Home > フィギュアレビュー > 【フィギュアレビュー】アルター 魔法少女リリカルなのはA’s フェイト・テスタロッサ

【フィギュアレビュー】アルター 魔法少女リリカルなのはA’s フェイト・テスタロッサ

撮影日:2008/06/15
カメラ:Canon EOS 40D
レンズ:Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm/f2.4
露出モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/8
ホワイトバランス:5300K
感度:ISO100
背景:GIN-ICHI オンラインショップYJ-712-1


サイト移転後の初フィギュアです\(^o^)/
予約で謎のトラブルもありましたが、無事に届いたフェイト・テスタロッサです^^

話には聞いていましたが、箱がデカイですね(ノ∀`)
フィギュアも、本人はちっちゃいのですが、マントがとてもとてもデカイですw

今回は、先日購入したカールツァイスイエナのフレクトゴン35mmを初使用しました^^
なかなか良いですね~、詳しくは撮影状況編で。

照明は、ライトバンク+箱バンmini+×2(グリッド無し、有り)+白レフ板を使用しました。
前回のチュチュと同じような感じで撮りました。


撮影状況は、また後ほど。




撮影日:2008/06/15
カメラ:Canon EOS 40D
レンズ:Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm/f2.4
露出モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/10
ホワイトバランス:5300K
感度:ISO100
背景:GIN-ICHI オンラインショップYJ-712-1


今回は、ピクチャースタイルを全てスタンダードで撮影しました。
チュチュが結構クリアな感じになったので、今回もColorDIAL Photo 3 Proの使用無しを前提に設定してみました。

前回は、PhotoshopのCameraRAWを使用しましたが、今回はDigital Photo Professional(以下DPP)を使用しました。
数日前にVerUPが行われて、設定項目なども多少変わったようなので試しも兼ねて使ってみました。

ホワイトバランスのチェックは、2枚目の全身構図にQPcard101を入れてDPPのクリックホワイトバランスで微調整しました。


今回のおおまかな手順は、以下の通りです。

1)QPcard101入りの2枚目写真をDPPにてグレー部分の色温度をチェックし、設定を登録。
2)全ての写真をDPPで開き、1)のホワイトバランスを設定。他微調整。
3)16bit-tiffファイルで全ての写真を出力。
4)3)のデータをPhotoshopで読み込み、キズやゴミなどをレタッチ。
5)アンシャープマスクをかけ、サイトのロゴを入れて完成。



撮影日:2008/06/15
カメラ:Canon EOS 40D
レンズ:Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm/f2.4
露出モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/13
ホワイトバランス:5300K
感度:ISO100
背景:GIN-ICHI オンラインショップYJ-712-1


DPPでは、一部の画像を覗いてRAW画像調整で明るさを+0.17へ調整しました。
また、全ての画像をRGB画像調整でトーンカーブアシストを標準設定しました。

色の調整はホワイトバランス調整だけで済ましました。

今回は使用しませんでしたが、ノイズリダクション設定が2段階から10段階へVerUPしたようですね。
また、Canonレンズではないのでわかりませんが、レンズ収差補正も対象レンズが増えたようです。



撮影日:2008/06/15
カメラ:Canon EOS 40D
レンズ:Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm/f2.4
露出モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/13
ホワイトバランス:5300K
感度:ISO100
背景:GIN-ICHI オンラインショップYJ-712-1


前回のチュチュではPhotoshopでトーンカーブの調整をしましたが、今回はやってません。
おおむねDPPのトーンカーブアシストの調整えイイかな、と思いました。

Photoshopでは、キズや汚れのレタッチが主です。
非常に綺麗な状態なのであまり修正はいらなかったですね。

ただ、マント上の細かいツブツブが目立ちました。
髪や台座のパーティングラインも消さなくてもイイくらい微少な感じですねw

作業は、いつも通り絆創膏ツール、ぼかしツール、コピースタンプツールで仕上げました。



撮影日:2008/06/15
カメラ:Canon EOS 40D
レンズ:Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm/f2.4
露出モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/10
ホワイトバランス:5300K
感度:ISO100
背景:GIN-ICHI オンラインショップYJ-712-1


レタッチ後、縮小してアンシャープマスクをかけます。
アンシャープマスクは、RGBモードからLabモードへ変換してLチャンネルのみにかけます。

今回のアンシャープマスクは、半径0.9、しきい値0、量は写真によって40~60位です。
サムネイル用の画像は、一部画像のみ半径0.9、しきい値0、量30を適用しました。

アンシャープの値は、最近は結構控えめになりました。
今回はDPPですでにRAW画像調整でシャープネス+3かかっていましたので。

ここまで16bitで処理をして、サイトのロゴを入れて8bitに変換してjpegで書き出して完成ですw
今回の写真は、全てトリミングは一切無しです。



撮影日:2008/06/15
カメラ:Canon EOS 40D
レンズ:Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm/f2.4
露出モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/10
ホワイトバランス:5300K
感度:ISO100
背景:GIN-ICHI オンラインショップYJ-712-1



と、今回はこんな感じですがいかがでしたでしょうか?(/ω\)

結構期待していたのですが、評判通りの素晴らしい出来ですね^^
表面の仕上げもイイですし、マントなどの造形も抜群ですw

ただ、1カ所残念だったのは、頭の左側にある7本のアホ毛(?)でしょうか。
横から見ると、まっすぐ綺麗に並んでしまっていて結構違和感がありましたorz

このフィギュアの隠れたポイントの太ももを左脚から撮ろうとすると気になってしまいますね。
まぁ、今回もあえてお尻~太ももは出しませんでしたが、、、


サイト移転後の初うpでしたw
サーバーが変わっても写真が変わるわけじゃありませんが、、、orz




(2008/10/04:画像のurl、表示を変更。)

コメント:2

ゼファード 08-06-20 (金) 0:22

最初の発売からかなり経ちますが、今見ても破格に良い出来のフィギュアですねぇ。
ここでレビュー登場という事は、先日の再販分でしょうか? 非常に綺麗に撮れてますね。ぶっちゃけこのフィギュアをここまで綺麗に撮った写真には、なかなかお目にかからないです。
箱は美少女フィギュアとしてはかなりデカいですが、私はゾイドもボコボコ購入しているのでそこまで言うほど大きいとは感じなかったっス。(^^;)

Kimagureman! 08-06-20 (金) 21:54

こんにちは^^

写真のご感想ありがとうございます><
お褒めいただき光栄です( ̄ー+ ̄)

ご推察の通り、先月の再販分にて購入したものですw
箱は大きかったですね~^^
ここ数日に届いたエルウィンや棗 鈴の箱の小ささに比べたら、、、゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
でも、迫力のあるフィギュアなのでめちゃめちゃ気に入りましたよ^^

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/332/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【フィギュアレビュー】アルター 魔法少女リリカルなのはA’s フェイト・テスタロッサ from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > フィギュアレビュー > 【フィギュアレビュー】アルター 魔法少女リリカルなのはA’s フェイト・テスタロッサ

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top