Home > アーカイブ > 2019-11-12

2019-11-12

【ドール】Cheery Dollのサマードレス『Holiday Filling – Indian pink』を買ってみた

PB100860s.jpg


ドール服ではもうすっかりお気に入りブランドになってしまったCheery Dollです。
どちらかというとゴージャス系のドレスがメインのブランドではありますが、今回はわりとスッキリシンプルなサマードレスを買ってみました。

前回購入した『Renewal-Fur Hooded Wool Coat set-red』がダッフルコートセットのどちらかというと冬向きなセットでしたが、今回は露出多めの夏向けセットです。
どう考えても買う時期が逆でしたが、ダッフルコートセットを購入直後くらいに登場したので仕方ありません。

Cheery Dollの中ではかなりリーズナブルな価格でしたが、送料は変わらず2,400円です。
ちょっと値段の高い送料ですが、韓国から発送して2~3日で届いてしまうので安心料というところでしょうか。

ドレスはどれも受注生産扱いなので1ヶ月くらいかかります。
今回で3着目ですが、3回とも注文から約1ヶ月で届きました。

 link >>  Cheery Doll



PB100829s.jpg

PB100832s.jpg

PB100835s.jpg

PB100831s.jpg


荷姿は以前と同じオレンジ色の目立つビニールのプチプチ封筒でした。

潰れたり破れたりすることなく無事に届きました。
このへんも高めの送料の安心感というところですね。

セット内容は『トップ、分離するパフ袖、アンバランスラップスカート、手首飾り、ストッキング、ヘアバンド、チョーカー』になります。
シンプルなサマードレスですが大柄なスカートが特徴的です。

下着と靴は無いので別途用意する必要があります。

トップとスカートは裏側に白布が付いているので色移りに関しては安心ですが、パフ袖の裏側には無いのでやや心配です。
また、トップの肩紐も裏地なしなので少し気になるところです。

着せるのはDDS M胸のカリンちゃんですが、今回もDD-Mサイズで注文しました。
サイズはぴったりで胸も過不足無くイイ感じで、上から覗くと谷間がもう・・・。

着付けは特に問題ありませんが、スカートはホックを外しても腹部のリボンをほどかないと広がらないのが難です。
毎回リボンを縛り直すのは面倒なので胴を外して上から着せました。

また、ウィッグにもよるかもしれませんが、ヘアバンドが上手くハマらずちょっと浮いた感じになってしまうのが残念です。
超カワイイヘアバンドなんですけどねぇ・・・。

TOPはイイ感じの丈で胴体の分割ラインが見えなくなるのはさすがによく出来ているなぁと思います。



PB100852s.jpg

PB100851s.jpg

PB100843s.jpg

PB100841s.jpg

PB100845s.jpg

PB100847s.jpg


今回は3着目のCheery Dollドレスとして『Holiday Filling – Indian pink』を買ってみました。
相変わらずドレス系が好きすぎてアレですが、こういうちょっぴり露出多めのドレスも良いですね。

前面から見るとスッキリ軽めの感じですが、スカートの後ろに結構ボリュームがあります。

見た目的にアイドルのステージ衣装という感じでなかなか良いです。
出来ればマイク的な小道具が欲しいところですね。

ソックスはセットものを使わずHDPの白タイツを使っています。
白タイツのガーリー感がもうたまりません。

茶系のヒール高め編み上げブーツを合わせてみましたが、茶系は汎用性高いですね。


1着当たりの値段がやや高めのものが多いCheery Dollの中ではかなりリーズナブルな価格のサマードレスでした。
他のゴージャス系ドレスと比べるとやや物足りなさはありますが、作りの良さはさすがです。

個人的にはシンプルだけれども肩紐付きというのがポイント高いですね。
見た目よりスカートのボリュームがすごいのでDDSの場合はヒールのある靴でないと脚が短く見えてしまうかもしれません。

季節的にはちょっと寒そうな感じではありますが、アイドルのステージ衣装ぽぃドレスでとてもとてもカワイイです。



Home > アーカイブ > 2019-11-12

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ スカイリムへ
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top