Home > オーディオ、AV機器

オーディオ、AV機器 Archive

【レビュー】手のひらサイズの小型卓上スピーカーを作ってみた


IMG_1313s.jpg


最近は就寝時にゆかりんのラジオなどを聴いて寝るのが恒例になってきました。
先日、その環境を整えてみたのですがスピーカーがちょっと微妙な気がしてきてこれを変えたいと思いました。

そこでAmazonで小型のスピーカーを探してみたのですが、なかなかコレというのが見つかりません。
個人的にはBOSEのAM5IIIやCompanion5の小型スピーカーのようなものを探していたのですが、良い感じのものがありませんでした。

BOSEのスピーカーを買っても良いかと思ったのですが、出来るだけ安価に済ませたいのでどうしようか考えていました。
そこで小型のスピーカーユニットを使って作れないか調べてみました。

すると、5cmくらいの小型のスピーカーユニットを使えば結構小さい物を作れそうなことがわかりました。
問題は、このスピーカーを収めるエンクロージャーですが、これも作るとなると結構な手間がかかってしまうので5cm用の小さい既製品は無いかと探してみました。

その結果、自作スピーカーでお馴染みのコイズミ無線でパーツ一式揃えられそうだったので注文してみました。
今回使ったパーツは以下の物です。


  • スピーカーユニット:TangBand W2-802SE(×2)
  • エンクロージャー:ダイトーボイス SV-70W2(5cm用)(×2)
  • スピーカーターミナル:ART TS-177(2個セット)
  • 配線材:mogami 2514(赤黒各1m)
  • ファストン端子:GFT-S8/ KL110(8個入り)

今回は、半田付けをしないでファストン端子を使って配線しようと思いました。
サイズが3種類あったのですが、1番小さいものでスピーカーユニット、ターミナルともにちょうど良かったです。

あとは、組み立てるのに+ドライバー、ニッパー、ケーブルストリッパー、電動ドリル、圧着工具などを使いました。
スピーカーユニット、ターミナルともに木ネジが付いているのですが、ドリルで下穴を開けてやりました。


IMG_1275s.jpg

スピーカーユニットはなるべく小さい物ということで5cmのフルレンジを選びましたが、実際に届いてみるとかなり小さいです。
音が心配になってしまいましたが、完成して聴いてみると杞憂に終わりました。

5cmのフルレンジスピーカーはいくつかあったのですが、インピーダンスが4Ωのものが多かったので8ΩのTangBand W2-802SEにしてみました。
フェイズプラグという弾丸のようなものが付いているのが特徴です。

TangBandは台湾のメーカーで全く知らなかったのですが、検索してみるとわりと良い感じのスピーカーのようなので選んでみました。


IMG_1279s.jpg

IMG_1282s.jpg

IMG_1285s.jpg

箱はちょっと雑な感じでしたが、手のひらサイズの小さい箱はニヤニヤ感が高いです。
組み立て中にフェイズプラグを損傷してしまわないようにカバーを付けたまま作業をしました。

まずは、組み立て始める前にスピーカーの動作確認をしました。
Fostexの小型アンプAP05を直接繋いで鳴らしてみました。

この時点でなかなか良い音で鳴ってくれてwktk感がアップです。


IMG_1294s.jpg

今回初めて使うことになったのがファストン端子です。
以前作った電源ケーブルで圧着端子を使ってなかなか良い感じだったので試しに今回も使ってみようと思いました。

事前に赤黒で各2本作っておきます。
端子はちょうどの8個しかないので予備も買っておけば良かったですが、無事に失敗せずに作ることが出来ました。


IMG_1301s.jpg

次にエンクロージャーの背面板を外してターミナルをネジ止めします。
ここは2.0mmのドリルで下穴を開けてねじ込みました。

そこで想定外だったのは、ターミナルを留めたネジが出っ張ってしまって背面板がハマらなくなりました。
仕方ないので出っ張った部分が当たるところを5.0mmのドリルで穴を開けました。


次にスピーカーユニットを取り付けるための穴を開けます。
こちらは4箇所、各2.5mmのドリルで穴を開けました。

ターミナル、スピーカーそれぞれ合わせてみてネジ穴の位置に印を付けて穴を開けました。
スピーカーが斜めにならないように注意します。

サイズはどちらもピッタリでした。

結構時間がかかるかと思いましたが、まったり動作テストしていた時間も含めて3時間くらいで出来ました。
慣れれば1時間もかからないと思います。


IMG_1311s.jpg

IMG_1308s.jpg

H:135 × W:85 × D:115(mm)という小型筐体でなかなか悪くないです。
ターミナルは、ワンタッチプッシュ式のバネ式タイプの方が出っ張らなくて良かったかもしれませんがここはネジ式にコダワッテみました。

