Home > パソコン | レビュー > 『COOWOO USB電流電圧テスター』を買ってみた

『COOWOO USB電流電圧テスター』を買ってみた

少し前にAnkerのモバイルバッテリーを買ったのですが、どれくらいの電流が流れているのか気になりました。
手持ちでいくつもUSB充電器があったりするのでそちらも調べてみたいと思い、以前からちょっと興味があったUSBで電流や電圧を測れるテスター的なものを買ってみようと思いました。

Amazonで探してみると色々なメーカーから色々と出ていますが、どれも知らないメーカーばかりだったのでとりあえず値段、評価、表示を見て選んでみました。
今回買ってみたのはCOOWOOというメーカー(?)のUSB電流電圧テスターです。

まずはパッケージですが、中国台湾韓国あたりのメーカーによくあるような箱に入ってきました。
結構驚くのは日本語表記で説明書も日本語というところですね。



IMG_4090s.jpg

IMG_4091s.jpg

IMG_4095s.jpg


箱入りで結構しっかりした緩衝材に入っているのは好感が持てます。
開けてしまうと保管が面倒なブリスターパックよりこういう箱の方が好きですね。

同梱品は説明書だけのシンプルな構成で、本体はUSBメモリくらいのサイズです。
端子キャップが欲しいかなというところです。

樹脂製の本体はうっすらと中が見えるようになっています。
素材のせいか手で触ると指紋の跡が気になります。

USBコネクタが両面挿しOKのタイプなのは便利ですね。

作りはちょっと雑な感じもありますが、値段的にはこんなものでしょう。
Amazonの評価では端子が曲がっていたという報告もありましたが、わたしが購入した物もわずかに曲がっていましたが使用上は問題ないと思われます。


そして、早速充電で使ってみることにしました。
充電器はAnker 24W 2ポート USB急速充電器を使用し、充電するのはHuawei MediaPad M2 8.0で試してみました。



IMG_4096s.jpg

IMG_4100s.jpg

IMG_4102s.jpg


側面に付いているボタンを押すと表示が切り替わります。
その他操作もすべてこのボタンを○回連続押しで設定したりするので説明書が無くなると操作がわからなくなりますね。

3つの画面を表示しますが、色々わかるのは良いとしてちょっと数字が小さく見づらいところがあります。
電圧と電流が大きく表示される画面をメインに使うことになりそうです。


そして気になるのは、この表示された数字の信憑性です。
果たしてホントにこの電圧になっているのか・・・。

気になったので手持ちのテスターで電圧を測ってみました。(電流は未計測)
するとほぼほぼ同じ値を表示しました。

大きくズレているようなら校正機能を使って修正する必要があります。

業務で使うわけではなく、趣味でちょっと見たいというだけなので十分ですね。
充電している間にちょこちょこ数字を見ていましたが、充電100%近くになるにしたがい電流値が下がってきました。

なるほどと思いつつ別にその数字を見てどうこうするわけでもないですが・・・。

私が購入した際は1,600円ほどでしたが、何かの時に調べるのに1つあれば便利かなと思います。
ただ、耐久性が少し心配ですので充電器に繫いだまま長時間放置はしないようにしようと思います。



B01J74UUD6COOWOO USB電流電圧テスター チェッカー 3-30V/0-5.1A 急速充電QC2.0/QC3.0/MTK-PE/iphone2.4Aなど対応COOWOO

by G-Tools

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/30963/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
『COOWOO USB電流電圧テスター』を買ってみた from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > パソコン | レビュー > 『COOWOO USB電流電圧テスター』を買ってみた

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top