Home > パソコン

パソコン Archive

Windows10をダウンロードだけしてみた


最近、PCを起動すると毎日のように右下にWindows10がうんたらかんたらというメッセージが出ます。
邪魔だと思いつつもWindows10も使ってみたいなぁと思ったりします。

とはいえ、普通のソフトウェアと違ってOSの更新となると色々と面倒です。
1番の問題はOSをアップグレードしたことによって既存のソフトが動かなくなる、あるいは不具合が出るということです。

正直な話、現在使っているWindows7でなんら不都合がありません。
人によってはXPが現役という方もおられるかもしれません。

XPから7へ乗り換えた際は特にソフトの問題など無かったのですが、一部ソフトでアップグレードが必要だったりと少なからず面倒はありました。
そんなわけで、使ってみたいと思いつつもなかなかアップデート出来ません。

ですが、準備だけはしておいても良いのかなと思いました。
アップデート用にWindows10をダウンロードしてファイルを用意しておくことは出来るか調べてみました。

すると、Microsoftのwebページから専用のツールをダウンロードしてそれを使ってUSBメモリまたはISOファイルで保存できることがわかりました。
まずは、専用のツールをダウンロードします。

 link >>  Windows 10 のダウンロード


MediaCreationToolというツールをダウンロードしてこれを使ってWindows10の準備をします。
実行して順番に必要な項目を選んでいくだけなので簡単です。


20150820134404s.jpg

20150820134453s.jpg

20150820134851s.jpg

20150820134947s.jpg

※注意※ USBメモリの中身は全削除されます。


20150820135009s.jpg

20150820135656s.jpg

20150820140025s.jpg

今回はUSBメモリを使ってみました。
ただ、注意しなければいけないのは、使うUSBメモリは中身が全部消去されてしまうのであらかじめ中身を確認してから実行するということです。

あと、プロダクトキーはどこにあるのか・・・と、思ったのですが、アップグレード元となるWindows 8.1/7のライセンスはアップグレード後にWindows 10のライセンスへと切り替わるそうです。

 link >>  Windows10無料アップグレード後のクリーンインストール可能? | パソコントラブル情報をピックアップ


ただ、Windows10にしてからハードウェア構成を変更すると再認証がどうなるのかとか今ひとつよくわかりません。
特に自作派としてはいつパーツ変更するかわかりませんので最も気になるところです。

現在のWindows7 UltimateにしてからHDDやグラボを変えたりしていますが特に電話での再認証などが必要にはなりませんでした。
ですが、10にしてからパーツ交換して再認証できずに動かなくなったりすると最悪です。

しかも元の7に戻そうとしてもWindows 10のライセンスへと切り替わってしまっていたら7の再インストールにも問題が出そうです。
いずれは変える必要が出てくるであろうOSではありますが、使用上のトラブルが出てくるくらいならセキュリティ問題に目をつぶっても現状維持で使い続けたくなります。

パソコンもスマホもそうですが、現状で問題なく使えているものを最新のものにするとはいえ、あえて面倒くさいことをして不安定にするという行為はやりたくないです。
昔なら新しい物への好奇心でちゃっちゃとアップデートしたかもしれませんが、いつの間にか安定志向になってしまってそういうのが億劫になってしまいました。

とりあえずダウンロードだけしてみましたが、Windows10は半年くらいは様子見しようかなと思います。


インテル製のCPUに脆弱性が発見される


ネットを見ていて久々に驚いた記事を見つけました。
1997年から2010年までのインテル製CPUに脆弱性が発見されたとのことです。

 link >>  1997年から2010年までのインテル製CPUに脆弱性、ルートキット埋め込み可能で対策はほとんどなし – Engadget Japanese


PCの脆弱性というとコンピューターウィルスなどを思い浮かべますが、基本的にウィルス対策ソフトで対策したり最悪の場合はHDDをフォーマットしてOSをインストールし直せば良いかと思っていました。
そして、以前にマザーボードのBIOSに悪さをするものもあったように思いますが、その辺は極特殊なものだと思っていました。

ウィルスはネットやUSBメモリ経由などどこから攻撃されるかわかりません。
幸い私の場合は自宅での長いPC使用歴の中でウィルス感染というのはいまだに経験がありません。

