ホーム > タグ > Atok

Atok

Atok2018でパッケージ版が廃止になり月額制のみに

毎日ブログ更新のためにそれなりの量の文字を入力しています。
たまに移動中の空き時間を利用してスマホで書いてみようと思ったりしますが、どうもスマホでの文字入力には慣れず、遅い上に捗らないので自宅PCのみでやっています。

そのため、文字入力のしやすさに直接関わるキーボードと日本語入力はPCの中でも特に気になるところです。
キーボードは長いこと東プレ製を愛用していますが、日本語入力はAtokを愛用しています。

Atokを最初に使い始めたのはWindows95~98の頃だったと思います。
ブログを始めたのはもっと後のことですが、当時からWindows付属のMS-IMEの変換性能に不満があったのでわざわざAtokを購入して使っていました。

それ以降、MS-IMEに戻ることは無く、Google日本語入力もちょこっと試してみて使いにくくてやめました。
そんなAtokですが、数年前からパッケージ版をやめて月額制に移行しました。

パッケージ版は毎年バージョンアップして新しくなるのですが、だいたい2~3年に1回買うくらいでした。
月額制は最も安い月286円(税別)だと、2~3年に1回買うよりは高いですが毎年アップグレードするよりは安いです。

バージョンアップをしてもそれほど大きく変わるものではないですが、毎日のブログ更新でほんの少しでも文字入力がやりやすくなるのなら年3,600円くらい良いかなと思い月額制にしてみました。
その月額制で使っているAtokがこのたびパッケージ版を終了して月額制のみになるとのことです。

 link >>  【速報】新ATOK、パッケージ版廃止で月額制のみに ~新バージョンは2018年2月1日提供開始 – PC Watch


現在発売中のAtok2017のパッケージ版は継続販売するようですが、2018の提供後はそういつまでも販売はしないでしょう。
Atokを使っていて月額制はイヤだという方は無くならないうちに2017を買っておいた方がいいかもしれないですね。

こういったサブスクリプション制というと真っ先にAdobeを思い出します。
Adobeのソフトがサブスクリプション制になってから結構経ちますが、こちらはまだ移行せずにCS6を使っています。

Photoshopも一時期はフィギュア写真の加工によく使っていましたが、いまはブログに貼る写真を加工するだけに使っています。

機能的にCS6で問題ないのとそのためだけにサブスクリプション制に移行するにはちょっと月額が高いというのがその理由です。
近い将来、自宅PCを新しくしてWindows10に移行する時に古いCS6から乗り換えようかなと思っています。

Atokの話を掲示板などで見ると月額になったらもう使わないとかAtok終わったとか散々なコメントが多かったです。
確かにWindowsに標準でIMEは付いていますしGoogle日本語入力も無料で使えます。

それを考えると毎月お金を払ってまで使うのはもったいないかもしれませんが、インストール可能デバイスも10台まで使えますし文字入力の機会が多いのなら月300円程度は高くはないと思います。
昔と比べてATOK Syncなど便利な機能も追加されてきていますし、今後も無くならないで欲しいところです。

そして、日本人が日本人のために作ったというソフトと考えると今後も応援したくなりますね。


Atok2016のリフレッシュナビが面白い

20160208194139s.jpg


普段メインで使っている日本語IMEのAtokが少し前にバージョンアップしました。
月額版のATOK Passportを使っているのでそのままJUSTオンラインアップデートで簡単にアップグレード出来ます。

毎年この時期にバージョンアップするAtokですが、日本語入力自体はさほど進化しているようには感じません。
MS-IMEなど他の日本語入力に比べてだいぶ使いやすいですが、バージョンアップしたからといってほとんど進化は実感出来ません。

昔使っていたパッケージ版は、2~3年に1回の更新でもまったく問題ありませんでしたし、今でも2~3年前のバージョンで問題なくいけると思います。
とはいえ、なんとなく変換効率が良くなりそうな気がするのと、パッケージを買うのが面倒だったりするので月額版で毎年更新しています。

日々の使用で特に大きな問題はありませんが、どうもオンラインゲームとの相性がよろしくなかったようで、FFXIやTERAなどで若干不具合を感じることもありました。
また、原因不明ですが、Chromeを使用中に日本語入力が出来なくなることがあったりするのでもう少し安定してくれるとうれしいですね。


そんなAtokですが、今回のバージョンで面白い機能が付きました。
『リフレッシュナビ』という機能です。

 link >>  日本語入力システム ATOK 2016 for Windows | ジャストシステム


ブログの記事を更新しているときに出てきて気づきました。

最初は、また余計なものを付けたなぁと思ってのですが、見てみると入力文字数とか入力ミスの回数が結構参考になったりします。
ブログの入力時間などきちんと測ったことは無かったですが、入力時間や指の移動距離などという変わったデータも出ていたりして面白いです。

ゲームもそうですが、ブログも夢中になってやっていると意外と時間が経つのが早いです。
昔だったらすぐにオフにしてしまう機能ですが、歳とともに同じような作業でも思ったよりも疲労が来たりしますので休憩を挟む良い目安になります。

目薬を付けたり、お茶を飲んだり、一段落付けるのに便利です。


Atokの学習情報をリセットしてみた

自宅PCの日本語入力は、確かWindows98の頃からAtokを使っています。
だいたい1年ごとにバージョンアップしてきて数年前から月払いのAtok Passportを使うようになりました。

何度か他のIMEを使ったりもしましたが、Atokが使いやすくて戻ってきてしまいました。

以前はPCを新調した際にOSから何からクリーンインストールしてAtokも単語登録した内容のみ引き継いであとはまっさらにして使っていました。
わりと短いサイクルで新しい環境にしていたのですが、最近はPCの性能向上も緩やかになってきたので新調して長い期間使うようになりました。

そこで気になってきたのが、Atokの誤変換です。

Atokには学習機能があるのですが、入力を間違えたものまで丁寧に覚えてしまっています。
学習して使いやすくなるどころか逆に変な変換が増えて使いにくくなってきました。

このへんは使用者の使い方にもよるので人によっては学習効果でレベルアップしている方もおられるかもしれません。
それが、私の場合はどうやら逆効果のようでした。

特に目立つところで気になったのが、『つかう』の変換候補に『つ買う』が出てくることでした。
おそらく、『(´・ω・`)つ買う』とか打った時のものかなと思うのですが、結構『使う』というのは変換することが多いのでいつも鬱陶しく思っていました。

どうにかしたいと思いつつ面倒なので放置プレイで使っていましたが、ふと思い出したのでこれをリセットしてみることにしました。


20150703191447s.jpg

Atok プロパティ内の『入力・変換タブ』の左側にある『プライバシー』から『学習情報のクリア』を押してリセットしてみました。
自分で登録した単語を除くすべての学習内容がリセットされるので、注意事項をよく読んで実行してください。

これを実行したところ、今まですんなり出てきた変換候補が出てこなくなった感じがしますが、どちらかというと誤変換が減って快適になった感じがします。
手入力で削除したい場合は、『辞書・学習タブ』の『詳細設定』から『ユーザー辞書の編集』を選んで個別に編集すると良いと思います。


20150703191031s.jpg

20150703191020s.jpg

毎日ブログを更新しているわりに普段あまり日本語入力に頓着しないので放置していましたが、定期的にリセットをすると快適に使えそうな気がします。
今まで使っていて学習情報のリセットをしたことはありませんでしたが、これからはテキトーに頃合いを見てリセットして使おうと思います。


1 / 212

Home > タグ > Atok

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top