ホーム > タグ > リサーチアルチザン

リサーチアルチザン

使わなくなったサーバーの使い道

先日サーバー移転をした後、元のサーバーはそのままになっていました。
新サーバーでWordPressに何か不具合でもあると困るのでバックアップのつもりで残しておきました。

あれから半月ほど経ち、特に問題無さそうなのでその旧サーバーをどうしようかとしばらく考えていました。
サックリと解約しても良いのですが、割安の1年契約をしてしまっているのでそうもいきません。

かといって、サーバーの容量も2つ使うどころか1つの2割ほどしか使っていません。
このまま遊ばせておくのももったいないと思い、リサーチアルチザンLiteを動かすことにしました。

 link >>  国産オープンソースPHPアクセス解析CGI – Research Artisan Lite – リサーチアルチザンライト


実は以前にも使っていたのですが、サーバーの負荷が上がってしまいリソースの制限をかけられてしまって泣く泣く外すことになりました。
管理画面が非常に見やすくて気に入っていたのですが、その時は別途レンタルサーバーをもう1つ契約してまで使おうとは思いませんでした。

ですが、今回使わなくなったサーバーが出来ましたのであらためて使い始めようと思いました。

現在、アクセス解析はGoogle Analyticsのみを使用しているのですが、これが解析内容は良いのですが結構見にくいのが難点です。
いつだったか解析画面が新しくなった際などいままで見ていたデータがどこにあるのか探すのに苦労しました。

信頼はあるのですが、使い勝手がイマイチなのが気になっていました。

その点、リサーチアルチザンLiteは解析データが見やすいのが気に入っています。
ただ、逆に信頼性はどうなのかなという不安はあります。

何しろ自分でファイルをアップロードして動かしていますので不安でいっぱいです。

今回、再度動かすためにサーバーにファイルをアップするにもすっかりやり方を忘れていました。
ですが、自分で言うのもなんですが、過去に動かし方を記事にしておいて良かったと思いました。

さくらインターネットのレンタルサーバーでリサーチアルチザンLiteの動かし方は、こちら

当時はスタンダードプランではデータベースは1個しか使えませんでしたが、現在は20個も使うことが出来ます。
さくらのコントロールパネル内でのデータベースの設定がほんの少し変わっていますが同じように出来ました。

サクッと設定して早速動かしてみました。
サーバーを分けているおかげか、ブログの表示速度に影響は出ていないように思います。

ひとまず、旧サーバーではリサーチアルチザンLiteを運用しておこうと思います。
ですが、これだけでももったいないのでWordPressでもう1つブログなどを作ってみようかとも考えています。

もちろん、このブログですら毎日1回更新するのがやっとの有様です。
WordPressのテーマを写真掲載に特化したものにして、このブログにある写真を見栄え良く並べるような使い方を考えています。

最近は、なかなかやりたいことが出来ないのでいつになるのやらという感じですが・・・。


アクセス解析の「Research Artisan – リサーチアルチザン」サービス終了

当サイトでもLite版を利用しているアクセス解析のリサーチアルチザンですが、残念なことに2010年5月28日(金)にてサービスを終了するそうです。

 link >>  「Research Artisan – リサーチアルチザン」サービス終了のお知らせ


アクセス解析としては、Google Analyticsとともに利用者の多いサービスではないかと思います。
Google Analyticsと違い、リアルタイムでの計測が出来たりと機能面でも優れたサービスだと思ったのですが、やはり無料で提供し続けるというのは大変なことなのかもしれません。

当サイトでは、お試しで少しだけ導入したことがあったのですが、現在はサーバにインストールして使うLite版を利用しています。
幸い、こちらの方は継続して開発されるようです。

Lite版は、導入してから3ヶ月くらい経ちますが、その間に2~3回ほどVerUPしています。
導入は、それほど面倒ではありませんでしたが、VerUPが思ったより面倒に感じます。

とはいえ、WordPressなどを使われている方でしたら、さほどの苦労もなく導入できると思います。
ただ、残念なことにリサーチアルチザンのデータをリサーチアルチザンライトに移行する事は出来ないそうです。