もちろん、メールの添付ファイルなどでノートン先生が未然に防いでくれたことは何度もありますが、感染して酷いことになったということはありません。
感染しても上記のようになんとかなるかなと思っていたのでたいした脅威とは思っていなかったのですが、今日見た記事でかなり驚きました。

PCの心臓部とも言うべきCPUに悪さをすることなど可能なのでしょうか。
ルートキットというのを仕込まれるともう直しようがないというは恐ろしいことです。

いったん仕込まれたらもうそのCPUを交換して廃棄するしかなさそうな感じです。
とはいえ、前段階として攻撃者がPCのカーネルにアクセスできる必要があるそうなので、そこをいかに防ぐかというところでしょうか。

ちなみに今自宅で使っている2台のPCは、Core i7-2600K(Sandy Bridge)とPentium G2120(Ivy Bridge)なので記事の情報からするととりあえず問題はなさそうです。

最近のPC関連パーツは以前ほど性能の向上が少なくて同じパーツを長く使うようになりました。
結構古いCPUでも十分な速度が出ていたりするので思ったよりも古いCPUを現役で使われている方も多いかもしれません。

ただ、いきなり前触れも無く悪さをされるわけではないので、やはり普段からのPC利用をきちんとすることが大事だと思います。
私もたまに怪しげなwebサイトを見たりしてノートン先生に閲覧を止められることがあります。

便利そうなフリーソフトをどことも知れないサイトから拾ってきて試したりすることもありますが、最近はいきなり解凍したり実行したりしないでまずはウィルスチェックをするようにしています。
ウィルス対策ソフトを入れるとPCが重くなるのは昔から変わらずですが、所々でウィルスを駆除してくれたりするとやはりありがたく感じます。

おそらくすぐに身近な問題になる事案ではなさそうな気がしますが、この記事を読んでいて普段からのセキュリティに対する意識をあらためて考えさせられました。


Norton 360 Onlineをバージョンアップしてみた


20150801200128s.jpg


昔から愛用しているウィルス対策ソフトのノートンですが、数年前からOCNのOnline版を使うようになりました。
以前はバージョンアップごとにパッケージを購入していたのですが、Online版の方が面倒が無くて良いかなと思い乗り換えました。

現在、こういったOnline版はノートンとAtokで使っています。
Atokの方はバージョンアップをしてもあまり変わらないような気がしているのでまたパッケージ版に戻して2~3バージョン毎のアップグレードでも良いのかなと思ったりしています。

一方でノートンはPCを守るためのソフトですので常に最新版を利用したいところです。
ただ、OCNのOnline版はいつバージョンアップしたのか、どうやってアップグレードをするのか、というのがいまだにイマイチよくわかりません。

以前に何度かバージョンアップがありましたが、その都度自動的にアップグレードしていました。
今回のバージョンアップもサブPCで急に再起動を促す画面が出たので再起動したところノートンが新しくなっていました。

いつダウンロードしたのかはわかりませんが、setupファイルの更新日時が7/31の18:00頃になっていました。
よくわからないのはサブPCではアップデート通知が来たのにメインPCではいまだに来ないことです。

仕方ないのでサブPCにダウンロードされたファイルをコピーして、それを使ってメインPCでインストールしました。
ファイルは、『C:\Users\Public\Downloads\Norton』の中にフォルダが出来てその中に入っていました。

手動でやってみたところ、おっそろしく早いアップデート作業でしたが無事にアップデート出来ました。
以前のバージョンは確認しなかったのですが、最新版はVer.22.5.2.15になっていました。

UIのデザインがiOSなどで見慣れたフラットデザインになってずいぶんスッキリしてしまいました。

機能は特に変わった感じはしませんでしたが、『パフォーマンス』内にあったレジストリクリーンナップが見当たらなくなっていました。
また、診断レポートも『セキュリティ』→『スキャンの実行』内に移ったようです。

ノートンは普段何らかの操作をして使うというソフトではなく水面下でPCをガードするソフトですのでバージョンアップしたところでそれほど使い勝手は変わりません。
なんとなく多少動作が軽くなったような気がしなくもないですが、新バージョンでガード能力が上がっているとうれしいところです。

Online版に変えてずいぶん経ちますが、手動で『バージョンアップを確認する』という項目が無いのが気になって仕方ありません。
そんなこともあって、いまだにその存在がフワフワとしてハッキリしない感じはあります。

ですが、Windows95の頃から愛用してきたノートンはやはり安心感がありますね。


ホーム > パソコン

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top