Home > オーディオ、AV機器

オーディオ、AV機器 Archive

audio-technica AT6099 ハイブリッド・インシュレーターを使ってみた

2M4C6790s.jpg

自室のオーディオセットは7年前に現在の場所へ引っ越してきた時にいじって以来、ほとんどそのまま使用していました。
特に不満も無く良い音で鳴ってくれているので今も満足して使っています。

それが先日、ウォークマン用にポタアンを購入して以来しばらくぶりにオーディオ熱が出てきました。
最近はながら聴きが多くて音楽のみを聴いて楽しむということが少なくなってきましたが、あらためてじっくり聴いてみるとやはり音楽鑑賞は良いですね。

そうなると多少何かセッティングの調整は出来ないものかと思ってしまいます。
そこで気になったのがスピーカーの置き方でした。

スピーカースタンドの天板に直置きしていたのですが、ここにインシュレーターを挟んだ方が良いかと思いました。
ベタ置きでしたので多少気になっていましたが、特に不満のある音でもなかったのでそのままにしていました。

安いインシュレーターで良いので挟んでみようと思い、audio-technicaのAT6099 ハイブリッド・インシュレーターを使ってみました。


2M4C6799s.jpg

2M4C6806s.jpg

6個1組で3,000円ほどでした。
オーディオ用の機材というのはべらぼうに高いものが多かったりしますが、これくらいなら気軽に試せて良いですね。

6個なので左右スピーカーに3個ずつ3点支持で使います。
4点支持と違って多少不安定ではありますがカメラの三脚のようにがたつくことが無いのが利点です。

本体は真鍮製で小さいのにズッシリ重く、値段の割に高級感があります。
その真鍮に制振材のハネナイトとソルボセインを使ったハイブリッド・インシュレーターです。

ゴム素材なので長期間重さをかけていると貼り付いてしまう可能性があるのでスペーサーも付属しています。
ただ、このスペーサーは単なる丸い厚紙ですが・・・。


2M4C6811s.jpg

早速、セッティングしてみました。
使用機材は、アンプがサンスイのAU-α907 LIMITED、スピーカーがAcustik-labのBolero PiccoloにPioneerのN-30を繋いで鳴らしています。

一聴して違いは・・・よくわかりません。

元々綺麗な高域と小型スピーカーのわりに低域も厚みがあるのでその特徴が伸びたとしてもわかりにくいですね。
ベタ置きから少し浮かせたからか音が締まって抜けが良くなった気はします。

まぁ、こういうものはプラシーボ効果で楽しむものなのでこれでOKです。
スピーカーの足下にキラリと金色に光るインシュレーターが見た目に綺麗でイイ感じです。

オーディオは、パソコンを始める前からやっていた趣味なのですが久々にちょっといじってみるとさらにアレコレやりたくなってしまいますね。



B00008B5NFaudio-technica ハイブリツドインシユレーター AT6099オーディオテクニカ

by G-Tools


SONY PHA-1用に100均でケースを買ってみた

2M4C6581s.jpg

日曜日に購入したばかりのポタアンPHA-1ですが、製品にはケースなど付いていないのでとりあえず手近にあった布でくるんで持ち歩いていました。
ただ、見た目も悪いですし操作もし辛いのでケースを買うことにしました。

ですが、純正品のケースというのは無いようでさらにウォークマンと合体しているのでコレ専用のケースというのは無いと思われます。
そこで、ケースと言えばやはり100均です。

早速、仕事帰りに近くの100均へ寄ってケースをいくつか買ってきました。

100均?と思われるかもしれませんが、意外と侮れません。
小さいものから大きいものまで結構色々あります。

ハズレも多いですが、わりとメインで使っても良いくらいのものまであったりするので良く利用しています。
今回も3つほど買ってみたのですが、3つ買っても315円です。

1つはちょっとサイズが合わなく、もう1つはジッパーの開き方がイマイチ使いにくかったです。
で、残った1つを使うことにしました。

ジッパーが二辺で開き、なおかつ両側から開け閉め出来るのがポイントです。
そして、結構良いアイデアかと思ったのですが、裏地がマイクロファイバーになっていて汚れが落ちたりするのが良いです。


