。

面白かったというのとバギーが最後に・・・というのしか思い出せなかったので数十年ぶりに見てみることにしました。
見始めていきなりテレビアニメのドラえもんぽくない展開でちょっと驚きましたが、いつもの面々が出てくる頃にはドラえもんぽさが出て来ました。

長編になるとスネ夫とジャイアンが仲間になって一緒に行動するのはお約束ですが、これはこれで好きですね。
物語の始まりは夏休みに海へ行くという流れですが、海底でキャンプをするという発想がかなり驚きました。

海の底でキャンプをするなどというのはなんとも夢の有る話ですよね。
最近見たアニメでこんな夢の有る話はちょっと記憶にありません。

この時点でさすがドラえもんという感じです。

そして、さらに驚いたのは子供向けアニメのわりに核兵器とか放射能が出て来たりして思いのほか本格的な内容だったということです。
子供の頃に見た時に核兵器云々などまるっきり知りませんでしたが、改めて見ると奥が深いアニメですね。

これほどメッセージ性のある映画とは思っていませんでした。

細かいところを見ればかなりあっさりした感じはありますが、王道的な話の展開で90分という時間によくまとめられていると思います。
公開からもうすでに35年くらい経っているのでところどころに古さは感じるものの全体的に見れば今でも問題なく通用する内容だと思います。

ただ、沈没船の金塊の行方は・・・?
それがちょっと気になりました。

昔見て面白かったアニメや映画を今見ると『こんなんだったけ・・・』とガッカリすることも多く、見なければ良かったと思うことも少なくありません。
ですが、『映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』は昔見た以上に面白く見ることが出来ました。



『機動戦士ガンダム TV版総音楽集』を買ってみた

IMG_4411s.jpg


久しぶりに劇場版機動戦士ガンダムを見ていたところ、ふとガンダムのサントラを聴いてみたくなりました。
ファーストガンダムのアニメは何度も見ているのですが、なぜか音楽だけを聴こうという気になりませんでした。

ガンダムの音楽が嫌いというわけではなく、ガンダム=映像みたいな感じでいたのです。

いつものようにAmazonで探していると複数枚セットの限定版ぽぃ感じのCDが見つかりました。
発売が2003年ということで今でも売っているということは特に限定というわけではないようです。

それにしても2003年とはもう15年も前なのですが、今までどうして気づかなかったのか・・・。

TV版と劇場版で別になっていましたが、とりあえずTV版を買ってみました。
劇場版は哀戦士など聴きたいのでそのうち買おうと思います。



IMG_4415s.jpg

IMG_4419s.jpg


届いて早速聴いてみました。
安彦良和氏によるイラストがたまりませんね。

初回限定版には劇場版サントラといっしょに入れられるBOXが付いていたようですが、さすがに15年前発売で初回版は残っていないですね・・・。

3枚組のCDですが、最初からワクワク感が止まりません。
TV版のOP曲の聴けばすぐわかる感はすごいですね。

多くの曲が聞き覚えのあるものでしたが、こんな曲あったっけ?というようなものもあったりして新鮮でした。
テレビのスピーカーで聞き慣れていた音楽をオーディオセットで聴くとまたちょっと印象が変わります。

あらためて音楽を聴くと思ったよりも大人向けな楽曲が多いような気がしました。
音楽で蘇るガンダムも良いものですね。




B0000AZSI8TV版 機動戦士ガンダム 総音楽集TVサントラ 池田鴻 戸田恵子 堀光一路 フィーリングフリーミュージッククリエイション
キングレコード 2003-09-25

by G-Tools



『かりあげクン 61巻』を買ってみた

IMG_4285s.jpg


先月発売になったかりあげクンの最新巻、61巻を買ってみました。
だいたい年2回出ているかりあげクンの単行本ですが、積もり積もって61冊目です。

漫画本は電子書籍で買うようになりましたが、かりあげクンとバスタードだけはいまだに紙の本で買っています。
小学生の頃から読んでいるので私の漫画人生とともにあるような作品ですね。

古い巻を読むと時代の違いを感じます。
これだけ長く連載していながらその時代に合わせた内容に変わっていっているのはすごいと思います。

昔は駅前の本屋で買っていたのですが、当時から新刊しか置いてないことが多くて買い忘れると遠くの本屋まで行かないといけないのが面倒でした。
今は簡単にネットで買えるのが良いですね。

本屋は帰り道からそう遠くありませんし、せっかくだからたまには街の本屋で買おうかなと思っても行って探すのも面倒ですし無かったらと思うとそのままスマホでポチってしまいました。
その場で入手は出来ませんが、翌日には手に入ります。

なんだかんだ言って本屋のそばを通るのですが、ここ10年くらい入っていない気がします。
もう1軒あった本屋はずいぶん前に無くなってしまいました。

漫画本や雑誌などよく買いに行っていたのですが、欲しい本が決まっていてもいなくてもネット通販が便利すぎて・・・。
専門書など中身を見て買いたい本などは最初から神田とか行っちゃいますしねぇ。

今回は発売日から少し経ってしまっていたので他の買い物といっしょにAmazonで買いましたが、次巻は久しぶりに本屋で買おうかなと思いました。



4575850985かりあげクン(61) (アクションコミックス)植田 まさし
双葉社 2018-01-23

by G-Tools



1 / 107123456789...最後 »

ホーム > アニメ、漫画

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top