ホーム > タグ > トランスポート・エンパイア

トランスポート・エンパイア

【トランスポート・エンパイア】プレイ開始から約11ヶ月かかってようやくウィンドホールドに到達!

20170613ss.jpg



昨年の7月に始めて、他のゲームの合間にプレイしていたAndroid版トランスポート・エンパイアですが、ようやく最後の街であるウィンドホールドに到達しました。
毎日チマチマと資金を稼いで約11ヶ月かかりましたが、これでマップ内全てオープンに出来ました。

箱庭ゲームというと色々ありますが、それなりにグラフィックも綺麗で音楽も良い感じで気に入ってやっていました。
とにかく1つの街を開放するだけでえらい時間がかかるのですが、毎日少しずつ資金を貯めながら1つまた1つと街を開放していくのはなかなか楽しいです。

最後の街のウィンドホールドを開放するまで課金は一切しませんでしたが、むしろ課金しない方が楽しめる系のゲームです。
街の周りから資材を集めたり、旅客を運んだりしますが、正直なところシムシティやA列車などと比べるとかなり小規模で物足りなさは否めません。

線路もいくつかの決まった経路しか選べませんが、ちっちゃい機関車が走っているのを見るのはなかなか楽しいです。
シムシティやA列車などはわりと気合いを入れてやりこみたくなりますが、このゲームは他のゲームに飽きたときに1日1~2回くらいポチポチするだけでやっていました。

こういった箱庭ゲームを気軽にやってみたい人には良いかもしれませんが、最終アップデートから1年以上アップデートが無く、最新ニュースも半年以上前のままなのでこれ以上の進展は望めなさそうです。

全ての街を開放してもエンディングにはなりませんので今後も続けることが出来ます。
とりあえず機関車をアップデートしたりしてまだ続けようかと思いますが、近いうちに自分なりに切りを付けてゲームを終了することになると思います。

1年近くやっていましたが、なかなか面白いゲームでした。


【トランスポート・エンパイア】プレイ開始から2ヶ月でようやくLV20達成

わりと空いた時間にチマチマやるだけで楽しめる『トランスポート・エンパイア』は結構面白いです。
この手のゲームは面白いけどわりと飽きるのが早かったりするのですが、良く出来ているので長続きしています。

1つの街を開放するのに1週間とか2週間かかってしまいますが、他のゲームの合間などにちょこちょこやるのに最適なゲームです。
始めてから2ヶ月ほど経ってようやくLV20になり、クラフトヴィレ開放とともに粘土やくさび石が掘れるようになりました。


Screenshot_2016-08-28-14-31-44s.jpg

機関車もモクモクからゼンコーとラックピニオンに変わり22編成ほど使えるようになりましたが、なかなか銀収入が増えないのが辛いところです。

現在の銀のメイン収入は、銀鉱山、旅客輸送、商品販売の3つでしょうか。
デイリー30日でもらったミカドを銀鉱山専用で使っていますが、1日で約50,000銀の収入は大きいです。

コールドポート北側を開放すると銀鉱山が出てきますが、これが結構大きい気がします。


Screenshot_2016-08-28-14-31-22s.jpg

次は、南のローワポート開放に向けて銀を貯めているところです。


【Android】『トランスポート・エンパイア』をやってみた

Screenshot_2016-07-04-16-14-02s.jpg


以前からiOSなどで何か箱庭シミュレーションゲームをやりたいと思っていました。
箱庭シミュレーションというと、シムシティやA列車で行こうなどを思い浮かべます。

PCゲームでもトロピコやレイルロードタイクーンなどをやったりしました。
iPhoneのサイズだと厳しいですが、iPadなら十分楽しめると思いました。

ですが、手持ちのiPadはメモリ容量が16GBしかなく、RealRacing3とKindleだけでも結構いっぱいいっぱいな状態でした。
そんな中、先日艦これ用に購入したAndroidタブレットがそれなりのサイズでしたのでこちらでゲームをやってみようと思いました。

何が良いかなと探しているときにRealRacing3でCMをやっていた『トランスポート・エンパイア』というのが面白そうなので試してみることにしました。


Screenshot_2016-07-04-16-15-21s.jpg

 link >>  トランスポート・エンパイア・Transport Empire – Google Play の Android アプリ


鉄道を主体としたもので、結構面白いです。
機関車、船、飛行船などを動かして資材や資金を集めて街を大きくしていきます。

残念なのは線路は自由に敷けるわけではなく、決まったところにしか敷けないことでしょうか。
自分好みに街を配置出来るわけではなく決まったところに資金と資材を使って建てていく感じです。

配置の自由度が無いのが残念ですが、緻密なグラフィックで小さい機関車がちょこちょこ走るのを見ているのはなかなか楽しいです。

こういうゲームは見ているだけの時間が長くなりがちですが、そこは上手く出来ていて、時々汽笛の音ともにミニクエストのようなものが各乗り物から出てきます。
やるかやらないかだけの選択しかありませんが、わりと頻繁に出てくるのでやっていて意外と退屈しません。

最初は基本的に表示されるミッションをこなしていけば街は大きくなっていきます。
レベル9~10くらいからは資材のやりくりがちょっと大変になってきましたが、新しい街も開放されたりしてだいぶ成長してきました。

資材の運搬や建物の建設など色々な作業にはすべてリアル時間がかかります。
レベル11の段階で完了に10時間以上かかったりするものもありますので先へ進むほど時間がかかるようになりそうです。

PCと比較して性能の劣るスマホやタブレットでも十分出来るのかと思っていましたが、なかなか綺麗なグラフィックでゲーム的にも面白いです。
登場キャラクターなどもわりと日本人好みな感じで悪くありません。

ただ、日本語訳がかなり怪しいところが多いのが残念です。
資材や乗り物などで課金がありますが、急がなければ無料で十分楽しめます。

自由度の高いものを期待するとやや期待外れかもしれませんが、やってみると思った以上に奥深く作られているので長く楽しめそうな気がします。


Home > タグ > トランスポート・エンパイア

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top