Home

Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

【War Robots】クリスマスイベントでまさかの大当たり!


2016123001s.jpg


もうすでにクリスマスなど遠い日のことになってしまって大晦日~元旦気分ですが、War Robotsではまだクリスマスイベントが続いています。
海外では25日を過ぎてもまだクリスマス気分なのかも知れませんが、日本では1日でも過ぎるとちょっと違和感がありますね。

それはさておき、前回のハロウィンイベントでは大した物が当たらなかったのですが、今回はなんと大当たりの『Galahad』をゲット出来ました。
普通にバトルで稼いだスノーフレークのみで当たりましたので、非課金の人でも希望はありそうです。

今回はハロウィンの時と違ってやけに装備や機体が当たります。
もちろん、AuやWPのものではなくAgのわりと安価なものばかりですが・・・。

正直なところ、売却が面倒なのでAgでもらえた方がありがたいですが、なんとなく物でもらった方が当たった感があるのは否めません。
そんな中、どうせ今回も大した物は当たらないだろうと思っていたところ、まさかのゲットでした。

もうすでにクジは結構回していますが、他に当たりぽぃのは100Auと50万Agが各2回といったところでしょうか。
どちらも地味にうれしい感じです。


2016123002s.jpg


Youtubeでクジを引く動画をいくつか見たのですが、どうもまとめて引くと後半で細かいAuが連続したりするような感じでした。
私は1回引ける分が貯まるたびにその都度引いていましたが、数回ほどスノーフレークを20個使って2連続で引いた時はどの回も2回目は細かいAuでした。

どうも1回ずつ引く方が良さそうな感じがします。

そして、気になるWP&Auの装備&機体のみ当たるスーパーチェストは、なんと750回もまわさないといけないそうです。
さすがにバトルのみでスノーフレークを7,500個も集められないのでこちらは諦めています。

課金して回すのも良いですが、GEKKOあたりが当たったりするとガッカリ感がヤバイです。
新機体も含まれているようですが、新機体が欲しい人は普通にスノーフレークに課金して買った方が良いかもしれないですね。


Furyだったら・・・と、ちょっと贅沢なことを言ってしまいたくなりますが、1番好きな機体が当たったのはとてもうれしかったです。
Galahadのみで5機編成しても良いくらいに思っているので、今回当たった3機目も使えるようにアップグレードしていきたいと思います。

また、Garethをもう1機買って、GarethとGalahadのみの編成でやるのもイイナァと思いました。

現在、Fujinを絶賛アップグレード中ですが、こちらはこちらで思った以上に使っていて面白い機体です。
Orkan ×3の一斉射が綺麗に決まった時の爽快感はクセになりそうですね。

使いたい装備の入手やアップグレードが追いつかない状態ですが、ますます面白いWar Robotsは2017年もハマり続けそうです。


【War Robots】やっと機体の5枠目を開放!


20161229ss.jpg


ゲーム内で装備や機体を購入する際に使うAuですが、これを貯めるのがなかなか大変です。
しかもAuで買えるものは強い装備や機体が多かったりするのが辛いところです。

そして、それら以外でさらに有利になるのがバトルで使える機体の枠拡張です。

4枠まではわりと早い段階で開放出来たのですが、5枠目が5,000Auと高額なのでなかなか開放出来ずにいました。
今までは4体でも十分かなと思いつつ、装備や機体に使っていたのですが、アレコレアップグレードしていくと使いたい機体が増えてきます。

そんな時に枠が多いとバトル開始時に選択肢が増えますし、やられた後の再スタートの機会も増えます。

ただ、所有機を全部使うような時はどちらかというと敵に攻められて負け戦になっているような時も多かったりします。
そんな時は1機多いからといっても大して変わらなかったりしますが・・・。


バトル開始時の選択肢が増えるのはありがたいところです。
近距離、中距離、軽機体と種類の違う機体を使っている身としてはマップによって初手で出す機体の選択肢が増えるのはうれしいところです。

その日のタスクによってビーコン取得メインで軽機体を多めに入れると与ダメージが少なくてバトル終了後にもらえるAgが少なかったりします。
枠が増えればビーコン取得をしてすぐに火力のある機体に乗り換えたりするのもやりやすくなります。