2M4C6587s.jpg

本来の使い方ではアリマセンが、裏返して拭いたり出来るのも便利です。
クッションは少し薄い気もしますが、基本的にカバンに入れて運用しますのでこれくらいでも平気そうです。

ジッパーの把手が値段相応に貧弱なのは仕方ないところですが、十分な出来です。
多少サイズが大きいですが、これが105円で買えるのがありがたいですね。


SONY ウォークマンの新製品が気になる

nw-s780s.jpg

そろそろ出るかなと思っていたら発表されたウォークマンの新製品がなかなか気になります。

 link >>  ハイレゾリューション・オーディオ音源対応シリーズ含むウォークマン(R) 6シリーズ14機種 | プレスリリース | ソニー


今使っているのはNW-A866というAシリーズのウォークマンです。
以前はiPhoneに音楽を入れて聴いていたのですが、音質的に満足出来ずに別途音楽プレーヤーとしてウォークマンを持ち歩いています。

現在のラインナップからは無くなってしまいましたが、デザインや音質など結構気に入っています。
ただ、1つ不満があるのはFLACファイルの再生に対応していないということです。

以前、手持ちの音楽CDをリッピングしてNASに入れてそこからオーディオで再生したりPC上で鳴らしたりしています。
手持ちのCDを全て放り込んであるのでここから再生するのが最も手軽で便利な環境になりました。

その際に音質重視でFLAC形式で取り込んだのですが、これが手持ちのウォークマンで扱うのに不便でした。
ちょろっとPCに繋いで楽曲を入れ換えたり出来ずに、結局またCDからWAVEファイルで取り込んだりして2度手間だったりするのです。

音楽の管理ソフトもX-アプリとMedia Goの2つを使う状況になっています。
そんな中、発表された新型ウォークマンはMシリーズとWシリーズを除いてFLAC形式に対応しました。

しかもFLACだけでなくApple Losslessにも対応するなどなかなか気になります。
Apple Losslessは使っていませんが、対応フォーマットが多いのはうれしいところですね。

今回発表された中ではSシリーズが最も気になる機種です。
上位のFシリーズもAndroid搭載で気になりますが、ちょっと大きいです。

正直なところ、ウォークマンにAndroidが必要なのか?と思ってしまいます。
iPod touchの対抗馬としての機種かと思いますが、私としてはウォークマンは音楽の質や聴かせ方を追求してくれればそれで良いのですが・・・。

ハイレゾ音源対応も興味がありますが、手持ちの音源は基本的にCDなので今のところ要らないかなという感じです。
そもそもハイレゾ音源というのはどれくらい普及しているものなのでしょうかね。

さらにフラッグシップモデルのZX1はもはや携帯音楽プレーヤーと言って良いのかという実売75,000円の高級オーディオで登場しました。
えらく高いと思いますが、私は全然アリだと思います。

今でこそだいぶオーディオから離れてしまいましたが、かつてはSONYも高級オーディオを作っていましたのでその頃を少し思い出します。
こちらもAndroidは要らないと思いますが、大型の高音質コンデンサーを使ったために出っ張りが出来てしまったなど音質追求の一端が見えるなかなか魅力的な機種ですね。

さすがに通勤時に高音質で聴きたいとはいえそのために使うには価格的にちょっと手が出ないですが・・・。

Sシリーズなら買い替え候補になりそうなのですが、どうもデザインが気に入りません。
A866は操作ボタン類が側面にあってパッと見スッキリしていて画面が大きいわりに小型なのが良いのですが、Sシリーズは画面の下にボタン類があるので画面が小さく見えます。

ホームボタンのみのスッキリしたiPhoneなどに見慣れているとこのボタン類がどうも野暮ったく見えてしまいます。
デザインが良かったAシリーズが廃版になってしまったのが残念でなりません。

とはいえ、iPodで対応していないFLACファイルに対応しているのはポイントが高いです。
ライバルのiPodも魅力はありますが、iPodがどのような進化をしていってもウォークマンには何よりも音質を追求してもらいたいです。


ホーム > オーディオ、AV機器

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top