Home > パソコン

パソコン Archive

Atokの学習情報をリセットしてみた

自宅PCの日本語入力は、確かWindows98の頃からAtokを使っています。
だいたい1年ごとにバージョンアップしてきて数年前から月払いのAtok Passportを使うようになりました。

何度か他のIMEを使ったりもしましたが、Atokが使いやすくて戻ってきてしまいました。

以前はPCを新調した際にOSから何からクリーンインストールしてAtokも単語登録した内容のみ引き継いであとはまっさらにして使っていました。
わりと短いサイクルで新しい環境にしていたのですが、最近はPCの性能向上も緩やかになってきたので新調して長い期間使うようになりました。

そこで気になってきたのが、Atokの誤変換です。

Atokには学習機能があるのですが、入力を間違えたものまで丁寧に覚えてしまっています。
学習して使いやすくなるどころか逆に変な変換が増えて使いにくくなってきました。

このへんは使用者の使い方にもよるので人によっては学習効果でレベルアップしている方もおられるかもしれません。
それが、私の場合はどうやら逆効果のようでした。

特に目立つところで気になったのが、『つかう』の変換候補に『つ買う』が出てくることでした。
おそらく、『(´・ω・`)つ買う』とか打った時のものかなと思うのですが、結構『使う』というのは変換することが多いのでいつも鬱陶しく思っていました。

どうにかしたいと思いつつ面倒なので放置プレイで使っていましたが、ふと思い出したのでこれをリセットしてみることにしました。


20150703191447s.jpg

Atok プロパティ内の『入力・変換タブ』の左側にある『プライバシー』から『学習情報のクリア』を押してリセットしてみました。
自分で登録した単語を除くすべての学習内容がリセットされるので、注意事項をよく読んで実行してください。

これを実行したところ、今まですんなり出てきた変換候補が出てこなくなった感じがしますが、どちらかというと誤変換が減って快適になった感じがします。
手入力で削除したい場合は、『辞書・学習タブ』の『詳細設定』から『ユーザー辞書の編集』を選んで個別に編集すると良いと思います。


20150703191031s.jpg

20150703191020s.jpg

毎日ブログを更新しているわりに普段あまり日本語入力に頓着しないので放置していましたが、定期的にリセットをすると快適に使えそうな気がします。
今まで使っていて学習情報のリセットをしたことはありませんでしたが、これからはテキトーに頃合いを見てリセットして使おうと思います。


Firefox 39.0で動作が軽くなった・・・気がする

20150703195558s.jpg

あぁまたか、と思うFirefoxのバージョンアップがありました。
今回でVer.39ということで、もうVerいくつがどんな感じだったかとか思い出せません。

とりあえず、アドオンが動かなくなることだけは避けたいのでまずはサブPCで試しにバージョンアップしてみました。

ぱっと見は特に変わった様子もなく、アドオンも使えないものはありませんでした。
ここでノートンツールバーとか動かなくなるとまた面倒なことになるのでまずは一安心です。

しばらく使ってみて特に問題なさそうだったのでメインPCのFirefoxもバージョンアップしてみました。
こちらも特に変わった様子はなく不都合も起きずにバージョンアップできました。

そして、メインPCで使い始めてみたところ、ちょっと『おっ?』となるような感じがしました。
なんとな~く、動作が速くなった・・・気がするのです。

先に使っていたサブPCでもなんとなく速くなった気がするのですが、メインPCの方ではさらに速くなった気がします。

単なる再起動してリセットされただけのような気もしますが、いつも用もないのに見ているAmazonのページもなんとなく表示が速くなった気がします。
AmazonのTOPページはデザイン変更したのでそのせいかもしれませんが、以前よりもサクサク開いている・・・ような気がします。

起動したてでの状態では結構快適になった感じです。
問題は、この後長時間使っていてどうなるかですね。

もうすぐ大台のVer.40になりますが、最近の使いにくさがやっと改善されたのかなと思いました。
このまま快適に使えれば良いのですが、64bit版も早く出ないかなぁと思う今日この頃です。


太陽誘電が光ディスク事業撤退

最近使う光ディスクというとBDレコーダーで使うBD-Rくらいになりました。
CD-RやDVD-Rもそこそこ買い置きがあるのですが、全く使わないので処分しようかと考えていました。

そんな中、CD-RやDVD-Rでお馴染みの太陽誘電が光ディスク事業からの撤退を発表しました。

 link >>  太陽誘電が光ディスク事業撤退。「想像を超える市場縮小」 – AV Watch


太陽誘電というとCD-R全盛時代にはトップブランドとして少々値段が高いにもかかわらずお世話になりました。
私の中では三井化学と太陽誘電がトップ2で、その後に三菱、マクセルあたりが来るという感じでした。

BD-Rメインになってからはディスクが良くなったからかどうかわかりませんが、書き込みの失敗というのはほとんど無くなりました。
ですが、CD-Rをメインで使っていた頃はとにかく失敗が多くてずいぶんディスクを無駄にしたものです。

書き込み時もPCでの作業をせずじっと見守りつつやっていたりしたのが懐かしい記憶です。


光ディスクの用途は主に2つで、音楽や映像コンテンツの記録とデータのバックアップで使っていました。
ところが、音楽はNASで管理するようになり、データのバックアップもHDDの大容量化で光ディスクでは補いきれなくなってきました。

唯一、BDレコーダーの映像保存にBD-Rを使う用途だけが残っています。

おそらく世間一般でも光ディスクを使用する人は少なくなっていると思われます。
需要が無ければ供給しても仕方ないので事業撤退は当然の方向ですね。

ただ、光ディスク全盛期を知っている身としては太陽誘電ブランドが消えるのは残念です。
もちろん、CD-RやDVD-Rなどの光ディスク自体が無くなるわけでは無いと思いますが、価格が上がったり良質なディスクの入手が困難になったりということはあるかもしれません。

もしかすると今後はレコーダーもドライブ無しのものが主流になるかもしれませんね。
そうなると録画番組を残しておく手段が難しくなりそうですが、残すといってもBD-Rに記録したところでもう1回見るかどうかでほとんどほったらかしなんですけどねぇ。


世界初のCD-Rを開発した太陽誘電が光ディスク事業から撤退することによって今後ますます光ディスクを利用する機会が減っていきそうな気がします。
初めて光ディスクを見た時はそれまでのテープメディアとは全く違う近未来を感じさせる見た目に感動したりしました。

あれからずいぶん経ちましたが、その光ディスクもかつてあった様々な記録メディア同様に姿を消していくのかと思うと少々寂しいですね。


ホーム > パソコン

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top