ホーム > タグ > Android

Android

【War Robots】プレイ動画の撮影を諦めた


YouTubeで色々な人の動画を見るのが好きで、自分も動画を上げてみたいと思いました。
そこで何度か録画を試してみたのですが、どうにも上手くいきません。

ごくごくたま~に上手く立ち回れたりした時など録画しておければなぁと思ったりします。
たいていはボロボロなので実況とかは120%やる気ありませんが・・・。

昔、ラジカセで自分の声を録音して聴いて以来ちょっとしたトラウマがあるので、声を入れて動画配信している人はホントにスゴイと思ってしまいます。


そんなこんなでゲームをやっているAndroidタブであるHuawei MediaPad M2 8.0でアレコレ試してみたのですが、結局まともに動画を保存することが出来ませんでした。

まずは調べていて驚いたのですが、Androidは仕様で音声を録音出来ないという・・・。
端末内で録画するアプリもあるのですが、こちらもそのままでは音声が入らず、どうするのかというといったんスピーカーで鳴らしたものをマイクで録音するというアナログな方法になってしまいます。

なぜこんな仕様になっているのかわかりませんが、ボリューム調整も大ざっぱにしか出来なかったりと頭をかしげることが多いです。
そういえば、私がよく見ているYouTubeのWar Robots動画はみんなiOSなんですよね。

LAN経由でPCへ転送して録画もやってみたのですが、Reflector等を使ってもほんの1~2秒動いて止まってしまいました。
ゲームをやるには支障ないレベルの端末ですが、性能不足かあるいはCPU等のハードの仕様も影響しているのかも知れません。

今さらながらiOS版でゲームを始めれば良かったと思います。
ただ、ずいぶん前にサポートにiOS版とデータ共有できないか問い合わせたところ、クロスプラットフォームは考えているとの返事をもらったので、それが実現するまで録画はお預けかなと思います。

他のゲームではiOS、Android混ざってプレイしているものもあるのでそう難しいことではないのではないかと思います。
ゲーム端末として使うから多少使いにくくても良いかと甘く考えてAndroidタブでプレイを始めたのが間違いだったと少々後悔しています。

ただ、iPhoneでは画面が小さくてやりにくいですし、iPadは古くなって容量がまるっきり足りませんし、既存のゲームもたまにカクついたりする有様です。
そろそろ新しいiOS端末が欲しいなぁと思っています。


【Android】Walking War Robotsをやってみた!


Screenshot_2016-07-28-14-17-14s.jpg


RealRacing3でCMを見て気になっていたゲームです。
無骨なロボットが弾丸を撃ちまくっている様子が非常に面白そうに見えて面白そうだと思いました。

ただ、ゲーム自体はPvPなのでそこが気になるところでしたが、いざやってみるとあまり対人バトルという感じもせず、面白かったです。
ロボット同士のバトルということですが、基本的に動きが遅く、操作も単純なのでさほど難しくはありません。

 link >>  ウォーキングウォー ロボット – Google Play の Android アプリ


5~6回くらいやれば雰囲気はつかめると思います。
ゲームの流れは、バトルをやって賞金を稼いでその賞金でロボットや装備を買ったり強化したりします。

オンラインゲームなのでクランというMMOのギルドのようなものもありますが、1人でも十分楽しめます。
PvPということで敬遠したくなるかもしれませんが、NPCよりも動きが複雑で面白いです。

マッチングもいくつかレベルがあるようで、最初から強い相手と当たらないよううまく出来ています。
なかなか資金が貯まらないのは多くのゲームと一緒です。

早く強いロボットや武器を手に入れるには課金しなければいけませんが、焦らなければ無課金でも十分楽しめるようになっています。
始めて2週間くらいですが、LV20を越えてロボットもそこそこ強化出来、装備も良い物が買えるようになりました。


Screenshot_2016-07-28-14-04-01s.jpg

Screenshot_2016-07-28-14-04-31s.jpg

まだ4スロットを解放出来ませんが、3機それぞれ装備も落ち着いてきました。
お気に入りは、ちょっとズングリした感じでスピードは遅いですが耐久力があるBoaです。

近接戦闘型で1対1ならかなり強いですが、足が遅いので複数の遠距離型に狙われると手も足も出ずにやられることも・・・。
新装備を優先して付けている機体です。


Screenshot_2016-07-28-14-04-53s.jpg

Cossackは紙装甲ながらスピードのある軽ロボットです。
俊足を生かしてビーコン取得のために使います。

紙装甲ながら、R40M Orkanを使って敵の懐に入ってしまうと戦闘でも結構強いです。
初期装備のままだと辛いですが、鈍重な相手の周りをクルクル回りながら撃っているとそれだけで倒せてしまったりします。


Screenshot_2016-07-28-14-05-25s.jpg

そして、軽武器が4つ積めるGI.Pattonです。
最初のうちは、4つの武器で強いと思ったのですが、スピードが遅く耐久力もあまり高くないので見た目の攻撃は派手ですがあまり・・・。

