Home

Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

『少女終末旅行』を見てみた

20180129221224s.jpg


Youtubeで第二次大戦中のドイツ車両を見ていた時にちょうどケッテンクラートを見ていたのですが、その時にケッテンクラートを使ったアニメがあることを知りました。
去年秋に放送された『少女終末旅行』というアニメでした。

どんなアニメか気になったのでAmazonプライム・ビデオで探してみたところ運良く無料で見られるようだったので見てみました。
全12話でSD画質なのが残念ですが、まぁ無料なので仕方ないかなと思いました。

2人の少女が荒廃した世界を旅するというアニメなのですが、旅するときに乗っているのがケッテンクラートなのです。
ケッテンクラートとは履帯が付いたバイクのような乗り物です。





結構面白かったので2日間で全部見てしまいました。
全12話だと全部見ても5時間くらいですね。

途中で2人ほど人間が出てくる以外は登場人物の人間は2人の少女だけです。
ほとんどがこの2人の掛け合いで話が進んでいきます。

ガルパンのような大人数が出てわちゃわちゃするアニメとは対照的ですね。
デフォルメ気味のキャラがなかなか可愛いです。

階層化した街を上に向かって進んで行くのですが、これはこれで世界観的にとても魅力があるのですが上を目指す目的がイマイチよくわかりません。
1話の始まりもどこかの地下を走っているところから始まるのですが、後の回想シーンを見るとなぜここに?という疑問が沸いてきます。

また、単に2人で旅をするというだけでなく『生きるとは?』とか『なぜ人は戦争をするのか?』みたいな問題提起をしてきます。
そのへんはわかるのですが、それをやるなら萌え寄りのキャラじゃないほうが良いような気がします。

最終回をああいった締め方にするのはいいですが、2人は人類が滅んだ理由を探して旅していたのか?と疑問に思ってしまいます。
終盤で急に巨大ロボットが出て来たりして風の谷のナウシカみたいなことがやりたかったのでしょうか。

ケッテンクラートを使うのは良いですが、劇中にT-34らしき戦車が出てきたりしていましたし周りの朽ちた兵器と比べてあまりに謎のロボットのデザインが合わない感じです。
たぶん原作者は大戦中の戦車などが好きで使ったのだと思いますが、そのせいで回想シーンを見ても過去の歴史がどうなってるのかサッパリでした。

2人の少女が荒廃した世界を旅する、というのは面白かったのですがどうも設定がチグハグな感じで残念でした。
最後も結局俺たたENDぽぃ終わり方ですしねぇ・・・。

それとこういう荒廃した世界は風景の描写が大事なのでもう少し朽ちた感じとか汚れた感じ、錆や泥、パイプやネジみたいなものを描き込んで欲しかったかなと思いました。
四角い電車など・・・う~ん、という感じでしたし、ローテクな廃墟とハイテクな廃墟がごっちゃになったようでイマイチ世界観に入り込めませんでした。

と、面白かったと言うわりに不満の方が多くなってしまいましたが、キャラは可愛いですしケッテンクラートが良かったです。
2人の掛け合いで進んで行くというのは好きなので時間があればもう1回くらいリピートしても良いかなと思います。


第1回『JK語検定(実用女子高生語能力検定)』をやってみた

Youtubeを見ていたら女子校生になりきって通話するという動画があってニヤニヤしながら見ていました。
見終わってから『JK語』というのがあるらしいというのでちょっと調べてみました。

すると、『JK語検定』という面白そうなwebページがあったのでやってみました。

 link >>  第1回「JK語検定(実用女子高生語能力検定)」を実施します – にしあぷ


JK語を三択で答えていくのですが、試しにやってみたところ88点/100点でした。
『チル』『チキる』『よき』を間違えてしまいました。

考えながらやったのでなんとか当たりましたが、たぶん実際にしゃべっているのを聞いたらポカーンとしちゃうでしょうね。



20180129003022s.jpg


↓ニヤニヤしていた動画


【艦これ】十二月作戦のランカー報酬から予想する冬イベント

昨日の夜に十二月分のランカー報酬が配られました。

1回くらいランカーを狙ってみたいと思いつつも毎月の最低ラインの戦果を見て諦めています。
最低ラインが低めのサーバーであれば頑張る気にもなりますが、柱島ではなかなか重い腰が上がりませんね。


