ホーム > タグ > SENNHEISER

SENNHEISER

SENNHEISER MOMENTUMのケーブルを交換してみた

IMG_0771s.jpg

少し前に購入したゼンハイザーのMOMENTUMですが、見た目も音もわりと気に入っているのですが使っているとどうもケーブルが気になってきます。
同価格どころか低価格のヘッドホンですらプラグには金メッキ処理されているものが多いのに金メッキ無しの上に作りもイマイチ簡素な感じがします。

以前にゼンハイザージャパンにケーブルについて問い合わせたことがあるのですが、残念ながら本社から情報が来ていないのでわからないとの回答でした。
仕方ないので別売りか自作してみようかとも思ったのですが、MOMENTUMのプラグはΦ2.5mmの上に抜け止めの独自構造になっていて諦めていました。

最近、e-イヤホンでMOMENTUM用の交換ケーブルが売られているようですが、1万超えでしたのでちょっと購入は躊躇していました。
そんな中、ネットでヘッドホン用のケーブルを製作してくれるというwebページがあったので注文してみました。

結構順番待ちらしく、2~3週間ほどかかるという連絡をもらい待っていたところ半月くらいで完成して届きました。
製作はこちらから指定したパーツを使って作ってもらったのですが、思いの外完成度が高くて驚きました。

気になるのは本体側のプラグがどうなっているかですが・・・。


IMG_0774s.jpg

Φ2.5mmのステレオミニプラグの軸のみを使い、熱収縮チューブで仕上げたとのことです。
残念ながら抜け止めには対応していないので差し込むだけになりますが、抜け止めの突起にも干渉せずに綺麗におさまりました。

緩いと困るなぁと思っていましたが、結構キッチリ填まっています。

早速、試聴してみましたが、やはり付属のケーブルとは違いますね。
フィルターが取れたかのような感じでクリアで音の広がりも良くなりました。

ケーブルはお気に入りのモガミ2944で製作してもらったのですが、安価なのにとても良いケーブルです。
最近よく使うヘッドホンはAKGばかりになってきてしまいましたが、これならMOMENTUMの使用も増えそうです。

ケーブルも本体に合わせてブラウン系で見た目も良くなりました。
もう少し暗めのブラウンでも良かったかなとも思いますが、付属ケーブルよりだいぶ良くなったので良しとします。

部品代と工賃合わせて4,000円ほどでしたが、とても満足度が高いです。


ゼンハイザーMOMENTUMのちょっと気になるケーブル

IMG_0449s.jpg

購入して間もないゼンハイザーのMOMENTUMですが、本体の作りや音質はとてもイイ感じです。
ただ、1つ気になるのが、価格の割に貧素な感じのケーブルです。

着脱式になっているのですが、この価格帯にもかかわらず金メッキ処理がしてありません。
ケーブル2本と標準プラグへの変換プラグが同梱されているのですが、どれもプラグの色は銀色です。

APPLE用のケーブルはリモコンや折り曲がるプラグなどわりと作りは良いのですが、やはり先端は銀色のプラグです。

先日購入したオヤイデのAKG Q701用ケーブルは銀色とはいえロジウムメッキでしたのでまたちょっと異なります。
もしかしてMOMENTUM付属のケーブルもロジウムメッキかと思ってケーブルについてゼンハイザージャパンにメールで問い合わせてみたところ、本社から情報が来ていないのでわからないとのことでした。

そこで上位機種はどうなのかと調べてみると、HD650、HD800あたりは金メッキ処理されたものが付属しているようです。
さらにHD800では線材も銀メッキされたOFCらしいです。

上位機種よりも上等なモノが付属しているとは考えにくいのでMOMENTUMの付属ケーブルはそれなりのものなのでしょう。
他社の同価格帯以下のものでも金メッキ処理されたものが普通に付属していることを考えるとちょっと複雑な気分です。

本体の質感や音質が優れているのに残念な感じです。
残念ながら今のところサードパーティ製の交換ケーブルは無く、他機種用のケーブルを加工して使わないといけないのでこのまま使おうと思います。

Q701でケーブルを交換したら結構変わったのでケーブルの質も馬鹿に出来ません。
昔購入したHD540 referenceも確かプラグが銀色だった気がします。

MOMENTUMはずいぶん豪華なケースが付属していたりしてお金をかけるところが違うような気もしますが、ケーブルの仕様はゼンハイザーの伝統なのかもしれません。


ゼンハイザー、3度目の正直になるか?

