ホーム > タグ > Carl Zeiss

Carl Zeiss

ペンタコン M42マウント用エクステンションチューブ

IMG_9053a.jpg

久々にカメラ関係のアイテムを購入してみました。
今回購入したのは、M42マウント用のエクステンションチューブです。

エクステンションチューブとは、レンズとカメラの間に挟む円筒形の部品です。
中間リングや接写リングと言われるもので、レンズに追加することにより、さらに近づいて撮影出来るようにするためのものです。

モノは、ただの筒で中にレンズなどは入っていません。


今回は、このエクステンションチューブとCarl Zeiss Jena TESSAR f2.8/50mmを使って、どのくらい寄れるかやってみました。
HANSAのM42→EOS用マウントアダプターも合わせて使用しています。


続きは、↓こちら。

全文を読む


Carl Zeiss Jena TESSAR f2.8/50mm


今年2つめのレンズをげっとしました\(^o^)/

現行品ではなく、M42マウントの古いレンズで、「カール・ツァイス・イェナ テッサー」というレンズです。
先日購入したFLEKTOGON 35mmと同じカール・ツァイス・イェナのレンズですw

実は、特に記事内では言及していないのですが、今年に入ってだいぶレンズを処分しました(/ω\)
このサイトについてでさりげなくレンズが減っていってますw

SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DGが1番のお気に入りなのですが、Canon EF-S 60mm F2.8 マクロ USMも捨てがたいものがありました。
ですが、超音波モーターだからなのかわかりませんが、ピントリングの回し具合がどうにも気に入らずキヤノンの60mmは手放してしまいました><

そうすると、FLEKTOGONの35mmとシグマの70mmで焦点距離がずいぶん空いてしまったのです(/ω\)
同じシグマの銘玉である50mmマクロを入れようかと思ったのですが、、、

やぱりカール・ツァイスの名が付くとなんともいえない魅力があるのですwww


全文を読む


Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON f2.4/35mm


久々にレンズを購入しました(/ω\)

現行品ではなく、古いレンズでM42マウントのカール・ツァイス・イェナ フレクトゴンというレンズです。
昨年発表のあったトキナーの35mmマクロレンズが欲しいな~と思っていたのですが、急にこれを買ってしまいました(/ω\)

実は、某所で話が出たのを機に衝動買いしてしまいました(ノ∀`)タハー
私自身、こういう古いレンズを買うのは初めてなのですが、うまく使えるかどうか、、、orz

M42マウントというレンズなので、私の使っているCanon EOS 40Dでは使えません><
マウントアダプターというものを間に挟んで使うことになりますw

マクロレンズではないのですが、最短18センチまで寄れるみたいです。
普段、よく使用するSIGMA 70mmマクロレンズと比べると、おそろしく小さいですねw

フィルター径は49mmです。
小さいのにずっしりと重みがあり、金属の質感がステキです(/ω\)




戦車や飛行機は昔のモノが好きなんですが、カメラのような精密な光学機器は現行品がイイなぁ~と思ってました。
ですが、実物を見ると、やう゛ぁいくらいイイ感じですね~゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

これが、世に言う「レンズ沼」というヤツなのでしょうか、、、orz
危険な香りがします、、、(/ω\)

カール・ツァイスというと、多くの方がご存じの名前だと思います。
ですが、イェナとは何でしょう?

これは、ツァイスの本拠があった都市の名前だそうです。
旧東独領の都市だそうで、現在はオーバーコッヘンという都市がツァイスの本拠のようです。

マウントアダプターももちろん注文したのですが、こちらは取り寄せ1週間ということで、、、orz
今週末に間に合えば、早速使ってみたいと思いますw

うまく撮れるかびもうですが、、、><


参考文献:
マップカメラ ヴィンテージカメラ情報
http://news.mapcamera.com/mapsele.php?itemid=3321



(2008/09/28:画像のurl、表示を変更。)


Home > タグ > Carl Zeiss

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top