それは置いておいて、今回の報酬はなかなか良い物だったようです。
何が配られたかは艦これコミュニティに記載があります。

 link >>  運営鎮守府からのお知らせ:艦隊これくしょん -艦これ-のコミュニティ – オンラインゲーム – DMM GAMES


[新型噴進砲] 12cm30連装噴進砲改二
[新型主砲] 46cm三連装砲改
[海外支援艦戦] FM-2
[偵察機部隊] 彩雲(偵四)

上記プラス一部順位で試製41cm三連装砲が入っていました。

この中ではなんといっても46cm三連装砲改が光っています。
予想通り51cm砲ではなく46cm砲で来ましたね。

武蔵改二で持ってくるのかなと思っていましたが、武蔵改二ではまた別の主砲を持ってくるようです。
そちらは41cm砲の流れ(41cm→試製41cm→41cm改)からすると試製46cm三連装砲になるのかなと思います。

46cm三連装砲改は大和型で使うと真価を発揮するということなので大和型でフィット特性が付くのではないかと思われます。
さらにゲーム内の装備解説では『「15.5cm三連装副砲改」との複合装備によって、本兵装はその真価を発揮します。』とあるので合わせて使うことでなんらかのシナジー効果もありそうです。

ここで追加効果有りの46cm砲の上位装備が来たことで今後の主力はこちらに流れていきそうな気がします。
個人的にも大和型には46cm砲を載せたいのでこれはありがたいですね。

51cm砲は今後実装されるかもしれない紀伊型や超大和型で再度脚光を浴びることになるのではないでしょうか。

今のところ46cm砲からの改修は出来ませんが、おそらく近いうちに出来るようになるのかなと思います。
ただ、無印の46cm砲ですら改修がかなり大変なのですが・・・。


新型噴進砲の12cm30連装噴進砲改二は特殊機銃扱いではなく、ボフォースやポンポン砲などよりも性能的に劣るので今ひとつ使い道がわかりませんが、伊勢改と日向改で独自対空カットインが出せるようです。
ここで伊勢・日向の名前が出て来たので改二フラグという話も見かけましたが、説明で伊勢『改』・日向『改』と言っているので逆に改二は来ないことが確定してしまったような・・・気がします。

冬イベントの報酬で前段作戦の最初の方で配られそうな装備ですね。


そして米艦載機のFM-2です。

F4Fの発展型でゲーム内では爆戦扱いになります。
グラマン製のF4Fをゼネラルモータースが護衛空母で使いやすいように軽量化等の改良を加えて生産したのがFM-1やFM-2のようです。

ここでなぜこれを配ったのかが気になるところですが、ネットでは米護衛空母が実装されるという話が出ています。
レイテ沖海戦で米軍側で使われた護衛空母に搭載されていたようです。

特定の艦にのみ搭載していたわけではないので艦の特定は難しいですが、有名どころのガンビア・ベイあたりが来るんじゃないかという話が出ています。
英駆逐艦も噂されていますが、艦これ一期最後であり大規模イベントの最終海域報酬が軽空母というのはちょっと残念かな・・・という気がしなくもないです。

前段作戦の報酬であればなかなかイイ感じですね。
FM-2のイラストに描かれている妖精さんがもしかして・・・。

F4Uの時もそうでしたが、戦闘機ではなく戦闘爆撃機として実装されています。
F4Fベースの機体でありながら高性能だったのに・・・という感じがしますが、このへんもあくまで艦これ艦載戦闘機の主役は零戦にしたいという運営の強い意志が感じられますね。

こういうところが艦これの良いところです。


最後に偵察機部隊の彩雲(偵四)です。
レイテ方面偵察等に活躍した機体のようなので冬イベントでの報酬に入ってきそうです。

以前のイベントで東カロリン空を入手出来なかったので今回の彩雲は欲しいですね。
対空+は偵察機では無意味らしいので行動半径の短さとあわせて東カロリン空と比べると見劣りしてしまうのが残念です。

前回の秋イベントE-1報酬に偵察機がありましたので、もしかすると今回もE-1あたりで配られるのかなと思います。


Home

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top