Home > パソコン

パソコン Archive

インテル製のCPUに脆弱性が発見される

ネットを見ていて久々に驚いた記事を見つけました。
1997年から2010年までのインテル製CPUに脆弱性が発見されたとのことです。

 link >>  1997年から2010年までのインテル製CPUに脆弱性、ルートキット埋め込み可能で対策はほとんどなし – Engadget Japanese


PCの脆弱性というとコンピューターウィルスなどを思い浮かべますが、基本的にウィルス対策ソフトで対策したり最悪の場合はHDDをフォーマットしてOSをインストールし直せば良いかと思っていました。
そして、以前にマザーボードのBIOSに悪さをするものもあったように思いますが、その辺は極特殊なものだと思っていました。

ウィルスはネットやUSBメモリ経由などどこから攻撃されるかわかりません。
幸い私の場合は自宅での長いPC使用歴の中でウィルス感染というのはいまだに経験がありません。

もちろん、メールの添付ファイルなどでノートン先生が未然に防いでくれたことは何度もありますが、感染して酷いことになったということはありません。
感染しても上記のようになんとかなるかなと思っていたのでたいした脅威とは思っていなかったのですが、今日見た記事でかなり驚きました。

PCの心臓部とも言うべきCPUに悪さをすることなど可能なのでしょうか。
ルートキットというのを仕込まれるともう直しようがないというは恐ろしいことです。

いったん仕込まれたらもうそのCPUを交換して廃棄するしかなさそうな感じです。
とはいえ、前段階として攻撃者がPCのカーネルにアクセスできる必要があるそうなので、そこをいかに防ぐかというところでしょうか。

ちなみに今自宅で使っている2台のPCは、Core i7-2600K(Sandy Bridge)とPentium G2120(Ivy Bridge)なので記事の情報からするととりあえず問題はなさそうです。

最近のPC関連パーツは以前ほど性能の向上が少なくて同じパーツを長く使うようになりました。
結構古いCPUでも十分な速度が出ていたりするので思ったよりも古いCPUを現役で使われている方も多いかもしれません。

ただ、いきなり前触れも無く悪さをされるわけではないので、やはり普段からのPC利用をきちんとすることが大事だと思います。
私もたまに怪しげなwebサイトを見たりしてノートン先生に閲覧を止められることがあります。

便利そうなフリーソフトをどことも知れないサイトから拾ってきて試したりすることもありますが、最近はいきなり解凍したり実行したりしないでまずはウィルスチェックをするようにしています。
ウィルス対策ソフトを入れるとPCが重くなるのは昔から変わらずですが、所々でウィルスを駆除してくれたりするとやはりありがたく感じます。

おそらくすぐに身近な問題になる事案ではなさそうな気がしますが、この記事を読んでいて普段からのセキュリティに対する意識をあらためて考えさせられました。


Norton 360 Onlineをバージョンアップしてみた

20150801200128s.jpg


昔から愛用しているウィルス対策ソフトのノートンですが、数年前からOCNのOnline版を使うようになりました。
以前はバージョンアップごとにパッケージを購入していたのですが、Online版の方が面倒が無くて良いかなと思い乗り換えました。

現在、こういったOnline版はノートンとAtokで使っています。
Atokの方はバージョンアップをしてもあまり変わらないような気がしているのでまたパッケージ版に戻して2~3バージョン毎のアップグレードでも良いのかなと思ったりしています。

一方でノートンはPCを守るためのソフトですので常に最新版を利用したいところです。
ただ、OCNのOnline版はいつバージョンアップしたのか、どうやってアップグレードをするのか、というのがいまだにイマイチよくわかりません。

以前に何度かバージョンアップがありましたが、その都度自動的にアップグレードしていました。
今回のバージョンアップもサブPCで急に再起動を促す画面が出たので再起動したところノートンが新しくなっていました。