早速鳴らしてみましたが・・・。
思ったよりも良い感じに鳴りました。

スピーカーユニット本来の性能が出ているかは疑問ですが、声は聴きやすいです。
ゆかりんのラジオを聴いてみましたが、声が前に出てくる感じです。

小粒ながら芯のしっかりした鳴り方という感じがします。

音楽も鳴らしてみましたが、こちらは音楽を聴くのにメインにするにはやや迫力不足は否めないですが、PC用のスピーカーなどに使うにはFostexのPM0.3よりも音の締まりが良くてしっかり鳴っているという感じがします。
素性はわりと良いと思うのでしばらく使えばエージングが効いて結構良くなりそうな気がしますし、アンプやスピーカーケーブルを変えればさらに良くなりそうです。

今回はFostexの小型アンプAP05とセットで使い小型のシステムにしてみました。
小さめの音楽プレーヤーと合わせればそれだけで小型のオーディオセットになりますね。

このアンプも名刺サイズという超小型のわりに意外と良い感じの音で鳴ってくれます。

フェイズプラグが意外と出っ張っているので破損しないように気をつけなければいけません。
あとは直置きしやすいようにゴム足を下に付けたりしてみようかなと思います。

スピーカーユニットが思ったよりも高額になってしまいましたが、そのぶん音はなかなか満足いく感じになりました。
あとはこれをベッドサイドに配置してゆかりんのラジオを楽しもうと思います。


ベッドサイドオーディオを設置してみた


IMG_1267s.jpg

以前からベッドに横になっている時用のオーディオ設備が欲しいと思っていました。
ベッドは、メインのオーディオ機器からPCを挟んで少し距離があるので3m強のヘッドホン延長ケーブルを作ったり、ヤフオクで小型のヘッドホンアンプを買ってみたりしたのですがどうもイマイチ上手く運用出来ませんでした。

ベッドに横になるということは、それなりに遅い時間なので音楽を聴くのは基本的にヘッドホンになります。
ただ、いざ就寝ということで横になって音楽を聴き始めると1曲聴くか聴かないかのうちに寝てしまうことも多々あります。

ヘッドホンを付けたままなのでしばらくすると目が覚めて寝ぼけながらヘッドホンを片付けるということになります。
そんな感じで最近ではめっきり使わなくなってしまいました。

メインの機器と比べて音が劣るというのも大きかったりします。
特にピンケーブルをPCやモニタのあるところを通って3mも引っ張ると音質の劣化が結構感じられます。

そんな中、D/AコンバーターをNuWave DACに代えてメインのスピーカー、ヘッドホンがこれ1台で使えるようになりTopping D20が空きましたのでこれを使って再度ベッドサイドオーディオを考えてみました。

音源はネットワークオーディオプレイヤーのNANO-NP1で変わらず、デジタル出力2系統のうち同軸をメインのオーディオ機器で使い、光をベッドまで引っ張ってD20に繋げることにしました。
ピンケーブルで3m引っ張るよりも光ケーブルで3m引いた方が音の劣化が少ないと思いました。

そして、枕元でアナログに変換して鳴らすようにしたわけです。
結果はだいぶ音質が改善されました。

D20は、1万円ほどの単機能D/Aコンバーターですが、値段の割りに音が良くて気に入っています。
おまけに小型なのでベッドサイドに最適です。

ヘッドホンアンプはヤフオクにて6,000円ほどで入手した個人製作のものですが、真空管を使っていてなかなか良い音で鳴ってくれます。
D/Aコンバーター内蔵の小型ヘッドホンアンプの方が便利ですが、セパレートしているところがマニア的にウットリなのです。

音楽は、このままiPadを枕元に置いてNANO-NP1を操作してヘッドホンなりイヤホンで聴けば良いかなと思います。

さらに最近、ゆかりんのラジオなどよく聴くようになったのでこれも寝る前に聴こうと思いました。
そこで思い出したのが買ったはいいけれどあまり使わなかったポータブルスピーカーです。

ビクターのSP-A220というものなのですが、これがアンプ内蔵で小さくて単四電池で駆動出来るのでこれをヘッドホンアンプにそのまま繋いでみました。


IMG_1271s.jpg

音楽を聴くにはちょっと残念な感じですが、Webラジオなどを聴くには音が綺麗すぎずむしろラジオぽぃ感じで聴きやすかったです。
ベッドの頭のところの小さいスペースに上手く置けてなかなか良い感じになりました。

この環境でベッドに横になってゆかりんのラジオなど聴いていると・・・もうニヤニヤが止まりません。
たいていは数分もしないうちに寝てしまうのですが、なかなか集中して聴く時間の無いWebラジオなどを聴く時間が出来たのは良かったです。

ヘッドホンを付けているわけではないのでそのまま寝てしまっても無問題です。
ただ、スピーカーの電源を切らないと朝になったらバッテリー切れになっていたりするのが難点です。

