ホーム > タグ > LED LENSER

LED LENSER

【レビュー】LED LENSER i6 ペン型LEDライトを買ってみた

IMG_3794s.jpg


特にこれといったことに使っているわけでは無いのですが、ことある毎に欲しくなってしまうものの1つにLEDライトがあります。
停電や災害時用にという建前はありますが、そのわりに必要以上の数があります。

今回もAmazonを覗いていてふと欲しくなってポチりしてしまいました。
購入したのは、LED LENSERのペン型ライトi6です。

以前にP4とT7を購入しているのですが、どちらも金属製でとてもしっかりした作りで気に入っています。
P4はペン型でなかなか使い勝手が良いのですが、若干明るさが足りない感じがしていたので似たようなペン型で単4電池を3本使うi6を使ってみたくなりました。



レビュー

IMG_3799s.jpg

IMG_3796s.jpg


以前購入したLED LENSERのP4、T7ともに黒箱入りだったのですが、今回のi6は薄いグレーの箱になっています。
ちょっと見た目的に高級感が下がったかなという感じがします。

箱の裏に貼ってあるシールにはMade in chinaの文字があります。



IMG_3800s.jpg


ライトの大きさの割りに妙に高さのある箱は二重になっていて下にケースが入っています。
LED LENSERはナイロンケースが付いてくるのが良いですね。

ただ、このケースがちょっと大きめでガバガバなのが残念です。
付属品は、電池3本、ケース、説明書などです。

また、登録カードが入っており、web上で製造番号等を入力して登録すると保証期間が5年から7年に延長されます。



IMG_3804s.jpg
上:i6、下:P4


以前購入したP4と比べて、全長が25mmくらい長くなり先端部分が大きくなっています。
使用電池はP4が単4×2本なので電池が1本増えた割りにコンパクトになっていると思います。



IMG_3817s.jpg
上:i6、下:P4


ちょっと大きすぎるケースですが、他のライトと共用なのかもしれません。
P4のようなピッタリサイズが良かったです。



IMG_3820s.jpg

IMG_3822s.jpg


電池は、他のライト同様におしりの部分から出し入れします。
ただ、購入時にこのキャップ部が異常に固くて素手で開けられず、滑り止めを巻いてペンチで挟んで開けました。

固着していたわけではないのですが、根元のゴムパッキンで固くなっている感じです。

本体に付いているクリップをキャップで固定するので、ある程度キツく締めないとクリップが動いてしまいます。
しかし、あまりキツく締めすぎると開けるのが大変になってしまいます。

キャップにも滑り止めの溝加工がしてあると良いんですけどね。

黄色い部分がスイッチになっており、Hi → OFF → Low → OFFと切り替わりますのでちょっとLowが使いにくいかもしれません。
ただし、Hi → OFFで消灯してから10秒くらい経って再度ONにするとHiで点灯します。

ちなみに私が購入したのはi6の5605というタイプですが、5505というタイプはプッシュスイッチではなく捻るスイッチだったようです。
Hiは140ルーメンとペンライトとしてはかなり明るく、LowはP4よりも少し暗い感じですね。



IMG_3831s.jpg


重さは電池込みで75gほどでした。
持ってみると程よい重さと表面の滑り止め加工でなかなか持ちやすいです。



IMG_3810s.jpg

IMG_3814s.jpg
それぞれ40cmくらいの距離からフォーカスリングを調整して照射


光はP4同様に青みがかった光になります。
もう少し白い方が好みですね。

先端のフォーカスリングを前後に動かすこと(移動は2mmほど)で照射範囲を大きく変えることが出来ます。
ほんのわずかながたつきはありますが、適度な抵抗があるので使っている最中に自然に動くことは無いと思います。

P4はブルームーンという綺麗な円形に光るのですが、i6はフォーカスレンズを動かしても縁が綺麗な円形にはなりません。
また、写真ではわかりませんが、照らす場所によっては光の中心に若干シミのようなものが見えます。




後記

久しぶりにLEDライトを衝動買いしてみました。

似たようなライトのP4を持っていましたが、こういったペン型の高性能ライトは何本あってもつい欲しくなってしまいます。
似ているとはいえ、光り方がまったく違うので置き換えるというよりも追加という感じですね。

太めのハンディライトと比べてスリムな見た目が好きです。
持ち歩くにも近くに常備しておくにもかさばらないのが良いですね。

140ルーメンと明るいのはうれしいところですが、発熱が少し気になるところです。
点灯すると結構熱をもちます。

放射温度計で測ったところ先端部表面で42~3℃くらいになっていました。
P4と比べて5~6℃くらい高い感じでした。

持っていられないほどではありませんが、長時間の点灯は気になります。

Amazonで3,400円ほどでした。
ペンライトとしては少し高いかなという感じですが、本体の作りはとても良く金属製で安っぽさは感じられません。

LED LENSERのライトは光量は控えめながら焦点距離を変えられるのが良いですね。


久しぶりにLED LENSERのライトを買ってみましたが、これを機にまたLEDライト熱が発生していくつも買ってしまいそうです。
手持ちのLED LENSERのライトではT7が最も明るいですが、さらに強力なライトも欲しくなってしまいました。



