Home

Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

【艦これ】よく使う改修装備~その5『その他の装備』

よく使う改修装備 その5は『その他の装備』です。


90mm単装高角砲と21号対空電探

20180328193124s.jpg

イタリア戦艦を改造すると持参する90mm単装高角砲と対空用の21号対空電探です。

90mm単装高角砲は10cm連装高角砲+高射装置に迫る高性能な砲なのですが、副砲なので使いどころが限られてしまいます。
私の艦隊ではほぼ摩耶改二専用になっていますが、摩耶自体の出番が多めなので必然的にこの砲の出番も多くなっています。

作りやすいのでItaliaとRoma改持参の2本を★MAXにしていますが、摩耶を使う際にもとりあえず1本あれば十分ですので2隻目のイタリア戦艦を作ってまで用意する必要は無いと思います。
使用頻度は高いのですが、それほど数がいらないという装備ですね。

また、改修がとても楽なのがうれしいところです。
★+6以降も必要なネジの本数が変わりませんので運が良ければネジ10個で★MAXに出来てしまいます。


21号対空電探は摩耶で90mm単装高角砲とセットでよく使います。
それ以外で電探を使う場合は命中目的で使うことが多いので使用頻度は低めですね。

13号対空電探改並に高性能なのですが、電探を積みやすい駆逐で使えないのが難です。
出来れば21号対空電探改にしたいところですが、それほど性能が上がらないのでひとまず無印の状態で止めています。



13号対空電探改

20180327135529s.jpg

13号対空電探改は10cm連装高角砲+高射装置とセットでよく使います。
駆逐での使用頻度は高いのですが、秋月型といっしょにその他駆逐で使うと秋月型の対空カットインを妨害してしまうので同時使用数は意外と少ないです。

今のところ★MAXと★+6を各1つしか用意していませんが、これでもわりと足りてしまいます。
10cm連装高角砲+高射装置はあればあっただけ改修したい装備ですが、こちらは改修による艦隊防空値の増加もそれほど多くないこともあってあまり改修していません。

とはいえ、★MAXを3つくらい用意しておけばだいぶ艦隊防空の底上げになるかと思いますので余裕があれば追加したいところです。



探照灯、九八式水上偵察機(夜偵)

20180328193456s.jpg

探照灯は三種の夜戦装備の1つで、特定の場面でしか使わない装備のわりに出番が多いです。
照明弾と同じような効果がありますが、装備艦の耐久力が2以上で発動するという確実さが好きなので愛用しています。

装備艦の被ターゲット率増を懸念する意見を見かけますが、私の体感ではさほど気にするレベルではないかなと思います。
いちおう吸引も考えて使っていますが、ほとんど関係無い感じがします。

夜戦用にとても使用頻度が高いのですが、いまのところ1つあれば十分な装備です。
ですので、使うのであれば★MAXにしておいた方が良いかなと思って作りました。

上位に大型探照灯もありますのでいずれは作りたいと思っていましたが、使える艦が限られてしまうのでいまだに作っていません。


九八式水上偵察機(夜偵)は夜戦用装備の中で最も良く使う装備です。
夜間触接目的だけではなく昼戦でも普通に偵察機として弾着が出来ます。

最も重要な役割である夜間触接に関して改修が影響しないという話がありますが、索敵値が上がるので改修しました。
★+7まで上げると零式水上観測機と同じくらいの索敵値になるようなので索敵値が厳しいところでもだいぶ使いやすくなります。

夜戦まで考えた場合にわりと使用頻度が多いので出来れば★MAXまで上げたいと思っています。
1つあれば十分かなと思いますが、2つめを使うと夜間触接の発生率が上がるのでいちおう2機目も用意しておきました。

ただ、2つめを用意したものの今のところあまり使う機会は無いですね。
あればあったで使うこともあると思いますので2つめには★+3(零式水上偵察機相当)を付けてあります。



一式徹甲弾

最後は一式徹甲弾です。
徹甲弾は戦艦での使用頻度が高いので頑張って★+6まで作りましたが、ここから先は同装備が必要なのでここでストップしています。

数値的には九一式徹甲弾★MAXと同じくらいのようなのですが、使うのはもっぱら一式徹甲弾の方ですね。
任務でもらった2つを★+6まで強化して使っていますが、2つでも意外と足りてしまいます。

イベントの水上打撃部隊や4-5下ルートなどで3隻以上の戦艦を使う場合などは九一式徹甲弾を混ぜますが、機会は少ないです。
いちおうそれ用に九一式徹甲弾★MAXを1つと★+7を2つ用意してあります。

今のところ戦艦でしか使いませんが、戦艦を使う時に使うことがとても多いので作るのが大変でも改修はしておきました。
素材装備が大変ではありますが、ネジの必要数が少ないのと改修出来る日が多いのがうれしいところです。



後記

数日にわたって改修装備について考えてみました。
改修が終わって当たり前のように使っている装備が多いですが、使用頻度が高い装備を優先して強化するのは当然と言えば当然かもしれません。

あらためて自艦隊の装備を見直してみましたが、まずは主砲などの基本的な装備を充実させるのが重要かと思いました。
今回は改修していないので入れませんでしたが、改修更新で作る水上戦闘機のような重要な役割を持つ物もしっかり準備しておく必要があると思います。

また、ネットで改修優先したい装備を検索するとわりと上位に出てくるものに魚雷があります。
こちらも普段の使用頻度は高くありませんが、イベントの特定の場面で重要になる装備です。

