Home > オーディオ、AV機器

オーディオ、AV機器 Archive

オヤイデの寒冷地用シリコン電線が気になる


20150720142854s.jpg


ここのところ電子工作がストップしてしまっていますが、色々と作りたいものは貯まる一方です。
ちょっと私的に忙しくて作業出来ない状態なのですが、8月になったらまた再開しようかなと思っています。

そんな中、実作業はしなくとも情報だけは空いた時間にチマチマ検索していたりします。

またオーディオ用のケーブルを作りたいと思っているのですが、最近は音質云々よりも使い勝手の良いものを作りたいと思うようになりました。
使い勝手が良いというのは取り回ししやすいというところで、さらに言うとケーブル自体が軟らかいものを使いたいと思っています。

以前製作した自作アンプの内部配線などもそれなりにグレードの高いケーブルを使ったつもりですが、これがまた細いケーブルの割に固くて使いにくかったのです。
ネットであれこれケーブルを検索していても音質云々の話はあってもどれくらい固くて曲げにくいのかなどという情報はなかなかありません。

例えばフジクラのCV-Sケーブルなどは固くて取り回ししにくいなどとよく見かけますが、ほとんどのケーブルが紹介されていてもどれくらいの固さなのかよくわかりません。
オーディオ的には音質が最重要項目であって固さなどはさほど関係ないのもわかりますが、実際に狭い環境で使ってみるとその使いにくさは思ったよりも大きかったりします。

安定化電源を製作した際に使用した電源ケーブルは共立エレショップで購入したのですが、音質的には微妙かもしれませんが非常に軟らかくてとても気に入っています。

そんなケーブルの固さに注目して探していると、面白いケーブルを見つけました。
オヤイデの寒冷地用シリコン電線『RS-4E6』です。

 link >>  オヤイデ電気ショップブログ: 南極でライヴする?寒冷地用シリコン電線「RS-4E6」なら出来ます!


強化シリコンの外装により耐熱(150℃)、耐寒(‐50℃)という劣悪な環境で使うことを想定したケーブルなのですが、これがまた写真を見るととても軟らかいのです。
これくらい軟らかいと取り回しも楽ですし、近接した機器同士で短いケーブルで繋ぐにもプラグなどへの負荷が少なそうです。

音質も気になるところですが、銀めっき軟銅線ということなので悪くはないと思います。
ただ、オヤイデのオリジナルで特殊なケーブルらしく、価格は通販で1m 1,620円ほどと結構お高いです。

仕上外径が6.7mmの上に外装がグレーなのでヘッドホンのリケーブルにはちょっと向かない気もしますが、これだけ軟らかいとヘッドホンケーブルとしても使いやすそうな気がします。
ピンケーブルなどであれば2mもあれば足りそうですので1セット作ってみたい気がします。

この軟らかいケーブルを使って短い接続ケーブルを作れば少しは機器背面のスパゲティ状態を緩和できるかなぁと思ったりします。


ホームセンターで電源プラグを買ってみた


仕事帰りにちょっと欲しい物があったので久しぶりにホームセンターに寄ってきました。
食品や医薬品以外はすっかりネット通販が増えましたが、やはり実店舗の実物を直に見られる魅力は捨てがたいものがありますね。

必要なものを選んでからプラプラと見て回っていると自然と工具とか色々な材料類のコーナーに足が向いてしまいます。
特に買う予定もなかったのですが、しばし眺めていると気になるものがありました。

なんということはない1個100円ほどのPanasonic WH4015という電源プラグでした。


IMG_1907s.jpg

最近はケーブル製作をしていませんでしたが、このへんのものを使ったらどうだろうかと思いました。
オーディオ用の電源コードとして使うには心許ない感じですが、実際に手に取ってみるととてもしっかりした作りで華奢な感じはありません。

プラグ自体の大きさも小さいのでタップなどに挿す場合も隣同士の干渉を気にしなくて済みそうです。
ブレードもおそらく非メッキであろうかと思われたのでオーディオ用に使うには良いかなと思いました。

