ホーム > タグ > 変態王子と笑わない猫。

変態王子と笑わない猫。

「変態王子と笑わない猫。カントクアートワークス」を買ってみた

IMG_0479s.jpg

ずいぶん前に予約をして最初の発売日から少々遅れての発売になった『変態王子と笑わない猫。カントクアートワークス』が届きました。
好きな絵師の筆頭に上がるカントク氏の画集ですが、実は画集を買うのは初めてだったりします。

今回の変態王子と笑わない猫。の画集以外にも何冊か出ているのですが、残念ながらいまだ購入していない状態です。
それらもいずれ揃えたいと思っています。

変態王子と笑わない猫。は、アニメも全部見ましたがなかなか面白かったです。
ストーリーは・・・ちょっと???なところもありましたが、カントクのイラストが綺麗にアニメ化されていてもうそれだけで満足でした。


そして、肝心の本書の内容ですが・・・。

前半100Pはフルカラーで変猫のイラストを満喫出来ます。
後半はちょっと残念なモノクロページになってしまいますが、カントクのコメントなどもちょこちょこ入っていたりしてなかなか悪くないと思います。

ツイッターのようなほんの一言二言のコメントが入っていますが、これだけでも絵師のコメントが読めるとその絵を見るのに楽しくなります。
そして、このコメントがまた面白いのです。

絵は相変わらず綺麗ですね。
そんなに特徴のある絵を描いているようには思えないのですが、なぜか一目でカントクの絵だとわかるのはすごいと思います。

さりげなくキワドイ絵が混ざっていたりするのですが、絵の感じが明るく優しい感じなのでサラッと見られます。
カントクの絵はどれだけキワドイ絵でも決して卑猥に見えないのが不思議です。

予約してからずいぶん発売を待っていましたが、なかなか満足度の高い1冊でした。
やはりカントクの絵は良いですね。



4040663268変態王子と笑わない猫。 カントク アートワークスカントク
KADOKAWA/メディアファクトリー 2014-04-24

by G-Tools


ワンダーフェスティバル2012[夏] イベントレポート ~8-15-14 鶴の館~

ワンダーフェスティバル2012[夏] 看板

2012年7月29日(日)に幕張メッセにて開催されたワンダーフェスティバル2012[夏] イベントレポートです。
今回は、『8-15-14 鶴の館』をお送りします。


イベント概要

======================================================
ワンダーフェスティバル2012[夏]

■ 期日
 2012年7月29日(日曜日)
■ 開催時間
 10:00~17:00
■ 会場
 幕張メッセ 国際展示場1~8ホール
■入場料
 ¥2,000(税込)
■ 主催
 ワンダーフェスティバル実行委員会 / 株式会社 海洋堂
======================================================


8-15-14 鶴の館

 link >>  鶴の館


鶴の館 ブース

鶴の館 POP



全文を読む


ワンダーフェスティバル2012[夏] イベントレポート ~8-19-01 Kuni 20xx~

ワンダーフェスティバル2012[夏] 看板

2012年7月29日(日)に幕張メッセにて開催されたワンダーフェスティバル2012[夏] イベントレポートです。
今回は、『8-19-01 Kuni 20xx』をお送りします。


イベント概要

======================================================
ワンダーフェスティバル2012[夏]

■ 期日
 2012年7月29日(日曜日)
■ 開催時間
 10:00~17:00
■ 会場
 幕張メッセ 国際展示場1~8ホール
■入場料
 ¥2,000(税込)
■ 主催
 ワンダーフェスティバル実行委員会 / 株式会社 海洋堂
======================================================


8-19-01 Kuni 20xx

 link >>  Kuni20xx_Top


Kuni 20xx ブース 1

Kuni 20xx ブース 2



全文を読む


1 / 212

Home > タグ > 変態王子と笑わない猫。

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top