いつダウンロードしたのかはわかりませんが、setupファイルの更新日時が7/31の18:00頃になっていました。
よくわからないのはサブPCではアップデート通知が来たのにメインPCではいまだに来ないことです。

仕方ないのでサブPCにダウンロードされたファイルをコピーして、それを使ってメインPCでインストールしました。
ファイルは、『C:\Users\Public\Downloads\Norton』の中にフォルダが出来てその中に入っていました。

手動でやってみたところ、おっそろしく早いアップデート作業でしたが無事にアップデート出来ました。
以前のバージョンは確認しなかったのですが、最新版はVer.22.5.2.15になっていました。

UIのデザインがiOSなどで見慣れたフラットデザインになってずいぶんスッキリしてしまいました。

機能は特に変わった感じはしませんでしたが、『パフォーマンス』内にあったレジストリクリーンナップが見当たらなくなっていました。
また、診断レポートも『セキュリティ』→『スキャンの実行』内に移ったようです。

ノートンは普段何らかの操作をして使うというソフトではなく水面下でPCをガードするソフトですのでバージョンアップしたところでそれほど使い勝手は変わりません。
なんとなく多少動作が軽くなったような気がしなくもないですが、新バージョンでガード能力が上がっているとうれしいところです。

Online版に変えてずいぶん経ちますが、手動で『バージョンアップを確認する』という項目が無いのが気になって仕方ありません。
そんなこともあって、いまだにその存在がフワフワとしてハッキリしない感じはあります。

ですが、Windows95の頃から愛用してきたノートンはやはり安心感がありますね。


Atokの学習情報をリセットしてみた

自宅PCの日本語入力は、確かWindows98の頃からAtokを使っています。
だいたい1年ごとにバージョンアップしてきて数年前から月払いのAtok Passportを使うようになりました。

何度か他のIMEを使ったりもしましたが、Atokが使いやすくて戻ってきてしまいました。

以前はPCを新調した際にOSから何からクリーンインストールしてAtokも単語登録した内容のみ引き継いであとはまっさらにして使っていました。
わりと短いサイクルで新しい環境にしていたのですが、最近はPCの性能向上も緩やかになってきたので新調して長い期間使うようになりました。

そこで気になってきたのが、Atokの誤変換です。

Atokには学習機能があるのですが、入力を間違えたものまで丁寧に覚えてしまっています。
学習して使いやすくなるどころか逆に変な変換が増えて使いにくくなってきました。

このへんは使用者の使い方にもよるので人によっては学習効果でレベルアップしている方もおられるかもしれません。
それが、私の場合はどうやら逆効果のようでした。

特に目立つところで気になったのが、『つかう』の変換候補に『つ買う』が出てくることでした。
おそらく、『(´・ω・`)つ買う』とか打った時のものかなと思うのですが、結構『使う』というのは変換することが多いのでいつも鬱陶しく思っていました。

どうにかしたいと思いつつ面倒なので放置プレイで使っていましたが、ふと思い出したのでこれをリセットしてみることにしました。


20150703191447s.jpg

Atok プロパティ内の『入力・変換タブ』の左側にある『プライバシー』から『学習情報のクリア』を押してリセットしてみました。
自分で登録した単語を除くすべての学習内容がリセットされるので、注意事項をよく読んで実行してください。

これを実行したところ、今まですんなり出てきた変換候補が出てこなくなった感じがしますが、どちらかというと誤変換が減って快適になった感じがします。
手入力で削除したい場合は、『辞書・学習タブ』の『詳細設定』から『ユーザー辞書の編集』を選んで個別に編集すると良いと思います。


20150703191031s.jpg

20150703191020s.jpg

毎日ブログを更新しているわりに普段あまり日本語入力に頓着しないので放置していましたが、定期的にリセットをすると快適に使えそうな気がします。
今まで使っていて学習情報のリセットをしたことはありませんでしたが、これからはテキトーに頃合いを見てリセットして使おうと思います。


ホーム > パソコン

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top