このあたりは、利用されていた方には多少キビシイ感じがありますね。
なお、サービス終了にあたり、いくつか注意点があるようです。


  • 新規のユーザー登録は終了。
  • サービス終了後はデータにアクセスする事ができないので、必要なアクセスログは「データダウンロード」機能よりダウンロードする。
  • サイトに貼り付けられている解析用タグやランキングタグ・足あとタグを削除する。
  • リサーチアルチザンのデータをリサーチアルチザンライトに移行する事はできない。

Lite版の開発は継続するとはいえ、無料ブログなどを利用されている方々は使うことが出来ないと思います。
優れたサービスだっただけに残念な終了ですね。


さくらでResearch Artisan Lite(リサーチアルチザンライト)を使ってみる。


さくらインターネットでResearch Artisan Lite(リサーチアルチザンライト)を使ってみる。

researchArtisan_logo

久々にブログを少しいじっているのですが、以前から気になっていたアクセス解析のリサーチアルチザンを当サイトを運用しているさくらインターネットのレンタルサーバーにて使ってみることにしました。
すでに『忍者アクセス解析』『忍者ブログ解析』『GoogleAnalytics』と使っているのですが、どれも一長一短でなかなか1つに絞り込めないでいました。

 link >>  アクセス解析コミュニティ – リサーチアルチザン


毎月公開しているアクセスランキングでは、『忍者アクセス解析』『GoogleAnalytics』の結果を載せていますが、概ね同じような結果になっているので、より高機能な『GoogleAnalytics』だけでも良さそうな感じがしています。
『忍者ブログ解析』は全く使っていないのですが、設置してしまったのでなんとなく外せないでいる感じです。

ただ、毎日ちょこちょこ確認するには『忍者アクセス解析』の方が見やすいのでそちらを主に使っています。
そもそもアクセス解析といっても、主な使い方は記事を紹介していただいた確認くらいだったりします。

相互リンクしていただいているサイトさんでしたら問題ありませんが、知らないサイトさんにご紹介いただけた時などは、解析が無いとわかりません。
あとは、毎月の人気記事から今後の方針を考えたり、アクセス数を見てニヤニヤしたりするくらいですね。

その程度なので、2つも3つも必要無いのですが、1つの解析が正しいかどうか不安もありますのでいくつか比較で使っています。
ですので、さらに増やす必要は無いのですが、今回ちょっと気になる機能を見つけたので導入してみました。


■ 自分の手元で使えるリサーチアルチザンライト

『忍者アクセス解析』『GoogleAnalytics』は機能を提供している会社のサーバーにて運用しているものです。
『リサーチアルチザン』も同じなのですが、リサーチアルチザンにはレンタルサーバーや自宅サーバーに導入して使える『リサーチアルチザンライト』というものがあるのです。

これを見て、先日MySQLをアレコレいじってすっかりサーバーいじりでイイ気になってしまった私としてはぜひ自分のところでやってみようと思いました。
また、自分のところで動かしていれば提供元のサーバーの状態に左右されずにより正確に解析出来るのではないかという感じもします。


■ リサーチアルチザンライトをインストールする

自分のところで使うようにするには、解析コードをブログに貼り付けるだけというわけにはいきません。
それほど難しい作業ではありませんでしたが、インストール作業というものが必要になります。

基本的にはWordPressなどを使われている方でしたらそのままインストールして使えるのではないかと思います。
大まかな流れは、サイトからファイルをダウンロード、必要なファイルをftpでアップロード、専用ページを開いて必要事項を入力するという感じです。

 link >>  リサーチアルチザンライト ダウンロードページ


インストールのやり方や使えるサーバー環境は、ダウンロードしたデータの中の『_manual』の中に詳しい記載があります。
まずは、一通り読んでみると良いと思います。

環境が大丈夫そうであれば、マニュアルを見ながら順番にやっていけば大丈夫です。
ただ、いくつかポイントがあります。


  1. 『public_html(ドキュメントルート)』を『www』に読み替える。
  2. 『setting』ディレクトリと『logs』ディレクトリのパーミッション変更。