後継機種のSP-A230ではオートパワーオフ機能があるらしいので、そちらを使ってみようかなとも思っています。
また、左右スピーカーを独立させてもう少し音質の良いモノをベッドに据え付けてしまおうかなどと考えていたりもします。

高額、高音質のオーディオではありませんが、こういうのもやっていてなかなか楽しいです。


Olasonic NANO-NP1のコントローラーにfoobar2000を使ってみた


20141121163435s.jpg


現在メインで使用しているのがネットワークオーディオプレイヤーのOlasonic NANO-NP1です。
小型シンプルで音質も良くとても気に入っているのですが、1つだけ気になるところがあります。

それはスマホやタブレットでの操作性です。

このプレーヤーには操作のためのボタン類が本体に無く、操作はすべてスマホやタブレットを使って遠隔操作します。
ところが、この遠隔操作に使う公式アプリのナノコントローラーが今ひとつ安定感に欠けているところがあり、なおかつこれを使うと端末のバッテリーがあっという間に無くなってしまうのです。

端末の画面を常時点灯状態で使うのでバッテリーの消耗が早いのですが、このアプリ以外での操作がこれまた不安定だったりするので困りものです。
これがPC上から操作出来ればバッテリーも気にしなくて済みますし、マウスを使って操作した方が曲の選択などやりやすいと思っていました。

実は以前にfoobar2000を使って操作したこともあったのですが、1曲再生すると止まってしまって使えず仕舞いでした。
それが、今回ちょっと試しにD/AコンバーターのPS Audio NuWave DACをサブPCに繋いで鳴らしてみようと思い立ったついでにPCの音楽プレーヤーをVLCプレーヤーからfoobar2000に代えようと思いました。

その際にfoobar2000の設定などをいじっていると上手く動くようになりました。
NANO-NP1を動かすのに必要なプラグインの導入と一部設定を変えることで動作するようになったのです。

必要なプラグインは、『UPnP/DLNA Renderer, Server, Control Point』です。
まずはこれをfoobar2000にインストールします。

 link >>  foobar2000: Components Repository – UPnP/DLNA Renderer, Server, Control Point


次に一部設定を変更します。

『Library → Configure』内の『Tools → UPnP → Controller』にある『□Enable gapless~』のチェックを外します。
このチェックを外すとリスト内の曲が1曲の再生だけで終わらずに連続で再生してくれるようになりました。


20141121163804s.jpg

そして、NASに入っている音楽データを選曲して再生することになります。

まずは、『View → UPnP Controller』をクリックしてコントローラーのウィンドを出します。
ここで操作出来る機材が表示されますので、NANO-NP1を選びます。


20141121164809s.jpg

すると『UPnP Controller Playback Queue』というタブが出来るので次にここへ聴きたい曲を入れます。

入れるには『View → UPnP Browser』を開いてUPnP Serversのリストからサーバーを選びます。
このへんはスマホのアプリでの曲選択と同じです。


20141121171231s.jpg

例えばアルバム単位で再生するならアルバム名を右クリックして『Send to Current Playlist』を選ぶとアルバム1枚全曲入ります。
あとは先に開いたUPnP Controllerで再生すればOKです。

ただ、UPnP Browserから曲を選ぶ際に左クリックをすると新しいタブが開いてしまいます。
ここは設定を変更することで開かなくすることが出来ます。

『Library → Configure』内の『Tools → UPnP → Browser → Behaviour』にある『Left-click action:』の項目を『Do nothing』にすると開かなくなります。


20141121172525s.jpg

こうすることで余計なタブが出来ずに曲目をリストへ入れられます。



早速聴いてみましたが、設定を変更したことで曲が途切れずに連続で再生するようになりました。
曲の切り替わりに少し間が空くような感じがしますが、特に気にならないレベルです。

バッテリーを気にせず使えるのが良いですね。
動作はいまのところ特に曲がリピートしてしまうということもなく、選曲もスムーズに出来ています。

ただ、1つ残念なのが設定を変更したためかギャップレス再生が出来ませんでした。
Dead or AliveのRip It Upなど曲の変わり目で途切れてしまいます。

設定を戻しても止まってしまうのでここは諦めるしかありません。
あまりギャップレス再生が必要なアルバムは聴かないので特に問題はありませんが、聴く時はNuWave DACをUSB接続に切り替えてそのままPCのfoobar2000から直再生しようと思います。

再生ファイルは同じNAS上のものですが、こちらだとギャップレス再生は問題無く出来ます。
以前にLUXMANのDA-100を純正ソフトでUSB接続にて聴いた時はあまり良く感じなかったのですが、NuWave DACの専用ドライバとWASAPIを使ったfoobar2000での再生はなかなかの高音質でした。


ちょっとしたきっかけで使ってみたら意外と上手く動いて良かったです。
foobar2000は英語表示なので使いづらいところもありますが、動画はVLCプレーヤーを継続利用して音楽再生は今後メインで使っていこうと思います。


ホーム > オーディオ、AV機器

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top