Panasonic製で残念ながらMade in chinaですが、ちゃんとPSEマークもあります。
とりあえず1個100円ほどだったので2個買って帰りました。

ネジを外して分解してみると、さすがに中は狭いですが心線を固定するネジはしっかりしています。
Panasonicの資料によると圧着端子も使えるようです。


IMG_1909s.jpg

メインの据置型のオーディオ機器に使うにはちょっと頼り無い気もしますが、ベッドサイドで使っている小型機器なら逆に使いやすそうです。
オーディオ用の電源コードというと円筒形の大きいホスピタルグレードのものを使ったりしますが、あれはあれで狭いところなどで結構邪魔だったりします。

作りが良いのはわかりますし愛用していますが、なんでもかんでもそれを使うのもどうかなと思いました。
コードも音が良くなるからといって硬くて太くいものを使うと取り回しが大変です。

メインの機器にはそれでも良いですが、サブの小さい機器にはもっと取り回しの良さを優先したものを使うべきかなと思います。
次の電子工作で使うかわかりませんが、音質を多少犠牲にしても取り回しの良さとか使い勝手の良さを求めて作るのもありかなと思いました。


ライブ音源を聴いてヘッドホンは使い分けるべきだとあらためて思った


IMG_1857s.jpg

先日購入したゆかりんのライブBlu-rayはその後ちょくちょく聴いています。
Blu-rayではありますが、テレビはつけずに音だけで楽しんでいます。

もちろんライブディスクの魅力は映像にありますが、色々と作業しながらとなるとなかなか見ながらというわけにもいきません。
ところが、あまり気にしていなかったのですが、そのライブBlu-rayの音はリニアPCM 96khz/24bitとハイレゾ仕様だったりします。

音だけ聴いて十分楽しめるというのは今まで思っていたライブディスクに対する見方を変えないといけないなぁと思いました。


そんな中、夜更けにスピーカーで聴いているとどうも迫力不足を感じてしまいます。
もちろん音量を絞っているからなのですが、特にライブ音源になると迫力が大事なのでヘッドホンを使うようになりました。

最近ヘッドホンを使う機会が減っていたのですが、久々に使ってみると時間を気にせず音量を上げて聴けるのは良いですね。
ものによっては音漏れも多いですが、それでもスピーカーで聴くよりは小さい音で済みます。

いくつかヘッドホンを使っていますが以前はお気に入りの1台ばかり使っていました。
音、付け心地ともに良いAKG K550ばかり使っていたのですが、いざライブ音源を聴いてみると思ったよりも迫力不足という感じです。

確かにAKGのヘッドホンであまり低音を力強くというのは向かないと思います。
どうしようかと思っていたところ、出番がめっきり減ってしまったbeyerdynamic DT990 Proを使ってみることにしました。

オープンエアーなのに低音が充実していて迫力のある鳴り方をしてくれるヘッドホンなのですが、AKGのヘッドホンを購入してからは利用頻度がとても少なくなっていました。
久しぶりに引っ張り出してみてどうかなと思ったのですが、これがドンピシャでした。

ちょっと過剰すぎるかと思うような低音がライブの臨場感を盛り上げてくれます。
ライブ会場のズンズン響く低音を味わうには最適でした。

普通のCDを聴くと少し粗さを感じてしまい、もう少し優しい鳴り方をして欲しいと思ってしまうのですが、ライブ音源にはピッタリです。

スピーカーも音源によって向き不向きはあると思いますが、いくつも使い分けるのはなかなか難しいです。
その点、ヘッドホンは使い分けも簡単ですし使い分けるからこそいくつも所有する意義も出てきますね。

DT990 Proは利用頻度が減ってしまったので片付けてしまっていたのですが、1番使いやすいところに移動することになりました。
ライブ音源を聴いてみて、ヘッドホンは使い分けるべきだとあらためて思いました。


ホーム > オーディオ、AV機器

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top