Home > アニメ、漫画

アニメ、漫画 Archive

ほどよい紳士絵とコスプレの意外とガチな内容が面白い『2.5次元の誘惑』を読んでみた

P1191322s.jpg


Amazonを見ていると必ずと言って良いほどなんらかの漫画本がオススメに出てきます。
普段の買い物傾向から出てくるのかと思いますが、ポチりたくなるような漫画が多くて困ります。

今回は表紙絵が気に入ってお試し読みで面白そうだった『2.5次元の誘惑』を読んでみました。
2020/1/19現在まだ2巻までしか出ていないので買いやすいというのもありますね。

内容は簡単に言うとコスプレのお話なのですが、これが意外とガチな内容だったりします。
おそらく作者もしくは作者の周りに詳しい人がいるのではないかと思われます。

1巻はよくある高校の漫画部的な話ですが、2巻の初イベント編あたりからグッと面白くなってきました。
また、1巻2巻ともにほどよい紳士展開もあるのがうれしいところです。

なぜ漫画部の部員が1人しかいないのかとか可愛い女の子2人に揃って好意を持たれるなどよくあるファンタジー要素も満載ですが、不思議とすらすら読めてしまいます。



P1191324s.jpg


1巻だけ読むとあまり意識しませんでしたが、2巻のイベントあたりからコスプレイベントというものがよくわかる描写が出てきて面白いです。
今後どこまで話が広がるのか気になるところですが、コスプレについてどんどん掘り下げて色々な内容が出てくると良いですね。

セミカラー版もありますが、カラー漫画はあまり好きではないので普通のモノクロ版を購入しました。

気になる続巻は2/4に3巻が出るようです。
まゆら様とどんな絡みになるのかとても気になります。

すでにKindle版も登録されているので今から楽しみです。




2.5次元の誘惑 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2020-01-04)
売り上げランキング: 411



ディープな鉄道ネタが面白い乗り鉄漫画『ぱらのま 2巻』を読んでみた

P1151308s.jpg


1巻を読んでからずいぶん間が空きましたが、kashmirの『ぱらのま 2巻』を読んでみました。

独特の世界観が楽しいkashmir氏の漫画はいくつも読んでいるのですが、特にこのぱらのまと猫耳少女が主人公のてるみなが好きです。
どちらも鉄道を題材にした作品なのですが、てるみなは鉄道を題材にしつつもドロリとしたファンタジー世界です。

それに対してぱらのまはわりと現実的な鉄道旅漫画ですね。
女の子が主人公の漫画としてはお酒も嗜み所々におっさんくさいところもあったりして年齢がやや高めに思われますが、妹という妹属性持ちにはたまらない設定になっています。

おねえさんであり妹でもあるという絶妙な設定が良いです。

kashmirワールドの中ではわりと現実味のあるストーリーですが、それでもkashmir好きにはたまらない小ネタの数々が楽しいです。
GPS一筆書きとか面白かったですね。

1巻を読んでハマったので2巻発売時にすぐ買おうと思っていたのですが・・・。
この漫画の唯一残念なところは値段が高いところでしょうか。

Kindle版、紙のコミック版ともに913円と結構良いお値段がします。
セールとかないかなぁと待っていたのですが、特になかった(見逃していたかも?)のであれよあれよという間に時間が経ってしまいました。

それが今回買おうと思ったのは、待っていたら3巻が発売になってしまったからです。
今月末に待望の3巻が出ます。

Kindle版も同時発売かどうかわかりませんが、Kindle版が出たら買おうと思っています。
この漫画を読んでいると出不精なのに旅に出てみたくなってきます。




ぱらのま 2 (楽園コミックス)
白泉社 (2018-09-28)
売り上げランキング: 40,521



カワイイ女の子が登場する『月色のインベーダー 1巻』を読んでみた

PB170929s.jpg


少し前にAmazonでオススメに出てきていた漫画『月色のインベーダー』のKindle版を買ってみました。
レビューは少ないながらも女の子がカワイイという意見を見て買ってしまいました。

お試し読みでも綺麗な絵柄が見られましたので、あとは内容に期待して・・・。
早速読んでみました。

なんというか、どこかで読んだような内容から始まるのですが、簡単に言うと高校生の女の子が瀕死になってしまいそこへ宇宙人が寄生して女の子が生き返り不慣れな地球での生活が始まる・・・みたいな感じです。



PB170930s.jpg


ちょっと常識外れな発言や行動をすること自体がギャグ要素になっているのでいかにも狙ったという面白さというのはあまり無いと思います。
冒頭のシーンなどで多少のお色気もありますが、そちら方面は期待するとガッカリしそうです。

学園もの、宇宙人、親がいない・・・と、ベタベタな設定ですが女の子がカワイイと許せてしまう不思議です。


Amazonでオススメに出てくる漫画はたくさんあるのですが、驚くことにほぼ全ての漫画の表紙が女の子なんですよねぇ。
その方が売れるのかもしれませんけど、ちょっと残念な方向に向かっているような気もします。

個人的にはエマとか岳とか美味しんぼとかマスターキートンとか・・・みたいな深い知識や経験などが無いと描けないような漫画と比べるとどうしても浅く感じてしまいます。
それでいて1冊の値段はさほど変わらないという・・・。




月色のインベーダー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2019-07-19)
売り上げランキング: 23,842



ホーム > アニメ、漫画

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top