私の使っているさくらインターネットでは、ドキュメントルートは『www』になります。
『setting』ディレクトリと『logs』ディレクトリのパーミッション変更は、忘れずに変更します。

『setting』ディレクトリはインストール後に元のパーミッションに戻し、『logs』ディレクトリは戻さずそのままにします。
ちなみに、私の場合はアップロードしたのは、『public_html』の中身と『ra_core』の2つです。

『_crons』は定期的にメールでデータを送ったりするのに使うようなのですが、やり方がよくわからない上に特に必要な機能でもないので使いませんでした。
また、私の使っているスタンダードプランでは、データベースは1つしか使えないので、WordPressで使っているものをそのまま使いました。

その後、http://Webサーバー名/ra/analyze/index.phpにアクセスし、必要事項を入力すれば使用可能になります。


※2012/06/27現在、スタンダードプランではデータベースを20個作成できます。(2012/06/27:追記)


データベース接続設定(さくらインターネットの場合)

  • ホスト名:mysql★★.db.sakura.ne.jp(★★は、数字)
  • ユーザー名:「■■.sakura.ne.jp」の「■■の部分」
  • パスワード:データベースアクセス用のパスワード
  • データベース名:スタンダードプランの場合1コで、ユーザー名と同じ
  • テーブルプレフィックス:問題無ければそのまま

WordPressをお使いの方は、wp-config.phpの記載を見ると良いと思います。


※2012/06/27現在、スタンダードプランではデータベースを20個作成できます。
 そのため、データベース名は『ユーザー名_XX』とすることが出来ます。(2012/06/27:追記)


サイト設定

  • サイト名:サイトの名前
  • URL:サイトのURL
  • パスワード:リサーチアルチザンライトにログインするパスワード
  • パスワード確認:同上

ここまで終わると解析用タグが表示されますので、それをブログやHPに貼り付けます。
あとは、http://Webサーバー名/ra/analyze/index.phpへアクセスし、パスワードを入力すると解析画面が見られるようになります。


■ リサーチアルチザンライトを少し使ってみての感想

導入してまだ1日しか経っていませんが、なかなか見やすくて良いと思います。
『Research Artisan Lite』 と 『Research Artisan』では若干機能に違いがあるようです。

 link >>  Research Artisan Lite と Research Artisan の違い


また、『Research Artisan』の方は、何やらSNSのようなプロフィール公開とかメッセージとかいらないものが色々あるのがちょっと気になりました。
もちろん、『Lite』の方にはありません。

個人的には、国と都道府県が見られるのが面白いかな、と思います。
あと、どちらにもありますが、Adsense解析が良いですね。

実は、この機能があるのを見て導入しようと思いました。
Adsenseをやっている人には定番のアクセス解析らしいです。

機能的には、『GoogleAnalytics』がとても高機能だと思うのですが、どうも使っている言葉遣いなどやや取っつきにくいところがあります。
また、『GoogleAnalytics』と違い、リアルタイムで解析出来るのも良いです。

『忍者アクセス解析』は見やすいので使っているのですが、『リサーチアルチザンライト』の使いやすさを考えると差し替えても良い感じですね。
忍者Toolsは、たまに繋がりにくいことがあるので、気になっていました。

今後、しばらく使ってみてどれか1つ~2つを削除しようかと思います。
さすがにこれだけの数を入れているのは無意味にサイトを重くするだけのような気がしますので。

おそらく、自分のところで運用しているので、サイトが正常に表示出来ている状態であれば解析に問題が出る可能性は少ないのではないかと思います。
もちろん、なんらかのソフトウェア上の問題など発生することもあるかもしれませんが。

解析ソフトを提供している会社のサーバーの運行状況の影響を受けないのは良いと思います。

自分の使っているサーバーへインストールするのが大変そうに思うかも知れませんが、WordPressなどを導入されたことのある方ならわりと簡単に導入できると思います。
なんとなくWordPressのプラグイン感覚で導入してみましたが、しばらく使ってみたいと思います。


Home > タグ > リサーチアルチザン

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top