ホーム > タグ > ふゆの春秋

ふゆの春秋

ふゆの春秋『制服少女、銃器ARTWORKS』を買ってみた

2M4C2478.jpg

昨年末の冬コミで購入したI.S.WさんのILL ASSIETTE2の表紙イラストを描かれていたのがふゆの春秋さんでした。
その独特の美しい絵柄と色使いですっかりファンになってしまいました。

その後、初画集の『トウカセカイ』を購入したりしました。
最近でもことある毎にふゆの氏のイラストを眺めてウットリしていたりします。

そんな氏の画集がまた発売されたということで早速購入してみました。

 link >>  告知。「制服少女、銃器ARTWORKS」 « technofuyuno
 link >>  ふゆの春秋/制服少女、銃器ARTWORKS 「制服と少女、銃器と四季!」 – アキバBlog


Amazonではすでに完売してしまったのか、2~4週間待ちになっていました。
仕方ないので通販でおまけの冊子が付属するかわかりませんでしたが、とらのあなの通販で購入しました。

ちょっと時間がかかりましたが、冊子のおまけ付きで届きました。


2M4C2480.jpg

本になった氏の絵を見るのはILL ASSIETTE2、トウカセカイに続いて3冊目ですが、今回は『銃器と少女』をテーマにしたイラスト集です。
銃器が好きでないとなかなか魅力が伝わらないかもしれませんが、氏のキャラクターにとても精巧に描かれた銃器が合わさってとても魅力的なイラストが続きます。

美麗なイラストの後に各銃器の簡単な説明やふゆの氏のコメントなどもあります。
トウカセカイでは氏のコメントが読めなかったのがちょっと残念でしたので、それほど多数のコメントではありませんが氏の思うところを知ることが出来たのは良かったです。

ただ、キャラクターのみのイラストが多く、背景が真っ白なのでイラストとしてはちょっと物足りなさも感じます。
個人的には、ILL ASSIETTE2のフェネック少女やトウカセカイの表紙絵のような背景も含めた世界観に最大の魅力を感じますので、残念ながらキャラクターを並べただけという感じは否めません。

とはいえ、銃器は好きですし氏の描くキャラクターも好きですので十分楽しめる内容でした。
それにしてもふゆの春秋氏のイラストはどうしてこうも惹きつけられてしまうのか、不思議な魅力があります。


ふゆの春秋 『トウカセカイ』に惹き込まれる

2M4C2208.jpg

先日行った冬コミで入手したI.S.WさんのILL ASSIETTE 2は、日が経つにつれその魅力がジワジワきています。
特に表紙のふゆの春秋氏のイラストが見るたびに惹き込まれてしまいます。

その独特な水彩のような感じで透明感のある絵は長い時間眺めていても飽きません。
そして、ただの水彩のような感じではなくデザインや色使いのセンスが素晴らしいです。

そんなふゆの春秋氏の他の絵も見たくなって気がついたらAmazonで画集をポチっていました。
内容は過去に発表されたイラストに加え、後半にコミックが2作収録されています。

どれも素敵なイラストばかりなのですが、てっきりILL ASSIETTE 2のフェネック少女のような雰囲気の絵が多いのかと思っていたのですが、水彩少女のような絵も描かれるようでちょっと驚きました。
また、小物類の描写が絵に溶け込むようにあっさりしているのですが、銃器が妙にリアルなのは思わずフイてしまいました。

きっと、ご本人がミリタリー好きなのでしょうね。

画風の違う作品も多いのですが、私は上述のフェネック少女やこの画集の表紙絵のような絵が特に好きです。
これらの絵を眺めているとイラストレーターというよりグラフィックデザイナー的なものを感じます。

『トウカセカイ』は装丁もとても綺麗ですし、久々に絵で感動した1冊になりました。
ただ、惜しむらくはご本人のコメントが少し欲しかったですね。



4862692044トウカセカイ (WANIMAGAZINE COMICS)ふゆの春秋
ワニマガジン社 2012-06-30

by G-Tools


Home > タグ > ふゆの春秋

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top