なるべく攻撃を受けないようにして攻撃出来るようにAT SpiralやSM NORICUMを使っています。
中~遠距離型という感じで使っていますので接近戦をやられると簡単に負けてしまいます。

射程距離ギリギリを保ちつつつかず離れず影に隠れながら攻撃します。
正直、そろそろ使うのが辛くなってきましたので次に使う機体のために貯蓄中です。

ただ、最初の頃はAT Spiralを4つ装備して一斉射すると結構強いですし、ロックオンして撃つので慣れていない頃は戦いやすいと思います。



フロントミッションが好きだった人には結構楽しめそうなロボット対戦ゲームです。
機体や装備の数も程よく、自分好みのロボットに出来るのが楽しいです。

iOS版でやろうかと思ったのですが、せっかく艦これのために買ったAndroidタブも今ひとつ出番が少ないのでAndroid版で始めました。
Huawei MediaPad M2 8.0でやっていますが、カクツクこともなくスムーズに動きます。

ただ、プレイ中に通知音が鳴ると音が出なくなる不具合があります。
サポートに聞いてみましたが、アプリケーションの不具合として認識しているそうです。

ちなみにこのゲームのサポートは、返事がかなり早いです。
多少怪しい日本語ですが、2時間くらいで返事が来たりしてなかなか好印象です。

連射出来るレア武器満載で近距離からハメ撃ちのようにしてくるプレーヤーもいたりしてPvPが苦手な人は多少苦い思いをすることもあると思いますが、基本的にあまりPvPを意識せずに楽しめます。
各ロボットの特徴を生かした戦い方が出来るようになってくるとなかなか面白いです。

1日4~5戦くらいでもそれなりに資金は貯められますので毎日少ししか出来なくても楽しめると思います。

いわゆるガンダム的なアニメぽぃデザインのロボットではなく、リアルな感じの機械的なロボットというのがたまりません。
グラフィックも綺麗ですし、しばらく楽しめそうなゲームです。


【Android】『トランスポート・エンパイア』をやってみた


Screenshot_2016-07-04-16-14-02s.jpg


以前からiOSなどで何か箱庭シミュレーションゲームをやりたいと思っていました。
箱庭シミュレーションというと、シムシティやA列車で行こうなどを思い浮かべます。

PCゲームでもトロピコやレイルロードタイクーンなどをやったりしました。
iPhoneのサイズだと厳しいですが、iPadなら十分楽しめると思いました。

ですが、手持ちのiPadはメモリ容量が16GBしかなく、RealRacing3とKindleだけでも結構いっぱいいっぱいな状態でした。
そんな中、先日艦これ用に購入したAndroidタブレットがそれなりのサイズでしたのでこちらでゲームをやってみようと思いました。

何が良いかなと探しているときにRealRacing3でCMをやっていた『トランスポート・エンパイア』というのが面白そうなので試してみることにしました。


Screenshot_2016-07-04-16-15-21s.jpg

 link >>  トランスポート・エンパイア・Transport Empire – Google Play の Android アプリ


鉄道を主体としたもので、結構面白いです。
機関車、船、飛行船などを動かして資材や資金を集めて街を大きくしていきます。

残念なのは線路は自由に敷けるわけではなく、決まったところにしか敷けないことでしょうか。
自分好みに街を配置出来るわけではなく決まったところに資金と資材を使って建てていく感じです。

配置の自由度が無いのが残念ですが、緻密なグラフィックで小さい機関車がちょこちょこ走るのを見ているのはなかなか楽しいです。

こういうゲームは見ているだけの時間が長くなりがちですが、そこは上手く出来ていて、時々汽笛の音ともにミニクエストのようなものが各乗り物から出てきます。
やるかやらないかだけの選択しかありませんが、わりと頻繁に出てくるのでやっていて意外と退屈しません。

最初は基本的に表示されるミッションをこなしていけば街は大きくなっていきます。
レベル9~10くらいからは資材のやりくりがちょっと大変になってきましたが、新しい街も開放されたりしてだいぶ成長してきました。

資材の運搬や建物の建設など色々な作業にはすべてリアル時間がかかります。
レベル11の段階で完了に10時間以上かかったりするものもありますので先へ進むほど時間がかかるようになりそうです。

PCと比較して性能の劣るスマホやタブレットでも十分出来るのかと思っていましたが、なかなか綺麗なグラフィックでゲーム的にも面白いです。
登場キャラクターなどもわりと日本人好みな感じで悪くありません。

ただ、日本語訳がかなり怪しいところが多いのが残念です。
資材や乗り物などで課金がありますが、急がなければ無料で十分楽しめます。

自由度の高いものを期待するとやや期待外れかもしれませんが、やってみると思った以上に奥深く作られているので長く楽しめそうな気がします。


Home > タグ > Android

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top