B0170WP7NALED LENSER(レッドレンザー) LEDライト i6 【明るさ約140ルーメン/点灯約25時間/最長照射距離約120m】 5606 [日本正規品]LED LENSER(レッドレンザー)

by G-Tools


【レビュー】LED LENSER P4 ペン型LEDライトを買ってみた。

IMG_6297a.jpg

東関東大震災以来、防災関係の商品が品薄になっていました。
ですが、6月になりだいぶネット通販でも商品在庫を見かけるようになりましたのでライトなどを見ていました。

自宅にはマグライトなど何本もあるのですが、LEDのライトで使いやすいものが無かったので1本欲しいと思っていたのです。
私の好きなマグライトからもLEDタイプのものは出ていたのですが、せっかくなので他のメーカーのものも使ってみたくなり探してみました。

すると、LED LENSERというメーカーのライトが評判も良いようなので試しに買ってみました。
今回買ったのは、LED LENSER P4 (OPT-8404)というモデルです。

 link >>  LED LENSER|株式会社サンジェルマン|LEDライト、時計・電卓などを販売


レビュー


IMG_6301a.jpg
しっかりしたパッケージに付属品が入っています。
LED LENSERのロゴ入り単4電池2本が付属していたのは驚きました。

IMG_6298a.jpg
後部のキャップにはゴムシーリングが付いており、防滴仕様になっています。
このキャップ部にON/OFFのスイッチが付いています。

単4電池2本で使えますので手持ちのエネループを使ってみました。

IMG_6304a.jpg
付属品はストラップ、ホルスター、ペンクリップです。
ホルスターもおまけ程度の作りではなく、そのまま実用出来るくらいしっかり作られています。

DSC00225.JPG
ノーマルビームの状態です。
単4電池2本のライトとは思えない明るさです。

DSC00224.JPG
本製品の売りであるブルームーンフォーカスです。
綺麗な円状の光になりフチの部分が青く見えます。

この状態で使うと、視認性が非常に良いです。


ペン型ライトということで明るさはあまり期待していなかったのですが、単4電池2本のわりに非常に明るく驚きました。
Amazonで商品説明に14ルーメンとあったのですが、箱には20ルーメンと記載されていました。

仕様が変わったのか、表記間違いなのかはわかりません。
メーカーHPにも20ルーメンと記載されているので20ルーメンが正しそうです。


作りはとてもしっかりしていて、マグライトなどと比べても見劣りしません。
本体は軽量アルミ合金製で安っぽさは全くありません。

後部キャップにゴムシーリングがあり、防滴仕様になっているそうです。
本体はまさに『ペン型』と言えるほど細い作りです。

マグライトのAAやAAAなどと違い、先端まで出っ張りのない作りは見た目もスッキリしていいですね。
バッグのペンホルダーなどにもそのまま入りそうです。

本体には細かい溝が掘ってあり、滑りにくくなっています。
クリップは好みに応じて付ける事が出来ますが、私はスッキリした見た目で使いたいので付けないで使うことにしました。


そして、本製品の売りであるブルームーンフォーカスも試してみました。

非常に綺麗な円状の光になり、フチの部分が少し青く見えます。
まさに満月のような光です。

普通のライトのようなノーマルビームと切り替えて使うことが出来ます。
先端部を回して切り替えます。

多少金属の擦れる感じはありますが、しっとりとした回し具合です。
1回転と3/4くらい回ります。

発光部には光を反射するリフレクターの他にレンズもあり、この組み合わせで配光を調整しているようです。

今まで使っていたペン型ライトではこういう均一で綺麗な光は出ませんでした。
どんな感じなのか興味があったのですが、暗いところでの視認性が非常に良くなりました。

エンジニアのためのフラッシュライトという謳い文句もわかりますね。

以前使っていたPanasonic製の自転車用のライトも同じようにレンズが入っていて均一な光が出ました。
その時も路面が非常に見やすい感じでしたのでそのイメージで買ってみたのですが、思いの外綺麗で驚きました。

P4の先端部にはレンズらしきものが入っているのが見えます。
マグライトなどは結構ラフに扱っていたのですが、このレンズ部を見るとちょっとした衝撃やキズなどが恐いですね。


価格は、Amazonで2100円ほどでした。
付属品も充実しているP4はコストパフォーマンスが高いと思います。

ただ、サイズからもわかるとおり、明るいとはいえ広範囲を照らすものではありません。
災害時などに使うにはもう少し大型で照射時間の長いものを用意した方がいいかもしれません。

LED LENSERは他にも色々なモデルがあるので大型のライトなども使ってみたいですね。



B001I8ZTCWLED LENSER(レッドレンザー) P4 【明るさ14ルーメン/実用点灯3.5時間】 OPT-8404
LED LENSER(レッドレンザー) 2008-10-20

by G-Tools


Home > タグ > LED LENSER

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top