IMG_0443s.jpg

今年に入って加速したヘッドホン環境ですが、1月にDT990Pro、2月にQ701と入手して我慢できずに3月消費税増税直前にまたヘッドホンを入手してしまいました。
そんなに何台もあっても仕方ないだろうとは思うのですが、DT990ProとQ701で鳴り方が違うので2台あっても気分によって使い分けできてなかなか楽しいのです。

他にも持ち歩き用にDTX501pがありますが、こちらは折りたためて持ち運びやすくそれでいてなかなか良い音で鳴ってくれるので重宝しています。
自宅用としてはあと1台、audio-technicaの古い機種でATH-A10というのがあるのですが、これは残念ながら今聴いてみるとちょっと厳しい感じがしました。

自宅用としてはこれだけが密閉型なのでこれはこれで楽しめるかと思ったのですが、購入からすでに10年以上経っていてなおかつあまり使わずほったらかしにしていたのも悪かったかも知れません。
チタンハウジングの凝った作りで気に入っていて2度ほどパッドも交換したのですが、出てくる音が全てなのでこれは引退せざるを得ませんでした。

DT990ProとQ701がオープンエア型なのでそのATH-A10に代わるもう1台密閉型が欲しいと思っていました。
Q701の音質が好きなのでAKGのK550あたりが良いかなと思ったのですが、どこの店も取り寄せでヨドバシに問い合わせたところメーカー在庫も無いとのことなので仕方なく諦めました。

K545でも良いかなと思ったのですが、ハウジングが小さいのとK550の下位版のような気がして購入に踏み切れませんでした。
そんな中、普段ほとんど見ていなかったゼンハイザーのヘッドホンをアレコレ見ていました。

ヘッドホンといえば真っ先に出てきてもおかしくないメーカーですが、私はどうもあまり良い印象がありません。

昔、ATH-A10の前にHD 540 referenceというのを使っていたことがあります。
非常に軽くイヤーパッドの具合も悪くなくつけ心地もそれなりに良かったのですが、見た目がチープで音も今ひとつでした。

樹脂素材を多用していたので仕方ないところですが、それにしても結構チープ感がすごかったです。
残念ながら後日売却してしまいました。

それ以降にポータブル機(型番失念)を使ったりもしましたが、パッドがベトベトになって酷いことになって捨ててしまいました。
そんなこんなでゼンハイザーというとどうも悪いイメージしかアリマセンでした。

ところが、ネットなどではむしろ1番人気くらいに人気のあるメーカーだったりします。
どうせ買うなら違うメーカーのものが良いかなと思って今回はあえてゼンハイザーで密閉型を選んでみました。

2~3万円くらいの価格帯で探したところ、HD25とMOMENTUMが良さそうだったので見た目とレビューなどで選びました。
ちょうどAmazonでAVアクセサリなどと一緒に買うと2,000円引きになるというキャンペーンをやっていたのもあるのですが・・・。

音の評価はエージングがある程度進んでからにしたいと思いますが、最初に試聴した感じではまだ少々音が硬い感じですが素性はかなりイイように思います。
つけ心地は評判通り悪くアリマセンが、DT990ProやQ701のような大型のハウジングで耳をすっぽり覆うようなタイプの方が良かったかなと少し思いました。

ただ、パッドの質はかなり良さそうなのでこちらも使っていくうちにこなれて来そうです。
写真では古くさい感じもしましたが、実物はハウジングが樹脂製とは思えないほど質感が高く、革素材と相まって高級感も十分あり、モノとしてかなり所有欲が満たされます。

残念なのは付属のケーブルがちょっと細くて頼り無い感じなところでしょうか。
オヤイデのHD598用のケーブルを加工して使えるらしいですが、機会があれば挑戦してみたいと思っています。

ヘッドホンの面倒なところは買ってすぐに本来の音で鳴ってくれないところがあります。
MOMENTUMも1ヶ月くらいはながら聴きやエージングに勤しむ日が続きそうです。

これでひとまずは欲しいヘッドホンも揃ったかなというところです。
もちろん、欲しいと言えばアレもコレもとなってしまいますが、あとはシモツキンやゆかりんを聴いてニヤニヤしたいと思います。


Home > タグ > SENNHEISER

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top