よく使う装備を改修しつつそういった装備もしっかり準備していきたいところです。

私は艦これを始めて2年くらいになりましたが、最近になってようやく勲章をネジにする余裕が出来てきました。
改修はデイリー任務にあわせてほぼ1日1回しかやっていませんが、それでもだいぶ改修が進みました。

ゲーム内で入手出来るネジの数には限りがありますし、素材装備も簡単に入手出来るものばかりではありません。
ネジは買うことも出来ますが、素材装備は普段から集めておく必要があります。

改修出来る日も装備によって多かったり少なかったりしますので、そういったことも考えて1ヶ月2ヶ月と長期的に計画を立てて改修を進めるのが重要だと思います。


【艦これ】よく使う改修装備~その4 『20.3cm(3号)連装砲』~

20180327135703s.jpg


よく使う改修装備 その4は『20.3cm(3号)連装砲』です。

重巡の主砲を選ぶ場合、20.3cm砲系を選択することが多いと思います。
もちろん他にもいくつか選択肢はありますが、夜戦補正付きというのが大きいですね。

重巡は、最近のイベントでは主力になるようなこともありますし、EO海域でも3-5や4-5などで空母とともに編成したりして私の艦隊では意外と出番が多い艦種だったりします。

ですが、戦艦と比べると昼戦の火力不足がどうしても出て来てしまいますので、その主砲は出来るだけ性能の良い物を用意したいと思っていました。
もちろん、航巡でも使えますし軽巡や雷巡などでも使えますので思ったよりも融通がきく主砲だったりします。

その20.3cm砲系の中でも最も強力なのが3号砲です。
以前は2号砲と比べて命中が劣っていましたが、少し前に上方修正が入って完全上位になりましたので性能面で2号砲を使う理由は無くなりました。

しかし、無印や2号砲と比べて入手が大変という欠点があります。
現在のところ3号砲は三隈改と衣笠改二が持参するものか2号砲からの改修更新で入手するしかありません。

三隈はLV30で持ってくるのでレベル上げしやすいですが、入手が4-3,5-2,4-5のボス、大型建造、イベント限定です。
衣笠は5-4などで結構ドロップしますがLV55とやや高めです。

3号砲の改修は、★+6までは素材装備が不要ですが、それ以降は同装備が必要になってくるのが大変です。
私もずいぶん前からせっせいと集めていましたが、最近になってやっと2本★MAXにすることが出来ました。

ちょっと作りすぎた感はありますが、他に★+6のものが6本完成しましたので4隻分の3号砲を確保出来ています。
以前は2号砲やSKC34 20.3cm連装砲なども使っており2号砲の改修もしていたのですが、3号砲の入手にメドが立ってきてからは3号砲のみ改修するようになりました。

2号砲の方が容易に数を揃えられるのでそちらでも良いかとも思ったのですが、3号砲もいざ集め始めてみると意外と集められるものです。
ほとんどは三隈で揃えましたが、衣笠もいくつかやりました。

3号砲は初めて参加した2016冬イベントの痛い思い出があります。
当時まだ艦これを始めたばかりでレアリティがよくわかっておらず、運良く入手出来た三隈を1隻残して残りはそのまま全部処分してしまいました。

そして、それ以降1年以上三隈を入手出来なかったのです。
それを思うと今にしてやっと2本★MAXに出来たのは感慨深いものがありますし、出番が多い装備であることもうれしい限りです。

3号砲の数を揃えるのは面倒ですし時間もかかりましたが、イベントで高難易度マップに挑む際の頼もしい装備になりました。


【艦これ】今春実装予定の米駆逐艦が色々気になる

少し前から実装がほのめかされていた米駆逐艦ですが、今日の運営ツイートで気になるヒントが発表されました。

 link >>  「艦これ」開発/運営さんのツイート


『レイテ沖海戦において、栗田艦隊主力と会敵、「ガンビア・ベイ」などの護衛空母群を護るために全力を出して戦ったある護衛駆逐艦』ということで・・・。
『サミュエル・B・ロバーツ』ではないかという予想が挙げられています。

ヒントからするとほぼ間違いないかなという感じですね。
ただ、ここで気になるのは来月後半予定ということなのですが、次の春イベントになるのかそれともそれ以前に実装されるのかというところです。

今までこういった形でヒントが出された場合はわりと早いうちに実装されていますが、冬イベントが終わってまだ1週間も経たないので春イベントには少々早い気がします。
浦波のように通常海域に追加されたり任務報酬でもらえたりというのもありえそうです。

例年であれば5月頭くらいに春イベントが始まりますが、もしかすると少し早めに4月末に始まるのかもしれません。
そう考えるともう春イベントが見えて来ていると言っても良いのかもしれませんね。


そして、次のツイートでまた気になることを発表しているのですが・・・。
この新実装の駆逐は新しいイラストレーターによるものだそうです。

ずっと「艦これ」を応援してくれていた、あるイラストレーターさんの作画


というヒントが出ましたが、さすがにこれだけで特定するのは難しいですね。

『イラストレーター』と言っているのでアンソロ本などで漫画を描いている漫画家ではなさそうな気がします。
また、『ずっと』と言っていますのでわりと長い期間関係してきた方になりそうです。

そのへんを考えてみて予想してみると・・・。

以前にC2機関の同人誌でメガネ信濃を描いていたyouki氏ではないかと思ったりします。
米駆逐艦で肩慣らしをして、もしかするとそのまま信濃のイラストを描いて二期イベントで実装されるのではないかなと妄想しています。

信濃は実在した日本の未実装大型艦で目玉になる艦ですので二期最初に持ってくる可能性は十分考えられると思います。
詳細はこれから徐々に明かされていくと思いますが、とても楽しみですね。


Home

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top