ホーム > タグ > KIRK

KIRK

待ちに待ったKIRK EOS 5D Mark IIIボディ専用カメラプレートが届いた!

2M4C0531.jpg

いまだに純正アクセサリが発売しきっていないCanon EOS 5D Mark IIIですが、サードパーティ製アイテムで発売を待っていたものがあります。
それが、KIRK製のカメラプレートです。

日本のKIRK正規販売店のスタジオJinさんで発売予定の告知が出てからずっと待っていました。
そろそろ発売日が決まったかなと思い、メールで問い合わせたところ丁度入荷したところでした。

まだホームページ上に商品のページが出来ていなかったのですが注文は受けてくれるとのことだったのですぐに頼んでしまいました。
発送も早く丁寧な梱包でとても感じの良いお店です。

ホームページの詳細な説明などを見るととても詳しく書かれていて素晴らしいですね。

 link >>  【楽天市場】【KIRK】EOS-5D Mark IIIボディ専用カメラプレート:スタジオJin



撮影機材類にKIRK製のクランプやブラケットを導入しているのですが、すっかりお気に入りになってしまいました。
とにかく作りがしっかりしていて物として魅力があります。

単にカメラを雲台に固定するための道具としては少々高価な気もしますが、この作りの良さを味わってしまうと気にならなくなってしまいます。
まだ一部雲台用のクランプを用意していませんが、いずれは全てKIRK製のクランプ&プレートで統一してしまいたいところです。

RRSなどもそうだと思いますが、特定のカメラやレンズ専用に作られているのでまるで純正品のようにピッタリ合います。
このピッタリというのが重要で、設置したときにグラグラしないのが良いです。

汎用のクイックシューはゴムやコルクが貼ってあったりしてそれをネジで締めて固定するのですが、これが重量のある機材だと斜めや横にしたときにズレたりしてしまうことがあります。
専用設計でガッチリ固定されているプレートならその気になるズレなども防げます。

そもそも雲台はそのままでカメラを固定出来るようになっています。
アルカスイスの雲台のようにカメラ側のプレートが別売りのものもありますが、多くの物はあらためてプレートなど買う必要は無いと思います。

写真の写りには直接影響しにくいところかもしれませんが、こういうアイテムが撮影を楽しくさせてくれるんですよね。


KIRK クランプ&プレート用に工具を揃えてみた

2M4C0516.jpg

使うほどにその便利さと作りの良さを実感してくるKIRKのクランプとプレートです。
各商品にはヘックスレンチがセットになっていますが、工具好きとしては出来れば名の知れたメーカーの工具を使いたくなります。

そこで、使用頻度がかなり少ない物もありますが、KIRKのクランプ&プレート用に工具を揃えてみました。

まずは、どんな工具が必要か調べてみます。
KIRK Enterprisesの正規販売店であるSTUDIO JinのWebページによると以下のサイズのレンチを使うようです。


サイズ 主な用途
1/16in セーフティスクリューの着脱
BH-1・QRC-2.5・QRC-3・QRC-4のクランプ回り止めネジの着脱
1/8in L-ブラケットのストラップコネクターの着脱
9/64in アルカスイスB1/Z1のクランプ着脱(六角穴付き皿キャップネジ固定旧タイプ)
5/32in カメラプレート・レンズプレートの着脱(1/4-20in皿キャップネジの六角穴に使用)
3/16in キングコブラのクランプ部の前後バランス調整
7/32in Manfrotto用クイックリリースクランプ(SQRC-3157・3265・3271・501PL・Hex)の回転
(3/8-16in皿キャップネジの六角穴に使用)
2.5mm レンズフットの着脱(取り付けネジの穴が深い場合は届きません)
3mm レンズフットの着脱(取り付けネジの穴が深い場合は届きません)
アルカスイスB1/Z1のクランプ着脱(六角穴付き皿キャップネジ固定新タイプ)
4mm ミリ規格の六角穴付き皿キャップネジM6用

 link >>  【楽天市場】【Wera】六角ビット ヘックスプラス:スタジオJin


インチサイズのヘックスレンチは持っていなかったので、Weraの950SPKL/9SZを用意しました。
9本セットのうち4本使います。

そして、インチサイズで足りない1/16in、9/64inは、KTCのばら売りレンチを用意しました。
WeraかPBのものを探したのですが、ちょっと見当たらなかったので国産のKTCにしました。

それぞれボールポイント付きで、9/64inの方にはMADE IN JAPANの刻印があります。
1/16inは細いので刻印は難しいそうですが、パッケージにMADE IN JAPANの文字があります。

残りのミリサイズは、愛用のPB 212LH-10 RBから3本使います。
3mmのレンチはアルカスイスのクランプを外す際に使いました。

同一メーカーで揃えられなかったのが少し残念ですが、これでKIRKのクランプ&プレートには足りると思います。
ミリサイズのレンチは他にも使うことは多いと思いますが、インチサイズはあまり使わないかもしれません。

PBからもインチサイズのレンチは出ていますが、Weraのレンチも1度使ってみたかったので選んでみました。
Weraのレンチは軸が丸いのですが、PBは軸も六角形です。

さすがにPBのレンチの美しさには1歩及ばない感じはしますが、所有する喜びは負けず劣らずありますね。

1番使うのはプレートの付け外しに使う5/32inあたりかと思います。
セーフティースクリューも1回付ければそうそう外すことは無さそうです。

5/32inが1本あれば困ることはあまり無さそうですが、機材好き&工具好きなのでどうしてもこういうのは揃えたくなってしまいます。
製品に付属の工具でも十分ですが、プレートを取り外したりするほんのわずかな作業の時にニヤニヤしたい人にはオススメの工具です。



B006Q5MVD2年度末特価!! ベラ 強力型六角棒レンチ9本セット 950SPKL/9SZ-HAPPY
ベラ

by G-Tools

B00312LYWMPB:ボールポイント レインボー ヘキサゴンレンチ セット 212LH-10RB
PB

by G-Tools


【レビュー】アルカスイス モノボールZ1のクランプをKIRK製へ交換してみた

2M4C0455.jpg

アメリカB&Hから取り寄せたアルカスイスの自由雲台Z1ですが、購入前にネットで調べてみるとクランプ部を交換されている方が多くおられました。
実際、Z1のクランプはArca-Swissのロゴも入っていて良い感じなのですが、少々使い辛いところもあります。

そこで交換用クランプを用意して付け替えてみることにしました。
用意したのは『KIRK enterprises』のArca-Swiss用クイックリリースクランプです。

以前からKIRKのカメラプレートやブラケットを使っていましたので同じメーカーで揃えました。
ネットで調べてみるとReally Right Stuff(以下RRS)のものを使われている方が多いようでした。

正面にRRSのロゴも入っていてカッコイイのですが、KIRKは他にもいくつか使っていてとても気に入っているKIRKのもので揃えようと思いました。


―注意―
この記事を読んで行なった行為によって生じた損害には当サイトはその責を負いません。
機材を破損させてしまう可能性もありますので十分ご注意下さい。




続きは↓こちら

全文を読む


Home > タグ > KIRK

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top