また、機体が多ければ遠くのビーコンを取りに行っている間に自陣が攻められているような時に機体を乗り捨てて自陣でポップしたりするのも容易になります。
枠3機で乗り捨てはちょっと考えてしまいますが、5機あれば1機くらいは・・・という感じがします。


ですが、そうは言っても枠を1つ増やすのにFuryやLancelotを買える金額を出すのに抵抗があるのもわかります。
私も最後まで枠よりもFuryにしようかと思っていましたが、軽中機体メインだからと自分を納得させてその誘惑を断ち切って枠を増やしました。

5,000Auは結構大変ですが、4,500Auまでは普通にゲーム内で貯めました。
最後の500Auは我慢出来ずに課金してしまいましたが・・・。

貯めにくいAuですが、毎日のタスクをコツコツこなしていれば少しずつ増えます。
また、バトルで上位に入れば細かい金額でもらえますし、ハロウィンやクリスマスイベントでも意外と貯まったりします。


枠開放でAuがスッキリ無くなりましたが、思った以上にやりやすくなりました。
次はCarnageでZeus ×2を使ってみたいので3,000Auを貯めようと思います。


KNIPEX テレフォンプライヤーとPBのドライバーを買ってみた


IMG_3651s.jpg



そろそろネット通販もお正月休みに入るなぁと思いつつネットを見ていたところ、以前から欲しかったラジオペンチとドライバーをポチってしまいました。

ラジオペンチはいくつか持っているのですが、どうもイマイチしっくりこないので新しいものを欲しいと思っていました。
それまでメインで使っていたKNIPEXのものはノーズが短めでメッキしてあるせいかちょっと滑りやすかったのです。

フジ矢のマイクロラジオペンチは先端が細くてなかなかイイナァと思ったのですが、逆に細すぎるのと口の開閉が渋くてちょっと使いにくい感じでした。
これらのちょうど中間くらいのが欲しいなぁと思って探しているとKNIPEXのテレフォンプライヤーというのがイイ感じに見えましたのでこれを買ってみました。


IMG_3656s.jpg

IMG_3652s.jpg


フジ矢のマイクロラジオペンチよりひとまわり大きい感じでなかなか良いです。
滑り止めの溝が綾目になっているのもポイントですね。

KNIPEXのペンチは開きが軽くて良いと思っていたのですが、このテレフォンプライヤーは少し抵抗があります。
といっても固すぎるということはなく程よい感じです。

ノーズの長さや太さも欲しかったものと概ね合致しました。
以前はコンフォートハンドルが好きだったのですが、いつ頃からかプラスチックコーティングのものを好むようになりました。

握ったときの感触がダイレクトに伝わってくるプラスチックコーティングの方が工具を使っている感があって良いですね。


そして、ついでにPBのドライバーも2本買ってみました。
0番とスタビーの1番です。


IMG_3658s.jpg

IMG_3661s.jpg


以前はマルチクラフトを愛用していたのですが、いつ頃からかスイスグリップを好むようになりました。
マルチクラフトの方がスムーズに滑って回しやすいのですが、ちょっとその滑りが気になってきました。

スイスグリップの少しザラッとした感じのしっかりした握り感の方がイイナァと思いました。
そこで、よく使う1番~3番までを使っていましたが、この際なので0番も買って揃えておこうと思いました。

使う使わないよりも、揃えておきたい!という気分的なものです。

スタビードライバーは2番を使っていたのですが、見た目に反して意外と使いやすいのでこちらもよく使う1番を追加しました。
そんなにアレコレあっても使わないだろうとは思いますが、工具を見てニヤニヤするのも趣味なので無問題です。

なかなか工作をする時間が取れないので工具を買って欲求不満を解消するというのもあったりしますが・・・。
国産工具に比べて高価ですが、やっぱり輸入工具はイイナァと思いました。



B0011218G6KNIPEX(クニペックス) 2921-160 テレフォンプライヤークニペックス

by G-Tools

B001D2ZYYGPB(ピービー) スイスグリップ・プラスドライバー 8190-0-60PB(ピービー)

by G-Tools

B00KRSLYVOPB SWISS TOOLS 8195-1-30 スイスグリップ・スタービープラスドライバーPB SWISS TOOLS

by G-Tools


Home

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top