ホーム > タグ > RHODIA

RHODIA

【レビュー】書くのが楽しみになるちょっと贅沢なメモ帳『BLOCK RHODIA No.13』

DSC00218.JPG

普段から机の上にあって多用しているものの1つにメモ帳があります。
手の届く場所に置いてあると何かと便利なものです。

さりげなく使っていますが、何気に使用頻度が高いアイテムなのです。
パソコンのモニターを眺めながらの作業ではメモをとることなど少ないかも知れませんが、むしろパソコンを常用するようになって使用頻度は増えたかも知れません。

ちょっとしたことを書くだけの紙ですが、書くもの書かれるものもそれなりに拘ると楽しいものです。
書くものは先日ボールペンを新調してみましたが、書かれるものは以前からRhodiaのメモ帳を愛用しています。

今回はストックが無くなったのでリピート購入です。

普段持ち歩いているメモ帳もちょっと贅沢をしてみたらメモをとるのも楽しくなりました。
外では家用のNo.13より小さいNo.11を使っています。

RHODIAは、ミシン目が入っていて切り取りやすくオレンジのカバーがとても綺麗です。
私はオレンジ色が好きなので、これだけでも選ぶ価値ありです。

メモ帳を改めて説明する必要はありませんが、文字を書くための小さい紙の束です。
それだけのものですので100円ショップなどに行けば表紙に猫や犬の写真などが入ったメモ帳が100円で買えたりもします。

私が使っているRHODIAのNo.13は1冊300円ほどしますし、近所の文房具店などには置いていません。
また、表紙に細かいキズがあったりなど輸入品にありがちな品質のバラツキも多少見られたりします。

多用しているとはいえ、趣味で使っているだけですので仕事での使用頻度に比べれば使う機会は微々たるものでしょう。
買うのも面倒ですし、ちょっと値段も高めと気になるところはあります。

ですが、使いやすいですし何よりこのちょっとした贅沢が趣味の机周りに彩りを添えてくれるのがイイですね。
趣味で使うのであればそれなりに使ってウレシイものを選ぶのも悪くないと思います。

書くのが楽しみになるちょっと贅沢なメモ帳です。


メモ魔になるか!? 「Rio Rhodia メモカバー#11」

IMG_1585a.jpg

先日、メモをとることを少し考えてみました。
その後、せっかくなので使うのが楽しくなるようなメモ帳はないものかと探していたところ、ありました。

株式会社スリップオンから発売されているロディア用カバー『Rio Rhodia メモカバー#11』です。

 link >>  SLIP-ON[スリップオン]-商品情報
 link >>  【楽天市場】革素材について リオ&ドイツヌメ:ステーショナリー工房スリップオン


ロディアというのは、オレンジの表紙が特徴のフランス製のメモ帳です。
愛用されておられる方も多いのではないでしょうか。

私も試しに使い始めたところ、とても使いやすかったので愛用しています。
サイズも色々あるのですが、持ち運びやすいようにNo.11という小さいサイズのロディア用のカバーを選んでみました。



■ レビュー

IMG_1568a.jpg

ロディア自体がすでに魅力的なデザインですね。
カバーの蓋は、折り返して使うことも出来ます。

色は全8色あり、その中からダークブラウンを選んでみました。
ロディアNo.11が1冊付属しています。



IMG_1579a.jpg

幅はありますが、縦の長さは携帯電話より少し長いくらいです。(au w62Hと比較)
サイズは、蓋を閉じた状態で約115mm×83mm×18mmくらいです。(実測)



IMG_1588a.jpg

自宅で愛用しているNo.13よりだいぶ小さいです。



IMG_1593a.jpg

カブセ蓋にはあおりポケットが付いているので、名刺など2~3枚入れることも出来ます。



IMG_1581a.jpg

一緒に手帳用の短いボールペンも買ってみました。
上がぺんてる手帳用ボールペンで、下2本がカバーと同じスリップオンのボールペンです。



IMG_1574a.jpg

ぺんてるの手帳用ボールペンは、ぴったりのサイズです。
金属製(真鍮?)で小さいながら重みがあります。



IMG_1595a.jpg

スリップオンのボールペンは、ペンホルダーに入ることは入るのですが、
ノック部分が当たってしまい、蓋をちゃんと閉じることが出来ません。

逆さまに入れるか、クリップ部分を引っ掛けて使うことになりそうです。
まだ新しく、皮が固いということもありますが、ちょっと軸の差し込みがキツイです。



IMG_1591a.jpg

携帯性も考えるとぺんてるのボールペンを使うことになりそうな感じです。



IMG_1597a.jpg

価格は、税込み3150円でした。



■ 感想

今なら100円ショップで2冊セットで買えてしまうような『メモ帳』です。
カバーもそれなりの価格ですが、ロディア自体も普段使っているNo.13で1冊300円ほどします。

ちょっと高い感じはしますが魅力的なデザインといい、書きやすさといい、ロディアはとてもお気に入りです。
そんなロディア用に作られた革のカバーですが、探すといくつか商品が出てきます。

ロゴが入ったモノなどなかなか良い感じなのですが、ペンホルダーが無いモノが多いのです。
今回購入したカバーもペンホルダーがあったので選んだようなものです。

やはりペンとセットで使いたいところです。
ペンが別の所にあると意外と面倒なんですよね。


色はダークブラウンでしたが、なかなか落ち着いた色合いで良い感じです。
そして、革の匂いがまた良いです。

購入する際は、ちょっと小さいかなと思いましたが、実物は手のひらサイズで良い感じの大きさでした。
二つ折り財布より少し小さい感じです。

ポケットに楽に入るくらいの大きさで携帯には便利そうです。
ただ、カバンの中などでは蓋が開いてしまいそうなので、蓋を留めるゴムのようなものがあるといいかもしれません。

ちなみに、この『Rio』というのはイタリア産のオイルドレザーのことだそうです。
ちょっと親近感の沸く名前ですね。


ボールペンに関しては、書き味はスリップオンの方が良いのですが、同じ会社から出ているわりにちょっとペンホルダーへの差し込みに難があります。
入ることは入るのですが、かなりキツキツです。

そして、スリップオンのペンは書き味が良いという評価を見て買ったのですが、私にはちょっと軽すぎるようです。
ロットリンクの重いペンが好きな私としては、もう少し重さが欲しいところです。

その点は、ぺんてるのペンの方が良い感じです。
大きさのわりにしっかりした感じで良いです。

ぺんてるの手帳用ボールペンは、ブラウン以外はパステル調のカラーばかりでちょっと革に合わせるのには違和感があるのが残念です。
ぺんてるのペンは、ペンホルダーにぴったり収まります。

どちらも手帳用ということでペン先が細いのですが、私的には出来ればもう少し太い方が書きやすいですね。



と、いうわけでメモが楽しみになる素敵なグッズを購入してみました。
メモ魔になれるかどうかはわかりませんが、気になることや思い付いたことをメモしていこうと思います。


Home > タグ > RHODIA

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top